アーク・フィールドブック

四万十フィールドガイドARK(アーク)佐野のブログ

梅雨空のグッダイ

2014-06-29 | アークツアー 春~梅雨

 時々 最高気温28、4度

 

 今日のツアーは午後からです。

朝、じこじことカヤックを水際に運んでいると、

厚い雲の切れ間からチラチラと青空が見えはじめ、陽が川原にこぼれてきました。わおっ!

「あつい・・・」

ザブザブ、ドボーン・・・僕は、透明度がよくなった四万十川に飛び込んで汗を流しました。

(川は半月ほど前の大きな増水に洗われてキレイに)

梅雨晴れの川は(南国土佐の長い夏の中で)陽の暑さ、川の水が最もフレッシュに感じられます。

 

 

 

 「今日も下れて良かった・・・」

一週間前の今日の予報は「曇りときどき雨、降水確率50%」でした。

おまけに、前日、前々日も雨予報・・・むむっ。

雨水をたっぷりと含んだ梅雨時の山。

山につながる川は、少しの雨ですぐに増水してしまうのです。

「こりゃ、だめか・・・」

でも、今回のゲストの中にも「晴れ男」がいたようで、

今日の空と川は、おだやかな表情で僕らをむかえてくれたのでした。ラッキー。

 

四万十川の水位は、平水+20㎝。川面の水温、21度。

 

 時々青空も見える空の下、水量も透明度も良い川で、

僕らは、わいわいとカヤックを漕いで童心にかえったのでした。

 *グッダイは、グッド・ダイ(グッド・ディ)。

「グッダイ・マイト」は豪州でよく使われるアイサツです。

 

もぐもぐタイム。

また遊びに来てね!

 

コメント (2)

6月27日(金)のつぶやき

2014-06-28 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は、昨日から小雨が降ったり止んだり、です。沖縄は梅雨があけたんですね。四国はこれから梅雨本番ですが、「ばしゃばしゃ川遊び&カヌー」が楽しい真夏もすぐそこまで来ています。四万十川の水位は平水+10㎝。 pic.twitter.com/nh8230LA2Y

3 件 リツイートされました

最高気温21、7度。午後は小雨。ゴロ寝で夏用の寝袋に下半身を突っ込んで、ぼおっと本と雨の庭を交互に眺める。熱いコーヒーを飲みつつ。ネムノキがふわっとした淡紅色の花を咲かせている。明日はツアーに出れるかな。画像はヒメヒオウギスイセン。 pic.twitter.com/JMGO0DE1OY


コメント

6月24日(火)のつぶやき

2014-06-25 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

最高気温29、2度。梅雨晴れの四万十川をカヤックで下る。川の水位は平水+90㎝。笹濁り。少し流れの速い川は、パドルを漕がなくても(トロ場でも)グングンと下れてしまう。ということで、今日は距離を延ばし15キロのコース。画像は岩間沈下橋。 pic.twitter.com/NnloVaPne8

2 件 リツイートされました

「もう真夏がそこまで来てるのだ・・・」と思わせる暑い陽ざしの下、まだ少しヒンヤリとした川の水(川面の水温20度)がなんとも気持ちE!日でした。画像は口屋内沈下橋。(現在の口屋内沈下橋は、歩行者は通行可、車は通行不可) pic.twitter.com/7vN9utY3a7


コメント

6月23日(月)のつぶやき

2014-06-24 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

An orbital sunrise brings tears to my eyes. I wish every human could see this once with their own eyes #BlueDot pic.twitter.com/XbRQtOL6Sc


おはようございます。四万十は雨上がりの朝。雲間からチラチラと青空も見え始めています。四万十川は、平水+1、43メーター。笹濁り。ダムの放流量は110㌧。 pic.twitter.com/YscfaOBsPT

1 件 リツイートされました

最高気温28度。午後は曇り。つかのまの青空でした。四万十川は、平水+1、2メーター。笹濁り。思っていたよりも水は出なかったねぇ。明日は、ロングコースで、ごう!。 「咲き登る梅雨の晴れ間の葵かな」(成美) pic.twitter.com/EEuNBhsksj


コメント

6月22日(日)のつぶやき

2014-06-23 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

外は梅雨の雨まだ止まず・・・。四万十川の水位は、平水+1、5メーター。家地川ダム、津賀ダム併せての放流量は、165㌧。現在放流量は減少中。佐野は増量中だ、YO。


コメント

Laughter in the Rain

2014-06-22 | アークツアー 春~梅雨

 最高気温21、3度

 

