生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そうだ、その調子だ

2008年05月25日 | ねこごと

どうだい。使い心地は。
そこが寝床だからね。
コメント (2)

おっいいぞっ

2008年05月25日 | ねこごと

そうだ、そこがベッドだぞ。
おぼえてくれっ
コメント (2)

心の琴線にタッチ~宮川彬良さん

2008年05月25日 | 音楽
ピティナのウェブで書かせていただいた「宮川彬良さんインタビュー:アレンジの極意」がアップされました。

NHK「クインテット」の一ファンとして、お会いできる機会をいただいたのはとても嬉しかった。仕事なのに、ほぼ、ただのミーハーになりそうな自分をコントロールするのは大変であった(苦笑)

ふつうないだろう・・・っていう状況だと思いますが、
実はこのインタビュー中、私は宮川さんのお話にあまりに感激して、思わず涙チョチョギレてしまったんです。「赤とんぼ」のお話のところで、宮川さんの語り口があまりに説得力があって、次々詩人のように心のこもった言葉が溢れ出すんですね。心の琴線にグイグイグイグイ触れまくり、(インタビュアーとしていかがなものか、冷静さを欠きそうなくらい)心底感動してしまったのであります。

本文中には載せなかったのですが、宮川さんの口から「ブルグミュラー」が出てこられたときも大興奮!「あんなオシャレな曲、(他のエチュードの曲とは)ぜんっぜん違ったよね!」なんて話でも盛り上がりました。「クインテット」でも「帰途」や「スティリアの女」がアレンジされていますが、楽器の振り分けや伴奏系の旋律の付け方など、尋常じゃなくいいでからね、そこはやっぱり音楽への愛、上記の記事にも書いたことですが、宮川さんの「わかった!」がちりばめられているんですね。

インタビューの後、お話にあまりに感動したこともあって、クインテットの実際の演奏を担当されているアンサンブル・ベガとの宮川さんの公演「ぜったい心に効く音楽浴」に出かけました。

文字通り、心に効きました。

最後に演奏された宮川さん作品の「ブラック・ジャック」。これは手塚治のあの漫画に触発された「命」をテーマとした作品。

すばらしかった。聴いていて、やっぱり涙が止まらなくなってしまった。私の横とか周りでも、泣いている人結構いましたよ。ダイの大人の男の人とかが泣いてるんですよ。肩を震わせて、メガネを押さえるようにして。。

終わるとスタンディング・オベーション。こんなに聴衆が盛り上がって、心振るわせる演奏会って・・・・まじめに、そんなにないと思う。

宮川さんは、「宇宙戦艦ヤマト」など数々のヒット曲を生み出した宮川泰さんを父にもつ。宮川さんご自身、インタビューでもコンサートのトークでもお父上のことに触れていて、「大物の父親」を持つクリエイターとして、変に苦しそうだったり、ということは全く無い。となると、聴衆の方も、「あのお父様のご子息の・・・」みたいな聴き方が出来るわけです。自然と。

でも、それによって、宮川さんの音楽は、なんの縛りも感じさせることがない。むしろ、お父上が作り上げた、品質高い日本のアコースティックなポップスの良さを、すごくすごく、ご自身の作品に取り込んでいる。だから、お父上の音楽が念頭にあってもいいんです。宮川さんの音楽を聴くときには。

彬良さんの音楽は、「ぜったいに裏切らない」音楽。
そう思いました。
これは「期待に応える」音楽っていうのとは、ちょっとちがう。

「伝統を否定しない。」そうインタビュー中にも話されてましが、過去との繋がりを大切にしながら、音楽作りに徹底して向き合っておられるんですね。

明るく、土台の安定感を感じさせてくれる作風。決して聴衆を置きざりにするような自己主張や「難しいだろ」のアピール一切なし。それでいて、媚びるようなところがない。宮川さんの調性スタイルによる楽曲もアレンジ作品も、みんなクオリティの高さが徹底されていて、聴衆をぜったいにナメていない。その迫力たるや、凄まじい。

だから泣いちゃうんです。音楽そのものの訴えかけてくる力強さばかりでなく、宮川さん自身の、音楽に対する態度、みたいなものに、ひたすら感動するんです。

トークも演奏も作曲もアレンジも、すべてに全力で人の心に触れられるなんて。そういう人の生きるところに、私もいられてよかった。
「ブラック・ジャック」、もう一度聴きたいなぁ。
また次の演奏会も、ぜったい行こうと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ
コメント (2)

全音さんへのお出かけレポート

2008年05月25日 | 音楽
こちら久々のアップとなりました。
「全音ピアノピースってすごいよね!:第4回 全音さんに行く!」

ピースを始めて手にしたころ、北海道の小樽で、
まさかそれを作った会社に行って、
ピースの出所的なお話を伺えるなんて、
ユメユメ思ってなかったなぁ。
こうした機会を、ありがたく思っております。
コメント

おやくそく?

