生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まーくん脱走劇

2012年05月27日 | ねこごと

「はわ~~~ つかれた~~~~」

って、本に寄りかかってたりすると、まるで勉強疲れみたいに見えるけど、違うんです。
まーくん、今日、脱走しました

昼間、いつもどおりリビングで原稿を打っていると、
まーくんのものと思しき「わぉお~~~ん わぉお~~ん」という(めったに泣かない)泣き声が聞こえ、
それがちょっと、聞いたことない方向から届いた。
しかも、少しずつ遠くへとデクレッシェンドしていったような・・・

まさか!!と思い、家中探したけれど、どこにもいない。
大好きなカリカリを音をたてて器にもっても、いつもみたいに来てくれない。

あちこち慌てて家中の窓やドアを見たけれど、いつもどおり締まってる。
どうしよう。どこいっちゃったんだろう、まーくんまーくんまーくん・・・・
と半分パニック状態に。

まーくんは我が家の長男的存在でしっかりもの。
普段は女子ミネ子やかまってワンコのわっちにばかりに意識が行きがちなんだけど、
じつは私、まーくんが本当に本当にダイジなのだ。

でもまだ一カ所だけ、普段私が開けない窓があった。
それは、屋上に出る大きな窓だ。
果たして!窓は空いていた!! ひーーーーーーーー 

こっ、こんなことするの、
あの金環日蝕の朝にしきりに屋上に出ていた夫の人のシワザに決まっている!!むーーーー

屋上に出てみると、かすかに哀しげな「にゃーおにゃーお」が聞こえる。どこだどこだ?
だだっ広く見渡せる屋上のどこにもいない。一度あきらめて、外の庭を探してみたけれど、やっぱり屋上が怪しい。
そういえば屋上の物置の下って、どうなってるんだっけ?
もう一度あがってみると、物置の下はすこし空いていたのだった。
そこにいた!!!まーくんが。すっかり怯えた目で!!!

泣いてるのに、出て来てくれない。オールインドア生活しか経験してないまーくんにとって、
屋上の眩しい光だけでも、きっと怖いんだ。
近付いて待っててあげたら、ゆっくり出て来た。確保。

まっしろしろだったまーくんの足もお腹も、すごく真っ黒。すぐに洗ってあげたけど完全には落ちない。


てってがうっすら、汚れてる(泣)

でも何事もなくて良かった。
マンションのベランダから猫ちゃんが落っこちたとか逃げちゃったとかいう事故、聞きますからね・・・

「なんだよ。脱走ったって、たいしたことねーじゃん」な話かもしれません。
でもね。違うんですよ。
戻るべき猫が戻らないって、飼い主にとってはひっじょーにヤバイ精神的ダメージを与えるってこと、
今回身をもって体験。

そりゃあ内田百﨤も「ノラや」書いちゃうよなぁ・・・・・・

コメント (6)

相変わらず蛇口からダイレクトに。

2012年05月26日 | ねこごと
最近、めっきりFacebookへの投稿がメインとなってしまいまして、こちらのブログに書く頻度がどうしても落ちてしまいギミ・・・
というわけで、まーくん写真でお茶を濁します(苦笑)
コメント (2)

文楽にエントリー!

2012年05月25日 | 音楽
初鑑賞の文楽@国立劇場、に出かけて来ました!
文楽はシリアスなイメージが強かったのですが、ユーモアもたっぷりあって、まるで狂言や落語のようにファニーな場面があるんですね。盆栽や庭園など、とにかく大きなものをミニチュア化して愛でる日本の芸術。人形の世界にも、その美学があますところなく発揮されていて、聴覚も視覚も刺激されっぱなしの4時間半でした。(間に15分と30分の休憩があるんだけど、この長さ、ワーグナーの楽劇並み。お尻いたくなった・・・)

とくに良かったのが壇浦兜軍記(阿古屋琴責の段)。源氏の智将重忠が平家の武将景清のいどころを白状させるべく、恋人だった遊女・阿古屋を問いつめるんだけど、「拷問」にかけるための道具として登場するのが、なんと琴、三味線、胡弓!弾かせてみて、楽器の音色に乱れがないから彼女は嘘をついていない!と放免するっていう、なんとも粋なおはなし。

それにしてもこの阿古屋、ものすごいヴィルトゥオーゾなんです。三つの楽器をバリバリと弾きまくるシーンが圧巻!三味線奏者がリアルに横で演奏してるんだけど、間合いぴったりに人形が動くものだから、そのリアルな動きに思わず客席から笑いが起こる。三味線の撥使いも、ちゃんと弾いたりすくったりしてる。かわいらしいやら、人形遣いの芸が凄いやら。大夫の振り絞る声、太棹のずしりと哀愁ある音色、どれもこれも完全にヤラレました!!

