生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カメラ新調

2010年04月30日 | ねこごと
気の利いたデジカメを持っていなかったので、
お安くなっていたSONYの一眼レフを買ってみましたよ。
お仕事て使う機会もあるかな、と思いまして。

猫もこんな感じで撮れました。





なんか表情が出るような気がする。
本当は、ピアニストのルイ・レーリンクさんとおそろいの
PENTAXのカメラとレンズに憧れたんですが、
(お写真はコチラで堪能できます
(先日遊びに来ていただいたとき、
 おそろしく素晴らしい猫写真を撮影してもらいました。)
それはもうちょっと働いて、お金を貯めてから・・・www

連休ですね。

今日は私は病院で最終チェック。問題ないとのことでした♪
明日からまた仕事を徐々に増やして行きまする。
まずは大好きなズーラシアンブラスの取材、
そして夜はこれまた大ファンの宮川アキラさんのアンベガ公演@東京文化会館。
ハートを癒されてこよう・・・

明後日からは、ラ・フォル・ジュルネがはじまりますね。
ショパンですよ。
今年は公式ブログ隊に加わらせていただけることになったので、
マイペースで取材を続けたいと思います。
ブログ記事は、コチラから読めます。

LFJ公式ブログに関わらせていただける話を、
親友の指揮者、海老原光氏に話したら、
「ふだんブルグミュラーとか言ってるくせに、
 LFJとかショパンなんていうメインストリーム、大丈夫なの?」
と笑われた。
大丈夫ですともww
LFJはお祭りですし、楽しい雰囲気に飲み込まれてしまいたい。
海老原氏が7月に共演する小山実稚恵さんのコンチェルトだって
ばっちり聞いちゃうもんね。

音楽に支えられる人生。
ちょっとだけ病み上がりなので、そんな風に感じてしまう今日この頃。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

復活宣言!

2010年04月29日 | Weblog
ようやく完全に復活しました!
一昨日からぼちぼち仕事をしだし、
昨日あたりから、お?調子いいぞ?という感じがあり、
今朝からはもう「普通の人」状態です(笑)
今日からバリョバリョ原稿も書いております。
ご心配下さった皆様方、本当にありがとうございました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

恐ろしき麻酔

2010年04月28日 | Weblog
手術は無事に済み、ドクターの言っていたとおり、
すぐに仕事復帰できるかと思ったら、
麻酔のトラブルが起こってしまいました。

退院翌々日の朝、ベットから身体を起こしてみると、
殴られるような頭痛が発生!
病院に問い合わせると、麻酔の影響なのだとか。

私が受けたのは全身麻酔と、腰に針を入れる硬膜外麻酔の二つ。
後者におこるトラブルなんだそうで。
時間差で来るんだから恐ろしい。

硬膜外麻酔は、一般的に痛み止めとして使用されるもので、
脊椎の硬膜を破らないギリギリのところで針を止めるらしいのですが、
私の場合はどうやら硬膜まで刺されちゃったらしいのです。
で、その穴から脳髄液が漏れてしまって、
身体を起こすと脳が後ろに引っ張られるような激しい頭痛がするという仕組み。
激痛に、3分と起きていられない。
でも横になれば、ウソのように頭痛は消えるんです。

病院からは「時間の経過しかありません」と言われ、
その言葉を信じて横になるのみ。
穴が塞がればいいわけで、
タンパク質が良いからと(夫の人調べ)、
夫の人が筋肉を付けようと買い込んでいたプロテイン飲料をガブガブのんで、
昨日まではずっと横になっていました。
でもだんだんと少しずつ良くなってきましたよ!
今日は仕事も少しできたし、こんなにブログも書いていられるほど!

もう一つドキリとしたこと。
全身麻酔もお医者さんが言うには「ききすぎた」らしい。
麻酔から覚めたとき、
大きな声で、何人もの看護士たちが私の名前を連呼しているんです。
意識はとてもクリアなのに、
身体のどこも動かない!完全閉じ込め状態!!
それが何分だったのか、何秒だったのか、わからないけれど、
あれだけ意識があるのに、瞳もまぶたも動かせないというのは、
ものすごい恐怖心。
何度も何度も呼ばれているうちに、身体のどこかが動いたらしい。
それで周囲の空気が和らいだように感じたのは確か。

あ~恐ろしい。無事に戻ってこれてよかった~
日々の健康のありがたみを感じます。
完全に元気になったら、ますますジムで鍛えようと思います!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

美人大好き

2010年04月23日 | Weblog
お腹に筋腫ができたので、それを取る手術をしてきましたよ。
短期入院で、手術も内視鏡で行う(お腹を切らない)簡単なものなので、
結構楽観視していましたが、
準備段階の処置が一番いたくて、まいりました。
痛さとの戦いって、疲労困憊するものですねぇ。

