生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10年を振り返る、福間洸太朗さんサロンコンサート

2013年05月11日 | 音楽
あっという間にLFJから一週間!今年も公式レポートブログ隊、がんばりました(3日間で100記事達成!)。フランス・スペイン音楽がテーマだった今年、嬉しい初登場のお方がいらっしゃいました。
それが、福間洸太朗さん。福間さんはアルベニスもドビュッシーもレコーディングしていて、どちらも高く評価されていますから、ファンの方たちも待ってました!といったところでしょう。もちろんブログ隊、取材に駆けつけました。記事は♪コチラ♪

(あ、いけね、自分のブログなのに、まだブログ隊の口調が残ってる・笑)

さて、そんな福間さん、本日5月11日、赤坂の榎坂スタジオという50名ほどが入れる小さな会場で、サロンコンサートを3回公演で実施されました。LFJの有料公演の小ホールよりも、もっと小さな空間・・・。なんだかドキドキしてしまいます(これってファン心理?)

なんでも、今年は福間さんがN.Y.デビューを果たしてから10周年という節目の年にあたるそうで、この公演を企画されたとのこと。3回に分けて小さな会場で・・・熱心な聴衆の方々をはじめ、日ごろから福間さんを支える方々との、距離の近い交流を図ろうとされた福間さんの温かな心遣いを感じますねぇ。

面白いのは、その構成。1時間のトーク付コンサートのあと、これまでに福間さんが出演された海外の音楽祭やコンクール、リサイタルのプログラムのほか、国内外の批評記事などが展示されたこと。その間、ドリンクやお菓子も振る舞われて、福間さんはお一人お一人と言葉を交わしたり記念撮影したりと大忙し。下記に上げるような激しいプログラムの後でこのサービス、、、×3回。。。素晴らしき情熱大陸ですよ、これは。

コンサートの曲目は以下。
シューマン:アベッグ変奏曲
ブラームス:ソナタ第3番より、第2、3楽章
ドビュッシー:グラナダの夕べ
ラヴェル:道化師の朝の歌
アルベニス:ナバーラ、ラバピエス
アンコールはプーランク:3つのノヴェレッテより、第1番

濃いです。これは濃いです。
しかも、一曲ずつ解説や思い出などのトーク付き。いつも強力なコンセプトをもってプログラミングなさる福間さん。今回もすべての曲につながりや意味合いを感じさせてくれました。思い出話の中には、パリ音楽院時代に師事されたシャミネ先生のレッスン・エピソードも。アルベニスの作品を弾くにあたり、「洸太朗、スペインの男女のナンパの仕方を知っているか?」ということで、シャミネ先生が男女両方(!)のナンパ術を教えてくれたそうな。そして、福間さんがそのナンパ術を、まさかの再現!(ちょっと照れつつ。)会場もドッと沸いて、楽しいひと時でした。

さて今回、演奏で特に心に残りましたのはブラームス。3番のソナタは、ブラームスがシューマンと初めて出会った二十歳のときの作品。ちょうどこの曲を福間さんが弾いたのも二十歳の時で、自分の将来について迷いや不安も抱えられていたとのこと。そんな折、お父様が宮本武蔵の「五輪書」を読むように勧めてくれたそうです。五章からなるこの本を、5楽章からなるブラームスのこのソナタの練習と重ね合わせるようにして読み込んだそうですよ。

今日聴かせてくれた2楽章といったら・・・・!!
抑制の効いた哀しみ、そして毅然と突き進む明るさとが交互に現れて・・・スケールの大きな音楽作りに、胸が打たれたとしか言いようがありません。

私、絶対に女優になれません。だって涙が出るよりも、鼻が・・・(きちゃないハナシですみません)。鼻タレ聴衆になるよりはマシかと、ひそかに鞄からティッシュを出したんですが、いいところでモゾモゾ動いてしまって、お隣の方に申し訳ない限りでありました。

それでですね、なんと、10周年記念リサイタルが12月4日、東京文化会館小ホールで開催される予定とのことで、そこではこのブラームスを全5楽章をお弾きになるとのこと!!! それを聴いて興奮したのは私だけではありますまい。こりゃもう絶対に、11月初めにインフルエンザの予防接種とか受けて、12月には何が何でも万全なコンディションで聴きに行かねばなりません。そうだ、ブラームス・フリークのあの人にも声をかけてみよう・・・絶対に実演で聴いて欲しい。。。

写真は、本日展示された資料の一覧と、3公演につきサイン会は控えたいとのことであらかじめご用意されて全員に配られた手書きサイン付お写真であります。なんという心遣い。

それにしても・・・福間さんにはこれまで何度か雑誌等の取材でガッチリお話を伺ってきたものの、編集者さんもカメラマンさんもおらずLFJ公式レポート腕章も持たない私は、まるで丸腰ヘッピリ腰状態。お話、ワタシはあとでいいんですいんです・・・とか控え目ぶっていたら、あっという間に時間になってしまった。 うん。でも。いいんです、いいんです。ていうか、ちゃんと挨拶できず、ごめんなさい、福間さん。
これからも、陰ながら、いえ、大々的に応援させていただきます♪
コメント (5)