生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

事件!まーくんのオトコギ

2008年09月26日 | ねこごと

それは先日、人間のオカアサンとオトウサンがちょっとした議論を展開していたときのことでした。

ほら、4,5年にいっぺんくらいは、人間「キレる」こともあるじゃないですか。
え、あるよねぇ??
久しぶりに、人間のオカアサン、きちゃったんだよね。
抱えていたクッションを投げ飛ばして、大声で怒り狂ってしまったの。

で、そのときでした。
議論をずっと私の傍らで見守っていたミネ子は、ビビッって
「きゃ~~~ママこわい!!!」って、
ピューーーーーーーーっと全速力で逃げていっちゃった。

ところがなんと!廊下かどこか、私からは見えない場所にいたはずのまーくんが、勢いよく私のもとに走って来たのです!!途中ミネ子とすれちがったよ!!

大声で泣きながらガッツリ怒ってる私の方に走りよってきて、大きな瞳で「ママ?どうしたの?」と語りかけるようにして、私のひざに手(前足)を添えてきたのです。
私の興奮が一回おさまって、また怒りの波がくると、やっぱりまたまーくんが顔を見つめながら走りよる。

あ~すごいな。まーくん。オトコギだよ。
普通こんな人間、怖いはずなのに。真剣な顔で覗き込んでくるんだよ。

その後もずっと、人間たちの議論がおさまるまで、
まーくんはオカアサンの目の前にいてくれました。
やさしい!!!!

猫にこんな一面があるなんて、思わなかったです。
非常事態にはまーくんです。頼れるオトコ、まーくんです。

ミネ子はその後、人間が落ちつた頃に、
「あ~もう心配したわよ」とかなんとかいうそぶりで
擦り寄ってきましたけどね。
いつもは「わたし!わたし!」のミネ子さん。
いざというときはちょっぴり薄情ねぇ・・・。
でも、驚かせちゃってごめんね。

その夜はずっと猫2匹、私に頭をくっつけて両脇固めていました。
いつもよりもずっとずっとそばにいてくれました。
ああ、猫はなんて優しいのかね。

ちなみに人間のオトウサンとは、
どんなに激しいバトルをしても、いつも解決させて寝ます。
その日も双方疲れきったので、
深夜に一緒にマックにで出かけ、
シナモンメルツを美味しくいただきました。

「まーくんは、ボクより頼れる?」
とか言ってたけど、
自分が連れてきた猫に、非常に満足げだった。
仕方がない。猫とワンセットでオフセットだ。

ところで。怒り狂ってるとき自分で気がついたんだけど、
なぜか北海道弁のイントネーションだった。
人は理性を失うと、言葉の根っこのところが出てくるのかね。
北海道弁のイントネーションはちょっと東北弁にも似ています。
だからあんまり迫力ないかもな。
コメント (8)

まーくん11ヶ月

2008年09月20日 | ねこごと
まーくんは今日で11ヶ月。あと一ヶ月したらもう1歳なんだね!

窓際で毛づくろい中のところ失礼しまーす。


え、なに、撮影?!


もー撮るなら先言ってよ!

わー、ストラップ攻撃はやめてください!

ちゃんと凛々しい顔すんだからさぁ

うん、きまってますよ、まーくん。

ミネ子が来てから控えめなキャラに突然変異したまーくんですが、まだまだ本当はコドモなんだよね。ミネ子の熟睡中は甘えてきます。
コメント (6)

老け顔 6ヶ月

2008年09月19日 | ねこごと
あら? レース越しに、そったお耳の影。
深窓のお姫様かしらん。



レースを開けてみると
薄目を開けて、眠るミネ子さん。



ときどき、ほんとうに怖いんデス。
さすがにネコ、カメラを向けられ、目を覚ます。



そんなミネ子さんも、今日でお誕生6ヶ月。この老け顔で6ヶ月。
おめでとうございます。



2ヶ月前、ペットショップから連れてくるとき店員さんが
「この子はお腹がゆるくて・・・
 神経質な性格みたいなんです。気遣ってあげてください。」
と言うので、『そうか、デリケートな娘さんなんだ』と思っていたが、
ただ単に彼女は、食い意地を張っていて、
とにかく何でも(ダンボール・輪ゴムなど)口に入れることが
お腹のゆるい原因だとわかるまで、たいして時間はかからなかった・・・

人見知りもせず、お客さんにもガンガン色気を振りまくし、
愛され上手のミネ子さん。
まぁ6ヶ月まで、むくむく成長してくれてよかったよ。

ちなみにコチラのまーくん、いつもすごいポーズで熟睡。



あしたで11ヶ月のお誕生日記念。よかったね。まーくんもおめでとう。

にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
コメント (4)

水に流して

2008年09月19日 | ねこごと
どうしたわけか、シンク大好き。
涼しいのかな。

ミネ子の甘えキャラはすごい(この顔で)。
夜な夜な枕元に、色気ムンムンで近寄ってくる。
添い寝はいいけど、
かならず手(肉キュウ)をギュっとしてあげなきゃご不満。
ギュしてあげないと、私の髪の毛はめちゃくちゃにされてまう。
おててつないで、さらに別の手でおでこを包んであげると
「きゃあもぉ~~~ミネ子最高の気分!!」とばかりに
オッサンのイビキのような喉鳴らしが始まる。

というわけで、最近私の眠りは浅い。
そんな秋の夜長、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
コメント (4)

散策 都民の森

2008年09月09日 | Weblog
週末は森林浴に「都民の森」へ。
早朝4時半に起きて準備。
ミネ子がリュックに入っていく気マンマン。
でも連れていけないよ・・・


