ベリーダンス・スタジオAl Amalのブログ

名古屋の千種・今池徒歩3分にあるベリーダンススタジオ・アルアマル主宰・Amani(アマーニ)のブログ

サハラサイーダオープンクラス。レジェンド・SamiaGamalのご紹介。

2018-11-20 22:22:23 | Oriental Dance

まもなく来日のサハラサイーダ!
JtE、オープンクラス共にまだ受付中です。

今回は、12月10日の名古屋オープンクラスで開催される「クラッシックゴールデンエラダンサーのスタイル」より、サミア・ガマールのご紹介。

このハリウッド女優のような美しく洗練された女性がサミア・ガマール。

突如現れたこの素晴らしいダンサーの出現によって、エジプトのベリーダンスはそれまでの土着的なものから、洗練されたものに変わっていきます。

ベリーダンスの歴史においてそんな重要な存在であるサミア・ガマール。
もちろんなくなった今でもエジプトでは大変尊敬され愛されています。

どのようにこのスターがエジプトの映画界に舞い降りたのか?
そんな詳しくはJtEで学べますが、オープンクラスではそのサミア・ガマールのスタイルの秘密を学べます。

サミアといえば、なんといっても特徴的なのが美しいアラベスク。いまでもたくさんのダンサーが真似しています。

 

これは私の大好きな動画。ゼイナで踊るサミアが本当にかわいらしい。

Samia Gamal - Zeina

 

割と貴重なカラーです。
うでの使い方も独特で美しいです。

Samia Gamal

 

 サミア・ガマールの優雅で魅惑的な動きはどのように作られているのか?

ぜひサハラサイーダから一緒に学びましょう。

なお、1と2は連続したクラスではないので、両方参加しなくてもどちらかだけの参加でも大丈夫ですよ。

 

 

 

【クラッシックゴールデンエイジ】
(白黒映画のレジェンドダンサーたちのスタイル)
 
●名古屋①12月10日(月) 19:30-21:30
 ...
洗練されて優雅な踊りが特徴的な、カイロの白黒映画の中でたくさんのダンサーが活躍した時代。
どのダンサーたちもオリジナルなスタイルと土着的なアワーレムのスタイルがフュージョンされていて、同時に、その頃カイロのエンターテイメントの最前線だった”バディア・カジノ”などのショーダンサーたちに要求された、国際的に洗練されたスタイルを併せ持っています。
 
このクラスでは、この時代のもっとも有名な3人のダンサーたち、タヒヤ・カリオカ、サミア・ガマール、ナイマ・アーキフをピックアップしてこの時代のスタイルを学んでいきます。

【Fifi Abdo & Suheir Zakiスタイル】
(ゴールデンエラからモダンベリーダンスの移行期間に活躍した二人のダンサーのスタイル)
 
●東京①12月4日(火)19:30~21:30
●名古屋②12月11日(火)19:30~21:30...
 
白黒映画の”ゴールデンエラ”の終盤に、映画の中でのベリーダンスのスタイルは変わりました。
映画のストーリーの一つとしてダンスが踊られるのではなく、映画の中でダンサーがフルステージを披露するようになり、その新しいスタイルのダンスはやがて”モダンエジプシャン”とよばれるようになりました。
それは、それまでとは一線を画した新しい踊り方、スタイル、そして個性をしっかりと持ったダンスでした。
このクラスではこの移行期間のダンススタイルを特徴づけた2人のカリスマダンサー、スヘイラ・ザキとフィフィ・アブドを学びます。
 

名古屋の会場はアルアマルベリーダンススタジオです。
東京は渋谷スタジオミッションです。

 

Journey Through Egyptについて
も申し込み受付中です。

詳細、お申し込みは以下のロゴをクリックして、「イベント」ページから

 

名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス

 

コメント

ルブナの振付

2018-10-14 22:43:21 | Oriental Dance
今スタジオ初級ではルブナのバラディ振付をやっていますが、
それとは別の曲で、今年初めにルブナから教えてもらったオリエンタルソングの振付をショー用に復習しています。

