アーク・フィールドブック

四万十フィールドガイドARK(アーク)佐野のブログ

夏の暑さを残した初秋の川で

2014-10-01 | 四万十川 初秋

 最高気温30度

  

 夏の暑さを残した初秋の四万十川をカヤックで下りました。

見上げる青空は深く澄み、目を落とす川の水は浅く澄んでいます。

(一見、飲めそうに見える川の水ですが・・・

もちろん川には生活排水も入ってます。沢山飲むとお腹を壊します、たぶん。

川の水がまだ泳げるほどにキレイなのは、山から入る清水の量に対し汚水の量が少ないから)

 

 

 南にかたむいた太陽。

やわらかな陽ざしが、朝の水面をキラキラと光らせています。

時折吹く風は、岸辺のヒガンバナをゆらし、つるりとした鏡のような水面を乱してゆく。

風には、キンモクセイの甘いかおりがわずかに混じっています。

BGMは、風、瀬音、木々のざわめき、鳥、遅生まれのセミの声。

最高気温30度。川面の水温23度。

手をのばしてふれる水も気持よい、じんわり暑い初秋の川です。

 

 

 

コメント

イタドリの花咲く川べ

2013-09-14 | 四万十川 初秋

時々のち 最高気温30、5度

 

 白いイタドリの花、赤いヒガンバナが初秋の岸辺をいろどっています。

イタドリの花が咲くとツガニが下る。

(とこのあたりでは言う。ツガニ:モクズガニ。

ツガニは、9月~10月頃に産卵のため海に下ります。

この時期に川をくだっていると、ツガニを獲るためのカニカゴをよく見ます。

カニは鍋にしたり焼いたりして食べる、美味。ニカニカしちゃいます)。

 

 

 空は、レイトサマー・ブルー、お尻の下は、クリアー・ウォーター。

まだ蒸し暑く、カニもくだる川に、僕らはカヤックで滑りだしました。

川面の水温は、本流支流とも25度。

 

 イタドリとヘクソカズラ 

*イタドリは川べによく生えている多年草。

春の若い茎をとり、皮を剥き、塩漬けなどにして食べます。

 

コメント

よく晴れた初秋の日に

2011-09-22 | 四万十川 初秋

 最高気温28度

 

 10時00分現在。

約2メーター増水した四万十川は、抹茶を薄めたような水の色。2つのダムの放流量は270㌧。

これまで増水はグングンと順調に引きましたが、

今の水量から平水に戻るまでがいつも少し時間がかかるのです。

水の透明度までバッチリ良くなるのは、週明けあたりからとなりそうです。

 

 

 今日は、久しぶりに朝からスッキリした青空が広がりました。

明け方までゴウゴウと吹き荒れた風。

それも今は弱まり、まだ暑さを残した陽と乾いた空気が肌に心地よいです。

庭に一斉に咲きはじめたヒガンバナのまわりを、アゲハ蝶がひらひら飛んでいます。

電線にとまって眼下を見張っている、一羽のモズ。

このところ続いた暴風雨を、彼らはいったい何処でやりすごしていたのかな?

 

 

 大風に揺れ、電線にからみそうだった木の枝を高枝切りバサミでカット。

「うーん、順序が逆ではないか・・・」

本来は台風がくる前にすませておくべきことなのに。ズボラなのです。

ついでに、玄関前の伸び放題だった木の枝や、

裏山の林から、屋根の上におおいかぶさるように伸びた木の枝も、バッサリ切る。

ああ、スッキリ。

それにしても、ちょっと放っとくと(ちょっとじゃないか)、

グングン育って、庭や家をおおいつくそうとする植物たちの生命力には、びっくりです。

 

 そういえば以前、なんらかの事情で地球から人間がいなくなり、

その後の地球の変化をCGにしたテレビ番組を見ました。

人間がいなくなったあとの地球は、植物、生き物たちの天国です。

1000年もたつと、都市などの人工物は侵食され分解されあとかたもないそう。

「うーん、本当にそうなるんだろうなぁ」 

とリアルに思えるのは、植物がよく育つあたたかな僻地で生活しているからでしょうか。

 

 それにしても、気をつけていたのに、知らぬまにハゼの葉か木に触れたらしくかぶれてしまった。

しかもうっかり・・・かぶれを掻いた手で、また、また、股のアソコにもさわってしまったのです。

「あー我が小象がアフリカ象になってしまう。パオーン!ううっ、痒っ・・・」

このかぶれには、すぐによく効くクスリはないようです

皆さんも、腫れ物にはくれぐれもご注意を!