「都民の森」は奥多摩の檜原にある大きな自然公園で、ハイキングコースやちょっとした登山コースがありました。
2~3時間のハイキングコースを行きましたが、
のぼりは息がけっこう上がっちゃうくらいキツイ。

ちゃんと森だ~


空気とお花とお水がキレイよ。




「森林セラピーロード」というところを通って下ってきましたが、坂も緩やかで、道にはウッドチップが敷いてあるから登山未経験者でも安心。癒しの路でありました。

でも駐車場まで戻ってきたら、ひざがガクガク・・・いかに日頃運動不足か・・・。今度はきちんとした靴やズボンも購入して、山登りにトライしたいです。猫は連れて行けないケドね。(犬はいいみたいだよ、都民の森)
コメント (7)

芸大121

2008年09月07日 | 音楽
母校を訪れようと上野公園に到着したら、聞こえてきたのはサンバのリズム。
これぞまさに、学生時代とその後の職員時代を彩るサウンドスケープよねぇ・・・と思って歩みを進めていくと、公園噴水前ではサンバに合わせて見事な御輿たちがうねってました。この日は「芸祭」をやってたんですねー。かっこいい!あ~若さって眩しいわぁ・・・



美校(と音校が一応一緒に)作る御輿はギョッとするくらい大きくてかなり迫力があります。携帯で撮るとしょうもない画像になりちょっと悲しいですが・・・。動物が多かったです。


かなりリアルにしわしわな像。


こちらはカエルくん。これも実物巨大だよ。

で、芸祭も血がたぎるくらい懐かったけれど、もっと私を興奮させたのはコチラ。学食「キャッスル」の「盛り合わせ」。きゃー変わってないー。懐かしい味!!

肉・・・肉系が多いよ・・・(汗)

なんでも芸祭の初日というのは、毎年芸大の事務方OBOGが集まる「芸友会」なるものが開かれているとのこと。初めて知りました!!芸大が芸大になる以前の「東京音楽学校」時代に尽力されたOBOGの方々も元気に集結なさっているようです。

この日は芸大音楽学部創設時代をよく知る、というかまさに組織設置の尽力された事務官のお話を伺えるということもあり、「学史編纂」のお部屋にお邪魔させていただきました。貴重な機会に同席をお許し下さったご担当者様、本当にありがとうございました。

当たり前に考えていた大学内の規定や行事や博士課程の存在などが、すべて設置当初の事務方の人々の凄まじい尽力のタマモノなのだと知りました。組織を一から形作っていくには、当時の文部省に掛け合い、説得し、予算を獲得するという一連の流れがあるというようなことは想像できるけれども、実際そこで足や手を動かすとはどういう事だったのか。普通に学生やっていたら想像すらできなかった物語がそこにはありました・・・。
大学という機構が、教授陣と事務方との熱い信頼関係であるとか、事務サイドの方々の熱意や、アカデミックなまでの音楽への理解があってのことなのだ、ということ。パッションですね、パッション。「できる方」というのはやっぱり情熱が違う。そして人徳の厚みが違う。
御輿や模擬店やサンバに盛り上がる学生たちよ、さぁ、踊るがいい!長年にわたり大人たちの尽力と情熱によって築き上げられた舞台の上で!!さぁ!!

スミマセン、とり乱しました・・・

こうしたドラマは全く表に出るところのものではなかったし、出ることが望まれたわけでもなかったとは思いますが、「プロジェクトX」よろしく、それが語られることは「今」を生きるわれわれにとっては、多く感じ入るところがあるし、学びの機会そのものであります。

というか、それ以前に、芸大=東京音楽学校の学史編纂は、ズバリ日本の洋楽受容史の研究そのものでもありますから、あらゆるアングルからの検証を必要とするこの領域にとって、こうした言説のひとつひとつをすくい上げておく作業というのが絶対に絶対に大切!どうかお願いします!!と言いたい。(←だれだよ?)。それにしても、学史編纂によるこうした聞き取り調査は、今だからこそ「まだ」実現可能なんですよね・・・。(以前、全音ピースや楽譜の歴史的な動きを追っていたときに、情報の丁寧な蓄積というのがどれだけハードル高く貴重であるか、すごく勉強になりました・・・。)

芸大は昨年度が120周年だったとのこと。今後125周年、130周年といった区切りのたびに、ひとつひとつの芸大の蓄積がまとめ上げていかれることに密かに期待を寄せたいと思います。
コメント

本日のミネ子さん

2008年09月04日 | Weblog
机の上でご満悦。
邪魔にならないように、はじっこで見張り。
ちゃんと仕事しろと見張り。
コメント (2)

大切なものが遠くへいってしまう気持ちはどんなだろう

2008年09月02日 | Weblog
仲良しの某ピアニストさんご夫婦の
大切にされていた猫さんが、
先日突然、天国に行ってしまいました。

やさしい香りのお香とケーキを持って
会いに行ってきました。
お話をたくさんしてもらい、
すこしみんなで泣いて
おいしいケーキを食べました。

空腹感もわかなかったお二人を、
彩り鮮やかなフルーツのケーキたちが
少しだけ励ましてくれたみたい。よかった。


猫って、人の心にどっぷり染み入るような存在の豊かさがある。

かわいかったあの子は幸せ。
あの子からのたっぷりの愛情を受けた人間たちも幸せ。

ただ、
大切なものが遠くへいってしまう気持ちは、
どんなだろう。

それはきっと喪失感。
もう二度と戻ってこないものに
胸をしめつけられながら、
明日も明後日も過ごしていかなくてはいけないということ。

ああ、覚悟は必要だ。
そんなものが役に立つかは知らないけれど、
いつでもそれは、必要だ。
コメント (2)