生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新宿三越アルコット閉店セール戦利品

2012年03月30日 | 音楽
明日で新宿三越の歴史が終わるのか・・・。
閉店セールをやっていたので、
春物のブラウスの一枚でも買おうかと入ってみたが、
自分のものではなく、また親バカ状態に(汗)

だってね、奥さん、お安いのよ!
ワンコのお洋服が半額ざます。
それにこういうコームって、しっかりしてるから、
普通に買ったら結構お高いんですのよ~それが30%offでしたのよ~

というわけで、着せてみた。



さいきん、フリース生地の洋服を着の身着のままだったわっち。
すこし春の装い。


「ふーん。これでとかされるのか。」

最近ロングコートっぽくなってきたからね。
ミネ子さんにも使えるね。


「あっそ」
買い物袋にムチュウ。
コメント

春の事件

2012年03月27日 | ねこごと

こらーっ だれだ犯人ー!



「ふふっ まー兄さんも、やらかすんだ」
コメント (2)

ぴあクラシックのナントレポート

2012年03月07日 | 音楽
先月の今日、ナントのラ・フォル・ジュルネから帰ってきたのだった、そういえば。
一ヶ月か~早かったような長かったような。
そしてもはや、「ぴあクラシック」が出たんですね~ 本日ウチにも届きました。
すごく勢いのある感じのレイアウトに仕上げていただきました!
WEB版でも読めますので、ご興味ある方はぜひに!

ぴあクラシック Vol.22

アーティストの詳しいインタビューは、今後発売の「公式ガイドブック」でも
お楽しみいただけますー。
コメント

料理と幸福感

2012年03月07日 | Weblog
ここのところ、いろいろ考えることが多く、鬱々としていた。
まだ起こってもいないことを考え過ぎて不安になっていたのだ。

でも、人の幸福感は、ものごとへのフォーカスの仕方によるんだと気付いた。
遠くからやってくる不安をかき消すには、
すぐ目の前の充実感を積み上げていくしかない。
それも具体的な方法で。

それにぴったりだったのが、料理だと発見した。
私はこれまであまり料理をしてこなかったけれど、
(できないんじゃないよ、しなかった、する気が起きなかったのよ)
こんな方法があったのか、そしてその方法に自分がハマれたということに、
驚いている今日このごろ。



背中を押してくれたのは、
ベニシア・スタンリー・スミスさんの本に載っていたイギリスのことわざ。

「生きるために食べよ。食べるために生きるな」

忙しさにかまけて、食べる事を全然丁寧にやれていなかった自分が、
すごく恥ずかしくなった。なんか、ちゃんと生きていなかったような気にすらなった。
仕事だなんだとか言ったって、本末転倒になってちゃどうしようもない。
忙しいから外食をして、コストもかかって、身体に負担もかかる。あー意味ない。

料理。
「ここにこれを入れたら、すごく美味しくなるんじゃないか」
そう考えながら、何かを作っていくことって、
すごく夢がある作業。
スーパーから買ってくる、ささやかな食材で広がるバラエティ。

その夢のある作業と小さな充実感を現実的に積み重ねていくことで、
丁寧に幸福感を紡ぎ出していかれる気がしている。
たとえ、向き合う現実は何一つ変わらなくても、
得体の知れない不安に押し潰されることはない。

これはちょっとした工夫。生きるには、いつでもその時できる工夫が必要だ。
コメント (2)