 

 

コメント

夏から秋の水へ

2011-09-21 | 四万十川 初秋

時々

 

 皆さんおはようございます。

台風15号が本州に上陸しそうですね。

台風本体はもちろん、離れたところでも前線の影響でひどい大雨になっています。

「的確な予報と正確な情報をもとに早めの判断を」

7時30分現在。四万十川は約6、5メーターの増水。

2つのダム(家地川&津賀ダム)併せての放流量は、約1000㌧。

 

 

 「ずざぁーずざぁー」

激しくたたきつける雨音で僕は目が覚めました。つきっぱなしの蛍光灯がまぶしい。

んんっ、時計を見る、2時を少し回っています。

いつの間にか眠ってしまったもよう・・・。かたわらには、読みかけの文庫本、飲みかけのビール。

ネットと携帯で・川の水位・雨雲レーダー・ダムの放水量をチェックです。

川の水位は、昨夕からほとんど上がっていません。

大雨は、夜の早いうちにその峠を越えたようです。ほっ。

 

 昨日の夕方。

「川の水位が今よりあと2メーター上がったら、荷物やカヌーを2階に上げよう」と考えていました。

でも夜に向かい、水位も降水量も落ちついてきて、

「まぁ、ダイジョーブだろう」とたかをくくった僕は、ビールを飲みはじめたのでした。

増水のピークは昨夜、水位は約8メーター上がりました(通常の水位から、我が家付近)。

 

 

 早朝、今度は肌寒さで目がさめました(昨夜までは蒸し暑くハダカで毛布に包まっていたのに)。

僕は、熱いお茶を片手に厚手の長袖を着てベランダに出る。

上空も風が強い。ゴンゴンと流れる雨雲の切れ間に、スッキリした青空が見えました。

 

 この増水で、川は夏の水から秋の水へと入れかわり、風も秋のかわいた風になるコトでしょう。

陽差しあたたかく風さわやかな秋は、晴れ間も多く、アウトドアで遊ぶのによい季節。

「カヌー・ピクニック」や「のんびり焚き火キャンプ」がサイコーな秋の四万十です。

 

 

 

 

コメント

水が水を集めて

2011-09-20 | 四万十川 初秋

 最高気温28度

 

 四万十は早朝から、激しい雨が窓や屋根を叩きはじめ、強い風が庭の木を大きく揺らしはじめました。

雨と風は、時々ふっと止んで、あたりを静寂につつみます。やれやれと一息つくかのように

沖縄付近で大きく進路変更した台風15号は、明日の早朝、もっとも四万十に近づく予報です。

 

 12:00現在。四万十川は約6メーターの増水。二つのダムの放流量は、約1100㌧。

近所の沈下橋は、すでに1メーターほど泥水の下です。

1100㌧というダムの放流量のわりには、川の水位が高い。

それは、ダム下流や支流の山々でも、かなりの雨量になっているからです。

 

 

 ふだんは枯れてる山の小さな沢。

そこにも、どどどっと水が押し寄せてあふれた水と石が山道をふさいでいます。

分水嶺の四万十側に落ちた雨は、山肌を滑り、沢を通り、支流を下り、本流を流れ、河口で海に入る。

水が水を集め、雨はいつもより速いサイクルで川をめぐってゆきます。

そんな増水した川で、近所のおんちゃんは、

腰まで水に浸かりながら網をかまえ、カーブ内側のゆるい流れに避難した魚を狙っていました。

 

