生活之音楽ピース社

~そしてピアノとすこし猫~

~ようこそ生活之音楽ピース社ブログへ~

こちらはクラシック音楽ライター/翻訳の飯田有抄のブログです。 音楽と人と猫のことを、書いています。*最新記事はこの下です*
主な活動とプロフィール
全音楽譜出版社、音楽之友社から出版される楽譜の作曲者による解説の英語訳。CDブックレットの解説日本語訳等。
雑誌「ムジカノーヴァ」、「CDジャーナル」、「ぶらあぼ」等の雑誌でインタビューやレポート記事を執筆。CDの楽曲解説やコンサートのプログラムノートなど。
「ブルクミュラー特集」にてNHK-FM番組、NHK Eテレ「ららら♪クラシック」出演。
東京交響楽団・サントリーホール主催「こども定期演奏会」楽曲解説執筆。
2016年杉並公会堂 小林研一郎指揮 日本フィルハーモニー交響楽団 「ベートーヴェンツィクルス」全6回プレトークおよび楽曲解説担当。
クラシック音楽専門インターネットラジオOTTAVA、木・金「Salone」19:00~22:00生放送 プレゼンター

念願のブルクミュラーの本を出版いたしました!
飯田有抄・前島美保著『ブルクミュラー25の不思議~なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社)



その他書籍「あなたがピアノを続けるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2011年9月
「あなたがピアノを教えるべき11の理由」(ヤマハ・ミュージック・メディア)2013年2月

1974年北海道小樽市生まれ。東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(武満徹研究)。Macquarie University 通訳翻訳コース修士課程修了(英語⇔日本語)。趣味:猫情報を収集すること、猫と昼寝すること。ピアノ小品を愛すること。着物選び。三味線端唄(松永流端唄師範 松永花有)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

100 Cats Let Loose In Ikea

2010年09月22日 | 音楽
ツイッター上で教えてもらった猫CM。
英国IKEAが、「深夜のIKEAに猫100匹はなしたらどうなると思う?」という企画でつくったんだそうです。

奇麗な猫ちゃんがたくさん出て来て、
うっとりとしてしまいました。音楽もいいし。

Happy Inside - IKEA cats advert


49秒のところで、
うちのミネ子↓に似た猫がでてくる(笑)


あと、45秒で出てくる怪しい猫ぬいぐるみも、持ってます。


こちらがメイキングだね。

100 Cats Let Loose In Ikea


チームが真剣なのがいい(笑)

でも、ちゃんと、一匹残らず回収できたのかどうか、
ちょっぴり心配。猫はどんなところにも潜っちゃうから。
あとで一匹くらい、開店後に出て来ちゃったりとか、あったかなぁ。

コメント (8)

谷中のお散歩ねこづくし!

2010年09月18日 | ねこごと
やっと秋らしくなってきたこの頃。
最高気温も30度を切るというので、谷中まで出かけてきました。
目的は、猫のいる有名カフェ「ねんねこ家」、
そして小紋や紬に合わせるための下駄を求めて「平井履物店」に行くこと。

小さな民家を改造してあるねんねこ家は、すごく居心地のいいお店でしたよ。
こちら、店長さんの「サンキチ」くん。

ずっとそばにある籠の中でゆったりしてました。

にゃんカレーをいただきました。
これはiPhoneのカメラで撮影。


マーくん。寝てても「さわっていいですよ」とお店の人。
やさしくなでて、怒られなかったww


念願の肉球しらたま!!


猫たちは、自由きままに、お外と中を出入りして、ゆったり暮らしてる。

以前、とある「猫カフェ」に行ってみたら、
受付前のロッカーに荷物入れて、時間制で料金払って、
食べるところは、猫をガラス越しに眺める部屋で・・・
みたいにとてつもなくシステム化されていたのよね。
それはそれで、猫のことをちゃんと考えてのことだろうし、
心ないお客が来ちゃったら大変!ていうのもあるかもしれない。

でも、この「ねんねこ家」みたいなところはいいね。
猫は店内にいるかもしれないし、いないかもしれない。
居てもすぐそばでお客さんがくつろぎながら、食事やお茶ができる、っていう。
なにかこう、「猫好き」のお客を信頼してくれているような、
お店の態度がいい。

