生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひとりイギリス音楽月間

2011年04月28日 | 音楽
イギリスでは、もうすぐウィリアム王子とケイトさんのロイヤルウェディングですわね。
タイムリーにも、私の中に英国ブームが起こっています。

先日、エルガーの楽曲解説を書いていたとき、
無性に彼の音楽を「全部聴きたい!」衝動に駆られました。

そして、去る4月15日に聴いた都響の定期演奏会。
竹澤恭子さんがソロをつとめ、アツモンさんが指揮した、
エルガーのヴァイオリン協奏曲。
これがとどめ(?)でしたね。
私のハートに火をつけました。

さらに続く4月17日、
N響にはイギリスからノリントンさんがやってきました。
エルガーの交響曲第1番。
これはもう完全に興奮しましたねぇ

これまでエルガーというと、
「威風堂々」だの「エニグマ」だのは、まぁ、好きだな、という印象。
どこかほっとするような田舎っぽさのある和声が魅力。

しかし、ヴァイオリン協奏曲やシンフォニーの1番ともなると、
エルガーだって、ちょっとウィーン世紀末風の、
豪快でわけわかんない、ドでかいオケ曲をガンガンに展開している。
とはいっても、どんだけとっちらかっても、そこはエルガー。
ガッチリと行進曲が始まったり、落としどころの和声は忘れない。
だから、しっかりついて行かれるような気がするのです。

と、いうわけで、
エルガー先生の30枚組みCDを入手。
そして、英国マイブームついでに、
ビーチャムの「英国音楽特集」6枚組みも入手。
こちらも少しだけ流してみたら、やっぱり和声がピクチャレスクではないかっ!

はて。いつじっくり聴けることやら。
でも、持ってると、あ~んし~ん♪ww

これらに腰をすえて取り掛かる前に、
自宅で放置されていたアイアランドのピアノ曲も聴いてみた。
これがまた乙なんである!
主張が強すぎないけれど、さりげなくおしゃれ。
弾くのはけっこう大変そう。

あれ~本当にイギリス音楽、いいかも。


ところで、ぜんぜんイギリスじゃないんだけど(でもノリントンさんつながりでイギリス)、
昨晩聴いたN響定期、
ベートーヴェンのピアノ協奏曲5番「皇帝」のソリストを務めたマルティン・ヘルムヒェン、
ディテイルまで素晴らしい演奏でした。
アクセントの細かな操作、アッチェレランドのタイミング、そして弛緩、
そのどれもが新鮮で、説得力もある。
その勢いで突っ込むか!というテンポでも余裕あるある。若いってスバラシイ。
ノリントンさんの紳士的でユーモア溢れる指揮と、見事なコラボレーションだったなぁ。
彼の演奏は、ソロでも聴いてみたいけれど、
なにやら、アンサンブルがすごくいいような気がしてる。どうだろうか。

夜更けに、とりとめもなくなってしまったので、
これより眠りにつきます。。。
コメント

自分じゃなかなか買わないもの、それはマカロン。

2011年04月24日 | Weblog

どうです?かわいいでしょう。
マカロンって色がいい。

いただいた3つのマカロンがとてもかわいくて、
記念撮影。

このお菓子、なかなか自分じゃあ買いません。買えません。
小さいのに、パワフルなお値段(私としては)ww
もちろんお味もそれに伴うのですけれど。

だからいただくと、とても嬉しいのです。
こうやって、記念撮影してしまうくらいなのですw
コメント (2)

5月20日はぶるぐチャリティー・コンサート♪

2011年04月23日 | 音楽
5月20日、ぶるぐ協会チャリティーコンサート「みんなでブルグミュラー」
詳細が決まりました。


これは東音ホールの一連のチャリティーシリーズの一環になります。
コンサート情報・お申し込みは
コチラ(←クリック)
へお願いします♪

当日は、日本で最初期に印刷出版された「25の練習曲」の楽譜などの展示も行います。
演奏での参加も、ぜひぜひお待ちしています♪
まだまだご予約ガラガラなんです(涙)
クリックした先の「お申し込みはこちら」ボタンを押すと、
現時点で、残席52!
60席設けてるんですが・・・まだ8枚しか・・・

いやいやいやいや、これからに期待・・・します!!




