生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「レット・イット・ゴー」を熱唱するときの気分

2014年05月31日 | 音楽
映画「アナと雪の女王」より「レット・イット・ゴー~ありのままで~」、猫がお手つきしているコチラの楽譜、本屋さんで偶然見つけて買っちゃいました! もちろん劇場で映画も見まして、松たか子さんの音源もiTunesでお金払ってヘビロテしたクチです。この歌は名曲として、おそらくスタンダード化していくでしょう。まぁ実によくできている。

 ところでこれ、ぱっと見、「自分を信じて!」みたいなよくアリがちなキレイな人生応援歌にも思えます。実際そう受け取っていいだろうし、10代の人々は「そうだ! 私もがんばらなきゃ!」と共感していい。カラオケなどでも、そう思って熱唱してくれ。

 ですが。オトナといたしましては、また一歩引いた解釈で、この曲を味わってしまいます。
 この曲には不自然なまでに「じぶん」という言葉が出て来ます。

「ありのままの自分になるの」
「自分をためしたいの」
「自分をすきになって」
「自分しんじて」

「じぶん」って、音として美しいとは思えないんですよね。濁点が二カ所もあって。でもこの曲を歌う「ひとりの私」は、何度も「自分」「自分」「自分」と叫ぶわけです。「これでいいの これでいいの」と言いながら。 どうですか。 こんな娘さん。 いやはやもう、どうしてもヒリヒリするようなものを、感じ取って泣きそうになってしまいます。

「もう自由よ なんでもできる 変わるのよ私」

そうだね。なぜか意味もわからず根拠もなしに、全能感に支配されてしまう、そんなことってある。

「輝いていたい もう決めたの」

うわ。 切ないまでにヒリヒリとしてしまいます。いやもう、自己実現願望ゴリゴリ系の、ちょっとコワい歌になる一歩手前です。
 あなたが自分で「決めたの」と言っても、あなたが実際に輝けるかどうかは、あなた自身ではなく、社会が決めることでもあるのですよ、今のあなたのにように「自分」「自分」「自分」と、全てのベクトルが自分に向いているままでは、おそらくは誰もあなたとは向き合えないし、輝くことなど許されない日が、そう遠くないうちに来てしまう……
 
 と、歌からそんな心配などしてしまうわけですが、考えてみたら映画でも、きちんとそういう場面で使われるわけですよね。

 覚醒し自由になったと思ったはずの主人公。彼女はこの歌を熱唱したあと、社会から隔絶された引きこもりとなってしまうのです。

 そういう歌。「レット・イット・ゴー」は。
 それを世の中では映画館で全員で熱唱するイベントが行われたりなど、よく考えると奇妙な現象が起こっていたとも思います。
 そしてこの曲を「弾き語り」なんかをしていると、さらに感じ入ってしまうのであります。
 娘さん、あなたはきっと遅かれ早かれ気付くでしょう。そのままではいけないっていうこと。今はきっと想像もできないような、厳しい壁にブチ打ち当たったり、恥ずかしい思いなんかも繰り返すことになるでしょう。ああ、ここからが本当に大変なんだよ。。。。

 はっ。これを老婆心というの?? 私もそんな年齢なんだわね(今年40)。そういや若い頃は「老婆心ながら・・・」って人様から何かを言われるのが本当に大っっっっキライだった。「自分でやってみて、ダメだったらそこから自分で学ぶんだから、ほうっといて、やらせてみせてよ!」と。だからこそ、いろいろやっていろいろブツかってきちゃったし、失敗もいっぱいあった。そんでもって、この歌に感じ入ったりするのね。

そんな思いで、この言葉を歌う娘さんを思いやるようなメタ気分で、弾き語り熱唱してしまった夕べでありました。(ぜったい近所の人に迷惑かけてるw)

 それにしてもこの楽譜(デプロMP)は、アレンジがとてもよく出来ています。たいていポップスの譜面って、コードを抑えるだけだったり、オクターヴのつまらない連打で終わりがちなんですが、こちらは弾いていても満足度高い。「弾き語り」バージョンは、歌曲とその伴奏くらいな感じで、正直「弾き語り」には向いていません(笑)そのくらい難しいので、やりがいあって楽しいです。
コメント

東京芸術劇場のパイプオルガンに接近!

2014年05月24日 | 音楽
さて、これはなんでしょう?




・・・と見せられて、この写真だけでわかる人はそういないでしょう。
なんとこちら、エレベーターなんです。しかもとても特殊な目的のために、特殊な場所に設置されたエレベーターなのです。


実は・・・ドドン!



ドドドン!



これら、二つのパイプオルガンのパイプを調整するために、楽器と楽器の間に設置されたエレベーターなのであります!!
ものすごく特殊です!




