特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

2011年3月17日設立。孤児遺児応援活動、現地ボランティア活動等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

愛知ボラセンの活動予定

宮城県十八成浜ボランティア

■内容:宮城県十八成浜応援ボランティア活動
■日程:現在募集している日程はありません。
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)

ワンコイン・サポーターズ20,000人プロジェクト

(2019年5月17日現在) 孤児遺児総申請者数(卒業生含む):1,420人
(2019年12月末日現在) サポーター登録人数:6,760人 登録口数:11,122口 
次回事務作業 2月29日(土)13時~ 東別院会館地下106教室
内容:銀行入金照合作業、応援金申請用紙確認
※終わり次第終了


第13回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト

第13回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクトの活動報告書のダウンロードはこちらから
https://www.aichiborasen.org/shinsai-iji-koji-ooen/

東日本大震災犠牲者追悼キャンドル作製

東日本大震災で亡くなられた方を悼み、5か月かけて毎年追悼キャンドルを手作りしています。
【活動について】
追悼キャンドル作製は2/22(土)に完成いたしました。ご協力いただいた皆様ありがとうございました!!

【2019年ご報告】
■作製本数:11,222本
■日数:37日(273時間)
■ボランティア数:のべ462人
2019年度の活動へご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
追悼式典の報告書のダウンロードはこちらから
https://www.aichiborasen.org/candle/

東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや2020

日時:2020月3月11日(水)
※雨天決行
式典 14:30~15:00(14:46 黙とう)
会場:矢場公園

愛知ボラセンTV

これまでの活動動画をご覧いただけます。
作成:市岡智恵(旧姓 伊藤)

出店情報



運営会議

次回運営会議:未定

最終更新日:2020年2月22日(土)

4月1日(金)午後5時から、荷物搬入ボランティアをお願いします!

2011年03月31日 12時29分38秒 | [東日本大震災]応援物資
先週土曜に支援物資の募集を開始し、
わずか1週間で700箱以上の支援物資をお預かりしました。
多くの方々の熱い思いがこめられた支援物資を
明日、夜に石巻へ持っていきます。

その段ボールの積み込みを、午後5時ころから行います。
ぜひ、みなさんご協力をお願いします。
そして、見送りもお願いします。


4月3日は東別院の桜まつりです。
2日はその準備です。
2日、3日ともに駐車場は絶対に利用しないでください。


なお、2日、3日ともに物資の仕分け・分類はおこわず、
支援物資の受け取りのみを行います。
また、桜まつりに来られた方々への、
愛知ボランティアセンターのご案内チラシを配ります。
また、場合によっては栄または金山で街頭募金を行うことも考えています。

コメント (4)

阪神淡路大震災遺児に激励金を贈りました~震災遺児に奨学金を贈る会

2011年03月30日 23時46分46秒 | スタッフのつぶやき
愛知ボランティアセンターの活動の中核を担う青年たちは、
高校時代に「阪神淡路大震災お父さんお母さんを亡くした中学生高校生に
奨学金を贈る中学生高校生の会」(奨学金を贈る会)で、
災害ボランティアを経験してきました。
愛知ボラセン代表の久田は、
奨学金を贈る会設立以来、顧問を務めてきました。

奨学金を贈る会は、このほど、
7人の阪神淡路大震災遺児に、
一人6万円の震災遺児激励金を贈りました。

阪神淡路大震災が発生した1月17日に因み、
毎月17日の午後5時から7時まで、「17日募金」として、
奨学金を贈る会は、栄・三越・三井住友銀行前で
震災遺児激励募金を続けてきました。
試験中でも雪でも、炎天下でも、代を重ねて、
200回以上の「17日募金」を続けています。

毎年、2月に兵庫県南部地域の約400校の中学・高校に手紙を送り、
震災遺児激励募金の申し込みを募ります。

今年は該当学年が中学3年生以上となったこともあり、
申し込み者は7人と過去最少になりました。
今年度1年間では80万円ほどの募金が寄せられていましたが、
ここ数年の金額である6万円を震災遺児激励金として、
このほど該当者の銀行口座に振り込みました。
残金は次年度の激励金とします。

