生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

凛々しきパンダ

2008年01月22日 | Weblog
朝日を浴びて、まばゆいパンダトラック。

東京に引っ越しました。

オーストラリアに滞在中の一年半、山梨の両親の元に預かってもらっていた私の荷物のいっさいがっさいが、このパンダに委ねられたのであります。含ピアノ。

一年半前の出国時、東京から山梨に荷物を運んだときも頼んだパンダ。そのときの対応・仕事ぶりの良さから、今回もサカイにお願いしました。社長は女性なんだって。きめ細かいサービスはうれしいね。見積もりのときお米もくれたよ。

どんな専門職もかっこいいけど、あまりに自分の分野とかけ離れた専門性を発揮している人々の姿って、さらにかっこよく見える。私の重~~~い書籍や楽譜の箱はもちろんのこと、なんつってもピアノを、二人で運びきったサカイのお兄ちゃんたちは、とっても爽やかでス・テ・キ。以前、ボヤ騒動で近所に消防車数台が来たときの消防士たちの勇ましさと同じくらい頼もしくて、母は何度も「かっこいいね~」を連発していた。

無事に荷物も人間も、東京着。
昨日からダンボールを開けたり、生活空間を作ったりだ。
さて、ここから。
丁寧な毎日を、つくっていけたらいいな。
コメント (2)

必殺ふたつ折!

2008年01月18日 | Weblog
ナナです。7歳にならんとしています。
ハンモックの上でふたつ折りになってます。
寝てるだけです。
柔軟でございます。
コメント

360度、山。

2008年01月17日 | Weblog

甲府盆地でのんびりするのもあと数日。
もう少しで東京に引っ越します。

それにしてもここは、どの方角を見ても山、山、山。
20年前に北海道から山梨に引っ越してきたときは、
その景色に圧迫感すら感じていたものだが、
今となっては、冬晴れの澄んだ空気に浮かび上がる山の景色に
見事だなぁ~と見入ってしまう。
コメント

ランランと病院へ。

2008年01月17日 | Weblog
べつにNHKの回し者ではないけど、今日は「ためしてガッテン」を見てお勉強になりました。お題は「結核」。驚いたことに、日本で4人に1人は感染しているんだって!発病はしていなくても、菌は何十年も眠ったりするらしい。

私、かれこれ2週間以上も激しい咳に悩まされている。5日前くらい前からはついに、びっくりするくらいの痛みが右の胸というか肺?に起こり、息するだけ、腕を持ち上げるだけでも「イテテテテ」という感じ。

昨日、さすがにビビリまくって、ついに病院に行った。

本来私は、「なにかヘンだぞ」と思うと直ちに病院に行く。大抵ネットや「からだの本」などで「どうしちゃったの自分」を調べ、「きっとこれは、この怖い病気の症状だ!」とか勝手に立派な病気と自分で判断し、おびえまくりブルブル震えながら病院に行く。で、お医者さんに「だいじょぶですねー、軽い○○です」とか言われると、「あああ~~~!!よかった~~~~!」と、さんざん自分の妄想で自分をいじめた後のちょっとしたMっぽい歓喜に沸きつつ、手に入れた抗生物質片手に小躍り気味で家路をたどるのだ。

なので、今回も通常だったらとっくに病院に行っている。

しかし今回は行けなかった。

だって、保険証もってないんだもん。

帰国してからすぐ結婚というものをして社会保険の手続きをしてもらってる。でもまだ保険証きてない。ズバリ、全額自己負担なのか?!今回はそんな危惧におびえ、とりあえず社保庁に「あとで返還されますかーゴホゴホゴホッ??」と電話で確認。今は10割負担だけど、保険証が来てからちゃんと7割戻ると聞いて、「ああああ~~~~!よかった~~~!!」と安心。具合は悪いんだけど、なんだかルンルン気分で病院にお出かけ。

「保険証がないんです」

そう言うと、病院の受付スタッフや周囲の待合室のほかの患者さんまで、一瞬凍りついたような空気を漂わすは気のせいだろうか。
その後も受付で何度も「この方、保険証がなくて・・・」とかスタッフ間でヒソヒソと緊迫気味にやりとりしているのが聞こえる。

昨年の冬も、そんなちょっと肩身の狭い思いを味わった。一時帰国中で、その時は完全に国保から抜けており、まったく保険がない状態。だが、その間帯状疱疹になってしまった。近くのお医者さん、事情を話すと、しがない留学生活中の私にジェネリック薬品で対応してくださり、全額自己負担でも結構安かった。ありがたい。