 夕方には、村を走る国道441号の低いところが泥水に浸かりそうです。

僕はすでに車を高台に逃がしました。

あとは雨の様子を見て、明るいうちに1階艇庫の荷物やカヌーを2階まであげる判断をしなくては。

明日朝までにどれくらいの雨が降るのか?長い夜になりそうです。んが。

 

 

コメント

ときどきザァザァ降りのサンデー

2011-09-18 | 四万十川 初秋

 最高気温29度

 

 週末3連休が2週つづきますね。皆さん、最初の連休を楽しめてますか。

「働きたくとも漕ぎだせず、わが暮らし水ショーバイ、じっと手を見る」

皆さん、こんにちは。最近は、ドン ウオーリー ビー ハッピー!が口癖のアーク佐野です。

空は、あいかわらずごきげんナナメ。小雨→くもり→ザァザァ降り→くもり→小雨の繰り返し。

 

 9時30分現在。四万十川は約4メーターの増水。ダム放流量は、約850㌧(ツアーにはNG)。

川は、昨日に比べ水量&放流量も少しずつ減ってきています。けど、まだ雨は止んでません。

この先の台風や前線の動きかた次第で、川は再度大きく増水するかもしません。

最新の予想進路では、台風15号は沖縄で折り返す!とのこと。どーなってんの?

台風は再び、四国の南を通過し、東北方面に抜けてゆくようです。

 

 

 

 

コメント

ただいま増水中

2011-09-17 | 四万十川 初秋

 

 

 四万十は昨日に引き続き、昨夜から今朝にかけても断続的に激しい雨が降りました。

未明に四万十川は6メーター以上の増水。沈下橋は泥水に沈みました。

(両ダム併せた放流量は、約1600㌧)

 

 

 9時30分現在。空は曇り、雨は小康状態。

上流部の累加雨量は、200~350㍉。水位は、少しさがり約4、5メーターの増水。

(両ダム併せた放流量は、約850㌧)

近所の沈下橋は、コーヒー牛乳色の流れからその姿を見せはじめています。

四万十川は増水中、台風は停滞中、アーク佐野は朝寝中(警戒してあまり寝てません)。

「この先はもう、大雨は降らないでほしいなぁ・・・」

 

 

コメント

増水しそうな3連休

2011-09-16 | 四万十川 初秋

 最高気温29度

 

 どす黒い雨雲が、川の下流から上流にスーッと速く流れ、集まり、また離れてゆきます。

このように雲が流れるとき、四万十はまとまった雨になることが多い。

沖縄付近に停滞している台風15号から、あたたかく湿った空気が次々に流れ込んでいるのです。

 

 今日の四万十の空は(激しい雨→止み→小康状態→また降る)なんとも落ちつきがありません。

それは幼児が、空のシャワーのダイヤルをいたずらに

どわっと開けたかと思えば、急にぐいっと閉めるかのようです。

それでも僕らがカヌーで下った午前中は、チラリ太陽が顔を見せたのですが。

お昼を過ぎたころには、ワイパーもきかないほどの土砂降りになりました。

昼食時のサービス用に仕込んだ「トン汁」も、この大雨では出番ナシ。

うーん。ちと、ザンネンです。

 

 15時現在。

上流部で総雨量120~160㍉。津賀&家地川ダム併せて310㌧の放流。

雨量は、明日の朝にかけて増える予報です。

この連休中は久しぶりに沈下橋が増水に浸かるもしれません。 

ビ・ケアフルです。

 

 

 

 

コメント

初秋のタイフーン

2009-10-07 | 四万十川 初秋

 最高気温22度

 

 台風が押し上げた秋雨前線。

四万十はその影響で、週明けからぐずついた空が続いてます。

 

 7日正午。台風が四国に近づくと、雨と風の勢いも少しずつ強くなってきます。

でもまだ、我が家の庭の木々は風にゆれることなく静まっている。

四万十川は少しずつ水位が上がってきました。

家地川ダム&津賀ダム、両ダム併せての放流量は、約20㌧。現在放流量は増加中。

 

 

 キョーレツなパワーの台風18号。

予報どおりの進路なら台風の中心は、21時頃に足摺岬の南180キロを北北東に通過します。

四国太平洋側の予想される雨量は、500~600㍉。

台風の目が、九州と四国の間、豊後水道を通過する進路のとき。

そのときが四万十は一番「ヤバイ」のです(大増水などの水害が出やすい)。

今回の台風の進路は、それよりもかなり南に。

しかし、これから明日未明にかけて大雨が続けば、川は、今年2回目の沈下橋越えの増水となるかも。

 

 台風は明日、関西や近畿地方に上陸しそうです。

台風の影響を大きく受けそうな場所で暮らす皆さん。

急な川の増水、突風、土砂崩れなどにはくれぐれもご注意を!

