生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ああ、昭和クラシックス!!~大人のための子どもピアノ曲5/100

2010年06月02日 | 大人のための“子どものための”ピアノ曲
あるきっかけがあって、最近私の手元に届いた楽譜。
湯山昭さん作曲の「こどもの国」です。(音楽之友社刊)

この曲集の最初に載っているのが、
「いいことがありそう!」です。

この曲集は1967年の1月から6月まで、雑誌「音楽の友」に掲載されていたもの。湯山さんは、最近出された曲集「音の星座」でも大人気ですが、いやいや、やっぱり、この60年代テイストといいましょうか、そしてまた1973年の曲集「お菓子の世界」などは、夢見るような音楽の力に溢れています。

「こども向け」としてうたっているだけに、調性や形式が明確で、曲の長さ、音域などがコンパクトではありますが、これが実際、非常に軽妙洒脱、ときに胸にしみいるメロディーや和声は、これはもう子どもの領域こえちゃってるだろう!と言いたい。大人が弾かないともったいない。というわけで、「大人のための“子どものための”ピアノ曲」プロジェクト、5曲目です。

耳にした瞬間、ふわっと包まれる香り、映像・・・
湯山さんのこの時代の作品は、たとえ初めて聴いたものでも、究極に惹き込まれる世界観があります。
それを私は、
「昭和クラシックス」
と呼びたいと思います。

どこかNHK教育テレビっぽいというか、なつかしくて、胸がきゅんきゅんとしてしまう。底抜けに明るいかと思ったら、突き詰めてしまった悲しみのようなムード。不思議な和音や、思いついたかのような突然のフレーズ・・・。
どの曲も、小さなデザートをゆっくり食べるように楽しみたいものです。

昭和クラシックスは、
今を生きるオトナを元気にしてくれると思うんです。
あの小さくて、ときどき哀しかったりした世界を積み重ねてきた私たち。



オトナにはいっぱい
抱えきれないほどの重圧なんかがあるけれど、
確実に
大切な人や
わすれがたい出来事を
ひとつひとつ増やしてる。
どんなことがあっても、
すべてをこえて来たのだから、
今日もきっと、だいじょうぶ。
だから
「いいことがありそう!」

・・・という気持ちで弾いてみました。

実際私がこの楽譜を手にしたとき、
気持ちがふさぎ込んでいた時期だったので、
本当に救われました。
そして大好きな友人も、今すこし正念場にいるので、
彼女にも贈りたいと思います。
コメント (2)

大人のための“子どものための”ピアノ曲 4/100

2010年05月22日 | 大人のための“子どものための”ピアノ曲
久々に「大人のための“子どものための”ピアノ曲」でございます。

もはや夏の兆し。こんなに蒸し暑い日には、
涼しげな音楽を、ということで、
今日はアメリカの女性作曲家エイミー・ビーチ(1867~1944)の作品
組曲「エスキモー」から、「北極の夜」です。

H.H.A. Beach/ Eskimos~Arctic Night ビーチ/北極の夜


暗く冷たい北極の夜
エスキモーの子どもは
おばあちゃんから
昔話をきいている
凍るような外の空気
暖かいおばあちゃんの声
子どもたちはいつしか暗い眠りに落ちて行く

・・・という気持ちで弾いてみましたっ
(今日もポエジー)

聖歌のような音楽が、色彩感あふれる和声に色付けられて行きます。この曲に見るビーチの作風は、フランス的な和声の影響を受けていますね。

それにしてもやっと4曲目。
子どもの作品といっても、
けっこうきちんと弾くのは、どれも大変。
湯山作品も練習中です!

