生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松浦弥太郎さんと小林恵さんトーク@ 「アメリカン・フックド・ラグと暮しの手帖」展

2012年12月10日 | Weblog
本日は暮らしの手帖編集長・松浦弥太郎さんと、アメリカのフォークアートを日本に紹介し続けてこられた小林恵さんとのお話会@かぐれ表参道に行って来ました。

日本人がようやく自由に渡米できるようになった60年代、単身降り立ったNYに定住を決意し、帽子を手作りするところから事業を起こした小林さん、好景気に沸く80年代の日本を10代で飛び出し「ポケットからコインが一つも出てこない」日々をしのぎつつ、マンハッタンに書店を構えた松浦さん。お二人のお話は、それはもう静かな迫力と湛えており、心の琴線に触れまくりでございました。

懸命に、生きることを頑張る人たちに、サポートの手が何本も何本も伸びる。それが、開拓し国づくりを推し進めたアメリカの人々に息づく精神とのことだ。小林さんも松浦さんも、まわり人々に対して「即答」し、「照れずに動いた」結果、多くのアメリカ人たちに、奇跡のような絶妙なタイミングで助けられながら、生き抜いた。

展示されている手作りのアメリカン・フックド・ラグに囲まれながら、「生活とは失敗の連続で、失敗を繰り返してきた人たちが一番認めれられる」、「誰に見せるのでもなく、自分の生活の中で長く使うものに宿る美しさ」などと語った松浦さんの静かな語り口が印象的だった。

それにしても、「アメリカン・フックド・ラグと暮らしの手帖展」トークイベントってことだったのに、フックド・ラグってなんぞやとか、作り方のコツとかいったお話は、基本ほとんどなかったのが凄い。面白すぎる。
人が幸せに生きること。アート、文化、伝統のこと。直球で、そういう話を聴けた。

ところで小林さんは、40歳の誕生記念に、何を思ったかハープシコードのキットを買ったのだとか。ベッドほどの大きな箱に入った材料と格闘し、半年で一台のハープシコードを完成させたお話も興味深い。

・・・む。私も。つくりたい。クラヴィコードが欲しい。だから、作る。このシンプルな発想でいいのかもしれない?!?!
コメント (5)

チッコリーニのリサイタル@すみだトリフォニーホール

2012年12月01日 | 音楽
すみだトリフォニーホールでのチッコリーニのリサイタル、素晴らしゅうございました。御年87歳。パワーではなく引き算で階層を浮き彫りにするような演奏。「年を重ねてもきちんとお洒落を楽しむ紳士」のような音楽。
ドビュッシーの前奏曲集、一貫して、どこにも人を驚かせるような怖い感じの音色はない。ホッコリしつつ、でも聴いていると内側からじわじわとエナジーをもらう。脱力とうねり。とりわけ「沈める寺」が描く大きな波形には惹き付けられた。
私的には“メイン”だったセヴラックの「休暇の日々から」第1集は、詩的に洗練されていた。「セヴラック、都会に行くの巻」みたいな印象。
アンコールで弾いたスカルラッティのソナタK.380では、照明を絞りきってチッコリーニの顔・手だけが浮かぶ。ピアノの姿が暗闇に隠れ、もはやチッコリーニが音楽そのもの見えた。
会場のスタンディングオベーションは、聴衆の心からのもの。それが伝わる。いい演奏会だったなぁ。
コメント