生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本気のエリーゼ。~平井千絵さんコンサート~

2012年10月10日 | 音楽
ちょっと奥さん、「エリーゼのために」の本気弾き、聴いたことあります?
「ベートーヴェンっていったら、ダダダダーン(運命)よりも、だんぜんエリーゼよ!」
…と思っていたそこのあなた。
あなたは間違いなく昭和ピアノ少女。ついでに全音ピース育ち。
誰しもが憧れたといっても過言ではない、あの名曲中の名曲を、
プロのピアニストが本気だして、この上ない愛情を込めて、
大事に大事に生演奏で聴かせてくれたら…どーなることかっ!
興奮するでしょう?もしかしたら、泣いちゃうかもしれない?

はからずもわたくし、本日はそんな昼下がりを過ごさせていただきました。
平井千絵さんのフォルテピアノによるコンサート、
「ぴあのの部屋」vol.4 ~ボヘミアとイギリスのモーツァルト~
(銀座の王子ホールにて 「銀座ぶらっとコンサート」)

しょっぱな言及した「エリーゼのために」は、アンコールだったんですけれども(笑)
いやはや・・・・・・コンサート全体のコンセプトもプログラミングもトークも演奏も、
すばらしすぎて、感動。
この前彼女のワークショップを受けさせてもらったからじゃあ、ありません。
お客さんの集中度もひっくるめて、今日のコンサートの空気感が最高でした。

素晴らしファクターが多すぎて、
いちいちレポするわけにもいかないのですが、いくつか箇条書きモードでご紹介。

・使用楽器のフォルテピアノは、ワルター製の複製楽器で、10年前、チェコ在住のアメリカ人ポールさん(って聞こえた)が作ったもの。

・そのチェコで生まれた楽器を使って、平井さんがボヘミア地方(今のチェコあたり)出身の作曲家作品を紹介。モーツァルトがライバルと認めた人物や、さらにはイギリスのモーツァルトと呼ばれた人物の音楽も。(プログラムはコチラ

・紹介にあたっては、どの作曲家についてもちゃ~んと印象に残るエピソードと、平井さん目線の解説付き。これがすごい。魔のトーク術。おかげでコジェルフもピントもデュセックも、今やみ~んな私の心の友(演奏会聴く前は全員「この人たち誰?」状態・笑)。

・おっかないくらい演奏がステキ。音のエネルギー、ハンパなし。素早いパッセージはほとばしるエナジー、緩やかなテンポは溜め込まれた情念、親密な心の動き。一つとして投げやりな音がない。音楽の意味がそこにちゃんとある。装飾音にいたっては、オランダ仕込みのさすがのアカデミズム。ちょいちょいキラキラ。

・ついでに(なんていったら申し訳ないですが)、千絵さんが美しい。すらりとした長い腕。夜会巻きにアップした黒髪。トークのときの、優しく気持ちよく響く声。(だのに内容はかなりパンチある)

はー。一気に書いた。
感動が薄れぬうちに。

18世紀の演奏会スタイルをコンセプトにおいた平井さん。(ソナタの楽章をバラして演奏)
いつも、いつでも、心はその音楽とともにあるんだなぁと・・・。その姿に感動。

そしてもう一つ、面白かったのがお客さんたちの反応。
(じつは私、ここもコンサートの楽しみの一つとして、観察してますw)
今日は銀座、昼下がりということで、マダムたちが多いわけですが、
いやはや、いつになく、終演後の声が耳に入ってきましたねぇ。
あきらかに興奮したマダムたちの声が。
マダムたちって、だいたいが二人連れ。
こんな話が(ホントに!)聞こえてきました。

「気持ちよかったわねぇ。とっても静かな音で。ねぇ~え。落ち着いたわよねぇ」

フォルテピアノだから確かに音量的には静かだけど、私は興奮したよマダム・・・

「あの方おしゃべりも本当にじょうずよねぇ。ほら、お子さんできたでしょ?あの方。お子さんできると変わるのかしらねぇやっぱりぃ。」

なるほどね。毎晩絵本とか読んであげるのかなぁ、千絵ママは。
確か坊やはまだ1歳半くらい?
私がこのコンサートシリーズの第一回を聴いたとき、大きなおなかでした。

「あの曲ほんとは、あと2音か3音上まであるのよねぇ!ええ、そうなのよぉ」

これはアンコールの「エリーゼのために」のお話ですね?
今回のフォルテピアノは全部で68鍵盤。
実は「エリーゼのために」のラドミラドミレドシ・・・と駆け上がった先は、
鍵盤が足りない! ということで、演奏前に平井さんは
「今からある部分をごまかして弾きますよ。
どこでごまかすか、みなさん聴いてみてくださいね」
って話しました。
それをマダムたちがイキイキとネタにして楽しんでる。いいなぁ、こういうの。

「ほら、ウチの孫が、最近ピアノ始めたっていうから、こういうの弾いてくれる人がいるんだったら、コンサート誘ってあげようと思ったんだけど、またやってくれるのかしらねぇ。」

おお。そうよね。お孫さん。
先日、「孫の力」っていう、
マダムがお孫さんとどうやって楽むかがテーマの情報誌があるって
教えていただいたばかりだったんですけど、
まさに、マダムたちはいつでも、そういう視点を持ってるのね!

