生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルイ・レーリンクさんピアノリサイタルシリーズ第2回

2012年07月19日 | 音楽
3回シリーズで開かれているルイ・レーリンクさんのピアノリサイタル~音で描く光と影 癒しの世界へ~の第2回に出かけた(2012年7月18日@ルーテル市谷ホール)。

深いリラックスによって人は集中力を増す。舞台上の奏者と客席の聴衆が、同じエネルギーを放出しながら、深い呼吸へと共に到達した時間。今日のコンサートをあえて一言でいうなら、そういうことなるだろうか。

始めの一曲目の最初の音から、身体がゆるむような感覚と同時に、神経が冴えていくのを覚えた。
聴いていると、心に突き上げてくるものがある。それはなぜか。目の前で演奏しているルイさんが心を動かしているからだ。演奏家は一見みな心を動かして感情を込めたり歌ったりしている(ように見せかけている)けれど、本当にそれが実現出来ているケースはけっこう少ない(と私は感じている)。
その瞬間に心が本当に動いている。それを包み隠すことなく、音という形で、生々しいほどに露わに晒す。以前、ルイさんがインタビューで「舞台上で演奏している時というのは、とても繊細で傷つきやすい状態にある」というようなことをおっしゃっていたが、まさにそのとおりだ。しかしその、傷つきやすいフラジャイルな状態を晒すことができる強さを、演奏技術とともに持ち合わせていること、それがプロの演奏家なのだろう。

曲目はJ.S.バッハの編曲作品からのスタート。シロティによるプレリュード、コルトーによるチェンバロコンチェルト第5番よりアリオーソ、ケンプによる「主イエスよ、我、汝の名を呼ぶ」、それにジュロフスキー編のパーセル作品「ディドの嘆き」。ここまで、曲間の拍手をはさまれず、一気に演奏された。曲と曲の並びが必然的であるかのように、大切に弾き終えては始めるルイさんの姿勢に、拍手を差し挟みたい衝動は起こらない。会場中がその流れを察知していたように思う。
続くシューマンの「子供の情景」は、私がこれまでに聴いたどのシューマンとも違っていた。第1曲目の「見知らぬ国」は、かすかな記憶の彼方で揺れるブランコのような、止まりそうで止まらない不思議なスウィング。第7曲「トロイメライ」は旋律の最初の2音c-f、続く4音e-f-a-c-fの音程(4度、そして2度、3度、3度、 4度というインターバル)にかかる距離感覚としての微細なエネルギーの変化に息を飲む。リストの超絶技巧練習曲集から「夕べの調べ」の大きなうねりで、前半は終了。
後半はプーランクの「エディットピアフに捧ぐ」、ドビュッシーのプレリュード第二巻から「ヒースの茂る荒地」「月の光のふりそそぐテラス」と、洒脱な音楽の中に、光と影の濃淡の移り変わりが丁寧に織り成された。ベートーヴェンのソナタ第30番がプログラムの最終曲。3つの楽章はいずれも脳内に響きが残る。
アンコールはフォーレの「夢のあとに」、セザール・フランクの「ダンス・レント」、最後に、日本の「赤とんぼ」で締めくくられた。
(前半から、ひそかにホロホロ来ていたが、もう「赤とんぼ」で完全にワタクシの涙腺の防波堤は瓦解しました・・・)

官能的な演奏とは、奏者が心を動かすことで実現する。それが聴き手の心をもマッサージする。ある人は高揚し、ある人は涙する。気のめぐりというか、体内の循環がよくなる。それこそが音楽的な時間。魂のエランをもたらしてくれる時間。
ルイ・レーリンクさん本シリーズ第3回のリサイタルは12月9日、同ホールにて開催されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加