生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏着物とか端唄とか

2011年08月23日 | 音楽
「残暑お見舞い申し上げます」


週末は涼しかったのに、
今日あたりから、また暑さが帰ってきましたよ。

ガックシ


でも、夏着物を着られるのもあとわずか!
今年はあまりの猛暑とインドア生活ぶりで、
ほとんど着ていません、ワタシ。

でも日曜日は端唄の浴衣ざらいだったので、
一日中着物で過ごせて、やっぱり良い気分でございました。

今年は、濃紺のアンティークの大島紬の着物、
(夏着物って、濃い色の方が、見た目に涼しいよね)
それに、姉弟子さまからお下がりでいただいた、
白地に赤い模様の夏の博多帯♪
とてもよい組み合わせでしたわ。
なのに、写真撮るの、忘れたわ。
わっちの浴衣姿は撮ったのに。

「いいじゃん、それで 十分じゃん」


そうかもね。

とはいえ、9月上旬までは夏着物で過ごせますからね!
せっかくだから、あと何回かは袖を通したい。

あ、端唄の会はとても楽しゅうございました。松永会ばんざーい
茂花先生の「びんのほつれ」には、大変しびれました。
人生、なにをどう生きれば、あんな唄が歌えるようになるのかしら・・・

私は3曲歌って、10曲三味線弾きました。
糸ももっともっと上手くなりたいな。
粋な音が出せるようになりたいな。

秋の練習、ハリキリます!
コメント (4)

圧倒的他者

2011年08月23日 | ねこごと
わっちは生後半年になり、この家に来てから2ヶ月が過ぎた。
でも、相変わらず猫さんたちとは折り合いがよろしくない。

ミネ子はわっちがケージから出るや否や、
あっというまに高台へ非難。
まーくんは、だいたい背の低い何かの下に隠れ、
「う~~~~~~~~~」
と低い声でうなりながら、
ときどき猫パンチをくり出す。
毎日毎日、この繰り返し。




犬はお腹を見せると、降伏、敵意無し、あそぼ、
みたいな意味があるらしいけど、
猫はお腹を見せていても戦いのポーズでもあったりするそう。
まーくんがそんな姿勢だと、
わっちはよろこんで覆い被さろうとしてしまう。
もうぜんぜん、言葉が通じ合ってない!

これはもう、言語も文化も全く異質なる圧倒的他者との遭遇を
見ているかのよう。
人間の都合でムリヤリ異文化衝突させて、ゴメン、とか思う。

でもネット上には、仲良しなワンコ&ニャンコもいるみたい。
猫同士でも猛烈に険悪な仲、とかもあるみたい。

わっちがもうすこしオトナになって、
落ち着いてくれば猫らも彼に対する姿勢は変わるかも・・・
と淡い期待を抱いている今日この頃。
コメント (2)

インドア生活

2011年08月19日 | Weblog
久々のブログ更新となってしまいました。

ここのところずっと、
お家でがんばって原稿を書いています。
「あなたがピアノを続けるべき11の理由」という本が、
9月末(!)には出来上がっているはずなのです(焦)
(発売はヤマハミュージックメディアから)
できあがったら、このブログでも宣伝します。

インタビュー集です。
11人のピアニスト、ピアノ指導者、脳科学者、落語家、作編曲家、哲学者さんたちに、
お話を伺った書き下ろしでございます。

さて、どんな11人でしょう~~
ちょっともったいぶって発表まだしません。
(本当は、載せる順番とかまだ決まってないから)


それで今、大詰めを迎えております。
それぞれのロングインタビューを、限られた文字数の原稿にリライトすべく、
目・肩・腰を岩のようにしてがんばっております。

この本については、またちょいちょい宣伝しますw

そんなわけで、インドア生活メインですが、
我が家の動物王国のひとたちはみんな元気。

丸い坊やも、


黒いレディも、


そしてこのちっちゃいのも。


わっちは、陽気ないたずら者。
夫の人の手を強く甘噛みしすぎて怒らせたり、


夫の人のズボンの紐を噛んで離さず怒らせたり、


よだれをたらして、うっとりしたり、


すっとぼけてガム噛んだり。

「毎日がた~のすぃ~」


ところでね、
仕事に疲れて、さっき少しピアノを弾いたんだけれど、
鍵盤をしばらく弾いた後、
バソコンのキーボードに向かうと、
脳の回路が混線するらしくて、
突如、指が文字の配列通りに動けなくなるというか、
変な感覚を覚えるんですけど!

何かしらこれ?!
誰か教えて下さらないかしら!


「脳科学者さんに訊いてみたら?」

そうだね。それがいいかもね。。。
コメント

おさんぽに出かけよう!

2011年08月02日 | ねこごと
ハローみなさん、お元気ですか?
在宅ワーカーのみなさん、オフィスワーカーのみなさん、現場ワーカーのみなさん、
がんばってますかぁー

私はここ数日、いろいろな音楽家の方たちの
素敵インタビューをまとめてハリキっとります。
この夏はやるよーやっちゃうよー

でもね。ときに、CMの一コマのように、「目・肩・腰」が
石のようにガッチガチになり、
充血した眼球で動けなくなることもありますよー

そんな私にとって、至福の一時と言えば、
猫たちとソファーでふにゃふにゃすること。
そして最近は、チワワのわっちと、外の空気を吸いにいくこと!

こうなってくると、
犬を散歩に連れて行くというよりも、
犬に散歩に連れて行ってもらってる感すらあるのであります。

チワワは身体が小さいので、10~20分くらいの散歩でいいそうで。
ちょっとそこいらを一回りしてくるだけでも、
心も身もほぐれるような気がするよ。気がするだけかもしれないけどね。

でも結局、30分くらい、ウロウロしているような気がする。
マッチョなチワワになっちゃったらごめんね、わっち。

「いいよーべつにー」


犬の本読むと、
うれしいとき、犬は本当に口角あげて、笑うらしい。
上の写真なんかも、曇り空でまぶしいわけでもないのに、
こんな目して笑ってるよ、わっち。お散歩うれしいんだね。



だんだん「ロングコート・チワワ」らしいロン毛になってきたかな?
この数ヶ月で、おそらく毛の感じがガンガン変貌していくだろうから、
できるだけ写真に撮っておこう。

それにしても、子猫もそうだが、子犬も写真に撮るのは難しいね。
落ち着きがないので。

すぐにこんなんなったり、


こんなんなったりする。


レンガ畳が素敵なよそのお宅(!)の前でちょっと撮影させてもらおうともっても、
こんな中途半端具合。


わっち、スター犬計画はナシだな。

お疲れのみなさーん、
「さぁ、さんぽにでかけましょう!」
(「ちい散歩」大好き)
コメント