 

 

 

コメント

ひどい雨が降ってきた

2009-10-02 | 四万十川 初秋

  最高気温26度

 

 秋雨前線にそって低気圧が東へ通過して行きます。

雨を降らせる仕事をわすれていた曇は、

時折、ふとその役目を思い出すかのように、激しい雨を地上に叩きつけていきます。

それはまるで台風時のような激しい雨。

 

 えいっ!と意を決した僕は車に乗り込んだ。

そしてひどい雨の中を走り、大きな橋の上から四万十川の水量を見ました。

今の時代、家にいてもネットや携帯で、雨量、水位、ダム放流量はチェックできる。

それでもやはり最終的には、自分の目で川を見ないと気持ちが落ちつかないものです。

 

 今のところ、まだ四万十川の水量は増えていません。

しかし、大雨がこのまま夜にかけてつづけば、明日の川は大きく増水しそうです。

現時点では、家地川ダム&津賀ダムともにダム放流はないけど。

うーん、今夜の雨次第かぁ。明日のツアーはキビシーかなぁ・・・。

 

 事前に「台風が間違いなく来る」とわかっているとき。

その時は早い段階で、大雨&増水の予想ができ、ツアー中止を事前に決めやすい。

しかし、今回は予想だにしない前日からの大雨。

このような場合は、川がどこまで増水するかギリギリの段階まで

なかなか判断が出来ない(しづらい)そんなケースが一番やっかいなのです。



 

 ワイパーも利かない程の土砂降り。

大きな橋の上に車を停め、エンジンをオフにして滝のような雨に包まれました。

まるで光が届かない深海に、たった一人取り残されたようなキブン

ふと、雨に煙る窓ガラスの向こうを見る。

灰色の空にすっと高く伸びた鉄柱の上で、

トンビが激しい雨に打たれながら身じろぎもせずに、じっとしています。

僕にはトンビが、タフな精神と強い意志を持った哲学者のように見えました。

 

 郵便局で郵便物をだした後、家に戻りました。

大きくカットした豚肉と野菜をホワイトソースで、

コトコトと煮込み、明日のツアー用のシチューをつくりました。

「僕にしては珍しく、おいしくできたんだけどなぁ・・・」

しかし窓の外では、先程よりもひどく暴風雨が吹き荒れています。

 

 PCの前に座り、刻々と変化する雨空と川の状況をチェック。長い夜の始まりです。

「まぁでも、あきらめも肝心ないつもの水ショーバイってか・・・」

Take it easy!!っすね。

 

 

また遊びにきてね。

 

コメント

初秋の雨雲の下で

2009-10-01 | 四万十川 初秋

時々 最高気温28度

 

 暦の上ではそろそろ衣替えの時期ですね。

でも、日中の四万十は、まだまだ蒸し暑い。

皆さんが暮らす場所はいかがですか?

僕はいまだに昼間の多くの時間を、短パン&ハダカで過ごしています。

さすがに風がぐっと涼しくなる朝晩は、シャツを着ますが・・・。

 

 「きゅーん!」

夜は、雄ジカの甲高い鳴き声がひんぱんに聞こえはじめました。

庭の落葉樹の葉もうっすらと色づきはじめ、本格的な秋も近いのだなぁ、と感じてます。

 

 

 お盆明けからの雨量が極端に少なかった四万十。

でも、今週初めからは、秋雨前線の影響で雨が降ったり止んだりしています。

今のところ四万十川は増水していません。

しかし、南の海上の台風17号&18号の進路によっては、

来週の川は大きく増水するかもしれません。

 

