生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わがエッセイの連載はじまる

2009年11月30日 | 音楽
ここ数ヶ月、お世話になっているローランドさんの機関誌「RET'S PRESS」。
今月号の巻頭インタビューでお話を伺ったのはケイコ・リーさん。
飾らず素のままでカッコイイお姉さんでした。
インタビュー=お仕事なので、ファン魂を潜めていたのに、
直前でキンチョーして腹痛を起こしていました(笑)
バレずに(?)、インタビューも無事終了。楽しいお話満載でした。

さて、この「RET'S PRESS」、
今月から私のエッセイ連載も始まってしまいました!

題して、
「音楽する生活、生活する音楽」。
初回のテーマは「音楽の“すき”とか“ニガテ”とか」。
毎回、ほっこり系の内容を、するどい洞察を交えて(?)、
音楽ネタで、猫の絵を付けてお送りする予定です。
コメント

逃避した先の夢物語

2009年11月29日 | ねこごと
何となくお仕事から現実逃避して、夢物語ることが、
さいきん我が家で流行っている。

「“翻訳者猫カフェ”やりたいな。
 マスターはとりあえずPCに向かって黙々と翻訳してて、
 お客が来たらコーヒーは入れてあげる。
 でも、接客するのは猫。」

と言ったら、
夫の人は、

「“猫ピアノ・ライダーズ・カフェ”やりたいな。
 猫とピアノとバイクが置いてある。
 マスターはピアノ弾いてんの。」


私の夢物語には、まだ一応翻訳という仕事の要素入ってるのに、
夫の人のは、ほんとに単に好きなものばっかだ。

とにかく、なんでも「カフェ」に結びつけるというのがミソです。
コメント

おばあちゃんになっても、使います。

2009年11月28日 | Weblog
職人さんが丁寧につくる道具に、最近憧れています。
そして、そういうものを時間をかけて使い込んでいくという、
使い手の姿勢にも。

着物と一緒にもつバッグ、何がいいか悩んだあげく、
籠バッグにすることにしました。
山ぶどうの皮で編んだ籠を買いたくて、
きのう、阿佐ヶ谷にあるかごやさんに行きました。

どれも一生もの、いや、親子代々に受け継ぐほど丈夫で、
使い込むほどに質感が良くなるという籠たち。
それなりに、お値段もいい感じなのですが、
おばあちゃんになっても使い込むと決めて、
清水の舞台から飛び降りる覚悟で(おおげさ?)、手に入れようと思いました。

ネットで見ていた山ぶどうから選ぼうと思っていたのに、
実物を見て、どうしても気に入ってしまったのは、
くるみの籠でした。

山ぶどうよりも、色に深みがあって、
使い込むと、牛皮みたいな色合いになっていくんだとか。

こういうのはインスピレーション。
籠と言えば「あこがれの山ぶどう」という思いをいったんカッコに入れて、
心にピンと来た写真のくるみちゃんを買いました。

中布は柿渋染めの、味わいある色合い。
オールシーズン使えるのだけど、
冬らしく毛糸のお花をつけてみました。

「かごや」さんのお店の方も、いろいろ丁寧に教えてくれて、
たくさん籠を手に取らせてくれました。
その中から選んだ一品。なんということもない、シンプルなデザイン。
とても気に入りました。

こんなかわいい、てんとう虫の根付けもオマケでくれましたよ。
普段は帯飾りにしようと思います。


きつねの襟巻きを引っ掛けておいたら、
猫たちも興味シンシン。
天然のニオイがするのかな。


明日は、小学校時代からの親友で、
着物の世界を教えてくれた友と、
着物フリマにお出かけの予定でしたが、
私がちょいと風邪気味で取りやめになってしまいました。
くるみちゃんの出番は、まだ先です。
もうすぐ端唄の初舞台も近いので、
しっかり治したいと思います。

あっというまに師走です。皆様もお身体には気をつけて。。。
コメント (2)

大橋トリオ さん、すごいから。

2009年11月27日 | 音楽
大橋トリオ / Winterland


なんとすばらしい。
大変キャッチーでありながら、
よくよく聴くと、
おやっ?と思うコードの動き、
ピアノの動き、旋律の抑揚・・・

大橋トリオさん。一人なのにトリオさん。
先月インタビューの機会をいただいたので、
11月11日リリースのアルバム“I Got Rhythm?”を聞いたのですが
1曲目からかけた瞬間、
魂をわしづかみにされました。。。

12曲、どれをとっても、もう凄いから!!!

