アーク・フィールドブック

四万十フィールドガイドARK(アーク)佐野のブログ

LOVE & CANOE

2008-04-26 | アークツアー 春~梅雨

最高気温22度

 

 ザバン、ザバン、わぁー!

どばっと落ちてきた波が、カヤックのフロントデッキをたたいてゆく。

いつもより少し波が高い初っ端の瀬を、僕たちはぶじ漕ぎぬけました。ほっ。

瀬おわりのゆるやかな流れに入り、パドルを漕ぐ手を休め、大きく深呼吸~。

甘くかおる風をあじわいながら、新緑やクリーム色に染まる山にうっとりと見とれました。

「ふぅー気持ちいいねぇー」と一同。

 

 川岸ではキシツツジの紫色の花が満開です。

一昨日の雨で四万十川の水量は多め。

支流広見川から流れこむコーヒー牛乳色の水が、江川崎で四万十川に合流しています。

そのせいで、江川崎より下流の水は笹濁りに。川面の水温16度。

 

 今日は、(初夏のヒカリのようにまぶしく、若葉のようにやわらかな)

笑顔がステキなご夫妻と初夏の川を下ったのでした。


支流広見川の泥色と本流緑色のツートンいろの瀬。

近年は、四万十川本流の透明度の悪さも気になるところです。

いやっほー!

おっとっと・・・。

ハートマーク、いいですねぇー。

ちょっぴりうらやましいので、やや恥ずかしいブログタイトルにしちゃいました。

また、遊びにきてね。

コメント

GWの薫風ツアーは

2008-04-22 | アークツアー 春~梅雨

 最高気温23度

 

 甘く薫る風が、木々の若葉と真紅のバラの花をゆらしています。

もうこの週末から大型連休が始まりますね。

時間は二度と戻らない、とうとうと流れて行く四万十川のように。

皆さんが体験する四万十川の時間と水の流れが、

「ハッピーな思い出」となれば良いな、と思います。


arkツアーは少人数でのんびり行くツアーです。

参加定員:通常は7~8名まで。ワングループでは10名前後で〆切ます。

(GWやお盆の連休などの繁忙期も。

パックツアーのような、ごちゃごちゃとした大船団はイヤなので)

なお、5月5日のツアーは募集を締め切らせていただきました。




新緑の散歩道 よろよろと千鳥足のイタチが目の前を横切って行きました。

 

コメント

ただいま食事中

2008-04-19 | 四万十川 春

 最高気温23度

 

 もうすぐ「ゴールデンウィーク」ですね。

四万十川に遊びに来る皆さんが、天候と水量と透明度に恵まれますように!!


花びらに頭を突っ込んで。ハナムぐりぐり・・・。

天然の美。

コメント

目に青葉、山ウグイス、初夏の海

2008-04-18 | ・足摺の海・大増水・その他

 最高気温22度

 

 右手には雨上がりの新緑の山。左手には蒼い足摺の海。

車の窓を全開にした僕は、森の香りと磯の香りが混じる風を楽しみました。

初夏の陽射しさんさんと降りそそぐ海辺のサニーロード。

今日は用事で、中村の街から小一時間、大岐の浜までのんびりと車を走らせました。



♪水平線の終わりには、あーあーあっ♪ 海のトリトン 年がばれるのだ。

なんだかエーゲ海みたいですね。行った事ないけど。

1、6キロの砂浜。大岐の浜 

 

コメント

新緑と4月の雨

2008-04-17 | 四万十川 春

 最高気温20度

 昨日から今日にかけての大雨予報は、ハズレです。

新緑の若葉や花が、春のやさしい雨に濡れて色鮮やか。

笹濁りの四万十川は、平水時より少し水位が上がっています。

 



遠くかすかに見えるのは勝間沈下橋。

四万十川は、クネクネと大きく蛇行してゆったりと流れるため、

水があたたまりやすく、平均水温が高いのです。

口屋内大橋より。遠くに口屋内沈下橋が見える。

コメント

春の雨よりもやわらかな風と若葉

2008-04-15 | 四万十川 春

 最高気温23度

 

 春の空は、その表情をコロコロとかえてゆきます。

春に3日の晴れ無し」ですね。

明日の四万十は雨予報。

一雨ごとに木々の緑は濃くなり、季節は初夏へ。

南国四万十の短き春も、もうすぐ終わりです。

 

本日の画像。たまには少しデカイサイズでどうぞ。



今日の四万十川。 平水、やや濁り。

もこもことブロッコリーのような樹冠の照葉樹。

シイの木の花も咲き始めました。

カシの木のまだ赤紫色の若葉と花。

暖かな風に木々の花の香りが混じってます。

夕方、我が家のベランダから眺めた雲 旅心を誘います。

コメント

陽風にふかれて

2008-04-11 | 四万十川 春

 最高気温22度

 

 「四万十の山の色が見頃なのは、

秋の紅葉の時期だと思っている人は、けっこう多いのではないだろうか?」

でもじつは、南国の山が色とりどりで華やかなのは、春~初夏なのです。

 