 コンサート詳細 

当日の収入は、全額を東日本大震災義援金として寄付します。
詳細は後日、ピティナのホームページにて公開・報告いたします。

ぶるぐ協会主催チャリティーコンサート
「みんなでブルグミュラー ~『25の練習曲』から160年~」
ピアノ演奏:須藤英子、友清祐子
18:00開場 18:30開演 終演予定20:00
入場料:大人1000円、子供(小学生以下)500円
(当日現金払い。全額震災義援金としたします。)

曲目:F.ブルグミュラー/A.バトラー:2台のピアノのための25の練習曲 ほか

☆原曲パートの演奏にご参加下さる方を募集します。
ピアニストと一緒に、2台ピアノでブルグミュラーを演奏してみませんか?
お席のご予約の際に、参加希望の旨お伝え下さい。

募集曲目:第1番「素直な心」から第11番「せきれい」までの、いずれか一曲
対象:年齢、性別、ピアノ経験年数を問いません。

演奏参加希望の方は、5月8日(日)までにお申し込み下さい。申込ページの、「メッセージ」欄にお書き添えください。希望曲が重なった場合は、抽選とさせていただきます。参加決定のお知らせは5月9日以降ご連絡いたします。
コメント

春は眠いね・・・

2011年04月23日 | ねこごと
ブログアップが久々になっちゃった。
なんだか、ツイッターに小出しにしていると、
こちらに書くのをサボってしまうんだな。
それは我ながら寂しいので猫写真を載せます(笑)。

4月も終わりですが、
なかなか寒い日もあったりして、
日差しがさすとこうやってまーくんは、
窓辺のマイベッドで寝ています。
春は眠いよね。
いや、猫は年がら年中眠いのか。
コメント

マラソン後のケーキ

2011年04月09日 | 音楽
上野で、こんなかわいいケーキを買ってきてしまいました。
駅構内がガラリと変わっていて、すっかりショッピングゾーンができていてビックリ。
このケーキを買ったお店も、キラキラしてて、すごくかわいい雰囲気。

とにかくどこも、パンダ全開。
パンダケーキ、パンダクッキー、
雑貨屋さんはパンダバッグ、パンダてぬぐい、パンダものさし、パンダノート、
これだけパンダ力が強いと、パンダに会わないではおれない、群集心理に飲み込まれそう。

が、しかし、
私の今日の目的は、パンダにあらず。

「東京・春・音楽祭」のチャリティーコンサート、
室内楽マラソン・コンサート~音の絆~に行ってきたのでした。

12時開演で、終わったの5時半過ぎ、かな。
間に25分の休憩が二回あったけど、
コンサート3回分を一気に聴いた気分。
豪華出演陣による、バラエティーに富んだ作品ぞろいで、
まったく疲れることなく、あっという間に時間はぶっとんで行きました。

プログラムはどれも心から楽しめましたけど、
一番ハートをつかまれたのは、
工藤重典さんのフルートと、野平一郎さんのピアノによるデュオ。
まずは工藤さんがソロでドビュッシーの《シリンクス》を怪しい魅力満載で演奏、
それからお二人でプーランクの《フルートとピアノのためのソナタ》と
フォーレの《夢のあとに》というプログラム。
もう、お二人。大人の色気。
余裕のある本気っぷり。
素敵すぎました。

すべての演奏に言葉をのこしておきたいほど、
充実したコンサーとでしたけど、
なにしろ15組出ましたからね。やめときますw

で、6時間ほど過ごした上野。
記念にと、パンダケーキを買ったわけです。

いい年をして、ケーキ屋のお姉さんに、
「ウサギは、そっちじゃなくて、こっちの目がハートの形のにしてください」
とかお願いして買った。
でもお店のお姉さんも、
「はい、こちらの子ですねー」って。「子」って・・・

そんな風にいわれちゃうと、
ただでさえカワイイのに、ますます食べづらくなる。

でも、意を決して、後頭部からフォークを。
すると中はこんな感じ。お~いし~い。


パンダちゃんは、こんな。



見た目的にはちょっと、懐かしい昭和の洋菓子風の味かと思ったら、
ちゃんと平成のパティスリーな味(?)でした。

もちろん一人でぜんぶ食べたわけじゃありません。
夫の人にも分け与えてあげたところ、

「単に飾りに留まることなく、チョコレートがちゃんと機能している。」

という感想が入りました。
(本当にこういう風にしゃべる。)

