特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

2011年3月17日設立。孤児遺児応援活動、被災地ボランティア活動等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

愛知ボラセンの活動予定⇩(更新日:2024.5.3)

令和6年能登地震 被災者応援ボランティアバス
お申し込みフォーム

NPO法人被災者応援愛知ボランティアセンターは、観光庁からの「観観産第174号(平成29年7月28日)災害時のボランティアツアー実施に係る旅行業法上の取扱いについて(通知)」に基づき、被災地ボランティア活動を実施いたします。

災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用対象となる地域について


■今後のボランティアバス活動予定
第10回 5月25日(土) ≫ 26日(日)
※現地との兼ね合い、また定員数に満たない場合などで変更になることもあります。

【活動報告】新潟県阿賀町ボランティア

2011年08月16日 16時10分18秒 | [平成23年(2011年)7月新潟・福島豪雨]新潟県阿賀町ボランティア

8月5日~8月7日0泊3日で、愛知ボランティアセンターでは
「平成23年7月新潟・福島豪雨」の緊急応援現地ボランティア活動として
新潟県阿賀町へ赴きました。

緊急募集にも関わらず、29名もの方が参加してくださいました。

〈被害の状況について〉
今回、私たちが活動を行った新潟県阿賀町吉津地区は約60世帯のうち床上浸水が49棟、床下浸水が3棟と、ほとんどの世帯の1階部分が水没し、阿賀町の中でも特に被害が深刻な地区です。

一部の道路が通行止めとなったり、片側相互通行になっています。何よりも茶色く濁った阿賀野川が、流れでた土砂の多さをあらわしており、川の両岸が削られ、木々の根っこが露出しています。また、米どころ新潟の田んぼのまわりには土にひびが入っていました。

〈活動について〉
旧 下条(げじょう)小学校にある阿賀町災害ボランティアセンターへ。

まずは、体育館内にて4tトラックで愛知から運んできた応援物資のタオル類を降ろしていきました。
中古タオルなどは泥で汚れてしまった家庭での清掃に使われます。

愛知ボランティアセンター一行は、3棟の家庭の泥出しをさせていただきました。
床をはいだ後の床下に堆積した泥を、スコップやバケツですくい、土のう袋に詰めていく作業をしました。
泥は水を多く含んでおり、かなりの重みがあり、泥に足を捕まれ、中々身動きが取りづらい中での活動となりました。
何もなかったところにかなりの土のう袋が積み上げられていきます。
その光景を見たとき「民家にこんなにも沢山の泥が流入してきたのか」と思わず言葉を失くしてしまいました。

愛知から応援に駆けつけたことを、阿賀町の方々に大変喜んでいただけました。
阿賀町へ再び応援に入る時には、みなさんのご協力を得ながら、阿賀町に住んでいる方々のためにやっていきたいと強く感じました。

阿賀町ではボランティアが足りない状況です。
水害は短期勝負といいますので、より多くの方が阿賀町でもボランティア活動をしていただければと思います。

※記事は8月5日現在のものとなります。

阿賀町災害ボランティアセンターについては
http://agacen.hida-ch.com/e358191.html
をご参考ください。



新潟へのボランティア参加された方、本当にお疲れ様でした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

現地ボランティア 新潟・福島豪雨

2011年07月30日 23時41分12秒 | [平成23年(2011年)7月新潟・福島豪雨]新潟県阿賀町ボランティア
7月29日から記録的な豪雨に見舞われている新潟県と福島県では、河川の決壊や土砂崩れが相次ぎました。新潟県では、県内全域の40万人以上に避難の指示や勧告が出されています。

愛知ボランティアセンターは、新潟への災害ボランティアを緊急で実施します。

要項をよくお読みの上、ボランティアを希望される方は、応募フォームから自己アピールをお書きの上、お申し込みください。
応募者多数の場合は先着順とします。ご了承ください。

※被災地の状況により中止する場合があります。中止の場合、当選者へは事前に連絡いたします。最新情報は当サイトをご確認ください。

募集日程
8月5日(金)~8月7日(日)0泊3日(車中2泊)

定員
45名(先着順)

スケジュール
1日目
21:00 集合 場所:東別院境内(地下鉄名城線東別院駅下車徒歩3分)
22:00 出発 ※1日目の夕食は済ませてくるか、持参してください。2日目の朝・昼食は持参してください。
SA、PAでの休憩(複数回)

2日目
9:00 現地着、作業開始(時間は交通状況により変動します)
夕方 作業終了、現地発(時間は被災地の状況により変動します)
SA、PAでの休憩(複数回)

3日目
7:30 東別院到着(時間は交通状況により変動します)
ミーティング(任意参加)後、8:00頃解散予定

活動場所
新潟県

参加年齢
中学生以上(中・高校生は保護者の許可が必要)

ボランティア内容
家屋等の泥だし(被災地の状況により予告なく変更する場合があります)

参加費
一人=10,000円(交通費、保険費 込み)

保険内容
ボランティア活動保険
Aプラン(天災型)
傷害死亡後遺障害 11,000千円
入院日額 6,500円
通院日額 4,500円
賠償責任補償(1事故限度額) 5億円
特定感染症危険補償特約付
熱中症危険補償特約付
詳しくは、平成23年度版ボランティア保険のご案内(PDF)をご確認ください。
お問い合わせは愛知県社会福祉協議会へお願いします。

自己の責任に伴う、病気事故など(熱中症、くぎを踏んだなど)の場合、宿泊費交通費などはご自身の負担となります。

会計報告後、余剰金は愛知ボランティアセンターの活動費とさせていただきます。

持ち物など
【熱中症対策】
首を冷やすグッズ
首を冷やすグッズなどがホームセンターなどで売っています。暑い中での活動になりますので、各自で対応をお願いします。

【飲み物・食べ物】
2リットル以上のスポーツドリンクをご用意下さい。梅干しやレモン(ポッカレモン可)も有効です。

【服装】
雨合羽
長靴
川や畑や民家での作業になります。錆釘を踏むと、破傷風にかかる危険性があります。できるだけ靴底が厚く、甲の部分が堅牢なものが安全です。ホームセンターでは、ステンレスの中敷きが700~800円程度で販売されています。愛知ボラセンでも実費で販売する予定です。

長靴を入れるための袋
お互いが間違えて持ち帰らないため、ご自分のものはご自分で管理できるようご準備をお願いいたします。

帰りのバスで履く靴
バスの中が泥だらけになるのをさけるために替えの履き物をお持ちください。泥で汚れた長靴でバス内を歩くのは衛生上も問題があります。サンダルなどでも結構です。

軍手・手袋
軍手の上から、全体がゴム製の、耐油手袋を着用することを強くお勧めします。瓦礫の中には、とがったものも含まれます。通常の軍手では、貫通してしまい、けがを負うことがあります。分厚く、丈夫な手袋をご用意ください。出発日に、愛知ボラセン受付で実費でお頒けすることもできますが、数に限りがありますので、各自でご用意願います。ホームセンターでご購入いただけます。

申し込み締め切り
8月4日 14時59分

当選連絡
参加していただく方には、8月3日23時59分までにメールでご連絡します。必ず、PCメールが受信できるアドレスでお申し込みください。この時間までに連絡がない場合は選外とさせていただきます。

※当選通知のメールが迷惑メールとして処理され、受信トレイをスキップしている場合がございますので、ご注意ください。
コメント (1)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

活動予定カレンダー