一昨年に名古屋で開催したナイルグループフェスティバルの際のWSで教えてくれた曲です。


この曲、エジプトのルブナの自宅で何時間もプライベートレッスンを受けた後
「すごくよく踊れているから、是非この曲を次のイベントで踊りなさい❗️」

と太鼓判を押してもらったにも関わらず、未だに踊っていませんでした。

そして、ひさしぶりに踊ってみたら、すっかり当時の感覚を忘れてしまい、
あちゃー、やばい😱
と、一生懸命思い出しているところです💦


ルブナの振付は、もちろん振付自体も難しいし、特にシミーがしっかり出来ないと踊れない曲が多いのですが、

ルブナの振付の最も難しいところ
それは、
ただ振付を覚えて踊るだけでは、素敵に踊れない❗️❗️ってところです。

そこに、「テイスト」や「スタイル」「フィーリング」を足さないと、全くもって味気なくなってしまうのです

先生の中には、振付作るときにびっしり埋めてしまって全く余白がない、っていう人もいます。
動きがいっぱい詰まってるという意味では難しいのですが、そこに何も付け加える必要がないという意味では、簡単とも言えるかもしれません。

私は、詰めすぎて余白がない振付というのが正直苦手です。


そこに踊り手自身の解釈を入れる余地がない振付、というのは私にとってはいい振付ではありません。


もちろん今クラスでやってるバラディなんかは、まずはバラディのフィーリングを表現することが何より優先で、その先に踊り手らしさがプラスされていくべきです。


でもオリエンタルに関しては自由度が高いので、それぞれの動きに対しても元の振付師の意図は残しつつ、その人らしい解釈でそれを表現していく、ということが必要です。

素晴らしい先生・振付師の振付は、必ずそのような踊り手のための“余白”を残しているし、そういった振付師のWSに参加すると、そこに参加しているいいダンサーは直ちにその振付を自分らしい解釈を加えて踊っています。



そういった意味でルブナのオリエンタルは、ただ振付を覚えてそのまま踊りたいっていう人にはかなりハードルが高く、クラスで教えるのは躊躇しているのですが、いつかはやりたいな。


そして、中級クラスではよくいっているのですが、オリエンタルダンスを学ぶ皆さんには、自分らしい表現というのをいつも追求してほしいなと思っています😊




 


名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス


















コメント

素敵な時間

2018-10-08 00:28:36 | Oriental Dance
先週末はネスマ、そして今週はルブナと2週続けて東京にWSを受けに行ってきました。
どちらも私の師であるこの2人については、今まで散々書いてきたので、今回はもうやめておきますが(書き始めたら長くなりそうなので)、
両者とも、いつも私を初心に帰らせてくれて、大切な事を思い出させてくれる、そしてこのダンスを踊ることの楽しさを改めて感じさせてくれる、素晴らしい先生です。

今回も、ルブナの愛をいっぱい感じて、ルブナのバラディフィーリングをたっぷり目に焼き付けてきました💕💕💕


さて、来年3月10日スタジオ第6回発表会、受付がもうすぐ始まります。

今まで発表会は1年半に一回ペースで開催してきましたが、1年前からホールを抑えたり監督や照明などのスタッフと打ち合わせたりといった準備をスタートしなくてはいけません。
そのため発表会が終わったと思ったらあっという間に次の発表会の準備、というペースで今までやってきました。
これがかなり慌ただしくて、他に大きなイベントとか引き受けるととてもハードです。
ですから、3月の発表会以降は2年くらいに一回のペースに減らさせてもらおうと思います。

というわけで第7回目発表会は結構先になりますので、
もし今回迷っている方は、是非参加していただきたいなあと思います。


今回もたくさんの人に参加してもらっていい舞台ができるように頑張りたいので、よろしくお願いします。


 


名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス


 


 