ともかく、今回も診察はちゃんと受けられた。聴診器を当てたお医者さんが「肺がやぶれちゃってるかもね~」とか軽く言うのでかなりビビッた。
でもレントゲンは「なんともなってない」とのことで、抗生物質と咳止めを二種類処方してもい、やったやった~♪と家路へ。

全額で1万円くらい。医療費ってやっぱり高いね。

もらった抗生物質は効いてるみたいで咳が出にくくなって、痛みもやわらいできた。

でも・・・今日の「ガッテン」・・・。
結核って、ふつうのレントゲンじゃ映らないんだって・・・・。

怖いわ~~~~。まだ咳出るよ・・・。
・・・またM的妄想癖が、頭をもたげてきている。
コメント

低炭素=「つながり」

2008年01月14日 | Weblog
NHKの再放送で「未来への提言 地球温暖化の危機」を見ましたらば、なんだか感動してしまいました。

人間活動がもたらす温暖化による被害を扇動的に伝えて、こちらの危機感を煽るというよりも、低炭素社会は実はかなりハッピーな生活に直結だ、という番組の結び方がとってもよかった。

自然環境がよくなれば、おのずと色んな動植物が生きられて、生態系が豊かになる。人間だって当然きれいな空気を吸って生活できる。
ロンドンのHSBCでは行員一人一人のCO2排出ゼロ実現のために、テレビ会議を徹底して海外出張をなくしたんだって。「家族との時間が増えたことが何よりもうれしい」という行員の言葉にはリアリティーがある。

環境問題を専門とした同時通訳者として知っていた枝廣淳子氏が「環境ジャーナリスト」として登場。彼女が番組の最後に強調していたように、CO2削減というのは困難な目標に向かうという窮屈な課題ではないんだな。生態系、国家間や企業間、そして家族との「つながり」を実現させてくれるもの、というふうに捕らえてみる。気候変動や温暖化の問題が「つながり」なんていうキーワードで切り取られたことは、私にとっていたって新鮮。感動でございました。

とはいえ、日本は具体的には対策に遅れている。京都議定書の約束期間は今年からだけれど、90年度比6%減という目標値は大丈夫なの?と思ってしまう。

シドニーのマッコーリー大学の通訳翻訳コースで勉強していたとき、翻訳の試験でも通訳の試験でも、お題が「気候変動」でした。通翻業界でも非常にホットなテーマであることが伺えます。試験勉強からかなり意識を高めてもらった気はしますが、いまだ何か具体的に「わたしにできること」といえば、日々の生活の省エネ対策くらい。

「カーボンオフセット」というサービスを利用することで、自分個人が生活上で出してしまったCO2分をお金に換算してその額を支払うほど、意識の高さを実践される人たちはすごいね。今のところ私はビンボーなので勘弁してください、という感じですが、やっぱり単純にやれることはやりたい。
コメント

そういうものなのかね 肉親編

2008年01月13日 | Weblog
正直言って、霊長類の赤子って、
白クマとか犬とかネコの哺乳類の赤ちゃんより、
ぜんぜんかわいくないと思う。
ヒトの赤子も含めて。

だからときに送られてくるけど、
「『かわいいね』って思うはずだ」的子供写真付き年賀状とか、
私はたぶん、一番送り甲斐のない人間なんだろうと思う。

ところが、数時間前に姉が出産し、
生まれたてほやほやの人間の赤子写メールが届きましたら、
これがもう大変に「かわいい」と感じまして、
自分の反応に非常に驚いた次第であります。理不尽だーとすら感じます。
人間の子供を見て、初めて感じたこと。
なんだこれ。あーびっくりした。
コメント (2)

こともあろうに、モーツァルト。

2008年01月07日 | 音楽
こともあろうに、モーツァルトにハマりそうだ。

「モーツァルトなんて、どこがいいのさ」なんて、
周囲の反感をかいそうで、大声ではいえませんでした。
だって「日本人は大のモーツァルト好き」とか、よく言うし。

でも10代・20代のころは、
退屈だなと思っていたんだよ、モーツァルト。
ロマン派・近現代の方がかっこいいのさ、と。

しかしながら、
日本に帰ってきて、たまたまピアノの近くにあったのがモーツァルトのソナタ集で、たまたまそれを楽しげに弾く人が近くにいたりしたものだから、私もちょっとどれどれ、とK.332 Fdurを弾き始めたら、これが止まらなくなった。