ところで、阿古屋を攻めようと、重忠の相役・岩永が「塩煎り責めにしてくれうか」なんて脅す場面があるんだけど、それに対して阿古屋は
「オホホホホホ、そんな事怖がつて苦界が片時なろうかいな。」
と笑い飛ばすんですね。
「苦界」って、どんだけ辛いの!?!
遊女の境遇を指す「苦界」という言葉は、花柳界で唄われていた江戸端唄にもよく登場するんです。その詞を唄うたびに妄想するわけですが・・・・いやはや妄想力追いつきませんわ。
重忠から景清とのなれそめを聴かれた阿古屋。
「いつ近づきになるともなく、羽織の袖のほころび、ちよつと時雨の傘お易い御用。雪の朝の煙草の火、寒いにせめてお茶一服、それが高じて酒一つ・・・」
と語るんですねぇ。ここが切ない!!男女の、その、日常の中にちりばめられていた小さな恋の入り口の記憶・・・くー。端唄の世界とも通じるなぁ・・・

(そうそう、ちなみに明日は自分の端唄の本番でした。名流端唄演奏会@東京証券会館ホール。「夕立」と「新内かっぽれ」唄います~♪)

文楽鑑賞には、予想通り着物率が高かったです!
それも、素敵な小紋に名古屋帯みたいなマダムがたくさん!
クラシックのコンサートでも2~3人/サントリーホールいたりしますが、色無地とか渋めの紬の人が多いのだけど、国立劇場は可愛いキモノマダムが多くていい感じ。次は私もお気に入りの小紋ででかけようかな。チケット争奪戦だけどね。。。
コメント (2)

最近の猫たち

2012年05月16日 | ねこごと
気がつくと、引き出しに入り込んでいたり、
押し入れに入り込んでいたり。
カリカリ音がするので空けてみたら、
知らぬ間に勝手に閉じ込められていた、なんていうコトがあるので要注意。


最近、ふたたび実家に出向していたわっちのケージを占領する二匹。
でも、もう今週末わっち帰ってくるからね。
コメント

熱狂の日々を熱狂しつづけるために

2012年05月06日 | 音楽
3日間にわたるLFJ公式ブログ熱狂から回復するのに、12時間の睡眠が必要だった。目が覚めたら林田直樹さんのブログが上がっていて、記者会見での片桐卓也さんの指摘を始めとする意見交換から、問題点が如実にはっきりと輪郭をもって浮き上がってきたという印象。なお、記者会見や具体的なお話などは、飯尾洋一さんのブログを読んでいただきたいです。

今年のホールAの空席が目立ち過ぎの状況、あれは主催者側と受け手側との乖離の象徴だ。そのギャップを埋めるべく尽力してきたはずの主催者側の様々な手立てや努力は、その方向性がスタート時点でかすかに数度だけでもずれてしまうと、最終的には大きな大きなズレに帰着する。LFJはプログラムや出演陣や企画性のレベル・多様性が尋常じゃないからこそ、クラシックファンや専門家のみならず、一年に一度の祭り感覚で楽しみたい自称「クラシックはわからない」人々まで巻き込める。「わかりやすさ」と「わかりにくさ」が渾然一体となっているんだというその魅力を伝えるには、公式刊行物やアンバサダーの役割からビジュアルのポスターやテーマタイトルまで、それこそ思考停止でない「冒険」が必要なのだと思う。宣伝絡みでは経費の問題など現実的な壁はあるのかもしれないが、「冒険」していないのに「リスク」だけを背負う構造がそこかしこにあったことは実感(というか体感?)している。

ところで昨晩のフェアウェルの席で、TIFの関係者と“ヴィジュアル”についての話題になった。「タイタン」のころからザザッと5人並ぶデザインはナントと同じ。そのザザザッ感に対し、ヨーロッパと日本とでは、なされる「意味付け」は違うのじゃなかろうか。哀しい哉、「文化の土壌」云々みたいなところから語ってもどうしようもない。しかし「なにやら豪華だぞ」と思わせるか、「こりゃあ勉強が必要だ」と思わせてしまうか、少し距離を置いた所から見てみないことには気付き得ない。私見だが、LFJは仮にヴィジュアルの見せ方をまったく変えてたとしても、奥行きは変わらない音楽祭であり続けられると思う。マルタン氏が「日本には日本の」というならば、思考や計算や工夫の上にあるリスクを背負ってでも、着地点を見通して大いなる冒険に出ていただきたいと願っている。 なーんて。エラそうに言って、御免下さい☆
コメント (2)

マトリョーシカと出勤します♪明日からのラ・フォル・ジュルネ

2012年05月02日 | 音楽
 木刀やペナント、クリスタル細工など、お土産っていうのは後から「どうしてこんなものを?!」と我がセンスを疑うものを買ってしまうパターンが少なくない。しかし、今年のラ・フォル・ジュルネでは、テーマのロシア音楽(「サクル・リュス」)にちなんで、こんなかわいいマトリョーシカがいます!連れて来て後悔はしません!たぶん。
 明日から本公演は3日間に渡って開かれますが、今年も「公式レポートブログ」ブログ隊の一員として、演奏会の様子や、本番直後のアーティストの写真やコメント、がんがんガッツリとアップします。「公式」といってもカタ苦しい内容じゃありません。ゆるかったり、ファニーなエントリも出ると思いますので、楽しんでいただければ幸いです。

♪「公式レポートブログ」はコチラから♪

 ちなみにこのマトリョーシカ、ブログ隊の秘密基地(ただ単に作業する部屋)に飾りたくて、前夜祭の今日買って来ました。明日このコと出勤します♪マトリョーシカ、全員顔が微妙に違ったよ!ストラヴィンスキーがマトリョーシカの中から「こんにちは」なメモ帳も、中にポッケがあって使いやすそうでお買い上げ。他にも、今まで見たことなかったメタリックなお色のトートバッグもあったりで、今年はたくさんお小遣いが欲しくなっちゃう~。それもLFJの楽しみの一つね♪
コメント

好きなタイプです

2012年05月02日 | ねこごと


子どもの頃、大好きだった教育テレビ「いちにのさんすう」のキャラクター「タップくん」。


気がついたんだけど、
なんか似てる。↓


コメント (4)