2008年05月25日 | ねこごと
だから…ベッド使って下さい。
コメント (2)

道路の落書き

2008年05月25日 | Weblog

なつかしいね。家の近くで見つけた落書き。
わたくしも子供時代よくやった。
最初のとこに「ルール」とかが書いてある。
それでケンケンパとか、迷路みたいなのがずーっと続く。

それにしてもこの落書き、
実に25メートルくらいは続いていたよ。

ゴールのところには、
「おめでとう、すごいね!」
って書いてあった。

この製作者のお子さん、
きっと人のチベーション上げるの、
うまいオトナになるね。
コメント

らくらくショパン

2008年05月23日 | 音楽
こんなこと書いたら、いや~なヤツみたいですけど、
今日はラクラクとショパンのスケルツォ2番を弾きました。

なんちゃって。

それにはヒケツが。
ぜんぶ、脱力で弾くのです。

フォーム改善プロジェクト遂行中の私は、目下、指を伸ばし、
ムダな音量は出さず、p, ppを愛するように、やるんですね。
その方法を、ギロックさんでなんとか習得(の、つもり)。

いざいざ、ここで、
むかしはリキみまくって弾いていたショパンを弾いてみることに。

た~のし~ぃ

この曲、大昔の高校2年生の頃、
忘れもしない発表会で弾いた作品。
体も手も小さく、おまけに体力もない私が、
「おりゃ~~~!」と力任せに、
テクニック重視で、上手に正確にひこうと「がんばっちゃった」曲。

そんなんでさぁ・・・。音楽つくれるわけ、ないよねぇ。
考えてみたら。
音楽をつくろう!ということに専念したら、
手のとどかない音型を無理してならして、
音楽の象をメチャメチャにしてしまうより、
「とどかないからひかな~い」くらいの脱力で、
曲に臨んだほうが、よっぽど音楽的に響くのかもしれない。
楽譜から発っせられていることのなかで、
本当に大切な情報は何なのか、
むしろそういったことに気が配れるようになるのです。

そうすると、弾くのがとても楽しくなるし、
「がんばってた」頃には聴こえてこなかった音楽が、
突如現れたりして、
「あ!ここって、こういうことだったのね!」
と見えてくることがある。

あ、こういう弾き方は、コンクールとか向けじゃないです、もちろん。
先生によっても、怒られちゃいます。

あしからず・・・

でも大学時代の私の師匠・湯口美和先生はよく、
「出したいイメージを作ること。
 そうすれば指に伝わる」
ってよく言ってくれてました。

その意味も、今になってようやく分かってきたように思います。
コメント (2)

子守ネコ (便利)

2008年05月22日 | ねこごと
姉のとこの坊やが来たんですよ。

ネコのほうがちょっと年上。
子守してる。



飼い主にはジャレて噛み付くので、
赤子を食うなよと事前に伝えておいた。


添い寝モード。
えらいぞ。
コメント (4)

あふれ出すエルガー愛

2008年05月19日 | 音楽

どうです。美しい楽譜だねぇ。

エルガーって、「愛の挨拶」以外にも、こんなにピアノ曲あったのね。
オーケストレーションはあとから。まずはピアノに向き合っていました、エルガー。

この楽譜、表紙の美しくメランコリックな印象とはウラハラに、中身はとっても熱いエルガー魂に満ちている!いや、よく考えたら、表紙もすごいね。自筆譜を背後に、ピアノと一緒のエルガーさんの図だよ。ちょっと見ないよね。

天崎浩二さんという人(ブラームスのご本で有名だそうです)が、編集したり校訂したりアレンジしたり解説まで書いてます!この解説がとても面白くって、「へぇ」とか「うは」とかいいながら読みました。とくに面白かったのが、かの有名な「愛の挨拶」の解説のところ。引用します。

「万人に認知された《愛の挨拶》に、《愛の言葉》という名の妹がいたことは、ほとんど知られていない。有名な姉と、人前に出るのが苦手な妹を117年ぶりに再会させ、さらには妹の相棒である《ビザッリ》を交えて、一枚のフレームにスリーショットで納める。これが、本書を編纂する上での使命となっていた。」

どうです。熱いですよ。エルガー愛がメラメラですよ。

天崎さんの面白いところは、この楽譜をつかって、さも「リサイタルなさい!!」という熱気も伝わってくるところ。
解説中に、「《アデュー》で、プログラムは一端修了である」とかあって、そのあとの曲には「アンコール」とか「ボーナス」とか書かれている。
いいねぇ。このままコンサートまで開けるようにお膳立てしてくださっている。いいなぁ。聴いてみたいな。「オール・エルガー・プログラム・ピアノリサイタル」。前代未聞だよ。誰かやってくれないかな。