これまでの16年間に下記のように激励金を贈っています。

年度別震災遺児激励金支給状況
 年度 支給人数   支給額
95年度 126人  60,000円
96年度  43人  80,000円
97年度  37人  70,000円
98年度  65人  54,000円
99年度  30人  60,000円
00年度  40人  32,000円
01年度  22人  60,000円
02年度  25人  60,000円
03年度  23人  55,000円
04年度  12人  60,000円
05年度  16人  60,000円
06年度  22人  55,000円
07年度  30人  40,000円
08年度  28人  40,000円
09年度  19人  50,000円
10年度   7人  60,000円
合計 545人 3084.5万円

なお、同会は愛知ボラセンの高校生団体として位置づけ、
また、名称から「阪神淡路」を削除し、
阪神淡路大震災と東日本大震災の遺児・孤児に
激励金を贈る活動を行います。

コメント

4/1~3 被災地ボランティア募集 限定4名

2011年03月30日 16時48分25秒 | [東日本大震災]被災地ボランティア
インターネットはすごいです。
ガソリン缶ピンチ!とブログ、mixi、ツイッターで悲鳴をあげると
多くの方から、あるよ!って声を寄せて頂きました。
アマゾンで見つけた大分県の業者さんにも無理を言って、
なんとかしてほしいとお願いしました。
その結果、300㍑分のガソリン、軽油缶が集まりそうです。

レンタカーは、東海高校出身のトヨタグループOB会の杏葉会(ぎょようかい)さんが
グループの力を使って手配してくださいました。
引っ越しシーズンでトラックなどの手配がかなり困難でしたので、助かりました。

これで、4tトラック1台
    2tトラック1台
    8人乗ワゴン1台の、
合計3台、12人で、今週末に現地へ行きます。


4月1日(金)午後8時に東別院を出発。
中央道、長野道、上信越道、北陸道、日本海東北道を通って
山形県鶴岡市へ。
その後、山形道、東北道を通って、(つまり福島県を迂回して)

2日(土)午前10時ころに、宮城県石巻市に入ります。
終日、活動し、
石巻市で久田の知人宅、もしくはトラックの荷物室、もしくは避難所に
宿泊して休息。
3日(日)朝、石巻市を発ち、午後10時までには名古屋到着予定です。

参加者
 現在、(1)、(2)、(3)、(5)の理由で、
 8名(男性7名、女性1名)が確定しています。
 残り、4名を募集します。
 
優先順位 
 (1)今後の活動に重要な役割がある人
 (2)4tトラック以上運転経験者
 (3)2tトラック運転経験者
 (4)普通自動車免許所有者
 (5)なんらかの特殊、特別な技能をもっている方
 (6)今後の活動に参考となる視点をもって
    被災地、被災者をリサーチしたい方
  ※できれば、今までの東別院での活動に参加されている方

必需品 寝袋(寝袋持参できない方は不可)
    長靴、軍手(できるだけ丈夫なもの)
    食事 1日夜:各自
       2日朝、昼=2食分用意してください。
       2日夜、3日朝はレトルトで簡単に作ります。
あればいいもの マスク
参加費 ワゴン車経費(レンタル費+ガソリン)÷12(参加者数)+食費
    たぶん5000円程度
    トラック経費は運輸費から支出
    高速料金は無料になるよう申請予定
参加ご希望の方は、現地ボランティア参加申込ページから
特技などのアピールを備考欄にお書きの上、お申し込みください。
総合的に検討させて頂き、参加者を決めさせていただきます。
今回は未成年の方の参加はご遠慮ください。


なお、今回の現地入りの目的の一つには、
    4月8日(金)~10(日)に大型バス1台(45人)での
    現地ボランティアの可否を探るためです。
    45人で入ることが可能と判断すれば、
    改めて、募集の告知をします。
    なお、その際、現地泊はなくなり、
    バス車中2泊となります。
コメント (1)

【支援物資】新品衣料品、新品タオルについてのお願い

2011年03月30日 15時40分00秒 | [東日本大震災]応援物資
支援物資の受付について

毎日たくさんの支援物資をいただきありがとうございます。
愛知ボランティアセンターでは、随時対象の支援物資を募集しております。

支援物資につきましては、いくつか新たにお願いがございますので、
下記をみていただき、支援物資を持ち込んだり、郵送ください。

ご支援何卒よろしくお願いいたします。

・新品衣料品や新品靴下など、タグや値札を切らずにお持ち込みください。


・粗品タオルなど、袋に入ったタオルはそのまま持参ください。


・箱に入っている新品タオル類は、ご自宅で箱より出してお持ち込みください。


募集追加物資
・新品 歯ブラシ
袋や台紙から取らずにお持ち込みください。

募集中物資一覧

□タグ付き春物新品衣料品、新品下着・靴下(大人、子ども、乳児)