帰る頃、店長のサンキチくんが、表に出ていたよ。
りりしい横顔。


お店を出て、下駄屋さんに向かう。
と、途中にギャラリー猫町の看板を見つけ、ふらり入ってみました。

石段を上る。すでに猫。


上がりきったところには、こんな猫の像が。
「こんにちは、ようこそ!」的な。


中ではミニチュアサイズの木彫り猫を掘られている
小出信久さんという方の作品展が開かれていました。
虫眼鏡でやっと見える木彫り猫やら、
緻密につくられたファンタジックな飛行機乗り猫やら、
ご本人の解説付きで堪能させていただきました。

ようやく最後に平井履物店へ。
もう1年くらい迷いに迷っていたカラス表の舟形下駄をやっと入手!
これならちょっとしたお出かけににもカジュアルにも、対応できそう。


谷中は一眼レフを持って歩くのに、すごく楽しいところだね。
「ちい散歩」な気分を堪能した昼下がりでした。
コメント (4)

笑う猫に福きたる

2010年09月17日 | ねこごと
「あっははは、ははは、やめてもー、ははは、あーおっかしー」

って笑ってそう。
あくび、激写。
コメント

おばあちゃんになっても使います、その3~樺細工の手鏡

2010年09月10日 | Weblog
道具は人を作る。
・・・ような気がする。
毎日のように使うものこそ、
いいものを大切に長く使いたい。

これまでにそろえた、
かごやさんのかごだとか、十三やさんのつげ櫛など、
手に取るたびに、ほくりと幸せ気分になれる道具たちに加え、
あらたに、樺細工の手鏡を入手。

桜皮は、使い込むほどに風合いが増すらしい。
そして渋いなかにも、乙女あり!
螺鈿細工の桜のお花模様が可愛らしい。

初めて見たとき、人目惚れした手鏡なのに、
ずっと買わないで我慢してた(苦笑)。
それも、なさけないことに、
これまで100円均一で「とりあえず」買った手鏡を、
えんえんと使い続けていたんである。
女性が毎日の身だしなみとして、どうなんだ!?と思いつつ・・・。

やっとそれに終止符を打ったのだった!

手にしたときの、
軽くもなく、重くもなく、
なじむ感覚。そして、
まん丸な鏡は決して大きすぎないのに、とても見やすい。

さて、鏡には問題なし。
あとは映る人の問題ww



うん。奇麗よ。ミネ子は。


コメント (2)

明日は翻訳について考える日

2010年09月09日 | Weblog
作曲家、春畑セロリさんが主催している楽しい勉強(?)会、
「地底派探検隊」の第8回目のプレゼンターとして、
明日、おしゃべりさせていただく予定です。
ひさびさに自分でも「翻訳ってなんぞや?」と考えるいい機会になりそうです。

地底派探検隊 第8回探検
日時:9月10日(金) 19:00~
場所:〒153-0041 東京都目黒区駒場3-11-14 駒場友和ビルB1
   有限会社トリゴ内 探検隊地下アジト
プレゼンター:飯田有抄
内容:「That's 翻訳者 World」
音楽畑で翻訳する人・飯田有抄が、言葉と言葉、言葉と音楽、言葉と文化の狭間で悶絶する日々の中から、翻訳に関するあんなネタ、こんな小咄を、勇気を出してお話します。皆さんで「言葉って何?」と考えて遊びましょう。Let's 悶絶 Together!

音楽・出版関係者が集う会ですが、飯田と直接面識のある業界の方なら、これまでご参加になっていない方でも大丈夫だと思います。もし、ご参加希望の方は、個人的に飯田にご連絡下さいませ。
(あえてギリギリになってから告知ww)
コメント (2)

夏猫

2010年09月03日 | ねこごと
お友達から届いた猫写真シリーズ。

猫って暑さに比較的強い。
緑とじょうろが、夏っぽくてよいね。
それにしても、残暑きついです。
コメント

金子一朗さんピアノリサイタル

2010年09月01日 | 音楽
ここに100本の糸があったとしよう。
そして100本の針も。
そのすべての針にすべての糸を、一発で全部通していくとしたら・・・
それはまさに尋常じゃない作業だ。
8月30日、私が金子一朗さんのリサイタルで聴いた彼の演奏は、
まさにそのようなものだった。

正直、唖然としたし、演奏後は客席で、
拍手喝采というよりも、動けなくなる感覚を覚えた。

杉並公会堂でこの日開かれたのは、
「ドビュッシーピアノ作品全曲チクルス第4回」で、最終回。
これまで耳にしたことのなかったドビュッシーの最初期の作品や最晩年のバレエ音楽、間に映像第1集、第2集を挟んだ、意欲的で濃い内容だ。