つい先日、池袋の東京芸術劇場のパイプオルガンを間近で見せていただき、音まで出させていただくという、とても貴重な機会をいただきました。
「芸劇」のオルガンと言えば、そう、あの大ホールのステージの上に君臨しております立派な楽器です。二種類あるのをご存知ですか?ルネサンス・バロックタイプ(木の色)のオルガンと、モダンタイプ(淡いグレー)のオルガンです。二つは背中合わせになっていまして、スイッチでウィ~~~ンと台座(?)が回転し、使用するオルガンが客席にお出ましになるという仕掛けなのです。

この日は楽器の目の前に連れて行っていただいたので、遠景からのオルガン全貌写真はありません。なのでハイこちら、パンプレットの表紙ですw



淡いグレーのモダンタイプは、遠目でみるとメタリックのような輝きですが、ルネッサンス・バロックタイプと同様に木材です。近くで見ると、色が塗られているけれどボディがちゃんと木なのがわかりました。

とにかく巨大な二つの楽器、放つオーラはハンパじゃありません。舞台の上はとても高いし、美しい二面の鍵盤と膨大なパイプに囲まれてはいるしで、初めて近付いたら激しく圧倒されないはずはありません。

お話を伺ったのは、東京芸術劇場オルガニストで上野学園大学教授の小林英之先生です。オルガンについてほとんど何もわからぬ訪問者にも関わらず、楽器の特性などについて教えてくださいました!



いろいろな質問に紳士的にお答えくださった小林先生(若い頃の江守徹さん似)。


まぁ、私が東京芸術劇場のオルガンの仕様や特性などについて何か書こうとしても始まりません。というより、にわか勉強でわかったように書いてもどうにもなりません(汗)知識を得たい方はコチラの東京芸術劇場 パイプオルガンの魅力を読んでいただくのがいいでしょう。
ここではオルガンについて先生が教えて下さったこと、この巨大な楽器に触れて感じたことなどを書いてみたいと思います。

****

木目調の方のオルガンは、実はルネッサンスとバロックの二種類のオルガンが入っているんですね。鍵盤上部についているレバーひとつで切り替えられます。
ルネッサンスとバロック、大きく何が違うか。ピッチと調律なんですね。ルネッサンスの方はa=467Hzで、ミーントーン調律法。バロックはa=415Hz、バロック調律法です。
ミーントーン調律法は、長3度の純度が高く美しく響きます。これが興味深いのは、あらゆる調性に対して万能ではない、というところ。先生いわく、

「異名同音ではなくて、異名異音なんですよ。たとえばこの鍵盤は、cis専用であって、desとしては使えない。ここはes 専用であって、Es durの主和音では、ほら、こう奇麗に響くけれど、H durではダメ(先生がh-es-fisを弾く。disではなくesなので、キモチわるい響き!!)。bはbであって、aisにはならない。簡単に示せば、ミーントーンってそういうことなんですよ。この調律では、♯が三つまで、♭が二つまでの曲が適しています。まぁ、この時代の曲にはそれほど調号の多い曲はもともとありませんから」

調性もそうだけれど、このオルガンでは作曲家もオランダや北ドイツの人たちの作品に限られるのだとか。スウェーリンク、ブクステフーデ、シャイデマン、シャイトなどの作品はいけるそうですが、フレスコバルディなど華やかなイタリア音楽には向かないそう。「弾けなくはないけど、パイプの整音が違うからね」と先生。



それにしても、ミーントーン調律法で得られた長3度の美しさは、当時の作曲家を相当インスパイアしたのでしょうね。ピカルディー終止(短調の曲が最後の和音だけ長調で終わる)というのは、このミーントーンで得られる3度を最後にファーーーっと鳴らしたいあまりに書かれるようになったのだとか。調律に触発されて、音楽の内容が変わる。新しい手法が生まれる。 こういう話は面白いですね。当時の人々の耳にオルガンが放つ純正の3度はどれだけの輝きを持っていたことでしょうか。そんなことは(ピカルディーなんて名前も)つゆ知らずに、なぜか子供の頃、家の平均律のピアノで短調の曲でも最後の和音だけ長調にしてうっとりしてワタシ。現代人の耳は若干ニブいのであります。
ちなみに先生は「長3度はその昔は不協和とされていたんですよね。完全五度が美しいとされていた時代には。オルガン音楽は14世紀の終わり頃から残っていますが、その頃はまだ完全五度が美しいとされていたんですよ。結局人間の耳なんて、教育次第なんですよね」
美の判断力とは後天的なものなんですね。

ちなみにこちらの鍵盤は、黄楊でできているそうです。



恐れ多くも、「弾いていいですよ」という先生やスタッフの方々の寛容なお言葉に甘えて、ちょっと弾かせていただきました。でも当然足鍵盤なんて触れませんし、オルガン用の楽譜も持っていないので、大胆にもまったくオルガン用じゃない(笑)バッハのフランス組曲からd moll のアルマンドを弾いてみました。切り替えがミーントーンになっていたので、かなり「うぎゃ!」という響きにもなりましたが、冒頭と終わりに出てくる左手の長い音価を伸ばしたまま演奏できるという夢の感触を味わうことができて(ピアノだと減衰しますから)、気持ちようございました!