昨日のセヴラックもそうだけど、これまでピアノ曲的には弱小(ごめんなさい!でも、ショパンとかリスト的ではないという意味で)作曲家たちを愛するソサエティーは、独特の熱意があるね。
わたしもメジャーにして軟弱なブルグミュラーを愛するぶるぐ協会やってますが、会長といつも、「宗教のようだ、きけんだ」と自分たちのブルグ愛を俯瞰したりしています(笑)

今日はこの楽譜を初めて譜面台において、最初の「ソナチネ」と「夢の子供たち」を弾いて見ました。微妙にオシャレな和声進行にグッと来ました。あしたから、少しずつ全曲弾いてみたいと思います。楽しいよ。
コメント

セヴラック、そしてセヴラック!

2008年05月18日 | 音楽
今日は日本セヴラック協会創立5周年コンサートに行ってきました。場所は恵比寿にある日仏会館ホール。天気のいい日曜昼下がり、「わたしこれからセヴラックなの」と恵比寿を歩くって、いい気分。

5年前は日本でほとんど知られていなかったという南フランスの作曲家、セヴラック。ピアニスト舘野泉さんを中心としたこの協会の活動や、CD,ピアノ曲譜の出版などで、随分いま人気が出てきているんじゃないでしょうか。

私は音楽之友社から出ている楽譜を目にしたのがセヴラック体験の最初。
例によって、カタチから入るタイプなので、まずはその小品についたタイトルの、かわいくてやさしい言葉たちにノックアウトでした。
「お祖母様が撫でてくれる」とか、「ちいさなお隣さんが訪ねてくる」とか。
そして作品も、その言葉のムードをまったく裏切ることなく、かわいくてやさしく、田舎っぽくて、日向ぼっこのような、そんな響き。ドビュッシーらと同世代でありながら、「パリジャンための音楽なんて、フフンっ、やっぱ田舎でしょ」と独自の土着路線まっしぐらでつっぱしった人らしいです。すげー。かっこいい。

さて、今日のコンサートは、ものすごい勢いでセヴラック作品の目白押し。
しかも、ピアノ曲のフルート六重奏編曲版や、歌曲、ヴァイオリンとピアノのデュオなど盛りだくさん。こんなにセヴラック作品を一気に耳にすることって、そうなそう。

なんだろう。演奏している人たちが、こんなに幸せそうなのって、とてもコンサート全体のムードがいい。協会の会員の方々のセヴラック愛がほわほわ漂っていて、聴いているこちらも、立ち上る空気感につつまれました。

フルート六重奏版の「シューマンへの祈り」は、編曲者の石川絵津子さんがおっしゃるように、「フルートの音ととても合う」作品。ピアノ曲の印象よりも、木管楽器のゆったりと風情が、南仏のお花畑(勝手にイメージしている)が目に見えるよう。頭の中では私のオリジナル「名曲アルバム」の画像が見えていました。特にアルト・フルートやバス・フルートの音色が効いてます。

セヴラック以外に登場したのが、カッチーニの「アヴェ・マリア」。異常にオシャレな吉松隆さんの編曲です。舘野さんが左手で、重すぎず、甘ったるくなりすぎない、芳しい演奏を披露してくれました。

この日、なんといっても魂を鷲掴みにされたのが、末吉保雄さんのピアノ演奏。いずれも歌曲の伴奏を担当されていたのですが、これがもう。セヴラックの音楽が、ただただ自然に歌い出されるような、そういう音。いらない「情感」とかこもっていないので、音楽に余裕が生まれるんですね。作曲家の先生って、やはり無駄がないというか、音楽そのものをとても尊重されている感じがしました。

フランスからやってきたジャン・ジャック・クバイネさんとその娘マリー・クバイネさんの歌曲もすばらしく、のびやか。とりわけマリーさんの声量はホールの大きさによく馴染むように調整されていたのか、気持ちよく、ずっと聴いていたかった。彼女なら日本でソロ・リサイタルとかやってもいいんじゃないの?!?!。ファリャのスペイン歌曲も圧巻でした。

クバイネさんいわく、セヴラックは本国フランスでだって、現在ではあまり演奏される機会が多くはないとのこと。これだけ日本人がニコニコしながらプログラムしたコンサートって、いやぁ、すごいよね。

いろいろな音楽会ありますが、私はこういう、「現場に立ち会う!」みたいな気持ちになれるコンサートには、とても魅力を感じます。

ところで、セヴラックの演奏は舘野さんの尽力により広まりつつある中、最近レコード芸術でも「特選」されているという若きピアニスト、内藤晃さんの演奏も、激しくいい。コチラから演奏が聴けます。

貴重な音楽会にお声がけくださった、某楽譜編集者K兄殿、ありがとうございました♪
コメント (3)