 梅雨の晴れ間も終わり、朝からシトシト雨が降りはじめた土曜日。

僕らは、五月雨にけぶる川をカヤックで下りました。

 

 

 予報では、雨は昼前からザァザァ降り・・・わおっ。

本降りを警戒してツアーの行程は直前に少し変更です。

お昼を途中の川原でとらずに(おやつ休憩ですませ)、

カヌーのゴール後(川からあがり移動し)屋根のあるところで食べるコトに。

 

 

 

 川を下りはじめると、雨は本降りとなるどころか時折やんで僕らをよろこばせました。

ゲストの晴れ女「ちぇけら」さんが、どうやらその才能を発揮したようです。

 

 

川の上は暑くも寒くもなくカイテキ。

風がなく、つるりと鏡のような水面は、白くけぶる青葉の山、灰色の空を映しています。

半月ほど前の大きな増水に洗われた川。その水の透明度はグッド。川面の水温21度。

僕らは、ほど良い水量で足早に流れる川を、あまり漕がずにスイスイと下ってゆきました。

 

 

「今日、ここに来て良かった・・・」

そんなゲストの声が聞けた僕は、ほっと安堵したのでした。

 

 

 また遊びに来てね!。

ブログタイトルは、

Niel Sedaka  ニールセダカ: Laughter in the Rain  雨に微笑みを (1975) より。

http://youtu.be/VCusyLPrFCo

コメント

6月20日(金)のつぶやき

2014-06-21 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は晴れ。ぼやっと輪郭があいまいな雲多い青空は、白く濁りがちです。川は南よりの風がゆるく吹いてます。四万十川の水位は、平水+25㎝。水の透明度は〇。 pic.twitter.com/hmsOlfcUHe


最高気温29、1度。つい先程。背中を丸めパソコンでツイートしていると、ん?背後で気配が。振り向くと猫がいた。僕が「にゃー」と言うとヤツは脱兎のごとく逃げていった。猫だけど。家中を開けっ放しにしていると、いろんな生き物が侵入してくるなぁ。で、何書こうとしてたんだっけ・・まぁいいか。


♪ババンババンバンバン 宿題やったかババンババンバンバン ご飯食べたかババンババンバンバン 風呂入ったかババンババンバンバン 歯磨いたかババンババンバンバン サッカー残念だったねバンババンバンバン じゃまた来週。
 


コメント

6月19日(木)のつぶやき

2014-06-20 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は晴れ。雨に濡れた青葉や花が、朝日にキラキラと輝いています。四万十川の水位は平水+50㎝。水の透明度は△。つるりとした水面を、時折ゆるり吹く風が乱しています。画像は今朝撮りのもの。 pic.twitter.com/tVbA3oxy8U

2 件 リツイートされました

最高気温29、1度。貴重な梅雨の晴れ間。家中の窓&ドアを開け放って風を通す。1階艇庫のテント、シュラフを庭に広げて日にさらす。(最近、キャンプツアーやってないなー・・)玄関に戻る、と足元でアオダイショウの幼蛇がクネクネしていた。はぁ、ビックリさぁ。マムシじゃなくてよかった・・・。


ギリシャ戦は、おうちで見れます。テレビがあれば・・・。


コメント

6月18日(水)のつぶやき

2014-06-19 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は雨。シトシトと降ってます。降り始めからの雨量は、上流の窪川で43㍉。四万十川は、平水。 pic.twitter.com/ecMGyecSq9

1 件 リツイートされました

最高気温21、2度。五月雨のウェンズディ。梅雨寒。ごろり寝転び、夏用のシュラフに下半身を突っ込んで、雨にけぶる景色を眺める夕です。ふぁぁ・・。「五月雨にぬれてや赤き花柘榴」(野波)四万十川の水位は、平水+20㎝。 pic.twitter.com/KJxPwhSeod

1 件 リツイートされました

コメント

6月17日(火)のつぶやき

2014-06-18 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は曇り。時折ポツポツと降る雨が、木々の青葉をパツパツと鳴らしています。四万十川の水位は、平水-29㎝。水の透明度は〇。夏風邪がはやっているようです。くれぐれもご自愛くださいね。 pic.twitter.com/vamqeBTLXJ

2 件 リツイートされました

最高気温21、9度。午後から本降り。あらっ、台風7号が復活したんですね・・・。四万十は、台風の影響で明日の午後まで、まとまった雨となりそうです。ざぁざぁ。


大きな増水後の四万十川は、瀬の流れ、川の深さ、が増水前と違う事があります。かつて大人も飛び込めた岩間沈下橋。でも今は、橋下の川底は増水時に運ばれた砂利が堆積し浅くなっています。大人が飛び込むと、川底に足が着いちゃいます。(平水時)ビー・ケアフルです。


