アーク・フィールドブック

四万十フィールドガイドARK(アーク)佐野のブログ

ぬくい年の瀬

2006-12-27 | 四万十川 初冬&冬

最高気温18度

 

 昨日四万十につめたい雨を降らせた低気圧は、その後急速に発達。

爆弾低気圧になって、東、北日本に大雨を降らせました。

 

 低気圧が去った今日の四万十は晴れ間がもどりました。

北西の風が強いものの、最高気温18度!あたたかな日中です。

陽差しのぬくさに長袖シャツ1枚となった僕は、ベランダでコーヒータイム。

目の前の庭には、メジロ、ジョウビタキ、モズ、ヒヨドリの姿。

今日はそれ以外に、シジュウカラも我が家の庭にやってきました。

シジュウカラは、胸の黒いネクタイ?がとても愛らしいですね。

 

 昨日の少ない雨量では、川はなんの変化もなく、水量は相変わらず少ないままです。

明日は一転冷えこみ、山間部では雪になるかもしれないとの予報・・・。

「31日の漕ぎおさめが、天候に恵まれますように!!」


 

コメント

大晦日は漕ぎ収め

2006-12-25 | アークツアー 冬~春

時々 最高気温15度。

 

 「来週の今日はもう元旦かぁ、早いなぁ・・・」

年末年始がやってくる、という実感が僕にはまるでありません。

静かな山村で、のほほんと暮らしているコト、空気がぬくいコト、にそう思うのだろう。

(この12月は例年より3~5度も気温が高い)

 

クリスマス時はチキンが安いですね。今宵の酒のつまみはチキンでキマリ。

① 骨付きのチキンに塩&コショーをする(美味い塩&香り高いコショーなら、さらに良し)。

② ココナツカレーソース(瓶詰め)に蜂蜜を混ぜた後、チキンをココナツカレーソースに浸す(1時間弱)。

③ ダッチオーブンを温める(今回はフライパンタイプのスキレットを使用)

   ダッジオーブンが充分に温まったら油を入れ弱火に。そこにチキンを投入。

   裏表をさっと焼いて軽く焦げ目がついたらフタをする。この時にジャガイモ、ニンジン等の野菜も入れる。

④ あとはチリチリと肉が焼きあがればタンドリーチキンの出来上がり。

* ダッジオーブンを使うと安い鶏肉も美味しく料理できますよ。

 

 今宵は、冷え込んでいてひやい・・・。

けど、ばっちり服を着込んで星空の下のテーブルへ。そして、ワインでカンパイしよう。

 

*31日大晦日は「漕ぎ収め1ディツアー」を行う運びとなりました。

夏以降、雨が少ない四万十川は、現在非常に水量が少ない状態です。

したがってツアーコースは、水量が多く、座礁の可能性が低い下流を下ります。

(瀬のほとんどないコースを、のんびりと)

今日の予報では31日はまずまずの天候。

今年最後のカヌーを四万十川で楽しみたい方は、ゼヒ遊びに来てくださいね。

水と風は冷たいけど(気温12~14度。水温11~13度位かなと)。

 

 

 

 

コメント

初冬の青空

2006-12-18 | 四万十川 初冬&冬

 最高気温13度。

 

 初冬の雨あがりの夜空に、木枯らしが吹きはじめました。

「ビュゥービュゥー、ガタガタッ」

吹きすさぶ冷たい風が、我が家の雨戸をゆらしていきます。

フトンに包まった僕は、風が鳴らす音をまんじりともせずきいた。

古い我が家は、床下の艇庫からヒンヤリスキマ風が音もなく流れ込んできます。

(板張りにリフォームし、更にスキマを増やしたのは、他ならぬ工作関係が苦手な僕なのだけど・・・)

風通りが良くてカイテキなのは、夏場だけですね。当たり前か、さむっ。

うーん、そろそろ部屋の中にテントを張るか、マキストーブでも入れないとフリーズしちゃうなぁ・・・。

 

 あばれていた風は、18日の昼前にはおとなしくなりました。

頭上には、雨に洗われスッキリした青空が広がっています。

 

 