 台風が過ぎれば秋空は澄んで高くなります。

さわやかな秋風に、南国の山は少しずつ地味に色づいてきます。

星や月が美しくかがやく秋の澄んだ夜空。

人気のない川原で焚き火を囲み、のんびりお酒を飲むのはサイコーですよ。

 

 

 

コメント

過ぎ行く夏の光とカヌー

2009-09-25 | 四万十川 初秋

 最高気温32度

 

 初秋の「大型連休ツアー」も無事終了。

南国の長い夏もそろそろ終わり、夕暮れの風も涼しくなりました。

ツアー最終日の帰り道。

帰るのを惜しむように僕は、わざと車をのろのろと走らせて家路につきました。

体はクタクタ、お腹はペコペコ。

だけどココロは、何かとても静かな力に満たされていて、おだやかです。

それは僕が求めていたもの。ささやかだけど手応えのある時間、たぶん。

「すぐにその手からこぼれ落ちてしまうとしても。何度でも・・・」

さぁ、家に戻って片付けがすんだら、星空のベランダでカンパイしよう。

 

 まだ泳げマス。

 

 皆さん、初秋の連休はいかがお過ごしでしたか?

この連休にアークツアーに参加されたゲストの皆さん。

ツアーへのご参加どうもありがとうございました。多謝!!

 

 四万十はこのひと月、極端に雨が少なく、川の水量が非常に少ない状態がつづいてます。

(まるで減水時の冬のような水の少なさ。まだ9月なのに・・・)

江川崎~網代区間、この水量ではカヤックが浅瀬の入り口で座礁してしまいます。

座礁し、早瀬の中でカヤックを降り、

足元が滑る水中でカヤックを引っ張るのは、なかなかしんどくキケンです。

そのため今回は、ツアースタート地点を

いつもより少し下流地点に移してのツアー開催になりました(より水量がのぞめる)。

 

 連休の川の水の透明度はよく、川はまだ暑い日差しと高い水温に恵まれました。

・水掛け・飛び込み・手長エビ取りなど、川遊びも楽しいツアーになりました。

また、ゲストの皆さんの笑顔に再開できる日を楽しみにしてます。サンキュー!!

 

目黒川。水温は24度位かな・・・。(水温計がまた壊れてしまった)。

四万十本流の水温26度位。気温も32度。暑い!まだ充分泳げますね。

お昼はのんびりとご飯を食べたり、お茶を飲んだり、川遊びをしたり。

大人も子供も川の水の中の世界に夢中です。手長エビは捕まった?

本日の収穫。

水深が浅めだけど・・・。やっぱり、飛び込みたくなりますよね。

瀬で浴びる水しぶきが気持ち良い。

鳥と風の歌を聴きながら、のんびりと下ろう。

川の上で、かんぱーい!旨い!!。

これから秋は空気が澄んで、山の緑と高い空の景色がとてもきれいに見えます。

 

コメント

初秋の連休は

2009-09-16 | 四万十川 初秋

 最高気温31度

 

 いよいよ今週末から初秋の大型連休が始まりますね。

(シルバーウイークって呼び方は、なんだかなぁ・・・)

この連休の四万十は、黄金週間並みの人出となりそうな感じです。

四万十の酷道441号も19日(土)あたりから、県外ナンバーの車で混み合いそうです。

特に江川崎~口屋内間は、対向車とのすれ違いが困難な狭路多し、充分な注意が必要です。

 

 四国の降水量は、8月の後半から今日まで例年の9パーセントと、とても少ない。

四万十川は、非常に水量が少なくなっています(心配された台風14号の影響もほとんどなさそう)。

江川崎~網代間をカヌーで下る場合は、何箇所かの浅瀬でカヌーが座礁する可能性大です。

特に折りたたみカヌー(ファルトボート)は、底を切り裂きやすい、ご注意を!

