生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

突然現れたパリin甲府

2009年12月29日 | Weblog
週末は甲府へ。
地方というのは面白いのです。
突然な場所に突然なものが現れるのです。

国母駅近く、線路沿いのほとんどなんにもない所。
そこに突然、パリのようなカフェが存在していたっ!

Le Cafe Bijoux

何とも素敵である。

お店の中に入ると、クンクン鼻息を荒くしてしまった。
なんだか、パリのニオイがするんだよね。
ちょっと香水と古い家具の香りが混ざったような・・・



お店のお兄さん(オーナーかな?)に出していただいたのは
非水洗方式によるエチオピアのコーヒー。
これがなんともワインのような果実が熟成したかのような
深くまろやかなお味!!!
絶賛して喜んでいたら、お兄さんに豆の精製過程について
いろいろ説明してもらえました。

今後は豆のウェブ販売もする予定だそうです。
でもお店の雰囲気が素敵だから、できればあそこで飲みたいな。
コメント

限界との戯れ。。。

2009年12月24日 | 音楽
クリスマスなので、
Kawaiちゃんのミニピアノで、
明るく可愛らしい曲を。

Here Comes Santa Claus by Toy PIano サンタクロースがやってくる


特にクリスマスらしいイヴェントを考えていない私ですが、
緑のセーター着て赤いトイピを弾くだけで、
それなりに、一人お祭り気分(笑)

そしてやっぱり、
こちらのトイピでしょう。

Silent Night by Toy Piano きよしこの夜


フランスのアンティークのトイピアノ。
鐘のような音色が、クリスマス曲に相性抜群。
音域が問題。この「きよしこの夜」は、私のイメージではハ長調なんですが、
最高音のファがない!
泣く泣く1音下げたロ長調で弾いてみたんですが、
これが雰囲気が出ない。。。明るすぎるというか。
変ロ長調まで下げたら、少し安定した温かみが出ました。
今度はバスの最低音ギリギリ!なんとかいけました。

ま、こういう限界と戯れるのも
トイピアノの面白さですね。
コメント (4)

より暖かい方法

2009年12月21日 | ねこごと
より暖かい方法をとっているらしい。
ホットカーペットのカバーがめくられてしまった。
めくって、密かにそこを屋根にしてるのもいる。
しかもストーヴの前・・・
コメント (2)

母は音楽する

2009年12月20日 | 音楽
オペラ歌手とお付きの仲居、
ではありません(笑)。

昨日は、大学時代の友人でオペラ歌手の大川繭さんの手作りコンサート、
「クリスマス〈歌おう会〉」に行ってきました。

ヴェルディの「慕わしき御名」や
プッチーニ「私が街を歩けば」などなど、
イタリアオペラのアリアで、繭さんの美声、堪能いたしました。

2歳と5歳の母である彼女。
子育てと同時に、自分の勉強や演奏活動を、
着々淡々と積み重ねられていて、すばらしい!

女性の生涯のキャリアはM字型と言われることがあるらしく、
子育てで一時中断や、ペースを落とさざるを得ない場合も少なくないです。
でも、いわゆる「一段落」してから、
急上昇して活躍される音楽家もたくさんいらっしゃいますね。
どんな環境の中でも、真摯に楽しく、音楽を続ける姿は、
やっぱり輝いているし、
「続ける」ということの大きさを感じるのでした。

大川繭さんは年明けも1月2月と本番が続くそうです。
今後も応援していくよ
コメント

音楽家の身体表現、あるいは“見せる”音楽:小林愛実ちゃん

2009年12月15日 | 音楽
昨日はサントリーホールの小ホールで、
小林愛実ちゃん(14歳)のデビュー・プレコンサートに行ってきました。
来年2月にEMIからCDデビューです。

