アーク・フィールドブック

四万十フィールドガイドARK(アーク)佐野のブログ

「真夏のアークツアー」予約受付中です

2019-09-03 | ・最新のお知らせ・イベントなど

 2019真夏のアークツアー予約受付中です

 今年の夏は、四万十川で「カヌー&バシャバシャ川遊び」はいかがですか?

少人数制のアークツアーでは、のんびり、ゆったり、川で遊ぶコトができますよ。

 

カヌーを漕ぐだけではもったいない!真夏の四万十川

雨のきせつがおわれば、四万十は、鬼アツな夏に!最高気温35度オーバー。川面の水温30度。

風の通り道でもある川。夏風は南より(向かい風)、時にビュービューと強く吹きます。

・流れがゆるい・向い風がキツイ、そんな夏の川では、

・カヌーの距離を少し短く・川遊びの時間を少し長くすると、より夏の川を楽しめます。

とはいえ、1日コースのカヌー漕行は8~11キロとなる予定ですが:水量などにもよる)。

夏のアークツアーは、カヌーツーリングだけでなく、

・沈体験・水かけっこ・支流でのシュノーケリング(手長エビが探しも)・沈下橋ダイブなど。

まだ自然豊かな川で、バシャバシャ川遊びもゾンブンに楽しめますよ!

 

*岩間沈下橋(通行止め)から川に飛び込めない今夏は、カヌー終了後、

江川崎上流に架かる長生沈下橋まで車で移動し、飛びこませようかなぁ、と考えています。

希望があれば。基本的に1日コースが対象)。

 

今夏のツアーは・1日コース・半日コースをメインに予定しますが、

・黒尊川川遊び(半日)・オリジナル・貸し切り・キャンプなども、お気軽にご相談ください。

少人数制のツアーです。予約は早いもの勝ちです。 ツアー予約の流れ   アークHP

 

 

 

 

 

 

コメント

真夏のアークツアー

2019-08-20 | ・最新のお知らせ・イベントなど

    少人数制(ほぼプライベート)ツアーでのんびりと!


真夏のアークツアー(川遊び&カヌー) 予約受付中

 梅雨明けの川は、真夏。ギラギラ太陽の川は、バシャバシャ水遊びも気持イイ!

「カヌー&川遊び」で、ココロゆくまで真夏の水を楽しもう。

この夏、四万十川で「あなただけの夏物語」つくりませんか。

 

*半日コースは、カヌースタート前に支流で川遊び。

1日コースは、支流でのんびりお昼&川遊び。凍らせた飲み物&コーヒーもあるよ。

*ほぼプライベートツアーです。*1名でも参加できます。カヌーはじめての方、大歓迎!です。



1日コース 「カヌー&川遊び・リバーピクニック」

 川原で講習→とろ場で練習→少人数でのんびり川遊び&カヌーツーリング(お昼は途中の支流で)

メインコース 江川崎スタート Aコース カヌー漕行8キロ~11キロ (15キロ下ることも)

*Aコース:途中の支流(目黒川)で、のんびりお昼&川遊び(シュノーケリングなど)

*夏のBコースは「AM四万十カヌー:PM黒尊川川遊び」 漕行4キロ~6キロ

集合 AM8:40  解散 PM 15:00~16:00  *集合&解散時間 調整可(日程による)

集合&解散場所 Aコース 江川崎カヌー館(トイレ 更衣室 シャワー室有)   

        Bコース 口屋内沈下橋(トイレ有)

ツアー料金   大人1名:10000円  9才以下:7000円 *税込み

料金に含まれるもの

・カヌー用具一式 (艇 ライフジャケット パドル スプレースカート ヘルメット)・保険・ガイド料・消費税

・冷凍ジュース&おやつ *ツアー画像CD(150枚以上撮影:郵送)*夏季は水中眼鏡など川遊び道具

料金に含まれないもの

・昼食 *ツアー集合後、カヌースタート地点の道の駅で買えます。

*昼食は荷室付カヤックorカヌーに積むか、こちらで預かります。


 

半日コース 「カヌー&川遊び

 川原で講習→とろ場で練習→のんびりカヌーツーリング 

メインコースはCコース:網代スタート~岩間沈下橋or芽生大橋(漕行4~約6キロ)

Cコース:カヌースタート前に支流で川遊び

網代:西土佐 橘 網代休憩所(江川崎中心部より4キロ下流地点 *対面は民宿西とさ)

AコースやBコースに変更可

AMコース 集合  8:30  解散  11:30~12:00   

PMコース 集合 13:00  解散  16:00~16:30 

*3時間~3時間半のツアー *集合&解散時間 調整可(日程による)