コメント

Agebni Kulak

2018-08-25 17:30:46 | Oriental Dance

木曜日は台風のためレッスンお休みになってしまいましたが、雨風本当にすごかったですね。
台風過ぎてもまだまだ蒸し暑いです。

初級クラスは3月の発表会までにバラディとドラムソロの2曲を進めると言っていましたが、バラディ1曲にしておこうと思います。
今度のバラディAgebni Kulakはルブナからプライベートレッスンで学んだのですが、振付はもちろん、フィーリングもとってもとっても難しいので、じっくり時間をかけて学んで欲しいと思ったので、そうします!
というわけで、初級クラスは9月に入ってももう少し今の曲やります。

ドラムソロは入門クラスでやります😃
入門クラスなので、だいぶシンプルにしようと思いますが、ドラムソロはシミーが命なので、みなさんシミーの練習頑張りましょう✨

中級はハリージを予定しています。

さて、バラディの曲はこちら。
ハンガリーのダンサー・メルセデス様が踊ってますね。
実は、メルセデスもルブナの生徒の一人なんですよ!
この曲もルブナの振付をもとにしています。

Mercedes Nieto baladi dance

タイトルの意味は「あなたの全てが好き💕」です。
ハニー先生の歌のクラスでも勉強しましたね。
この振付をクラスでやるのが楽しみです😆



名古屋に素晴らしいダンサーは山のようにいらっしゃいますし、ベリーダンスのお教室もたくさんありますが、このスタイルのバラディを踊るところは名古屋には他にはいないと自負しています。😚

4月の揚輝荘でも踊りましたが、来月のトルコレストランタクシムでのショーでもまた踊りたいと思います!
タクシムのショーはまだお席ご用意できますよ。

とても近くでベリーダンスを楽しめます。お料理もおいしくて雰囲気も素敵なお店です。

私の方でも予約承ってます。

 



体験レッスンのお申込み、スタジオレンタルなどのお問い合わせはロゴをクリック!

名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス

 

 

 

コメント

カルチャースタジオのブラッシュアップWS

2018-08-19 16:00:24 | Oriental Dance
本日は、Aya先生の企画で、カルチャークラスの皆さんが覚えたばかりの「Holom」のブラッシュアップWSというのをスタジオでやらせていただきました!

この曲で、私が振り付けた曲をカルチャーのみなさんに踊ってもらうのは最後になるので(今後は各先生達に作ってもらう)、私がこの踊りに込めた想いなども知ってもらいつつ、さらに一歩ステップアップできるようにおさらいする、というのが企画の趣旨です。

各教室からたくさん集まっていただき、普段顔を合わせることの少ないメンバーと貴重な時間を過ごせました。

みなさんとても真剣に話を聞いてくれて、私の伝えた事を少しでも習得しようという気持ちで取り組んでくれて、とても嬉しかったです。

Ayaちゃん、ありがとう😊
お手伝いしてくれたBambiもありがとう。











私もかつてはカルチャースクールをいくつも担当していましたが、隔週だからみなさんなかなか覚えられないし、結構入れ替わりも激しいので、なかなか大変な事も多かったです。


そんな中、Aya先生もBambi先生も頑張って続けてくれています😄

是非カルチャーのみなさん、しっかり練習してまたハフラや発表会で成果を見せてください。

とっても楽しみにしています💕


体験レッスンのお申込み、スタジオレンタルなどのお問い合わせはロゴをクリック!

名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス


 





コメント

スタジオ初級の曲について

2018-08-11 19:19:16 | Oriental Dance
暑いしか言葉が出ない毎日ですね

私は夏はいつもスイカ🍉と、ミニストップのハロハロで乗り切るのですが、
今ハマってるのが、ヴィドフランスの塩パンソフトです🥐!

塩パンの塩気とソフトクリームの甘さと冷たさが最高にマッチしますよ。

塩パンソフトでどんなんやーって気になるでしょ?

今日レッスン前にその話題をしたら、早速レッスン帰りにスタジオのCさんがトライしてラインで写真送ってくれました〜

じゃじゃーん✨✨✨



美味しそう〜

てか美味しいよー

皆さまもお試しあれ


さて、スタジオ初級クラスの曲は8月で終了予定です。
何故ならこの後にバラディとドラムソロの2曲を発表会までに終わらせたいので😤

ドラムソロは、発表会は前回同様に生のタブラ演奏の予定です。
そしてドフやってくれる方大募集中!


