生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

微調整の要工夫

2008年03月28日 | Weblog
あんがいプレッシャーを受けやすい不便な性格である。
プレッシャーは度を越すと、結果、最終的に結果が出せなくなる。

そんなわけで、ここちよい程度のプレッシャーにとどめるための
ちょいとした工夫をして働いているつもりである。
ちょいとした工夫の代価は何かっつーと、
金である、金。
ようは今、稼ぎが少ないんである。
身近な人間から
「目の前の千円を拾うな」
と言っていただいたので甘んじている。

「つとめている」というより「一緒に仕事をしている」つもりの先のボスは、頭が良すぎで怖い。そしてユニークで、恐ろしく世の流れに敏感だ。
そんな人と仕事をするだけでプレッシャーではないか。
でも当のボスこそが、結果として生み出されるものを重んじている(そして私も同感だ)。合目的的になりすぎる話は窮屈だし、かえって結果が出なかったり、ときに活性化を妨げたりするんだと思う。

プレッシャーとか仕事内容とか稼ぎとか面白さとか心身の健康とか、そういうもののバランスをうまいこと調整するのはやっかいだ。
最初から結果をあてにするのとは違った意味で、先々のために今やっておきたいことを真摯にやるつづけることだろうよ、と思ってる。
そこまでしか考えられないくらい毎日脳疲労。結果まで考える余裕なし。とにかく動いて、何かが巡ればそれでいい。

あとは、待とう。
コメント

ありがたいことながら・・・

2008年03月28日 | Weblog
気付いてみたら、
最近アプトプットはしてるけど、
インプットを怠っているよ。

まずいぜ、自分。
入れないで出し続けたら、廃人になるね。
コメント

それにしても

2008年03月28日 | ねこごと
とりあえず偉そうに寝ている。にんげんのソファーなのに。
コメント (2)

2008年03月28日 | ねこごと
昼間っからネコを膝で眠らせてると
すごくダメ~でユル~くて、いいかんじである。

先日、やつは歯が抜けた。

急に口まわりをワサワサさせて、少々パニック気味であばれてる。
なにかと思ったら、抜けた乳歯が前足についてた。
ちいこいので見落とす寸前だった。
ちょっと流血もしてかわいそうだった。

オトナへの階段だ。がんばれ、ネコ。
コメント

最近ヒラめいたこと

2008年03月26日 | 音楽
とりあえず、
「幸せそうな人を選んで仕事をする」
っていうのは、どうだろうか。

自分がちゃんと自分を生きてる人って
とても幸せそうだしユルいし人に優しい。
音楽だとちゃんとそれが音や曲に出てるね。

近頃お会いした音楽家の阿部海太郎氏は
とても幸せそうで、楽しい人だった。
コメント (2)

生きる指針

2008年03月26日 | Weblog
最近ちがう。何かがちがう。
以前はいつも目標を大きく決めて、そこに向かって走るのが楽しかった。
でも帰ってきてからは、そういう感じにどうしてもなれない。
目標に向かって猪突猛進とかいう生き方がどうもピンと来なくなった。

それでいいのか自分?
とギモンに思う反面、
何か新しい方法にシフトせよ、
とどこかから言われているような気もしてる。

なんかキモチワルイので、
ちょっとツラいんだけれども、
ありがたいことに、不幸ではない。
コメント

ポートフォリオと・・・

2008年03月01日 | ねこごと

今日はサプライズプレゼントが届きました。
オーストラリアから猫のオモチャ!

留学中に通訳特訓に明け暮れたパートナーからのプレゼント。
成績付けが済んだ私の通訳ファイルと一緒に、
オーストラリアのお菓子といえばコレという品々と共に、
丁寧に梱包されていたのです。

いままでまーくんは、洗濯ばさみとか、ただの紐とかで
妙に盛り上がってひとりで遊んでいたけれど、
こんな素敵オモチャに、味を占めてしまった。
釣竿の先っぽにピンクのネズミと鈴がついてるかわいいやつ。
追い掛け回して大興奮!
よかったね・・・まーくん。


お菓子は、オーストラリアの大学生活には欠かせなかったグミ、知らない人はいないチョコレート菓子のティムタム、そして地元スーパーのブランドからはマカデミアナッツ!これらがうまい!!

人間も猫も大喜び。


ネズ公を追い掛け回して疲れたまーくんご満悦。


プレゼントの送り主は、シドニーで無事、通訳国家資格NATTIに合格して就職も決まった。夏の終わりのシドニーで、充実した日々を送られていることだろう。クラスでもずば抜けて通訳が上手だった彼女と、共に勉強できたことは私の誇り。資料を束ねた血と汗の結晶通訳ファイル「ポートフォリオ」は宝物だ。

これを開いて、また日本でも、がんばらなくちゃ。

コメント