(3/24 0:34 新品靴下追加、3/26 0:50 新品下着追加)
「新品」はタグなどがついていて、
明らかに新品と分かるものです。
クリーニングがしてある美品でも、中古衣料はご遠慮ください。
送られた中古衣料品は、後日、着払いで返送させていただきます。

□新品タオル、新品バスタオル


□中古タオル、中古バスタオル


□FMラジオ、電池
    (3/25 03:05 電池追加)
□爪切り(新品)、耳かき(新品、綿棒可)、歯ブラシ(新品)、傘(中古可)
(3/23 21:55 新規アップ、3/24 1:00 傘(中古)追加、3/25 2:35 綿棒追加)

(4/3 23:00 募集中支援物資一覧 追加)
コメント

義援金受取報告(銀行振込、29日までの総額)

2011年03月30日 15時40分00秒 | 会計報告(任意団体時代のもの)
銀行振込で5,000円以上の義援金を
送っていただいた方をお知らせします。
遅くなって申し訳ありませんでした。

お名前の公開の確認がとれませんので、
団体はお名前をださせていただきますが、
お名前の公表の確認などがとれていない方は、
氏、名の順でイニシャルで掲載させていただきます。
なお、該当するお名前のない方はご連絡ください。


3/22 HMさん(東海中学教員)  10,000円
3/24 宮城一女高卒業生さん    30,000円
3/24 TMさん(聖霊高校教員)  10,000円
3/25 IHさん(名古屋高校教員) 10,000円
3/28 ISさん(元至学館高校教員)10,000円
3/28 森林を守るバナナくらぶさん 160,811円
3/28 ゆうゆう木工クラブさん   40,000円
3/30 NTさん           5,000円
   その他(3件)         1,727円
銀行振込合計           277,598円 

東別院でお預かりした義援金
3/26 33,600円
3/27 85,323円
3/28 43,093円
3/29 20,522円
合計 182,538円

義援金総額 460,136円
(3/30 午前11時まで)

ありがとうございます。
お預かりした義援金は今週末、石巻市役所他に届けます。

  
コメント

ガソリン携行缶を貸してください!

2011年03月29日 12時47分09秒 | [東日本大震災]応援物資
予想していたことではありますが、
ガソリン携行缶に困っています。

お宅で念のために買われた方、
発電機をお持ちの方、

4月1日(金)午後から4月4日(月)午前までお貸し下さい。
東別院まで持ってきていただければ助かりますが、
場合によってはお宅まで伺いに参ります。

よろしくお願いします。
コメント (4)

愛知ボランティアセンターはこんな感じです

2011年03月29日 01時38分42秒 | スタッフのつぶやき
みんなで相談しながら、仕分け・分類をすすめています。


引っ越しのサカイさんから一度引っ越しに使った段ボールを提供していただいています。
引っ越しで残ったガムテープをはがし、組み立て分類票をはっていきます。


お茶所の一隅には昭和の香りがする2畳の小部屋があります。
そこはパソコンややインターネットを使う事務室のような部屋として使っています。
プリンターとコピーができる複合機もおいてあります。
すべてご好意でお借りしているものです。


細かく分類した段ボール箱の中にビニール袋をいれ、その中にお預かりした支援物資をいれています。
段ボール箱にそのままいれてしまっては、新品が台無しになってしまいますからね。


東別院境内の桜。つぼみがふくらんできました。
被災者の皆さんが笑顔で桜を見られるように応援したいと思います。


※写真掲載の都合の悪い方はご連絡ください




コメント (6)

義援金受取報告 3/27

2011年03月28日 00時25分36秒 | 会計報告(任意団体時代のもの)
3月27日に頂いた義援金は 合計66,323円でした。
本日までの累計金額は     99,983円です。

5,000円以上ご寄附頂いた方

名古屋市 匿名希望様 女性  5,000円
安城市  匿名希望様 男性 18,000円
ダンスグループ有志様    46,802円 

ありがとうございました。

会計係 横井久美子
コメント (5)