というわけで、暑いけどレッスンお越しください。
(水曜日から土曜日はお休みです。)


入門と中級は共に10月から新曲予定です。

新しく入会をお考えの方や、基礎から入門への進級をお考えの方もご参考にしてください




体験レッスンのお申込み、スタジオレンタルなどのお問い合わせはロゴをクリック!

名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス


 






コメント

Nobody is bad dancer

2018-08-05 18:13:52 | Oriental Dance
この日曜日、ふっと時間に余裕ができて、急に思い立って京都の生演奏ライブを観にいってきました。
私主催の「True colors」にて2回演奏してくれたアラビックシンセサイザーのマークこと平地さん、そしてお友達のダンサーレイラさんが出演するという事で、急遽レイラさんにチケット取ってもらいました。
開場20分前くらいについたのですが、暑いせいか並んでいる人が少なく、一番前の席で観れました。
小さいライブハウスなので、最終的には席はほとんど埋まってました。

京都在住のミュージシャン3人の演奏に、日本在住のエジプト人のシンガー・アブデッラーの歌。
出演はほぼ全員京都で活躍するダンサーとスタジオ主催者。


急な思いつきでしたが行って良かった〜。
演奏と歌も知っている曲ばかりで素敵だったし、
京都のダンサーの皆さんも個性的でした。

やっぱり、力強い人もいれば柔らかな人もいて、静かに魅せる人もいれば激しく元気な人もいて、色々なダンスがあるからいいんだな〜

もちろんその中でも好みのダンスはあるけど、そうではなくてもそれぞれ楽しめました!


ずっと昔小松スタジオにいた頃、自分のダンスに自信をなくして落ち込んでいた時
親友のダンサーゆかりさんに(今でも仲良しです)

「世の中素晴らしいダンサーたくさんいるのに、私が踊る価値なんてあるのかなって思うときある」
と柄にもなく滅多に言わない弱音を吐いたら

「私は自分の事そんな風に思わないよ」
ときっぱり言われました。


その事を時々思い出すのですが、今回もそんなことをふと思い出した京都スピード旅でした

そして、素敵な演奏を聴いたら踊りたくてしょうがなくなりました!




ついでにもう一つエピソード^_^
2年前にカイロのナイルグループのフェスでエジプトのライブバンドで踊った時、
小松の元同期の子が、ずっとずっとエントリーしようかしまいか迷ってて、
みんなで、踊ろうよ!と鼓舞していたのですが
その時に受付していたハンガリーのダンサー・カヒナに何故迷ってるか聞かれた彼女が

「Because I am bad dancer••」
と言ったら

「Nobody is bad dancer(ダメなダンサーなんてどこにもいないわ)」
って言われていました。

本とそう思います。一生懸命踊っている姿はみんな素敵です!
(結局彼女は踊りました。その時は、自分の出番直前で見れなかったけど、後日小松先生の還暦ショーでめちゃくちゃ素敵に踊っていて、“どこがバッドダンサーやねん”と思いました😆)

一応、私は先生という立場としては色々厳しい事を言うし、滅多に褒めませんが、本心はそう思います。

体験レッスンのお申込み、スタジオレンタルなどのお問い合わせはロゴをクリック!

名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス


 





コメント

即興

2018-07-29 20:44:55 | Oriental Dance
中級クラスでは、月一回即興の時間があります。
とても大事な練習だと思うので、本当は毎週でもやりたいです。(嫌がるのでやらないけど)
それでも、初めはまったく動けなかった人もちょっとずつ動けるようになって来ました。
意外に即興が得意ですごく自由に動ける人もいて、見ていて楽しいです。
自分もつい踊りたくなるのですが、出来るだけみんなを見たいのでいつも葛藤してます。

