生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人生、少しずつ景色が変わるのね

2012年02月23日 | Weblog
先週の金曜日の朝、実家の父親が倒れ、救急車で運ばれて入院した。
一命を取り留めた父、週明けにはいろいろと管につながれながら、
「三途の川には行かなかったし、お迎えも来なかった」
と、のんびり言っていた。

自分の年齢を考えれば、
これから先、多くの人が経験するような事態に
私も向き合うことになるんだろう。
昨日と今日とで、見える景色がすべて一変するかのような、
そういう経験になったし、足を踏み入れた感がある。

いたずらにポジティブにも、不必要にネガティブにもならず、
普通に心配したり、普通に安心したり、
行動して、ときには見切り発車で動いていきたい。
自分の針が振り切ってしまわないように、
たくさんの工夫も必要だし、
人に協力を請うことを怠らないでいることも必要になるんだ、きっと。

とはいえ現時点で、正直いろいろと不安はつきない。
仕事はともかくとして、
趣味の三味線などは、まったく弾く気も起きなかったのだが、
こういう時だからこそ、今朝、いつも通りお稽古に行った。

端唄の先生は、人を見抜くお力があるというか、
(私は30過ぎてから、よく人から、
「オットリしてますね」なんて言われるのだが、
 私の性格がほんとはキツいってことも、先生はお見通しw)
隠し事をしても精神状態は見抜かれるので、
先週末からの事態をお話した。

「私もいろいろありましたし、
 何事もなく生きてきている人なんて、ここには一人も来ていませんよ。
 大丈夫です。いい方向に進みますよ。」

言霊っていうけれど、
心にエネルギーがじわっと湧く言葉をいただいた。

以上、まとめのないエントリですが、
近況でございました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

兄からの説教?

2012年02月14日 | ねこごと

まーくんがミネ子さんに何か言い諭しているような・・・
「もう少し気をつけなよぉー」


ミネ子さん、口答え中か?
「やーだー。いいのー。」

それは食事中のこと。



もぐもぐ・・・
美味しい食事タイム。しかしまーくんは気がついた。



チラ見。
「ミネ子・・・、こぼしすぎじゃない?」



「ふんっ。ミネ子はミネ子流で食べてるんだからいいの!」

どうもこの食器がミネ子さんには不向きらしい。考えてあげないとね。
スリッパでカリカリを踏みつける今日この頃です(苦笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとりLFJ、CD土産にて展開中

2012年02月10日 | 音楽
怒涛のナントLFJ取材を無事終えて帰国、
心身の疲れや時差ぼけが抜け始めた本日から(それ以前の二日間は完全にダウン)、
さっそくインタビューやレポートの記事に取り掛かっている。

20人インタビューするとなると、アポにつぐアポとなってしまうわけで、
聴いてみたかった公演にもなかなか足を運べない。
そんな私にうれしかったのは、演奏会の録音CD販売だ。
本番一発録りとは思えない上質な演奏と音質を、
10ユーロでお持ち帰りできるんだぜ。
会場の拍手も入っていて、臨場感もそのままに・・・。
これはナントだけのサービスみたいだけれど、とってもありがたいネ!
(ごく一部の公演だけですが)

行き逃したコンサート、聴けたけど後で資料として必要な音源、
いろいろ買って帰ってきたので、
(お土産用も含めると、日本円から両替したユーロはほぼ全額コレに消えた・・・)
帰りのトランクは半分CDで埋まった(笑)
それを見越して、荷物は半分にしておいたのさ。
二度目のナント、要領も得ている。フッ

で、今聴いているのは、
ピアノのケフェレックさまとプラジャーク四重奏団、
ポワンシュヴァルさんのコントラバスによる、グリンカの「大六重奏曲」。
これは行けなかったコンサート。初めて聴いた、こんな曲。爽やかで素敵。
なんとも上品な演奏だわ。
今回ナント・プレスツアーでご一緒だった東条碩夫さんのブログでも
絶賛されておりまする。

やっぱり行けなかったコンサートで、
コパチンスカヤ(Vn)のチャイコフスキーのコンチェルトも
これからひとりでじっくり聴いてやるっ!

・・・半分負け惜しみ(?)のような気分も入ってるが、
よなよな一人LFJはまだまだ続くのであった。

ところで、



こちらは現地でのインタビューアポ入れボード。
ここにフランス語の通訳者S子さんが
アーティストやマネージャーさんたちとガンガン連絡を取り合って
次々勝ち取ってくれたアポが入りまくっていく。
そのほかインタビュー要員として、2名の通訳者さんたちも付いてくれる。
私はフランス語がまるでダメなので、何件も本当にお世話になりました。
完全にスムーズに通訳されるベテランNさんと、
写真の地元ナントの好青年リオネル君。
細やかな気遣いと、日、仏、英を使いこなせるのでかなり助けられた。
20件全てが完了したこの瞬間、ボード前には偶然S子さんと彼と私だけになった。
「いやはやお疲れ様~~」と、最後に裏方部隊で記念撮影。感無量の図。

まだ数日前のことなのに、もはや遠い日の思い出みたいな気分だよ・・・。
さようなら、ナント。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LFJナントに取材に来ています

2012年02月04日 | 音楽
ロシア音楽がテーマのラ・フォル・ジュルネの取材に訪れたナントはただ今朝5時半。初日、インタビュー9人斬りを終えて、昨晩は早く寝た。コチラは大寒波(ロシアの寒さまでやって来た?!)で、マイナス7度とかなってるらしい。会場内も昨年とは違って、日本のプレス陣が集う出入り口付近一帯が底冷えするような寒さだ。
 インタビュー候補が最終的に20人となり、初日で9人終えられたのは大きい。時差や移動の疲れで初日が一番キツいのだけど、出番を終えて帰ってしまうアーティストも多いので、ここで稼げるだけ稼がないといけない。現地のコーディネーターさんが猛烈に働きかけてくれていて、頭が下がる思い。インタビューにかかった時間は、一人7分~1時間。アポが取れても、本番やリハのずれなどで、今年はスケジュールどおりには進まないケースも多かったがなんとかなった。でも体力的にはマックス越えそうだったので、22時過ぎには退散。熱狂の公演は続いていたけれど・・・。
 コンサートはまともに一本も聴けていないが、のこり二日は取材が落ち着いてくると思うので、いくつかは聴きたい。聴かないとレポート書けないし、インタビュー記事にも影響しちゃう。
 写真はモスクワ大司教座合唱団の指揮者グリンデンコさん。フレンドリーに「写真取ろうよ!」と。彼らの歌は10分くらいもぐりこんで聴いたのだけど、ものすごい迫力。ド迫力。ロシア典礼音楽の底力!東京公演でも期待大!☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加