以前から彼女の演奏はとっても気になっていたのですが、
YouTubeや資料映像でしか見た事がなかったので、
実演を楽しみに出かけました。

ところが、
マスコミ関係は後ろの方の席ということになっていて、
小ホールのフラットな客席では、
遠くの方に彼女の姿が見えるだけ・・・ということに(涙)

これがちょっと悲しいのは、
彼女の演奏は、
なんといってもその高いパフォーマンス性に魅力があるから。

弾き姿が何しろすごい。
もう全身でピアノにかぶりつくように弾くんですねぇ。

YouTubeで大フィーバーしている理由も、そこにある。
弾き姿の凄さゆえ、
YouTube向けアーティストなんじゃないかと言えるような、
新しい形式の天才なんだと思います。

とくに小さい頃の演奏は、
単純に身体の大きさとピアノのギャップがあって、
見ていてとっても楽しいのですよ。
Aimi Kobayashi performs Chopin's Scherzo in B minor Op.20



このスケルツォは昨日の実演でも披露したレパートリーですが、
アクションはさらに磨き(?)がかかって大きく派手に。
身体も大きく成長してますから、キレも加わりますます迫力が!
フラットな遠くの客席からでも、よく伝わってきました。

さて、ここで思うのであります。

演奏はもちろん耳に届く音が命ですが、
でもやっぱり、
「見せる音楽」というのはある!
バレエ・ダンサーでなくとも。

大人気のラン・ランとかもよく、
「あの変顔しなくても」とか、
「身体の動きほどの演奏はしていない」とか評されるのを聞きますが、
あの身体から溢れ出る音楽というものを、
やっぱり一つの高い芸として受け取りたいと思う。
だって彼なんて、背中でも音楽している。
顔だけじゃないよ!背中もだよ!↓
Lang Lang - Liszt Hungarian Rhapsody #2

あえて顔の見えないこの動画、気に入っています。
動きだけで、クラシック音楽から(いい意味での)笑いを取れる人(6分23秒あたり)、
そういません。

その、なんだろう。
「動きほどの音を出していない」的批評は、
けっこうナンセンスというか、
「目でも楽しめるお得感」という風に受け取ればいいじゃないか、
と思ったりする。

愛実ちゃんの場合は、まだまだこれから成長する人なので、
確かに動きと音のバランスのことはありますが、
今はまだそのギャップを含めて楽しませてもらいましょう。

昨日は愛実ちゃん、一曲目のワルトシュタインで、
座って体勢作ってからから弾くまで、かなり緊迫感ある時間を作りました。
あんな緊張感は他に、卓球選手のサーヴくらいでしか見た事ありません。

あ、彼女のCDもとても奇麗に録れていて素敵でした。
が!やっぱりコンサートを「見て」、
堪能していただきたいアーティストだと思います。
コメント (2)

ホッカペ上のねこ、その後

2009年12月15日 | 音楽
昼間は大興奮だったけど、
夜になると、まるで恋人同士のように
ホットカーペットでくつろぐ二匹。
(完全に猫に陣取られた)
コメント (2)

ねこ興奮、ホッカペ

2009年12月15日 | ねこごと
ホットカーペットを出したら、
猫が大興奮。カーペット上で二匹でなぜか大乱闘となり、
さっそく毛だらけにされた。

写真はやっと落ち着いたまーくん。
トドではありません。
コメント (2)

音楽家とコメント力

2009年12月15日 | 音楽
この秋にショパンのワルツ集をリリースした21歳のピアニスト、
アリス=紗良・オットさん。
ベリー・ビューティホー。ココみてよ。
短期間に2回の取材があってお話を聞いたのだけれど、
実に、自分の音楽について、音楽に対する姿勢に付いて、
作品について、説得力のある雄弁さ。
しかも彼女にとっては第二言語である日本語で。
「言葉にできないことを音楽で」
と本人は語るが、
音楽にする以前で、言葉にできることは、
すべて言葉にきちんと落とし込んでいる感じ。
すばらしいな、と思った。

