生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっぱり素敵!湯山先生!!

2009年09月05日 | 泣けるピアノ曲
こちらのインタビュー、最高!
ピアノ曲 Made in Japan 「インタビュー湯山昭先生『満足できるピアノ曲を』」

インタビュアーは、須藤英子さん!われらが「ぶるぐ協会」ピアニスト、そしてトイピアニストとしても売り出し中(!)。

あの「お菓子の世界」、なんと129刷、25万部という驚異的な売り上げだったんですね!!大人も子供も心を掴まれた。いやぁ、まさに、昭和の日本のブルグミュラー(最高の賛辞のつもり)。近々、34年の時を経て、その続編が出るなんて!そのタイトルがまた、『音の星座』。ぎゃっほ~ぅ

「中には、『レモンスカッシュに浮かぶ月』とか『星の噴水』、『蜂蜜はあまいレガート』なんて曲が入っています。」(上記インタビュー記事より)

ああ。なんてオシャレなの。さすが湯山先生。


「当時は戦争中だったから、男の子がピアノをやるなんて、迫害視されていました。悪ガキがレッスンの帰り道で待ち伏せをして、僕を襲ってくるんです。命がけのピアノレッスン(笑)。」(上記インタビュー記事より)

え?!「迫害」?!「命がけ」?!ものものしい感じです!かっこいいです!そして意外です!(笑)


「大学3年の春、10年間欲しくてたまらなかったピアノをやっと手に入れました。『シェーンベルク』という、恐ろしい名前のピアノでね(笑)。モーツァルトなど弾くと、鍵盤が重くて手首が熱くなってしまうようなピアノでした。」(上記インタビュー記事より)

ああっ、なんと恐ろしい!!一体、どんなメーカーの作ったピアノだったんでしょう?!国産なの?それともウィーン産なの?とても気になります。なんだか、迫り来る恐怖感があります。やっぱりアレだろうか。12音技法の曲を弾くと似合うんだろうか。
あ、・・・若干関係のないところに反応してしまいました。


それにしても、あの甘~くキラキラとした輝きをもつ湯山ピアノワールド、その奥深くには、孤独な少年時代、ピアノを借り歩いていたこと、人一倍強いピアノへの憧れ・・・そんな、喉がキュッと痛くなるような過去の記憶すら、ゆるやかに収斂しているかも知れないと思うと・・・また一層、大切に弾きたくなりますね。。。
新譜、本当に楽しみです。

YouTubeにアップしたら、地球のものすごい遠い国からメールで、楽譜をおねだりされています、あの「お菓子の世界」より、「バースデーケーキ」。
あんなに、あんなに、幸せで温かだった、わたしたちの遠い子供時代に想いを馳せて・・・。


コメント

泣けるピアノ曲(6) 湯山昭 金平糖

2009年04月13日 | 泣けるピアノ曲
金平糖


湯山さんの曲はやっぱりかわいいな。
この「金平糖」は、なんということもない曲なんだけれど、昔からそのキラキラした小さい世界が大好きでした。

YouTubeで遊び始めたら、地球のどこか遠くの人から突然メールが来て、湯山さんの曲もっと聴きたい!というメッセージが届くようになりました。ワールドワイドな湯山ファン拡大のために、今日も弾いてみました。
コメント

泣けるピアノ曲(5) ギロック:なつかしいヴァレンタイン

2009年03月17日 | 泣けるピアノ曲
Gillock: An Old Valentine


あああああ!ギロックさん、なんてことをぉぉぉ!!!泣いちゃうよぉもぉぉぉ!!
っていうくらいの、いい曲だと思うんですけど、いかがでしょうか。
この小さい世界の中のドラマ性がたまりません。

正直、この辺りのピアノ曲を「子ども用」と片付けている悪いオトナたち、多いと思うんですけど(実際YouTubeとかだと、圧倒的にキッズの演奏が多いしね。いや、キッズの演奏がわるいと言ってるわけではないですよ、あしからず・・・)、オトナがこういう小さくてきれいな曲を、本気出して弾かなくて、どうするんですか?!?皆さん!!

・・・と、今日は息巻いてみました。
全国の「ご自宅ピアニスト」の皆様(とくにオトナの方)、ぜひ本気モード=ギロック、お楽しみになってみてはいかがでしょうか。
コメント (4)

泣けるピアノ曲(4)セヴラック

2009年03月15日 | 泣けるピアノ曲
セヴラック/〈休暇の日々から 第1集〉より《公園でのロンド》
Severac/ Ronde dans le Parc


ごめんなさい!最後のところで一カ所音が間違えてしまってるんです(あとで人に指摘されて気がついた)。気力で録画したので、これはこれでアップしました。

今日はフランスの作曲家セヴラックを弾いてみましたよ。
あ~やっぱりいいね。セヴラック。優しい音がする。
この人の田舎っぽさと土っぽさの香しい音楽、そして音楽之友社から出ている楽譜の舘野泉さんの解説によると、若干スノビズムを冷笑するような態度はもうホント大好きです。

勝手に「泣けるピアノ曲」に選定しましたが、曲調そのものは素朴で明るさのある曲です。

でもね。

私、思うのですよ。
「泣けるな・・・」っていうのは、その瞬間は気づかなかった日常的なシーンがどれだけ幸せっだのか、というのを後から振り返るときじゃないですかね。

この曲には、春とか秋とかに漂うあのまろやかな空気感の中、美しい公園を、ただただポコポコ散歩するような美しさがあります。そしてそれはきっと、誰かと一緒に歩いてる。その大切な誰かと、なんとなく幸せに歩いたというその一瞬を思って、私はいつか、この曲を聴いて、泣いてしまうんじゃないかなぁ・・・そんな風に思うんですよね。未来に来るべき郷愁感を今から予測してしまう、みたいな。