さて、そろそろ僕も、週末からのツアーの仕込み&準備に取り掛からなくっちゃ。


瀬のなかの障害物をとりのぞく平塚さん。

初秋の黒尊川の淵に潜ってみました。

黒尊川の淵。

ボウズハゼ。

アゲハとヒガンバナ。

 

コメント

昼寝と秋空と

2007-10-07 | 四万十川 初秋

最高気温27度 

 

 「暑さ寒さも彼岸まで」

とはならず、初秋の四万十は30度オーバーのきびしい残暑が長く続きました。

そのせいか、ヒガンバナの開花は例年より1週間遅ほど遅れました。

 

 しばくまとまった雨が降らない四万十川の水量は、非常に少ないです。

川面の水温はまだ高く、26度。水の透明度は、〇。

(台風15号の影響で来週は増水するかも。痩せてた川に台風の大雨で増水。

またこのパターンか・・・。近年は極端な気象がおおくなっているような気がします)

 

 

  10月。

キチチッーキチキチッーッ!!高く鳴くモズは秋の使者、僕はその声で目がさめました。

ん、あっ、枕にヨダレ・・・。かたわらに読みかけの本。

さわやかな秋風が吹きける部屋でヒルネをしていたのです。

寝起きのぼーっとした頭で考えるのは、今夜の酒のつまみのコト。

 

 「買出しにもいかなきゃ」。しかし、また睡魔に負けて、Zzzz。

ヒルネをしたから夜は寝れないかというと、さにあらず・・・夜もよく寝られるのでした。

食事と酒以外の時間はひたすら眠る、眠る、眠る。

今は、川、山、空、星もながめず、誰ともはなさず、電源オフ。ほうける時。

気がつけば1週間、Zzzz。

これじゃ、3年寝太郎ならぬ7日寝太郎だ。

長く暑い夏の間に、カラダとココロの芯に溜まった熱を冷まし、秋に向けて脱皮です。

 

 長い眠りからめざめて少しスッキリした頭で辺りを見回せば、

高くなった空の下で、アキノキリンソウやススキが秋風に揺れていました。

秋の庭をオレンジにいろどるのは、ハゼやヌルデの葉、カラスウリ。

の川は「のんびりカヌー&焚き火キャンプ」が楽しい季節をむかえます。

 

*画像は、初秋のオリジナルツアー。

秋~冬は水の透明度が高いのです。

川面の水温は、まだ26度。

空と山と川、シンプルな風景。

まだ、飛びこめマス。

今回も楽しんでもらえたかな?佐田沈下橋。

旅立ちの時。四万十にてワインとカナッペで乾杯!

気をつけて、良い旅を! バイヤ・コン・ディオス!

 

コメント

晩夏の風

2007-08-28 | 四万十川 初秋

 最高気温35度

 

ふぇーあじぃー。本日も猛暑なり・・・」

朝から気温がグングンと上がった四万十は、頭がクラクラするほどの暑い1日となりました。

のんびり本が読める涼しいところに僕は逃亡しようと思う、けど、行き先が見つかりません。

 

 この街の図書館は、室温がビミョー高く、暑い(僕には)。

落ちつけて気のきいた茶店もまだ知らず・・・。

結局、一番涼しく気持ちイイのは支流の木陰の水中か?本は読めませんが。

 

 家のすべての窓&ドアを開けはなち、

パソコンの前に座る、が10分と経たないうちに、汗がひたいから、たら~りたら~り。

30分毎に頭から水をザブザブと被って、カラダを冷やしました。

 

 

 

 道路につづくスロープにクリが落ちているのを見つけました。

「早いなぁ、もうそんな季節なんだ」

いくつか拾う。あとで味見をしてみよう。

クリの味が良ければ、週末のキャンプツアーで「クリご飯」を作ろうかな。

 

 晩夏の川べは、山に陽が落ちるのが少し早くなりました。

あかね色の空をながめながら、少し涼しくなった夕方の風に吹かれ、ベランダでビールを飲んだ。

ラジオから山下達郎さんの ♪ 潮騒 ♪ が流れてきました。 

「去り行く今年の夏にカンパイ!」です(毎日カンパイしてるような気もしますが。汗)。

 

 

コメント