秋からは初級クラスでも即興の時間を作ろうと思っています。

即興の練習は、振付で踊る事の上達にも繋がると私は思います。

もちろん上達するために型やスタイルをしっかり学ぶことは大切です。
でも、即興で自分の動けなさに気づくと、普段のレッスンで細部までこだわって丁寧に踊る事の大切さに気づくと思います。
そして、即興でもっと自由に自分を解放する事が出来るようになってくると、振付でも、もっと楽しんで自由に踊れるようになります



私がベリーダンスを始めた小松芳舞踊団でも即興の時間は時々あったけど、それでも振付を踊るのがクラスの殆どの時間を占めていたので、自分の中で「振付を踊る」というのが基本になっていました。
プロになってからは自分で振り付けることが多くなったけれど、それでも本番までに9割以上は振り付けていました。

そんなわたしが即興を練習することの大事さに真に気づいたのは、エジプトで初めて生バンドで踊ってから。
100パーセント即興で踊ったのですが、よく知っている曲なので大丈夫だと思っていたんです。
ところが途中から知らないメロディは出てくるは、タクシームの時間がやたらと長いわで、かなり焦りました。
おまけにマスターティーチャーの前で。

褒めてくれた人もいましたが、ルブナにはさんざん言われ、自分でも映像を見るのも恐ろしいという感じでした(見たけど)


その後、生演奏ショーを主催して踊るようになると、ガチガチに振り付けてしまうと音楽を楽しめなくて勿体無い、というか音楽を楽しんでると結局振付なんて忘れてしまうので、即興で踊るのが一番楽で気持ちいいという事に気付きました。

一応、ある程度は作りますけどね。

とは言え、即興も練習しないとどうしても同じ動きばかりになってしまうので、今は自分の日々の練習に即興を必ず取り入れています。



そうして、即興の楽しさに目覚めて、自分の中でも少しずつ変わった色々事があります。

一番は、音楽のジャンルとか型にとらわれず、色々な音楽で踊りたいと思えるようになった事。

以前はひたすらエジプシャンの音楽にこだわっていました。
数年前に岐阜のネシェさんの生演奏ショーに出演させてもらった時、送っていただいた演目リストがターキッシュばかりでした。

それで、これでは私は踊れないと思い、
その時同じくゲストだったマヤディーさんとも相談して、踊れる曲がないのでCDで踊りたいとネシェさんに話したんです。

結局「ラマバダ」を演奏してもらえることになって、生演奏で踊ったんですが、今考えるとせっかくバンドがいたんだから、CDで踊らなくてよかったです。
後で音楽評論家の関口さんに
「どんな曲でも踊らないと」
と苦言を呈されました。


その時は、
だってー私エジプシャンスタイルだしー
と思っていたのですが、
最近、もっといろんな音楽で踊って見てもいいかなあという思いに変わって来ました。


とはいえ、エジプシャンスタイルからターキッシュとかトライバルに変わる気持ちはないし、
自分にはベリーダンスならエジプシャンスタイルしか踊れないと思っています。

そしてベリーダンスを離れてフュージョンダンサーを目指すという事でもないです


そもそも周りの人にも
「ベリーダンスを踊るために産まれて来たような感じだよね。」
とか
「ベリーダンスの雰囲気そのものだよね」
と言われるし(褒められている訳ではない場合も結構あるので、自慢ではありません)
やはり自分にはこのダンスがぴったりだと思うから。


自分のベースはあくまでもエジプシャンベリーダンスですが、その上で、ダンサーアマーニとして、もっと自由に踊っていきたいなあと思えるようになりました。

もともとクラシックバレエもやっていたり(そもそもバレエ体型ではないので全く花開かなかったですが)、ジャズダンスも数年やっていました(これは本当楽しかった!)。
そして、時々プライベートレッスンを受けるだけなので習っているというのもおこがましいのですが、フラメンコも細々と続けています。


もちろん、私がこれからも一生学び続けて踊り続けて教え続けるのはエジプシャンスタイルのベリーダンスです。
でも1ダンサーとしてはそれをベースにもっと自由に踊っていきたいという気持ちが芽生えて来ました。



だいぶ話がそれてしまったけど、
せっかく日常の自分を解き放つためにレッスンに通ってくれているんだから、もっともっと自由に新しい自分を見つけてほしいなあと思っています。



というわけで、即興の時間になると
「いやだ〜」
とか言わないで、せっかくの時間を楽しみましょう




 


体験レッスンのお申込み、スタジオレンタルなどのお問い合わせはロゴをクリック!