・・・と、ふと目線をストップの上にみやると、なにやら面白い装飾が。なんだこれ? 顔?





「あ、これは、ガルニエの子供たちだって聞いたことがあるよ」と先生。ガルニエとはこのオルガンの製作者であるフランス人のマルク・ガルニエ氏のこと。子供たちの顔をこんなところに?! ちょっとキモ可愛いですね。

これらの装飾は、東日本大震災の時には一部落ちて壊れてしまったそうですが、すべて修復がなされたそうです。阪神淡路大震災後に、パイプに関しては全て耐震工事がなされていたので、びくともしなかったのだとか。しかし繊細な装飾も元通りになってよかったですね、ガルニエの子供たちよ。

さて、ここで「回しましょうか」と先生がおっしゃると、スタッフの方が例のスイッチを!! ウィィ~~~~~~ンと台座が回転して、モダンタイプが現れました。このお色直しはなかなかに迫力ある場面でした。ホールの天板の高さを、モダンタイプに合わせておかないと大変なことになるそうです(折れちゃう!)。舞台の設営をされるスタッフさんたちの間では、「今日オルガンどっち向いてる?!」っていうのは合い言葉なのだとか。

モダンタイプの鍵盤とストップです。手鍵盤は5段もあります。譜面台のデザインだとか、どことなく近未来的な雰囲気が漂います。


こういうところがモダンっぽい! コンピューターでストップを小節単位で記憶させられるそうなのです。が、これは実はルネッサンス・バロックオルガンでもできるそう。


こちらのモダンタイプは、19世紀以降のフランスのオルガンをモデルとし、さまざまな要素も付け加えられているのですって。調律はほぼ平均律。汎用性は高いので、こちらで古い曲も演奏されるそうです。

「それぞれの時代を反映した音色を使うので、必要なパイプが曲によってまったく違います。その意味では意外と『不便』な楽器なんですよ。ピアノなら一台あればなんでも弾けてしまうし、オーケストラなら必要な楽器の奏者が団員にいなければ『トラ』で呼んでくればいい、といったことになりますが、オルガンはそうは行きません。『メンバー固定のオーケストラ』のようなものなのです。このオルガンならこの曲は弾けるし、この曲は弾けませんね、ということになる。近現代のフランス人、とくにメシアンなんかはかなり精密な音色の組み合わせを指示しています。このオルガンでも、ある程度は工夫をしないと、書いてある通りには弾けないんですよ」

オルガン奏者は、オルガンありきでプログラミングをされるそう。まずは演奏を依頼されたオルガンのストップリストを見ることがスタートライン。それで何が弾けて何が弾けないのか、ほぼ消去法のようにして曲目を決めるそうで、これもモダンピアノ奏者の感覚ではほとんどわからないお話!コンクールでは、音色の扱いもその人が「曲がわかっているか、わかっていないか」をはっきり伝えてしまうので、審査対象になるんだそうです。なるほどなぁ!!

****

ピアノに慣れ親しんでいると「鍵盤楽器」ということで近しいようでありながら、その圧倒的な存在感やストップや足鍵盤の未知なる操作からは、ものすごく遠さを感じさせるパイプオルガン。

こんなに巨大で、この楽器の場合は9000本以上もパイプがあるというのに、意外にも「これはいけるけど、あれはムリ。この曲は工夫が必要」など、できることに限りがあるというのもパイプオルガン。

私は今回、パイプオルガンという楽器の持つ非常に両義性に満ちた魅力を感じました。

そんな魅力と出会ってしまったからには、あらためてじっくりと演奏を聴きたくなるのが人情です。芸術劇場のオルガン演奏会、ナイトタイムやランチタイムのコンサートが頻繁にあるようなので、今後足を運んでみたいと思います。オルガン講座も人気のようです。実はこの日も講座があって、アマチュアの方たちが10分という時間制限で試弾されていたのですが、最後に演奏されていた方がバリバリに弾き熟されていて驚きました! オルガン愛好家の層が、実は密かに広まっているのでしょうか?!?!

充実の見学を終えて・・・劇場から外に出てふと空を見合えると、ふくろうのシルエットが美しかった。いけふくろう・・・?


素敵なお話を聴かせてくださった小林先生、そして貴重な機会を与えてくださった東京芸術劇場のスタッフの皆様に感謝申し上げます。
コメント