 チャリを漕いで近くの沈下橋へ。

川に降りて水に手をつけてみる。思ったよりは水は冷たくない。

でも僕は、キリッと冷たい水に「川の中にも冬がきたんだ・・」としみじみと思うのでした。

(水温計で計ったわけではないけど、水温は12度~13度位かな・・・)

小さなハヤが、目の前をすーっと泳いでいきました。

 

 沈下橋にこしかけて、ぼおっと川をながめました。

すると、目の前の川に張り出したエノキの枝に、鮮やかなルリ色が。カワセミです。

カワセミは、ふいに枝から飛んだかと思うと、空中で羽をばたつかせホバリング。

そして次の瞬間、水面に向かい真っ逆さまにダイブ。

ザンッ!獲物を捕まえスバヤク水中から上がってきた。うーん、ナイスですねぇ・・・。

それにしても、あのスピードで浅瀬に頭から突っ込んで、よく川底に激突しないものです。

こんな時、手元の一眼のデジカメが調子よければ、良いシャッターチャンスだったのに・・・。

そのことを少しザンネンに思う、初冬の沈下橋の上でした。

 

 

コメント

師走の午後に年越しキャンプのハナシを

2006-12-17 | 四万十川 初冬&冬

時々 最高気温11度。

 

 師走の昼前。

ポカポカ陽ざしがぬくいベランダのコットの上でマンガを読んでいると、

ヒュゥー、何の前触れもなく突風が吹き、パラパラ、青空から冷たい雨が落ちてきました。

わおっ!あわてた僕は干していたフトンを部屋に放りこんだ。モズもツバキの葉の下にもぐり込んだ。

「青空に雨・・・キツネの嫁入りか。このあたりには、キツネはいないはずだけど」

もう少し気温が低ければ、みぞれか雪混じりの雨になったことでしょう。

 

 昼どき。 

「香川さぬきうどんツアー」に出掛けた知人からさぬきうどんが届きました。

大量の湯でうどんをゆがいて、ネギと生卵と出汁醤油をからめ、ずるずるとかっこむ。うめー。

コシがあるさぬきの太麺は、のどごしが良くおいしいものですね。

 

 

 午後。

HPに使いたい写真を探しました、がいくら探しても見つかりません・・・あれれ?

それは、6年前の冬に静岡の友人と四万十川を下った時の写真です。

焚き火キャンプ&カヌー(カナディアン)で冬の川を遊んだ年末年始。1泊2日。漕行25キロ。

(そういえば当時の僕は、まだ四万十に居を移したばかりで、中村市内のアパートに住んでいたっけ)

 

 「テントなどの設営は、できるだけ早い時間に(陽があるうちに)すませる」

それが、冬の川(陽が山に落ちるのがはやい)でキャンプをするときのコツだ。

陽が陰った川原は、気温がグングンと下がり、

空気がキリキリと冷えてゆき、あっという間に暗くなり、設営がタイヘンになってしまう。

大晦日の口屋内沈下橋。

よく晴れて風がピリッと冷たい昼下がりの川原に、

素早くテントを張った僕らは薪を集め、川原に陽があるうちに火を起こした。

 

 川原には、僕ら以外にソロで下っているカヌーイストと、

上流からカヤックで下ってきた〇〇大学の探検部のメンバーが数名いた。計3組のキャンパー。

(探検部の連中は、川の水温が低い冬なのに、夜の瀬を漕いで死にそうになったとのこと・・・わはは)

 

 

 凍てついた冬の星空の下。一箇所に集まった僕らは、焚き火にあたりながら、食べ、飲み、語った。

吹きっさらしの川原で、タープなどで周囲に壁を作るなどの防風対策をしなかった。

おかげで、ばっちり服を着込んで焚き火にあたっていても、

体の前面はぬくいのに背中が冷たい、というジレンマにおちいったのだった。

しょうがないので、時々背中も焚き火であたためてやり過ごす。

 

 誰かが持ってきてた小さなラジオでNHK紅白歌合戦を聴く。

僕は、「こんなところで聞く紅白もいいもんだなぁー」と思った。

友人が、歌合戦の間のタイミングのよいところで大声で叫んだ。

「遠くから白組の健闘を祈る。こちらは陸の孤島四万十川、カヌー年越し部隊より!」と。

 