こじゃれたもんです、上野。
思えば過去に10年以上も通い続けた上野(学生時代と音研助手時代)、
おしゃれ度は今がマックスじゃないか。
ま、当時はダサダサだったので、おこづかい落とさずすみましたけどね・・・。

今度出かけたときは、また楽しいお土産を買ってしまいそうです。
危険ゾーン、上野駅。。。おそるべし。
コメント (3)

春の色~近所の散歩編

2011年04月09日 | 音楽
近所の図書館まで行く道すがら、
「いろんな色を集めよう!」という一人企画で、
一眼レフを片手にお花の写真を撮って歩きました。

こんな風に、覗き見するみたいに咲いてるのも。
こういう猫、いる(笑)


川沿いも桜がほぼ満開!
この日は曇り空で、あまり色味が出せないうえに、
やっぱり桜のほのかなピンク色は、
写真できれいにだすのって、至難のワザだね。



さりげなく彩られる散歩道。








肝心の図書館は、行ってみたら休館日だった・・・ショック!
資料を求めていったのに・・・
たんにお散歩した人になってしまいました。
でも、小さなお花見、楽しかったな。
コメント

Women Only! ~平井千絵さんのお部屋

2011年04月07日 | 音楽
「Women Only!」
そう題された、オシャレなフォルテピアノコンサート。
別に女性しか入れない演奏会じゃないです。
女性作曲家ばかりを並べたレパートリーなのです。

オランダ在住の平井千絵さんの“ぴあのの部屋”Vol.1。
ほんとに、お部屋に遊びに行って、
キラキラした宝物をたくさん見せてもらったような気分。
(銀座の王子ホールにて、2011.4.6 昼下がり)

マリアンヌ・マルティネス
マリア・シマノフスカ
ゲルトルード・ファン・デン・ベルフ
ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル
クララ・ヴィーク
ヨゼフィーネ・ラング

これ、ぜーんぶ女性の作曲家。
だけど、ファニーとクララ以外は、
「誰?」ってかんじ。

ファニーはメンデルスゾーンのお姉ちゃん、
クララはシューマンの奥さんです。

平井さんの説明によれば、残された文献からは、
この人ら、みーんな奇麗で聡明で・・・みたいなおねーさん方だったらしいです。
そして平井さん、彼女たちのファッションなんかのお話に触れながら、
小さくて楽しいサロン音楽などを、てんこもりにプログラミングして聴かせてくれました。
なんという粋なコンセプト!

それにしても、こう並べて聴きますと、
やっぱりファニーとクララは群を抜いちゃう感じがわかりました。
「天才」って言われた人たち。ああ、そうだよね、と。
で、やっぱりファニーは、「おお~メンデルスゾーンぽい~」とか、
クララは「あ~このわけわかんないドロドロ感は、シューマンに絶対影響与えてる!」とか、
感じてしまうのは偏見でしょうか?いや、そうでもありますまい。

私は、個人的には、こうした巨大っぽい天才性を匂わす作品よりも、
「誰?」な人たちの、可愛いキラッとした音楽が、やっぱり好きでした。

マルティネスの装飾音が輝くパッセージ。
シマノフスカは常動曲(外声は、フォルテピアノの音色がすごく遠近感が出てた)、
ベルフのロンドは、可愛い出だしに騙されそうになると突如ヴィルトゥオーゾが顔を出す小悪魔的な作風、
そしてラングは、いわば字余りっぽいところ、隙間スカスカある感じのところ、
そういうのが全部魅力。

とくにラングの「アラベスク」は、その隙間にこちらの気持ちが入れるというか、寄り添える感じがして、とてもいい。間がある、という感じ。

もちろん、それらは全て平井さんの小気味よいタッチや繊細なコントロールがあってのこと。
楽器は1844年製のエラールでした。
音の残り香というのかな、それが独特。
音が混じり合うんです。

プログラムノートも全部ご自分でお書きになっている平井さん。
なんとも、セルフプロデュース力を感じさせる演奏家でおられました。
これからももっと、私たちの知らない楽曲をたくさん聴かせてほしいです♪

あ。ベルフはブルグミュラーのお父さんにピアノを師事していたそうで。
ベルフ作品を聴きながら、もしやブルグミュラーも、
彼女の作品を聴いたり、弾いたりしたのかな・・・などと
想いを馳せることができました。

素敵な昼下がり、ありがとうございました。
コメント