さりげないのに、
そういくか!という興奮の連続。
なんて高度なことをしてくれるんだ、この人は。
ここに張り付けたアルバム2曲目の"Winterland"という曲は、
なんとか一緒に歌える感じのポップさありますが、
他にはもっともっと、
意外性をサラリと提示する曲の数々です。恐るべし。

耳あたりとは裏腹に、
意外と攻撃的(?)な要素もあるのに、
決して表目には出ず、それがまた心憎い。
なんかもう、ずるい、って言いたいくらい。

十代から独学でジャズをはじめ、
大学ではジャズピアノを専門的に専攻。
その後、映画音楽やアーティストへの楽曲提供を行い、
本人は今年の5月にメジャーデビュー、
初のアルバムが出た、という流れ。
楽器演奏も多彩で、
ドラムやギターも自分で演奏してしまう。

取材内容は記事に書くとして(ただいま執筆中)、
個人的には・・・
ご本人の、もう、目が!目が!
目が本当に優しくて、とても澄んでいる方でした。
その優しいお声がそのまま瞳にもにじみ出ているのでした。

この人は本当にすばらしい音楽家ですよ。
コメント (3)

石と猫

2009年11月24日 | 音楽
石ってパワーがあるって聞きます。
私はそんなにスピリチュアルな慣例を持つ人間ではないですが、
今日は、石を買ってきました。

中野ブロードウェイという、もの凄く濃い店が並ぶところで、
空気の悪さにちょっと具合が悪くなったとき、
石を売っているお店で、手に取ったピンクのを握ってみると、
急に波動が正常化されるというか、
すごくいい気分になったのであります。

それで、そのローズストーンと、
大きなアメジストを一つ。各300円。
日頃パソコン作業が多いので、
この石を時々握りながらやったら、爽やかかなぁ、と。
疲れが癒される感じがするよ。



まーくんの背中においてみた。
そしたら、ゴロゴロ言ったのです。
やっぱり気持ちいいのかな?

なんとなくお疲れのそこのあなた。
ぜひ、石をお試しあれ(笑)


こちらは寒い廊下が好きな二人の写真。
コメント (4)

ブルクミュラーとハノンが対談!

2009年11月20日 | 音楽
ムジカノーヴァ12月号に、異例の(?)対談記事が!
なんと、ブルグミュラーとハノンの対談記事です!

こちらは実は、我がぶるぐ協会の前回のコンサート
「ブルグミュラーvsハノン」の企画を受けて、
編集部が依頼してきて下さって実現したものです。

そうです、つまりこれは架空の対談、
ぶるぐ協会の妄想の果てに作成された記事なんですよ。

実際に執筆したのは広報である私ですが、
妄想レベルではもちろん、ぶるぐ協会会長と電話で密談(笑)
設定や話の展開について、思いのほか熱くなってしまいました。
誌面の品位を保つべく(?)、もろもろ編集作業を行いましたが、
電話での私と会長の妄想はものすごいふくれあがり方をしておりました。

ご興味おありの方、本屋さんでぜひお手に取って下さいませ♪
p82~83ですよ~
コメント (2)

うたの言葉たち

2009年11月17日 | 音楽
夏から秋にかけて翻訳させていただいた合唱曲集が
発売になりました。
池辺晋一郎「東洋民謡集IV」
末吉保雄「宮古島の三つの歌」
信長貴富「うたつむぎ・おとつむぎ」
(以上、音楽之友社刊)