名古屋市千種・大曽根のベリーダンスとエジプシャンフォークロアのスタジオ・Al AmalのオフィシャルHP名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス


 









コメント

シミーにまつわるエトセトラ

2017-05-16 22:32:51 | Oriental Dance

ベリーダンスがベリーダンスであるためのもの、ベリーダンスにとって切っても切れないもの、それはシミー。

これができなければベリーダンスは踊れない・・・それがシミー。

 

ベリーダンサーにとって永遠のテーマだと思います。

私がずーっと今までエジプシャンスタイルを習ってきて、「エジプシャンシミー」といわれるものには3種類出会いました。

 

1つは膝を使ったシミー。世界的に有名な振付師・マダムラキアが教えているシミー。世界のスーパースター・ランダキャメルもこのシミーを教えています。

そのほか私が師事した二人のダンサー、サハラサイーダとネスマも膝を使ったシミーでした。
ということはレダ舞踊団でも膝を使ったシミーを教えてるんだと思います。(ネスマはレダ舞踊団に所属していた時期があったし、サハラサイーダもファリーダファフミからオリエンタルダンスを学んだと言ってました。)

私が最初にベリーダンスを学んだ小松先生にもこのシミーを教わりました。小松先生はエジプトでラキアからベリーダンスを学んだし、レダ舞踊団でも研究生として学んだので当然と言えば当然ですね。
それから10年以上、私はこのシミーを練習してきました。

 

 

2つ目は「バイブレーション」とも呼ばれる、膝を全く動かさずに骨盤をかすかにふるわせるシミー。ディーナがこのシミーです。
エジプトの一般の女性たちと一緒に踊る機会があると、たいてい一般のエジプト人たちはこのバイブレーションシミーをしています。膝は使ってません。
腰にたっぷり肉がついていればいいですが、日本人の様に腰が小さいと難しいシミーかもしれません。
このシミーだけは、私はいまだできません。

 

 

3つ目は腰のシミー。膝の力を抜いて、腰から大きく骨盤を動かすシミーです。膝は自然に動きますが、膝を使ってシミーをしているわけではありません。

これが、私がルブナから教わったシミーで、現在の私のシミーです。

このシミーは、「アワレーム」と言われる、かつてエジプトにたくさん存在していた職業ダンサーたちから受け継がれるシミーです。タヒーヤ・カリオカやサミア・ガマールが登場するもっと前から踊られているスタイルです。
現在のエジプシャンベリーダンスはこの「アワーレム」のダンスから生まれたと言われています。
だから、ルブナに言わせれば、このシミーこそが本当のエジプシャンシミーだというわけです。
ちなみに、あの往年のスター、フィフィ・アブドもこのシミー。
遠くからでもものすごくはっきり腰の動きがみえるシミーですよね。

 

エジプシャンシミー以外も含めたら、もっといろいろなシミーがあるんでしょうね。

 

それぞれのシミーに関してみんな「このシミーこそエジプシャンシミーだよ!」と主張しているわけで、私自身は正直どれが正解かわからないし、どれも正しいのだと思います。

 

少し前にガマルセイフのWSを受けたときは(彼もエジプト人です)、
「腰じゃなくて膝を使ってシミーしなさい」
と注意されました。

だから、本当は3種類のシミーを器用に使いこなせるといいのでしょうね。

 

ですから、どれが正しくてどれが間違っているという意見は私は持っていませんが、私が膝シミーから腰シミーに変えようとして頑張って練習して気づいたこと。

・膝を傷めにくい。
・骨盤を大きく動かすことで、内ももから骨盤底筋さらにインナーマッスルが鍛えられる。
・ゆったりとリラックスして大きく腰を動かせるので、日本人の小さい腰でもはっきりと動いて見える。
・腰を大きく動かせるようになることで、ベリーダンスの他の腰の動きもやりやすくなる