 

 

 元日の朝の川は風が無く、空はおだやかに晴れている。

低い山から昇ってくる初日にむかって両手を合わせた僕は、

「今年も海、川、山のフィールドで楽しく遊べますように」とわりに真剣に祈った。

 

 「新年おめでとう!これ、皆さんで食べて!」

近くの民宿の人が、朝飯の支度をしてる僕らのところへ大きな鍋を持ってきた。

もうもうと大量の湯気がたつ鍋には、雑煮がたっぷりと入っている。

皆でお礼を言って「はふはふ」とあたたかい雑煮を食べた。

初日と思いがけない新年のごちそうに、全員ニコニコの新年の朝になった。

 

 キャンプ道具を撤収した僕らは、カナデイアンカヌーに荷物を積み込んだ。

口屋内を出発

目指すのは、中村市内で四万十川に掛かる通称赤鉄橋。そこまでの距離は、約25キロ。

透きとおった冬ブルーの空の下、鏡のように凪いだ川は、ゆったりと静かに流れている。

雨量が少ない冬の川は、水量がかなり少ない。水の透明度はバツグンに良いけど。

さわる水は、おおっツメテー!川面の水温8度。沈はしたくない水温だ

「気持ちイイなぁ~」

冬枯れの川景色を愛でながら、ゆっくりゆっくりと慎重に下ってゆく。

 

 景色のよい広々とした川原でヒルメシを食べ、沈下橋の上でコーヒーを飲み、のんびりと過ごす。

おかげで、山に陽が落ちかけているのに、まだ目的地が遠い・・・やべ!わっせわっせと漕ぐ。

ズンズンと暗くなる薄闇の川。ゴールする頃には漕いでる手元さえ見えなくなっていた。

 

 冬の野外遊びは—テントの設営だけでなく―行動も早めに終えましょうね。

それにしても、あの時の写真どこへいったんだろう?

*使用画像はイメージです。

 

 

 

 

コメント

初冬の海を見に

2006-12-06 | ・足摺の海・大増水・その他

 最高気温17度。

 

  あたたかな秋の日々を過ごした四万十も、

師走の声をきけば、吐く息が白くなる寒い朝も増えてきました。

「冬は、もうすぐそこ・・・」

 

 冬眠前の僕は、栄養をたっぷりとり、丸まるとこえています。

(冬眠は冗談ですが・・・。でも僕にも冬眠機能が付いてたら面白いのになぁ。

部屋の中にテントを張り、寝袋に包まってで春までzzz・・。

あ、冬のフィールドでまったく遊べないのもツマラナイなぁ。

そうだタイマー機能もつけて、

1ヶ月で目ざめて遊びあきたら、また冬眠 zzz・・。ああっ、現実逃避)   

 

 

 

 昨日と今日は、風も無くあたたかな陽気になりました。

僕はベランダで、ぽかぽかの日差しを楽しみながらコーヒーブレイク。

メジロ達が、目の前のピラカンサの赤い実をついばみにやって来ます。

僕の肌を、アソコを、

被れさせたハゼの木も今は、その葉をきれいなオレンジ色に染めています。

 

 

 

 午後。

海関係のツアーでお世話になっている「ダイビングショップ・シーサークル」の三谷さんと合流。

僕らは、車で土佐清水竜串から西へ30分走り、

足摺宇和海洋国立公園 樫西地区の海を見に行きました。

樫西の海は(僕らがツアーを行っている竜串の海に比べて)

入り江が多く、小さな島と小さなビーチも多く変化にとんでいます。

その景色は素晴らしく水の透明度もバツグン!サンゴも豊富で非常に魅力的な海です。

ここは、僕が以前からぜひ遊んでみたいと思っているフィールドのひとつ。

「来春にはこの海をシーカヤックで遊んでみよう」

07シーズン中には、

この樫西の海で「シーカヤック&シュノーケルツアー」も行いたいなぁと考えています。


 

 

 

 

 

 

コメント