集合&解散場所  Cコース:網代休憩所(江川崎中心地より4キロ下流地点 *対面は民宿西とさ)

ツアー料金    大人1名 6000円 (9才以下4000円)*税込み

料金に含まれるもの ・カヌー用具一式・保険・ガイド料・冷凍ジュース&おやつ

          ・ツアー画像CD(100枚以上撮影:郵送)・消費税


その他ツアー 

・オリジナルツアー ・貸し切りツアー ・黒尊川 川遊びツアー・ナイトカヌーツアー 

・キャンプツアーなど 遊びかたは、いろいろ。お気軽にお問い合わせを! ツアー予約の流れ


 

「夏は単なる季節ではない。それは心の状態だ」


 





綺麗なドレスや恋だけでは、満たされないものがある。


コメント

8月19日(月)のつぶやき

2019-08-19 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

 おはようございます。四万十は、雨。

シトシト降る夏のやわらかな雨とすずしい空気が、

真夏の太陽にくたびれたカラダとココロをやさしく癒してくれます。

♪心の隙間に優しい雨が降る 疲れた背中をそっと湿らせてく♪ 

四万十川の水位は、平水+1、4メーター。


遠雷・・・


 最高気温25、6度。雨。

少しひやい午後の空気に、今夜はひさしぶりに鍋でもすっかと思う。

でも、冷蔵庫は空っぽ。買い出しにイカネバの娘。

だけど、最寄りのスーパーまで車で25分。ああメンドーだ。田舎暮らしの不便さよ。

画像は、いつかのキャンプツアーで作った四万十牛のすき煮。


コメント

8月18日(日)のつぶやき

2019-08-18 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

 おはようございます。四万十は、晴れ。

明け方の川にゆく。

空にたなびく薄雲、川をわたる涼風、岸辺で鳴く虫の声、そこにはわずかに秋の気配が。

時が経つのは早いなぁ。♪時は無口な旅人 夢は欠けてゆく♪

でも、日中はまだまだ暑いけどね。真夏のように。

 
四万十川の水位は、平水+1、8メーター。笹濁り。

カヌーで長距離を下るには、良い水量です。今日の最低気温は、22、1度。


ジリジリと照り付ける太陽・・・今日も暑い!


  最高気温33、6度。

晴れときどき薄曇り。ひどく蒸し暑い午後です。風呂(水)読。

「8月の終わりがすでに秋である北海道で、夏の観光客たちが去った道路をオートバイで走る。

屋台のトウモロコシを買う。一本はその場で食べ、もう一本はアルミフォイルにつつんでもらい、

 シリンダー・フィンのあたりのどこか冷却効率の落ちないようなところにはさんで走り、

二時間くらいあと、エンジンの熱であつく保たれたのを、誰もいない草原にひとりすわって食べる。

そのライダーは、北海道の秋そのものになってしまう。

食べ物はすべて土地や海という自然から生まれてくるものだという素朴な事実を、こんなとき、痛いほどに強く感じる。」 

アップル・サイダーと彼女  片岡義男著 より 


コメント

8月17日(土)のつぶやき

2019-08-17 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

 おはようございます。四万十は、快晴。

川風が涼しいのは、沈下橋のまだ日陰のところ、

すでに日向になったところは、もう日ざしが強く暑い・・・。

ナツハマダオワラナイ。

今日もメチャ暑くなりそうです。四万十川の水位は、平水+2、6メーター。



ヒミツの滝で

 風がない・・・ふぅ、暑い! 滝動画で涼しいキブンに。


 最高気温34、4度。晴れ。四万十川の水位は、平水+2、3メーター。

「被害もあるけど、大水出るということは自然にとったら必要なことなんよ。

川はいっとき濁るけんど、そのあとかならず澄んできよる。

そしたら、川の石には新しいコケがつく、これも大事なことよ」野村春松 

画像は昨年7月撮影。

コメント

8月16日(金)のつぶやき

2019-08-16 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

  おはようございます。四万十は曇り時々晴れ。

西から東へのったり流れる鉛色の雲間から見える青空は、大きくなったり小さくなったりしています。

四万十川の水位は、平水+5、5メーター。

沈下橋にぶち当たった薄茶色の速い水が、

ザァザァと大きな音を立てています。川風はヒンヤリ、空気は泥臭いです。


バッチリ晴れた。暑い!川を吹きぬける風が気持E!