理由は、こうだ。

私が今アクセスできるピアノは2台で、一つはカワイ、一つはドイツのS.G社製だ。そのドイツのピアノで弾いてみたら、これまでに見出せなかったモーツァルトの味わいを知ったのだった。

・・・とかなんとかいうと、美しく、おハイソな響きすらあるお話だ。
だが実感としては、そんなに麗しいもんではない。

カワイのピアノは、私が長年連れ添った、優しく可愛らしい音のする良い子だ。言ってみれば、汚い音が出にくい。
一方のドイツのピアノは、感度がもの凄い。指先からの全情報がすんなりと音になって現れるので、私にとっては正直手に余るというか、扱いにくい。「おまえの心の音はこれじゃー」と突きつけられるような、世にも恐ろしいピアノでございます。

で、そんなドイツ製のピアノでモーツァルトを弾いてみる。これがいかにも難しい。少しでも我を通そうとしたり、ヘンな力が入るとすぐにうるさく鳴ってしまうので、あのコロコロとした可愛らしいフレーズは実現しない。自分を制御して、音楽を「頂戴する」ような気持ちにすらならないと、たちどころに「退屈な」音楽になってしまい、モーツァルトは邪悪なクスクス笑いで、ひらひらっと逃げていってしまう・・・。


自己制御力の鍛錬というストイックな美学、
そして
たちどころに己の邪心を小悪魔的に見抜くモーツァルトとの対峙。


うへっ。たいへんだ。


そんな話をしていたら、そのピアノのオーナーから、
「モーツァルト、全部譜読みすれば?」
という、ありがた~~~~~いご忠告を頂戴した。

くっそー。
わるくないかもな。
コメント

めざせ、頭脳プレイ。

2008年01月04日 | Weblog
ヘヴィな風邪をひいて、まいりました。
先月半ばには、スイミングで体調回復~と浮かれ気味だったのだが、
年末に来て、がつんとやられました。
やっぱり半球越えは甘くないね。
地理的移植動物油断大敵。
おかげでここ一週間近く家に閉じこもっています。


ひどい風邪といえば、3年くらい前にちょっとムリをしてこじらせて、「副鼻腔炎」というのになった。病院で先生が頭の絵を描きながら「このあたり(鼻・耳・喉のあたり全体をグルグル指しながら)顔の中がぐちゃぐちゃですね」とか言ってくれた。もしもパカッと自分の顔を開けたら下半分タダレてます、みたいな印象を受けて凹んだんだった。風邪はこわいー。あなどれない。

今回の風邪は、咳。
咳はつらい。
寝てても突如ゴホーーーーツッとやって来て、そのたびに「エクソシスト」で悪魔に身体のっとられた少女のように体が起き上がる。こわいー。つかれるー

そんなこともあり、今年からの私の抱負は、
「体調マネジメント力をつける!」
にします。

あのね、「がんばりすぎて倒れてんじゃ世話ねーじゃん」的おしかりを受けることがあるんですが、言い訳をしますと、がんばってないと生きていられない種族みたいな人たちがいるんですね。止まったら死ぬ海洋動物、マグロみたいな。「ムリしてあとで周りに迷惑かけるよ」とか自分でも思ったり、思われたりしてるのも知ってるんですけど、止まれないんです哀しいカナ。だって止まったら死ぬーと思ってるんだから。

でも先日、お世話になってる会社の社長さんがいい話をして下さいました。「あ、止まっても死なないのね」と思わせてくれるような説得力ある話を。

「ajsさん、そこはマネジメントですよ」と語ってくれたのが、陸上競技の記録の伸ばし方について。「毎日タイムをはかるのはダメ。その日の体の調子、風向きなどのコンディションからして、『絶対に今日はベスト記録が出る』という日にしかタイムは計らない。その記録の積み重ねで、一早く目標に近づける。記録が出せればモチベーションが必ず強化されるから。でも、そのタイミングを見計らうことこそがとても大事」。

毎日ゴリゴリやたらとトレーニングを積むのもだめ。ムダなことはしない。引き算的発想で、人の伸びる能力を引き出して、実際のパフォーマンスに繋げるという方法。そんな実証付きトークを聞かされたら、マグロ、びっくり。メからウロコ。

というわけで、今後は私も、上手に立ち止まったり、スピード調整しながら、体育会系ではなく、頭を使ったプレーを目指していきたいと思います。(どこに向かっているんだ、私)

とにかくもう、寒くていや。暖かい春が待ち遠しいなあ。。。
コメント (2)