「わたしも昔、ピアノのああいうの、うんと持ってたんだけど、どこいっちゃったかしらねぇ・・・引越したとき、いろいろ処分しちゃったから・・・」

その「ピアノのああいうの」って何でしょう?LP?ピース?
気になるなぁ。
きっとプログラム最後の「トルコ行進曲」や「エリーゼのために」を聴いて、
完全に昭和ピアノ少女時代を思い出してるのね、マダム。

個人的な意見ですけれどもね。
私、今日のような演奏会には、ある意味本当に「文化的な香り」がすると思います。
ヨーロッパの18世紀の音楽文化が、楽しんで聴いているうちにわかってしまって、
と、同時に、日本でもこの100年の間にピアノ音楽を受容する中で、
あちこちで響いてきた音楽も鳴り、
聴衆がそれぞれに想いを馳せる記憶という対象ががある。
会場が水を打ったような静けさに包まれたかと思えば、
演奏後に満足げなため息や、フライング寸前の興奮した拍手が響く。
こういう空間を提供できるアーティストさんのコンサートは、
やっぱり行きたい。楽しいから、行きたい。

平井千絵さん、ブラボー。
コメント

日本のピアノ教育を振り返る~日本音楽教育学会での岡田敦子先生の発表を聴いて

2012年10月09日 | 音楽
 本日は日本音楽教育学会@東京音大の二日目で、岡田敦子先生方による「戦後日本の専門レベルでのピアノ教育を振り返るー公開レッスンを通じて、今日に通じるその問題点と解決法を探るー」を聴いて参りました。わたくし、この学会の会員ではないのですが、一日目の渡辺裕先生の基調講演を聴きたくて、本大会のみの「臨時会員」としての受付をすませ、二日間お邪魔した次第であります。岡田先生のご発表は、最近の自分の問題意識と沿う所が大きく、このテーマから期待していた以上の内容で、大変興奮しました。
 桐朋「子供のための音楽教室」を中心に訓練がなされた「ハイ・フィンガー奏法」。それが一体どのようなもので、70年代からなぜ普及し、そして80年代からはなぜ批判の的となったのか。本来の奏法や、ピアノという楽器の仕組み上、それが適した作品の時代様式とは何かといった観点からの、学生の演奏をまじえてのお話は、まさに目からウロコ。さらにはソ連崩壊後に進出してきたロシア的奏法や、「重力奏法」や「脱力奏法」など今日も注目されている奏法は、身体(筋肉や関節)のどのような機能に着目し、どのような時代様式の楽曲に対して効果を発揮するのか、これらも先生のお弟子さんを公開レッスンする形で進められ、説得力あるお話でした。ラフマニノフのソナタを弾かれた学生さん、はじめは指や肘までしか使っておらず、割れるように耳に突き刺さるフォルテだったのが、先生の指示によって上腕や腹部の筋肉や関節を意識し、フォームを作るだけで、目の前でみるみる音が変わって行きました。それはもう、恐ろしいくらいに!!
 本来ハイ・フィンガーとは、バロックや古典派時代様式の音楽に適していることがわかりました。しかし、それをそのままショパンやシューマン、さらにはリストといった作品の演奏にまで、ゴリ押しで通そうとした所が「昭和」のピアノ教育の限界だったのですね・・・。わからないとは恐ろしいことです。打鍵のスピードから離鍵のタイミングから、まったく合わない奏法のままに、別の時代様式の曲を「鍛錬」する。ほとんど根性の世界(苦笑)。それで「弾けない」人は、練習や能力が「足りない」と判断されてしまった時代。その真っ只中に、私自身も教育を受けた世代ですから、お話を聴いていて面白いやら苦々しい思いがよぎるやら(苦笑)。
 岡田敦子先生ご自身が生徒として、そして指導者として歩んでこられた「日本のピアノ教育」を振り返る形でのお話であり、なおかつ全体をバランスよく俯瞰し、鋭く、整理された形での提示でありました。おしまいに語られた「テクニックそのものがその人の音楽表現である」といった主張もインパクト大。凝縮の2時間でした。
コメント