生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫勉強中。

2008年02月27日 | ねこごと

猫初心者につき、勉強します。
書店では売ってない雑誌「ねこのきもち」、注文したらすぐ来たよ。
これはいい。この雑誌はいい。
噛み付いたときの対処とか、やってみたらけっこうイケた。
おまけの「猫の手 粘着クリーナー」もすてき。
猫愛をみたしてくれるような遊び記事だけじゃなくて、
きちんと実用的な知識をくれるから、
私みたいな初心者には本当にたすかる~

昔、小動物雑誌で「ソロモン」という美しい雑誌があった。
情報も多いし、写真もきれいで愛読していたのに、
コストがかかったのか、売れ行きが今ひとつだったのか、
わりとすぐに休刊になっちゃったな。

「ねこのきもち」、末永くお世話になりたい。
コメント

猫の初心者。

2008年02月26日 | ねこごと
今まで犬・ハムスター・モルモット・フェレットと生活を共にしてきた経験はあるけれど、猫っていうのは初めてなんだな。

モルモットは一番、ついでフェレットは世話が忙しい。それにくらべると、猫はあまり忙しくない、という印象。

モルモットはトイレを覚えないから、ペットシートの取替えや牧草補給に忙しい。不正咬合になってしまって、栄養失調になりやすい。ビタミンCを体内で生成できないから、なにしろパセリを食べさせまくる。シート代がかさむから、意外にも一番コストもかかったな。

フェレットはいたずらっこなので、カバンに入り込んでは何か宝物を見つけて秘密基地に保管してしまう。だから目が離せない。えさはフェレットフードだけだから楽だけど、いたずら中の誤飲がいちばん困る。私はフェレットの麝香っぽい香りが好き。でも苦手な人もいるから、お客さんにも気を使う。

それにくらべると猫さんというのは、トイレに問題なし、部屋に放置してものんびり寝てくれる。去勢後の猫さんを一度お借りしたのだけど、ほとんど本人に匂いはないね。

まーくんは、まだ「いたずらざかり」なので、私の手を玩具とカンチガイして容赦なくかみついてみたり、甘えんぼ過ぎて泣き止まず、かまってやらないとネコ砂嵐を巻き起こす。

でもね、毎月PMSが辛い私。文字通り「ワケもなく悲しい」気分で仕事から戻ったら、まーくんがモンゴル人の伝統ホーミーのような喉鳴らし全力ですりよってくると、「あらぁ、あなたがいて、ほんとうによかったわ~」と一気に暗黒モード払拭。

どんな動物もぜ~んぶ違う。猫発見の毎日。すばらしい日々。
コメント (2)

寝起きは・・・

2008年02月26日 | ねこごと
いそがしいのっ!


伸びして


洗うの!


顔を激しくっ!


ビシッ!

コメント

猫との生活:まーくんがやってきた。

2008年02月23日 | ねこごと
猫がうちで暮らすことになりましたよ。
まーくん、生後4ヶ月の男性だ。
こいつはいい。なかなかいいぞ。
賢く育ってくれ、まーくん。

部屋の清潔度を上げていかねば。
爪とぎは所定の位置でお願い致します。
コメント (4)

酔っ払いと万華鏡

2008年02月04日 | Weblog

東京での生活空間もひと段落ついた。
モラトリアム生活を終え、今日から社会復帰だ。
初日はまずまず。
これから始動していく仕事について、
人との良いミーティングができたよ。

で、気分よく晩酌。
そしてフワリと酔いながら覗いた万華鏡。家にあったやつ。いいねぇ。

万華鏡って、時間芸術でもあり空間芸術でもある。
筒内の液体をゆっくり動いていくスパンコールは、
瞬間的に流れ星みたいに輝く。
それがどんなに美しいものでも、
もう二度と、決して、
まったく同じ模様は現れないんだ。

写真は今日の、そんな一瞬を切り取ったもの。
コメント