 あたたかな四万十は、秋に紅葉する落葉樹はすくなく、紅葉は山肌にポツポツ見られる程度。

(ハデな紅葉は標高が高い黒尊渓谷などで見られます)

いっぽう春~初夏の山は、照葉樹(カシやシイなど)の葉の濃緑をベースに、

照葉樹の新葉の赤紫、落葉樹の新葉の萌黄、それら新葉の若緑にいろどられます。

5月には、シイやカシのクリーム色の花がいっせいに咲き、山肌にひときわ目立ちます。

このように南国の山は、春~初夏にカラフルな山景色を見せるのです。

 

 春の山につながる川岸は、

ヤナギやエノキの萌黄の葉、キシツツジ、トサシモツケ、ウツギなどの花にいろどられます。

聞こえてくるのは、瀬音、木々のざわめき、ウグイスの声、カジカ蛙の美しい声。

春の山が萌えれば、僕のココロも「新緑萌えー」って感じです・・・。

 

♪The answer, my friend, is blowin' in the wind,

The answer is blowin' in the wind ♪ (風に吹かれてbyボブ ディラン)

「春の川 ひねもす のらり くらりかな」

若葉萌える春の山に吹き渡る風を、のんびりとながめた午後なのでした。

 



黄金週間ツアーは初夏の山の景色と薫る風も大きな魅力。

ヤマフジ

シャガ

シモクレン とても好きな花です。花言葉は荘厳、恩恵


今日の四万十川 水量やや多し 笹濁り

コメント

沈すればくちびる寒し春の川

2008-04-08 | 四万十川 春

 最高気温22度 

 

 「わっ!ざばっ!ごぼごぼ」沈は突然やってきます。

「ごぼごぼ・・・ひゃぁーつめてぇ!」と瀬の流れから

「よっこらせ」となんとかロールで起き上がった僕は、苦笑い。

それは、カメラをかまえカヤックで後ろむきに瀬を下っていた時の出来事。

川面の水温は16度。今シーズン初漕ぎの僕に、春の川の冷たい洗礼です。

 

 春の四万十川は、雨が降ると田の代掻きの水ですぐ濁ってしまいます。

そんな春濁りの川を(昨日の雨で濁った)、今日はオジサン二人で下りました。

 

 休憩をする川原は、春の日差しがポカポカと心地よいはずなのですが、

ずぶ濡れた服のままでは、やや強い北風がめちゃめちゃひやい(ひやい:さむい)。

北風に服を脱がされた僕は、パンツ一丁でじっとしたまま太陽の光をあびました。

 

 服が乾きだした午後は、陽ざしがあたたかく感じられます。

僕らは萌黄がいろどる春の川をのんびりと下っていきました。

 




 

コメント

セレーノな空

2008-04-06 | 四万十川 春

 最高気温20度

 春の空にはひとかけらの雲もありません。四万十晴れです。

今日のようなおだやかな晴天を、イタリア語では「セレーノな空」というらしい。

(セレーノ・静かに晴れた・澄みきった・のどかな・晴朗な)

今、読んでいた文庫本で知りました。

そのセレーノな空から、もう初夏を思わせる強い日差しが降りそそぎます。

服をぬいだ僕は、ベランダに出したデッキチェアに短パン一丁でごろごろ。

今年初、トドオヤジの日光浴・・・。気持ちE!セレーノな気分です。

 

・カヌー下り・シーカヤック・山歩山菜取り 

・春の山野花ウオッチ・バードウオッチ・散歩・エトセトラ。

春は遊ぶのに忙しいなぁ・・・。

「さて、今日は何をしようかな」と、のんびり空を眺めていたら、あらっ、もう夕方に・・・。

 

 サクラの花舞う春は、もう一つの落ち葉の季節です。

道の片隅に吹きだまった、風に散った照葉樹(クスやカシなど)の葉。

都会の神社などでは、春の落ち葉をほうきで掃いてる光景がよく見られますね。



ムラサキケマン

グミ

今日の四万十川 暖かな南風

 

コメント

さくらとワイン

2008-04-04 | 四万十川 春

 最高気温18度

 

 週末の四万十は雨予報です。

それならば、と僕は、サクラの花が雨と風で散ってしまう前にチャリでGO。

川岸の満開のサクラの下で、キンと冷えた白ワイン(国内産シャルドネ)で乾杯!です。

 

 薄曇りの空の下、淡いピンクの花びらがやさしい春風に舞ってます。

かたわらには四万十川のゆったりとした流れ。

背後の林で、尾の長いエナガがちゅるりちゅるりと鳴いている。

そのエナガたちに僕の財布鳥もまじっている。始終空(シジュウカラ)・・・。

チーズちくわをかじりながら僕は、ゼータクな春の時間をのんびりと楽しみました。

 

 

 

 

 

 

コメント

春のいろどり

2008-04-03 | 四万十川 春

 最高気温21度

 

 春は、山に陽が入り暗くなるまでが少し長くなります。

薄明かりの中で、淡いサクラ色がゆるやかに吹く風に揺れている。

まだ少し冷たい風には、花の甘い匂いも混じっています。

春の夕は、1年の中でもっとも「散歩が気持ちいい」ときですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント