生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

井の頭公園と動物たち

2014年10月17日 | Weblog
秋の井の頭公園散策。GRで撮影しました。

秋の光を浴びる噴水




突然現れたアップライトピアノ。中田喜直さんの「小さい秋みつけた」の記念碑でした。
自筆譜が刻み込まれています。




動物園のポスター。デザインがいい。この柄の手ぬぐいが売っていたので買いました。




混んでる!混んでる!モルモット抱っこできます。
むかし「モモちゃん」という名の長毛モルモットを飼っていたので、懐かしかった。






仲良しなふたり。




ブタものんびり。




ハンサム風。




カメラを向けて近付いたら、なぜか寄って来てくれて、この姿勢で3秒くらいキープ。




ここにも仲良しなふたり。




キツネ。寝てます。




お年寄りタヌキ。




はな子さんは、戦後日本に初めてきた象だそうです。やはりご高齢です。




カラフル遊具。




リス!!リス大好き!!リス!!









のぼってくれた!!



ここは「リスの小径」。




井の頭公園の池の水、だいぶ綺麗になったそうですね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加