活動資金寄付 3/27

2011年03月28日 00時15分24秒 | 会計報告(任意団体時代のもの)
愛知ボランティアセンターでは、活動資金に5,000円以上ご寄付いただいた方のお名前(匿名希望の方は住所、年齢、性別で)と金額をブログで紹介させていただきます。
ご寄付していただいた方で、お名前や該当する匿名のない方は必ずお問い合わせください。

活動資金寄付
現金     2,845円

輸送費
現金     188,750円
商品券等    62,000円
切手      5,538円

3月27日(日)までの総額
活動資金寄付  158,475円
輸送費     331,788円

使途については今後ブログでご報告させて頂きます。
宜しくお願い致します。

会計係 横井久美子
コメント

518箱の応援物資をお預かりしました

2011年03月27日 23時40分10秒 | [東日本大震災]応援物資

宅急便・宅配便での応援物資も届きはじめました。
山梨県から送って頂いたものもあります。ありがとうございます。


27日(日)にお預かりした応援物資は518箱となりました。
35名のボランティアで、仕分け・分類をし、
午後7時には、本日分の仕分けを終えました。
分類した総数は、土曜日の分とあわせて、190箱になりました。
おそらく、2トン車1台分ほどになっていると思います。

ボランティアでお茶所に来られるみなさんへ。
仕分け・分類に衣料品が多くあります。
ストーブは火災の危険があるために、置いてありません。
防寒対策をよろしくお願いします。
28日の名古屋市中区の最高気温は12度です。

コメント

温かいお気持ち ありがとうございます ~物資持込初日130箱を超えました~

2011年03月26日 23時08分55秒 | [東日本大震災]応援物資
本日、愛知ボランティアセンターの物資受付、初日。
皆様からの温かいお気持ちとともに、
130箱以上の支援物資をお預かりしました。
その物資を、私たちで仕分け・分類した結果をご報告します。

新品タオル   27箱
新品バスタオル  7箱
中古タオル   10箱
中古バスタオル  7箱
男性上着トップス 1箱
男性下着シャツ  1箱
女性上着トップス 3箱
女性上着ズボン  1箱
女性上着スカート 1箱
傘         1箱

合計       59箱

春物新品衣料はご家庭で眠っているものが少ないかと思いますが、
下着や靴下のご提供もお待ちしています。

東別院お茶所をお借りして開設した「愛知ボランティアセンター」


受付(受付用紙には応援メッセージを書いて頂く欄も設けてあります。ぜひお書きください)


分類中です1(中央の男性は名古屋大学院在学中の韓国からの留学生です カムサハムニダ)


分類中です2(女性物は女性が担当します)


33種類の分類箱・・・まだまだ空箱もあります



なお、中古衣料品のお持ち込みが数点ありました。
中古衣料品はたとえ袖を1回だけ通したような美品でもお預かりしておりません。
どうぞ、注意をよく読んで、ご提供くださいますよう、お願い申し上げます。

コメント (1)

活動資金寄付 3/26

2011年03月26日 21時37分39秒 | 会計報告(任意団体時代のもの)
愛知ボランティアセンターでは、活動資金にご寄付いただいた方のお名前(匿名希望の方は住所、年齢、性別で)と金額をブログで紹介させていただきます。
ご寄付していただいた方で、お名前や該当する匿名のない方は必ずお問い合わせください。

活動資金寄付
現金     3,500円
QUOカード 1,000円
   *5,000円未満のご寄附でしたので、名前をお尋ねせずに受け取らせて頂きました。
輸送費
現金    72,500円
商品券    2,000円
QUOカード  500円
切手      500円

3月26日(土)までの総額
活動資金寄付  156,630円
輸送費      65,500円

センターへ文房具や飲み物の差し入れなど暖かいお気遣いも頂きました。
ありがとうございました。
使途については今後ブログでご報告させて頂きます。
宜しくお願い致します。

==3/27変更==
活動資金寄付について、詳細を追加しました。
輸送費現金が実際72,500円のところ62,500円としておりましたので、72,500円に修正しました。
合わせて総額も修正しました。
宜しくお願い致します。

会計係 横井久美子
コメント (1)

義援金受取報告 3/26

2011年03月26日 21時27分36秒 | 会計報告(任意団体時代のもの)
本日頂いた義援金は合計 33,660円 でした。

ありがとうございます。

会計係 横井久美子
コメント

久田@韓国・全州(チョンジュ)