腰シミー、いいことづくめだなあーと思いました。

 

もちろん、自分の身体を傷めずにちゃんと動いて見えれば、今のシミーを無理に変える必要はないと思います。

 

奥が深くて楽しいシミー。愛しいけどできないと憎いシミー。

 

シミーをきわめて、みんなでベリーダンスライフ・楽しみましょう。

 

 

名古屋市千種区のベリーダンススタジオ・Al AmalのオフィシャルHP

名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス

 

 

 

 

 

 

 

コメント

Gamal先生WS in 広島

2017-03-27 17:31:28 | Oriental Dance

先週末、金曜日土曜日は、広島のEmaちゃんが主催のGamal先生のWSを受けに行ってきました!

 

Gamal先生のWSを受けるのは三度目。
1度目は大阪で、オリエンタル振付。この時教えてもらった「シェヘラザード」は、少し前に中級クラスでやりました。
2度目は東京でZarのクラス。Zarは、アラブ地域で行われる悪魔祓いの儀式です。

 

もっとたくさんじっくり学びたいと思っていたところでしたので、今回は3つのクラスを受けることにしました。

1つ目はアームの動きに特化したクラス。

2つ目はバラディのインプロビゼーション(即興)

3つ目も即興のクラスで、こちらは、カヌーン、ウード、バイオリンなどアラブ音楽に使われる様々な楽器に対してどのように即興で踊るか、というのを学ぶクラスでした。

 

Gamalの教え方は、とても独特です。
みんなで幼稚園児に戻って遊んでいるうちにいつのまにか身体の使い方を体得している、というような遊び心いっぱいのアプローチで、いつも私たちを驚かせます。

そして、初めはおずおずと恥ずかしがっていた参加者が、いつのまにかみんなオープンマインドになっていしまっているという、まるで魔法使いのような先生なんです。

 

アームについては特別新しい定義はなく、いつも私がクラスでみんなに伝えようとしているとおりの内容なのですが、それを伝えるための方法がとても斬新で、

”なるほどーこういう方法もあるんだなあ”

と驚かされました。

 

即興のクラスでも、さまざまなびっくりするようなアプローチがあったのですが、その中の一つをご紹介。

 

2人でペアになって、一人が指揮者、一人が演奏者(ダンサー)になるというものです。

ダンサーは目をつぶって立ち、指揮者は音楽を聴いて感じたままの感情の強弱でダンサーの身体をタッチし、ダンサーは触れたところを、触れられた感じの強さや表現で自由に動かす。

という、、、、言葉にするとまったく伝わらないのですが・・・。

動きの指揮を執っているのは指揮者ですが、踊り手は決して操り人形ではなくて、指揮者の触った感じに共鳴し、それを自分なりに動いて表現する。という・・・・

二人で、指揮者と踊り手が入れ替わってそれぞれを体験したのですが・・・とてもむずかしいけれどとても楽しい経験でした。

踊り手は目をつぶっているので、まるで夢の中で踊っているような・・・そんな感覚を味わいました。

 

私はラッキーなことに、とても素晴らしいダンサーである東京のZiziさんとペアーでしたので、なんだかとても勉強になりましたし、とても幸せな感動的な時間でした。

 

今回学んだことを皆さんにも伝えていけたらと思ってます。

 

Gamal先生と

 

お食事会で、主催のEmaちゃんやフーリヤさんや、そのほか各県からの素晴らしいダンサーさんたちと。

 

 

広島を訪問したのは2度目。

一度はずーーーーーーと昔に会社員だったころに出張で。
先輩と一緒についでに宮島観光をしました。

 

今回は人生初の原爆ドームへ。

 

広島は食べ物もおいしいですね。

 

牡蠣にお好み焼き。

堪能しました。

 

 

次の日のクラスも受けたかった~。



名古屋市千種区のベリーダンススタジオ・Al AmalのオフィシャルHP

名古屋のベリーダンス
名古屋 ベリーダンス

 

 

 

 

コメント