もちろん、水量が豊富な時は飛び込めますが、流れはかなり速いので、飛び込んだ後はスバヤク川原に向かって泳がないとキケンです。ビー・ケアフルです。 pic.twitter.com/0lsk3djoCB


コメント

6月16日(月)のつぶやき

2014-06-17 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は曇り。のっぺりとした薄い灰色の空です。少し涼しい風の中で、鳥がニギヤカにさえずっています。もう少しすると、セミの声が主役となりますが。四万十川の水位は、平水-14㎝。 pic.twitter.com/HToAlc8tYI

3 件 リツイートされました

最高気温27、8度。川面の水温22度。無風。曇り空の下、水面に映る空と山をカヤックで切り裂いて下ってゆく、と、やがて頭上に青空が広がってきた。先日の増水に洗われた川の透明度は良。僕らは梅雨晴れのグッドリバーをニコニコと下ったのでした。 pic.twitter.com/Hx6Nq3MVMT

1 件 リツイートされました

コメント (2)

6月13日(金)のつぶやき

2014-06-14 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は晴れ。沈下橋で吹かれる北西の風が気持ち良い朝です。目に映るのは、青々とした山、白い雲流れる水色の空、緑がかった川、です。サーモスにコーヒーを詰めてくればよかった・・・。四万十川の水位は、平水+26㎝。 pic.twitter.com/wTYVnQBhc7

3 件 リツイートされました

Are you ready for #WorldCup? Looks like a nice day for a kickoff in #Brazil in this image from 17:45 GMT. pic.twitter.com/iQzpNizqAy


最高気温27、0度。午後も晴れ。まぶしく暑い陽が照らす、緑したたる夏の谷を、北西の風が吹きぬけてゆく。川原の木陰に座り本を開く。「舟は帆まかせ、帆は風まかせ、人生をちょこっと休みたくなったらここへ来たらええ」四万十 川がたり 野村春松 pic.twitter.com/ucflO7uFIg

1 件 リツイートされました

コメント

6月12日(木)のつぶやき

2014-06-13 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は晴れ。雲が多い水色の空です。朝の川は、北西の風が少し強く吹いています。四万十川の水位は、平水+44㎝。笹濁り。 pic.twitter.com/otbQqkSLpi


最高気温28、3度。午後も晴れ。湿った暖かい風に吹かれながら、ベランダでぼんやり水色の空を眺める。ラジオから流れるサンバが梅雨晴れによく合います。日曜まで晴れ予報。週末は、「天候と水に恵まれた四万十カヌー&川遊び」が、楽しめそうです。 pic.twitter.com/BWNZ9FaCWQ


ピンポーン!お知らせです。6月2日に「7月30日 1ディツアー」をお問い合わせいただいた、K・Sさん。こちらに、「申し込み必要事項」が届いてません。*予約は完了していません。こちらが返信したメールの内容を再度ご確認のうえ、返信してください。


コメント

6月11日(水)のつぶやき

2014-06-12 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は雨。雨は昨日から降ったり止んだり、だらだらと川べを湿らせています。じめじめ。四万十川の水位は、平水+30㎝。笹濁り。画像は土佐清水の海辺にて。 pic.twitter.com/Er8zXh9GQV

2 件 リツイートされました

最高気温23、9度。午後は曇り。湿った空気を切り裂いて「わあーっ」と歓声が聞こえてきました。学校のプールが始まったかな。「この天気じゃまだ寒いだろうな・・」道端ではヤマモモの実が熟し始めてます。甘酸っぱい実はジャムや果実酒の材料に。 pic.twitter.com/X5OlZ39vv4


コメント

6月9日(月)のつぶやき

2014-06-10 | River&Sky(ツイート・2014&2015)

おはようございます。四万十は晴れ。梅雨の中休みです。貴重な洗濯日和です。四万十川の水位は、平水+66㎝。笹濁り。 pic.twitter.com/YC5CSQkOtJ


最高気温29、6度。若い夏の太陽、水色の空、真っ白い雲、湿った南風。走ってたっぷりと汗をかいた後ザブザブと川へ入る。まだ少し水量が多い笹濁りの川の水は、ひゃっこい。誰もいない川原でハダカで風に吹かれる。道端で夏風に揺れるはユリの花。 pic.twitter.com/a5KkLTnTQR


コメント