そういえば今年の春先、
雑誌「ムジカノーヴァ」(2009年4月号)で
「トレンド・レッスン拝見」という特集の取材をさせてもらいました。
第一線でご活躍の江崎光世先生も取材先の一つでした。

先生の連弾レッスンを見て驚いたのが、
演奏のたびに、まだ小学校2年生の子供たちが、
自分たちの演奏について、ガンガンにコメントできていたこと。
「内声がこうこうこうだから、外声はこうしたい」とか、
「ここはこういうタッチで弾くといい」とか。

江崎先生は、
「これからはコメント力を養うことが大切。
 ピアノを演奏できても、
 将来実社会で一人立ちして生きて行くためには
 コメント力がなければなりません」
とおっしゃっていた。す、すごい。
“トレンド・レッスン”というだけに、
「先生の言われた通りに」という旧来型の形式では、
すでに終わっていたことに気付いた次第。

みー子さんのピアノ・アレ・コレ」などで数々の指導者を取材しても、
最近の先生方はよく、
「自分の頭で考えて、自律した音楽家になれるように」
といったことを言われています。

あたしらの時代なんてなぁ。
「先生絶対」で、
言われたとおりに弾いていたのにね。
言われたとおりに弾けないと、怒られてたのにね。

で、アリスさん。
そういう新型ピアニストの星なのかも?と。
「CDジャーナル」に書きましたけど、
あのアシュケナージ先輩にもモノ申す迫力ぶりです。
ワルツ集のCDの演奏は、
本当に彼女の“言葉”になっているように感じました。

コメント力で、芯の強さを惜しみなく出す音楽家、
たくましく、とても魅力的に感じます。
コメント (2)

おばあちゃんになっても、使います。その2

2009年12月13日 | Weblog
念願の“つげ櫛”です。
新品は、2~3日、椿油につけ込んで、
油分を十分に櫛にしみ込ませてから使うそうです。

これは京都の「十三や」さんの櫛で、
南九州は指宿産の樹齢30年ほどの
黄楊原木から作られているんだそうな。

これまた、親子代々ものだそうで、
「日本女性と櫛」と題されたトリセツ(?)には、
すご~い文言がならんでます。

「・・・櫛は魔を払う呪力を持つものとしても信仰されてまいりました。古来より櫛かんざしは神事や儀式に欠かす事のできない者で、平城宮跡からも儀式に使用されたと思われる櫛が出土しております。・・・すべての女性がいだく人間的素朴な気持ちを子孫に伝える物として・・・これ程のものはないと私共は自負したしております」

すごい自負だ。
ほかにも男女の愛情の象徴だとか、古事記のエピソードとか、
いろいろ書いてある。

とりあえず、新品でやって来た我が家の黄楊櫛さん、
ただいま椿油のお風呂でまったり熟成中。
明後日あたりから、我がオカッパヘアーで働いていただきます。
大事に大事に、おばあちゃんになっても使います。
コメント

ぶるぐ協会の“今”

2009年12月12日 | 音楽
楽器店とかで楽譜を買ったとき、
ピラリと袋に入っているピンク色のパンフレットを見たことないですか?
楽譜問屋さんのプリマ楽器が発行している、NEWS88です。

最新号のNEWS88では、
われらが「ぶるぐ協会」の最近の活動報告を掲載していただきました!
執筆は会長自らが!!

上記リンクのウェブ版でも一部読めます。
紙媒体をご入手された際は、ぜひ呼んで下さいませね♪

ぶるぐ協会の企画も、
まだまだ書かなきゃならん記事やら、
もやもやもやもや会長と温めている企画も
う~んとあるです。

しかしながら、
会長も私も、お互いバタバタと締め切りのあるものを抱えると、
想い通りに活動するには、なかなか工夫ってものが必要ですね。

まぁしかし、合い言葉は「ブルグ愛」。
愛があれば、乗り切れる!!
コメント