 最高気温34、3度。うーん、あちゅい・・・。

四万十は、真夏の暑さが復活です。四万十川の水位は、平水+3、9メーター。

コメント

四万十川増水中

2019-08-16 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

四万十川増水中

コメント

夏嵐がやってきた

2019-08-15 | 四万十川 夏

 「そうかい」オオカミは言いました。

「それならおれは腹を立て、ぷーぷー息を吹きつけて、おまえの家を吹き飛ばす」。

そしてオオカミは腹を立て、ぷーぷー息を吹きつけて、子ブタの家を吹きとばし、子ブタを食べてしまいました。


 明け方。れ狂う空、吹き狂う風雨、踊り狂う庭の草木。

そして、時折吠えるいちだんと強い風が家を心をガタガタと揺さぶってゆく。

空が全力で地上に息を吹きつけるかのような烈風に、僕はあの懐かしい三匹の子ブタの物語を思い出したのでした。

でもまぁ、家は吹き飛ばされても、食べられないだけマシか(体形は子ブタですが・・・)。

台風さん、あんまり腹をたてないでおくれ。ブヒ

 

 8時。もうすぐ台風が10号が、四万十のすぐ西を通過してゆきます。

台風の目が近づいたせいか、それまでの強い風と雨がふっと止み、あたりは静かに。

とたんに、セミが鳴きはじめました。

やれやれ。夏の嵐よ、さっさと通りすぎておくれ。家をぶっ飛ばさずに。


 台風が巨大化してゆく(と言われてますね)これからの時代。

我がボロ家も(もちろん一匹目の子ブタのような藁の家ではないけれど)、

三匹目の子ブタの家のように、もっと頑丈なつくりにしないと、本当に家が飛ばされちゃうかもなぁ、と思うのでした

 

 四万十川の水位は、平水+7メーター(沈下橋沈下)。水位は、ぐんぐん上がってマス。

家地川ダム、津賀ダム併せてのダム放流量は、2920㌧。放流量は、増加中。わおっ。

川は、10メータ級の増水となりそう。車を高いところに逃がさないと。

 

画像は、過去に撮影したものです。

 

 

 

うーむ・・・と荒れる空ばかり見てたってしょうがない。

メシでもつくるか。


 14:50分。四万十川の平水は、平水+9、5メーター。

台風去れども、なかなか雨が上らないなぁ・・・。明日は晴れるかな。

コメント

夏嵐がやってくる

2019-08-14 | 四万十川 夏

 大型で勢力の強い台風10号が、

日本の南の海をのろのろと北上、じこじこと四国に近づいてきています。

四万十は、今朝から雨が降りはじめ、時折強い風も吹く、小荒れの天候です(強い風は昨日の午後から)。

四万十の西を北上してゆく台風(予報では)風雨は、時間が経つにつれ、強くなってゆくようです。うーむ。

 

 「台風はちょうど通り道に当たったときはええのよ。台風の目の中やけん、被害もたいしたことない。

前線の東側が雨がよう降るけん、豊後水道あたりを通ったときがここいらは大被害になるんよ。

それに早いスピードで進む台風のほうが、早うに通り過ぎるけん、雨が少ない分まだええわ」野村春松

 

 大型台風10号。予想進路は、豊後水道北上、スピードは、遅め。これ、ヤバくね・・・。

今夜は、吠える風と殴る雨に怯える、長い夜になりそうさ。


うーむ・・・と荒れる空ばかり見てたってしょうがない。

料理でもすっか。


風、ハンパねぇ・・・。

コメント

夏嵐がくる前に

2019-08-14 | アークツアー 真夏~秋

 大型台風10号が、日本の遠い南の海をのろのろと北上するお盆休みの前半。

僕たちは、夏嵐がくる前の四万十川&黒尊川で、カヌー&川遊び。

真夏の気持ちイイ水と思うゾンブンたわむれました。

プラーベートツアーで、のんびりと。

*ツアー画像CDは、13日に発送(普通郵便)しました。沢山撮ったよ、お楽しみに~

 

  最高気温33、9度。四万十川の川面の水温29度。目黒川の川面の水温27度。

 

 

 

 

 

 

 

時々 最高気温32、5度。黒尊川の川面の水温26度。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

レターフロムS 2018 夏ゆく川で 

2019-08-11 | ・最新のお知らせ・イベントなど

レターフロムS 2018 夏ゆく川で  2018年に書いたレターフロムSです。


 真夏の終りの四万十は、ポコポコと発生した台風の影響による荒天が続き、

キョ―ボーな太陽の顔をみる回数もめっきり減りました(晴れても北からの高気圧でサッパリと涼しかった)。

おまけに川にツアーにでる回数も(強風と増水で)。とほほ・・・。

猛暑が一転、トツゼンとも思える涼しさにとまどうお水なアーク佐野です。

皆さんお元気ですか?