今回入院したのは、
阿佐ヶ谷にある「河北総合病院」というところ。
新館の婦人科病棟が、もうメチャクチャきれいで、
しかも看護士さんたちが、おそろしくカワイイ&激烈にやさしい!
感激しましたぁ。。。
なんであんなに美人さんぞろいなんだろう・・・
毎日担当が違ったんだけれど、くる人くる人、みんな可愛くていい人ばかり。
(ひとりは、卓球の愛ちゃんに似てたし、
 また別の人はミュージシャンのaikoがさらに可愛くなったかんじ)
対応も、まさにいたれりつくせり。
病室も、ウッド系の落ち着いた内装で、
しかもお部屋代がかからないところに入れました。すばらすぃ。

正直お医者さんはちょっとコワめ(威圧的)だったんだけど、
麻酔科のお医者さんとかはイケメンだったし、
他のスタッフが全員花マルなので、
相殺することにします(苦笑)

お近くにお住まいで、入院しちゃうかも、という病院お考えの方、
けっこういいと思いますよ。

私の仕事は取材以外は座ってできるものなので、
復帰にあまりストレス掛からないので良かった。
でも、週末はゆっくりめに過ごすことにします。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

お気に入りTシャツ

2010年04月19日 | Weblog
東京もやっと
長袖Tシャツ出でかけられる気温に。
これにジーンズはボーイフレンドを合わせて出かけよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フロラン・シュミットのピアノ曲

2010年04月18日 | 大人のための“子どものための”ピアノ曲
今週はフランスの作曲家、フロラン・シュミットの曲を弾いてみました。
おしゃれな和声づかいが、やっぱりフランスね。
フロラン・シュミットは19~20世紀の作曲家ですが、
どちらかというと保守的な語法による作曲家だったみたいですね。

Florent Schmitt
Huit pieces breves pour piano
ENFANTS...I. de choeur



タイトルは「子どもたち」となっていて、
副題は「ピアノのための8つの小品」。
個々のタイトルは、その「子どもたち」にかかるような言葉になっています。

これは第一曲での"de choeur"、
Enfants de choeurで、
「合唱団の子どもたち」という意味になりますが、
転じて「うぶな男」という意味もあるようです。
む。フロランったら。ちょっとブラック?

ちなみに他のタイトルは、
II. de troupe
III. gate
IV. turbulent
V. do
VII. Moise (sauve de eaux)
VIII. terrible
となっています。
フランス語なので翻訳略(笑)。

「大人のための“子どものためのピアノ曲”100」、3曲目です。
道のりはまだまだ遠い。。。
この企画はJust Giving Japanに登録しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気持ち悪いほう?

2010年04月16日 | Weblog
今日は久々に美容院へ。
長らく続けていた市松人形的オカッパ頭から
少し雰囲気を変えてみたくなり、
上野樹里ちゃん的ナチュラルウェービーヘアーに。

いえ、もちろん、
「上野樹里ちゃんにして下さい」なんて言えません(笑)
それっぽい写真の切り抜きをもっていきました。
(だってそういうのって、勇気いるよね。
 過去に20代のころ、
 「メグ・ライアンにしてください」とか、
 30過ぎても
 「宮崎あおいちゃんみたいに」とか、
 かなりの勇気を振り絞ってきた私ではあるが・・・)

結果、ちゃんと素敵なウェーブになりましたよ。
でも、ひとつ気になったことが。

最初にシャンプーしてくれたのは、若い男性。
すすぎが終わる頃、こう言った。

「気持ち悪いほうは大丈夫でしょうか」

え??
・・・と聞き返しそうになったけど、
すぐに「大丈夫です」と答えた。

おそらくこうだ。
この男子の聞きたかったことは、
「すすぎ足りなくて、気持ち悪いところはありますか?」
だ。
美容院での会話からして、この場面ではそうに決まっている。
それを0.5秒くらいで判断したわけなんだけど、
何がなんだか、、、
味わい深い日本語だ。

(昔、ロンロンというテナントビルの本屋のレジで、
 「ロンロンカードの方は大丈夫だったでしょうか?」
 と聞かれて、0.5秒唖然としてから
 「大丈夫です!」とすかさず切り返したことを思い出した。)

最近では、
「デキる男子」のことを、「デキダン」というそうだ。
あの彼が美容師として「デキダン」になれるのかどうか、
ちょっと心配であるが、がんばっていただきたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

男女の肖像

2010年04月16日 | 音楽
連載「ブルグミュラー 25曲を斬る」の最新版アップです。
第10回 並ぶ2枚の肖像?!~花と鳥~

「やさしい花」と「せきれい」、
この隣り合う2曲に隠された愛の物語。
ぜひ、お楽しみ下さいませ。

ちなみに、今音源をクリックすると、
かわいそうに、
フリードリッヒお兄ちゃんではなく、
弟ノルベルトの顔が出て来てしまいます(涙)
何かの手違いで、肖像画が違っちゃったんでしょう。
今回、肖像画のお話なのに。かわいそうなお兄ちゃん。
お兄ちゃんは、ノルベルトのような切れ者系のお顔じゃないです。
つぶらな瞳の優しいお顔です。

修正依頼中です。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

お休み場所

2010年04月16日 | ねこごと
レコードプレイヤーは
ベッドじゃないんだけどなぁ。
よくここで寝てる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

顔ふせて

2010年04月14日 | ねこごと
ミネ子はなぜか、
こんな風に両手に顔を埋めるようにして、
つっぷして寝ていることがあります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加