2011年03月26日 18時03分41秒 | スタッフのつぶやき
ソウルから南へ300kmほどにある
全羅北道(チョルラプット)全州市に来ています。
私は8年前から、愛知県の学校を超えた高校生の自主団体
「ハムケ=ともに高校生平和特派員」を結成し、
全州市にある韓国伝統文化高校と交流を続けています。
「ハムケ」は韓国語で「ともに」の意味です。

今回の訪韓は5月に伝統高が訪日する際の準備として位置づけている
第21回交流・第14回訪韓です。

今日は伝統高のハムケサークルの高校生約20人、
それに教頭先生をはじめ5人の先生の参加で、
東日本大震災の報告会をしました。

ニチイケアセンターのワゴン車の説明では、
涙ぐんでいる女子生徒もいました。
教頭先生はほんとうに熱心に聞いてくださいました。

日本への渡航制限がかけられている状況ですから、
5月の訪日は残念ながら中止になりました。
それはやむをえないことと思っています。

教頭先生は、日本に行って、少しでも役に立ちたいが、
それができるものではない。韓国で考えられる応援をしようと、
伝統高の生徒に提案されました。

韓国伝統文化高校は
韓国料理科、韓国音楽科、韓国絵画科、工芸デザイン科があります。
生徒は学科ごとに分かれ、自分たちの特技を活かしたことを考えました。
韓国料理科は日持ちのするクッキーを作り、応援メッセージを韓国語と日本語でいれよう。
韓国のお菓子では一般的ではないので、クッキーにするそうです。
韓国絵画科と工芸デザイン科は応援の作品を作るとのことです。
韓国音楽科は現地で演奏したいけど、それもかなわないので、
演奏と応援メッセージのDVDを作りたいとのことです。
音楽科のDVDはできれば、在日コリアンの皆さんにお送りしたいと思います。

学校全体では義捐金を集めているとのことです。

ここ全州は、昔から農産物の豊かなところです。ビビンバ発祥の地ともいわれています。
ここで頂く食事はほんとうに美味です。
ソウルでも韓国料理は安くておいしいのですが、
全州はもっと安くておいしい韓国料理を頂くことができます。

そのため、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時も、日本の植民地時代にも
真っ先にこの地が日本の支配下におかれ、食糧を確保する役割を負わされました。
全州から西の郡山(クンサン)という港町まで、約20kmの直線道路があります。
これは植民地時代に郡山まで農産物を運ぶために作られた道路です。
この道路には桜並木になり、まもなくきれいな道路になります。

この交流の韓国側の中心である朴銀美先生は
「桜は好きだけど、ここの桜だけは好きになれない」とおっしゃっています。
それほど、この街には反日的な空気はまだまだ強く残っているようです。
訪日する生徒の中にも「日本恐怖症でした」と語る生徒は、今もいます。

こうした街だからこそ、ささやかでも草の根の日韓交流を続ける意味があると
私は考えて交流を続けてきました。

伝統高の反応はこれまでの交流の裏打ちがあるからと思っています。
また、韓国から大きな支援が寄せられています。
東日本大震災は取り返しのつかない大きな犠牲を出してしまいました。
しかし、これを機に日本と韓国の関係がまた少しよくなることを私は期待しています。

前述のように残念ながら5月の訪日は中止になりましたが、
代表の先生は日本へ行くとおっしゃっています。
そして、5月4日に南山大学で開催される新入生歓迎フェスティバル2011
(主催:愛知県高校生フェスティバル実行委員会)では、
被災地の高校生を招待し、応援のメッセージを伝える計画ですが、
その時に、韓国の高校生の応援メッセージを渡したいと考えています。

ぜひ、実現させたいと思っています。
コメント

朝日新聞に紹介されました

2011年03月26日 08時06分40秒 | 新聞・ラジオ・TV・冊子など広報お知らせ
「阪神」支援の力、再び 「私たちだからできることを」

との見出しの大きな記事で、
朝日新聞3月26日付の朝刊で、愛知ボランティアセンターを紹介していただきました。

下記の朝日新聞サイトでご覧いただけます。
http://mytown.asahi.com/areanews/aichi/NGY201103250006.html

コメント

活動予定カレンダー