日本の土地土地の言葉はとても豊かなので、
それを英語にするのはデジタル的変換からはほど遠い作業、
やりがい満点です(笑)
言葉が含み混むもやもやしたものも、できるだけ包み込むような、
そういう翻訳が少しでも、実現できればと思っています。

できればこれらの作品の、実演を聞いてみたいなぁ。
もちろん日本語で(笑)
コメント

せき止めていた思い・・・清い流れ

2009年11月15日 | 音楽
大人のためのブルグミュラー
「25曲を斬る」
第7曲 清い流れ/澄みきった流れ
が公開になりました。

前回の第六曲「進歩」からの繋がりで読んでいただけると、
けっこう面白いかも知れません。
どうぞお楽しみください。
コメント (2)

時間のこと

2009年11月15日 | Weblog
小さい頃は、あんなに一日が長かった。
なのにどうしたことでしょう。
最近ときたら、時が、ビュンビュンと音をたてるかのように
ぶっ飛んでいってしまいます。

それは、もしかして、あれ?
原稿とかの締め切りのある仕事してるから?
でも、締め切りを意識するって、
スリリングな日々ではあるし、
扱う内容だって毎回違うのだから、
ルーティンな訳がない。
だから、一日一日、濃いのだけど。
でも、1年前くらいから、ぶっ飛ぶようになりました。

20歳やそこらの頃、年輩の人から、
「20代後半から速く過ぎるよ~」
と聞かされていたのを覚えている。
今35だから、飛ぶようになったのは、それでも遅い方なのかなぁ。

しかも30代になってから、
長~く感じる日々を過ごしたこともあった。
それは33でオーストラリアに留学して、
シドニーについたその初日と、
その翌日、翌々日、くらいまで。
3日過ぎた時点で、
「えっ!まだ3日?!半年くらいたったように感じる!」
と驚いたのだった。
あれは奇妙な感覚で、なんとも言えない思い出。

人は、あまりに新鮮な環境に置かれると、
子供のころのような
あの長い時間感覚を生きるものなのだ。

そうすると今の環境は逆に、
安定感があるということなのかもしれない。
いいことなのかもしれないけど、
それにしてもなぁ。

程よい長さを感じながら生きるには、
何かいい方法ありませんかねぇ?
コメント (2)

納得の半幅世界

2009年11月14日 | Weblog
お仕事帰りに阿佐ヶ谷の着物屋さんに寄ってしまった。
そこで出会ったがアンティークの銘仙のドット模様。
大正ロマン、おそろしくポップ。
銘仙については、ほぼ日のページで面白く紹介されてました。
コチラ

「普段着でバンバン着られるきものを集めている」といったら、
お店のオヤジさんが
「で、なに、それで、お太鼓しょってるの?」
と尋ねてきた。
そうです、帯ちゃんと結んで、といったら、
「昔の人は普段着や街着なんかじゃ、
みんな半幅帯つかったもんだよ。
普段ラクに過ごすために生まれたモンなんだから。
着付け教室とかじゃ、簡単すぎるから教えないんだよね」
という。

そんなん言われたら、そのラクな世界を味わわずにはおれない。
お店にいくつか並ぶ半幅帯から、どれを選ぶべきか悩んでいたら、
「可愛い感じでいきたいならコレ!」
とオヤジさんが選んでくれたのが、この写真のチェック柄。

着物の上にのせてみて、オヤジさん、一言。
「水玉に格子なんて、チョー可愛い!!」
男性着物でバッチリきめたオヤっさんが、そういうもんだから、
なるほど!と思って、そのコーディネートに従った。

ほんとうだ。チョー可愛いぞ。
そしてなんとも!ものすごい勢いでラクだ!!!
帯板も帯枕も帯揚げも帯びしめも、み~んな省略できるんだから、
そりゃそうだよね!
これなら、昼寝だってできちゃいそうだ。

家の中では、これからは半幅だ。
ちなみに道行きコートと羽織も掘り出し物でゲット。
オヤっさんのご好意で1000円マケてもらい、
全4品で6000円。
すごい世界だ・・・。

ちなみに、今日のお店はココ。
今昔きもの
コメント (4)