「大人のための“子どものための”ピアノ曲100」はJust Giving Japanに登録しています。
コメント (2)

フロラン・シュミットのピアノ曲

2010年04月18日 | 大人のための“子どものための”ピアノ曲
今週はフランスの作曲家、フロラン・シュミットの曲を弾いてみました。
おしゃれな和声づかいが、やっぱりフランスね。
フロラン・シュミットは19~20世紀の作曲家ですが、
どちらかというと保守的な語法による作曲家だったみたいですね。

Florent Schmitt
Huit pieces breves pour piano
ENFANTS...I. de choeur



タイトルは「子どもたち」となっていて、
副題は「ピアノのための8つの小品」。
個々のタイトルは、その「子どもたち」にかかるような言葉になっています。

これは第一曲での"de choeur"、
Enfants de choeurで、
「合唱団の子どもたち」という意味になりますが、
転じて「うぶな男」という意味もあるようです。
む。フロランったら。ちょっとブラック?

ちなみに他のタイトルは、
II. de troupe
III. gate
IV. turbulent
V. do
VII. Moise (sauve de eaux)
VIII. terrible
となっています。
フランス語なので翻訳略(笑)。

「大人のための“子どものためのピアノ曲”100」、3曲目です。
道のりはまだまだ遠い。。。
この企画はJust Giving Japanに登録しています。
コメント

大人のための“子どものための”ピアノ曲100スタート!

2010年04月10日 | 大人のための“子どものための”ピアノ曲
去る3月28日、紀尾井ホールで、日本作曲家協議会の
「28人の作曲家の自作・自演による
 JFCキッズBOXピアノ・コンサート 第25回こどもたちへ」
を聴きに行ってきました。
子ども用に書かれたピアノ曲って、かなり好きなんです。邦人作品はとくに。
当然、買ってきました。楽譜を。しかも作曲家全員のサイン入り!(ミーハー)
小林亜星さんのもちゃんと入っている!
今週末はピアノに向かう時間が取れたので、さっそく弾いてみました。
コンサートでも素敵だな、と思った2作品です。

まずはこちら。
西澤健治さん「思い出ってどんな色かな☆」
ご本人の演奏が、とても素敵でした。



高音部がキラキラとして、とても素敵な曲。

タイトルのあとの☆は、デフォルトです。
「つのだ☆ひろ」さん的に、これも曲名の一部と思われます。


それにしても、オトナって、「思い出」が好きなんですよ。
今回コンサートで「想い出」または「思い出」という言葉の入った曲は
3曲もありましたからねぇ。
みんな回想しちゃうのね・・・いろんなこと・・・
って、これ、「子ども向け」の曲なんだよね?!
いやむしろ、大人がね、いろいろキラキラした思い出を描きながら弾きたい、
そんな一曲ですよ。


さて、つづいてはこちら。
熊澤住子さん「夕方の公園」



夕焼けから夕闇にとけていく公園の空気の色・・・
絶妙なグラデーョンが柔らかな不協和音によって浮かびあがります。
気がついたら、ひとりぼっちになっていた遊び場。
あのときの空気ですよ。

「子ども用」としておきながら、
オトナの本気演奏に応えてくれる、作品って実に多い。

今後、私の独断と偏見で、
「大人のための“子どものための”ピアノ曲」コレクションを
開始したいと思います。

まずは目標100曲!

忙しい大人のみなさん。ピアノを弾く時間がなかなか取れない方。
「やさしいアレンジ譜」などで中身スカスカのショパンを弾くよりも、
内容の濃い~ぃ「子ども向け」ピアノ曲を弾く方が、
よっぽど音楽的に高度な場合がありますよ!
そんなわけで、勝手に紹介していきます!100曲!
今回はその1曲目と2曲目ということにします!

ところで、目標100曲にむけて、
「ジャストギビング」というところに登録してみました。
この挑戦を応援してくださると、
震災を受けた方々を支援する団体に寄付が行く、という仕組みです。
こんな仕組みです


寄付とか支援というと、なにか暗めなイメージが付きがちですが、
このジャストギビングというシステムはなかなかに明るくて、
野球の古田さんとかマラソンの有森裕子さんとかもやってます。
面白いし、とてもいいシステムだと思うので、ご興味おありの方は是非に!
Just Giving Japan

というわけで、応援も、よろちくです。
コメント (4)