 

 今日も近づく台風20号の影響で、時々ビュウビュウと強い風が吹き、時々ザァザァと強い雨が降っています。

12:00。四万十川の水位は、平水+2、2メーター。家地川ダム&津賀ダム併せた放流量は、528トン。

速度をあげた台風20号は、今夜四国の東に上陸するようです。

台風の進路にあたる(影響をうける)地域にお住まいの皆さん、くれぐれもお気をつけください。

四万十も24日夕方頃まで、大雨と強風よる被害に充分な注意が必要です。

 

 

 「家までは、もうあと20分か・・・」 というところで、ザァザァ本降りに。

走りだしたときの空は、曇っていたのだけど、もたなかったなぁ・・・。

続きは、カテゴリー「レター&旅雑文」でご覧になれます。ご覧になるには

 

コメント

8月8日(木)のつぶやき

2019-08-08 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

 おはようございます。四万十は、晴れ。

沈下橋から見あげる空を雲がスイスイと、

足元の川を笹濁りの水がサァサァと、足早に流れてゆきます。

急ぎの用事でもあるかのように。おーい雲よ。

四万十川の水位は、平水+1、6メーター。


残暑お見舞い申し上げます。



 最高気温33、5度。残暑キビシー午後でした。

四万十川の水位は、平水+1、4メーター。

カヌーで長距離を下るには、なかなか良い水量です。


コメント

8月6日(火)のつぶやき

2019-08-06 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

 台風8号が四万十をかすめていきました。

ザァザァ、ザワザワ、ドキドキ。雨と風と心がさわがしい朝です。

バキッ!裏山の木の枝が折れたもよう・・・。

「柳に雪折れなし」ふと、そんな言葉を思い出しました。

四万十川は、平水+60㎝↑今朝の最低気温は、23、6度。


7月の終り~8月の初旬のアークツアーに参加されたゲストの皆さんへ。

ツアー画像CDは、昨日発送(普通郵便)いたしました。お楽しみに~


 最高気温31、4度。午後は、おおむね曇り。

うーん、蒸し暑い(風はあるんだけどね)。

アユの塩焼きとビールで暑気払いといきますか。

四万十川の水位は、平水+1、3メーター。カヌーで長距離を下るには良い水量です。


コメント

8月4日(日)のつぶやき

2019-08-04 | River&Sky(ツイート・2018&2019)

 今日も朝から暑い!


あちゅい!川で涼もう。


川で冷やしたメロンが美味し。


沈下橋夕景。


コメント

そして僕たちは真夏の四万十川で川ガキになった

2019-08-03 | アークツアー 真夏~秋

 最高気温36度

 

 「さぁでは、出発しましょう!」

カヤックは、少し波高い真夏の瀬に突入です。

ザブザブとデッキを洗い、バシバシとカラダに飛んでくる水が、なんともソーカイ。うっひょー。

遠い昔に少年だったゲスト(僕もだ)は、キリッとした表情と笑顔を交互に見せながら瀬を下ってゆきます。

無事に瀬をぬけて見あげる青空には、モクモク入道雲。岸辺からは、ジージーとセミの声が聞こえてきます。

手を浸す川の水は、ぬるめ(30度)だけど、水の透明度は、なかなか良い(夏にしては)。

♪水はぬるめの川がいい 魚はたくさんいた方がいい 辺りは静かなほうがいい だんちょね~♪

「四万十川カヤック2日&黒尊川川遊び半日」。オジサンたちの夏がはじまりました。


 

 

 

 

 ギラギラ太陽が照り付ける水面は、あちゅい・・・。

時々パドルで水をかけあったり、支流で川遊びをしながら、

カラダを濡らしつつ、自然、旅、よもやまバナシに花を咲かせつつ、ツアーはのんびりと進んでゆきます。

お尻の下の四万十川のように。

連日最高気温は、36度前後四万十川の水温28度~30度。

支流目黒川の水温26度。*いずれも川面の水温






 

 川を下って、沈下橋から飛びこんだ後は、黒尊川中流域でプカプカ川流れです。

清冽な水が流れる黒尊川は、水の透明度もバツグン。

僕らは、四万十川の支流の中でも最もキレイと言われる黒尊川の水を全身で感じたのでした。

支流黒尊川の水温24、5度。


 

 

 

 

 ツアーが終わると、陽にやけたゲストの顔に、子供ような無垢な笑顔が浮かんでいました。

・カヤック&川遊び・沈下橋ダイブ・黒尊川川流れ。

遠い昔少年だった僕達は、真夏の四万十川で、川ガキになったのでした。


口屋内の食堂「しゃえんじり」にて

コメント