金子一朗さんと言えば、
「大人になってからピアノに本格的に取り組んで、音大生を尻目にコンクールでグランプリを取ってしまった現役高校数学教師」
といった、アマチュアピアニストの神様みたいな存在として何年か前に現れて、
最近では春秋社から出版された本が売れに売れている・・・
という存在として認識していた。
でも彼の演奏を聴いたのは今回が初めて。

きけば、彼が41歳でPTNAの特級のファイナルに初めて臨んだ時期から、
彼の演奏を聴いている人々によると、
いまだに年々、ものすごい勢いで音楽的成長を遂げ続けているという。

休憩時間に、ある方が「もうアマチュアピアニストというんじゃなく、
すでにプロとしての演奏になった」と話をされていたのを聴いて、
今回初めて彼の演奏に接した身としては、非常に違和感を覚えた。
というのも、第一部の演奏が終わった時点で、
彼の音楽は、すでにプロかアマかといったレベルの問題ではなくて、
果たして日本の聴衆の耳がどこまで彼の演奏レベル、深い解釈の実践についていかれるか、
すごく厳しい期待を、むしろ聴衆の側に差し向けられているような、
そういう高次元の音楽に接した気になっていたからだ。
安易に感動的などという言葉は使いたくないが、
でも、間違いなく、感動していた。

前半は初期の小品集として、間奏曲、ロマンティックなワルツ、夜想曲、忘れられた映像(全3曲)、それから映像第1集と第2集の全曲。

明らかにアクセルが踏み込まれたのが映像第1集から。
第1曲「水の反映」の冒頭の3和音のppによるうねりのような音型が、
1和音ごとに強弱も音色も微細なアゴーギクも全て変えてくる。
刷新されていく楽曲像・・・。
あのハーモニーの移り変わりを、
聴き手にもキャッチしていかれるレベルで実践していかれるって、
並の表現力じゃない。
流してしまえばそのまま流されてしまう、それでも十分美しく響く音楽を、
彼は1音レベルで、上述のような各ファクターで捕らえ直し、
徹底的に提示してみせる。

私が感じた「聴衆がついていかれるかどうか」というのは、
その尋常ならざる彼のエネルギーや能力に、
持久力的にこちらの耳が応えていかれるか、という問題である。

あの繊細な、ミクロのレベルでコントロール力の利いた演奏は
当然、感性のレベルなんて次元はとっくの昔に超越しているので、
こちらの耳にもある程度そうしたレベルが求められ続ける。

序盤の小品演奏では、すごく理性的に交通整理された音楽を、
そのまま見事に提示しているかのような、再現芸術色の濃い演奏で、
私が個人的に好ましいと感じる「即興性」みたいな風情は、
あまり感じられなかった。
でもドビュッシーの作品をこのように年代的に並べてみせられると、
なるほど、映像の演奏から逆照射してみることによって、
初期作品の演奏に対する抑制感覚のようなものも理解できるし、生きてくる。

映像第2集の、音楽としても非常に高度な作品は、
ますますもって表現の幅も広く深くなる。

第1部までで、すでに私の耳は飽和状態のようになっていて、
あきらかに面食らっていたし、唖然としていた。

100本の針に100本の糸を通すのは、
単に繊細な感性があるからできる作業などではない。
繊細さをコントロールによって生み出し続ける知力と持久力があるからだ。

そう、金子一朗さんは、
マッチョに繊細なのだ!
マッチョじゃなきゃ、なれません、あんなに繊細には!

後半は、新たに発見された練習曲「アルペジオのために」、6つの古代の墓碑銘、そして「おもちゃ箱」。
「おもちゃ箱」はなんと、「アンドレ・エレによる子供のためのバレエ」のストーリーを金子さん自身が新たに書き下ろし、その朗読と演奏を交互に行うというスタイル!
どこまでマッチョなんだ!
ドビュッシーのライトモチーフの扱い、パロディー的要素や、どこかシニカルなムードが漂うこの作品、なかなかピアノ独奏版を聴ける機会もないであろうに。

アンコールの「4度のエチュード」を惹き終えるまで、
恐ろしいことに金子さんのエネルギーは安定しつづけていた。

遅ればせながら春秋社の書籍をその場で買い求め、
お約束のサイン会の列へ。
演奏後の安堵のひと呼吸のあと、おそらく朗読の部分だと思うが、
「やり慣れないことをやったもので」と笑っておられた。

いえいえ、こちらも聴き慣れないレベルで耳が冴え渡りました。
素晴らしい演奏を、ありがとうございました。金子さん。
コメント