セヴラックを知ったときから、このなんとも言えないノスタルジーにやられています。
コメント

泣けるピアノ曲(3)グルリットのミヌエット

2009年03月12日 | 泣けるピアノ曲


なんてことでしょう!こんなに小さな曲の中に、たくさんのドラマが!
今回の「泣けるピアノ」はグルリットの「ミヌエット」です。
本当は、メヌエットなんだから、舞曲らしく、踊るような感じで弾くのが「正しい」のかもしれません。
でも、私はこう弾きたいと思います。

小さな頃に出会ったときから、「泣きたくなる」ピアノ曲の一つでした。
大人になってから、ある時、友人にこの曲を演奏して以来、
ますます大切な曲となっています。

彼女と、その最愛の存在でおられたお母様への祈りを込めて、
私の宝物の、小さなアップライトピアノで弾きました。
コメント

生活のなかの音楽~泣けるピアノについて

2009年03月04日 | 泣けるピアノ曲
一応、書いておこうかなと思いました。音楽ライターなので。
なんで、自分のピアノ演奏をわざわざ録画してネット上にのっけようかと思ったのか、ということを。

とあるイベントでのインタビューでのこと。
若いピアニストさんたち(プロ・アマ含む)が大勢登場し、ピアノ演奏を披露する催しでした。みなさん、それはもう見事に弾きこなし、思い切り演奏なさったと思います。
しかしながら、インタビューへの返答としては、皆様一様にまず、
「・・・という反省点が残ります。」
「・・・がうまくいかず、まだまだですが・・・」
といったお答えが返ってくる。そりゃあ、若手なのだから、反省から入るのが謙虚で美しいのはわかる。でも、まずは、あなたもハッピー、わたしもハッピー、ああ、音楽によって通じ合えたね!と、喜ぶより先に反省ばかりが走りだすのは、、、う~ん、やっぱり難しいのでありましょうか。

ピアノ演奏には、傷が残らず、できれば完璧で、というものが求められるようになったのは、いつからだろう・・・
音楽としての説得力より先に、窮屈な演奏に慣れ、窮屈な耳になってしまわないだろうか、私たち聴き手の側も・・・。


家の近くに公立の中学校がある。
その音楽室から聞こえる、いろんな音程の混じったヘテロフォニーのような(ゴメン!中学生)合唱曲が、時に力強く、時に心に刺さるほど、美しく聞こえるときがある。

わざわざプロでもない私が、あえて恥をさらすように傷だらけの素人音源を載せるのは、ある意味中学生の合唱みたいなものを作りたいと思ったから。

住宅街、どこかの居間からおもむろに、誰かが奏でるちょっとヘタクソなピアノのが聞こえて、でもそこに、懐かしさを感じたり、自分も音楽しようという気持ちにちょっとなれたりする、そんなような、小さな生活レベルでの音楽を、つくってみたいなぁと思ったわけです。

最近はセヴラックを弾いています。
まだまだたくさんあるなぁ~「泣けるピアノ曲」たち!!
コメント

泣けるピアノ(2)いとしのエリー (全音ピアノピースポピュラー)

2009年03月03日 | 泣けるピアノ曲
泣けるピアノシリーズ、第二弾。
独断と偏見と気力でお届けしております。
 


ぶるぐ協会でも熱いまなざしを向けている全音ピアノピースだが、先般新しいシリーズ「ポピュラー」というのが発売になっていた!
ラインナップの最初をかざるのが、かの名曲

いとしのエリーだ。

このピース、同じくサザンオールスターズの「真夏の果実」とのカップリングになっている。

ん~素晴らしい編曲である!!
ポップスの編曲モノは結構期待を裏切るものが少なくない。でも、このピースの編曲は素敵だ。弾きごたえもあるし、編曲にありがちな、音のスカスカ感もないよ。
人気になるのではないかね。

近頃では町のピアノの先生のお弟子さんなどは、発表会で「好きな曲」をやる傾向もあるらしいので、そういう機会にはいいのじゃないかぁ。

それにしても、やはりいい曲。
「エリー」と呼びかけるあたりは、泣けるように奏でたいものです。

ピアノ愛好家の皆様、ぜひ弾いてみて下さい。
コメント (4)

泣けるピアノ

2009年03月02日 | 泣けるピアノ曲
Akira Yuyama/ Marrons Glaces


泣ける映画、泣ける小説、泣ける歌・・・
世の中、みんな、泣きたいんです。
泣いて少しだけ、何かを許して、
そしてまた明日につなげるんです。


と、いうわけで、
かってに「泣けるピアノ」シリーズをやることにしましたー


このシリーズは、私が気が向いたときに、
気の向くままに選び、気力だけで演奏するピアノでお送りします。

最初はこれですよ。
湯山昭さん作曲「お菓子の世界」より、
マロン・グラッセ

ああ。なんという旋法的な響きでしょうか。
どうです?たゆたうような音型に、
甘く小さな憂鬱が溶けていくようではありませんか?
やるなぁ・・・湯山世界。。。
この曲集は、小粋なサロン風音楽がぎっしりつまっており、
大変お気に入りであります。
なんてかわいいんだろう。
コメント (4)