特定非営利活動法人 被災者応援 愛知ボランティアセンター 公式ブログ

2011年3月17日の設立から8年。孤児遺児応援活動、現地ボランティア活動等、現在進行形で被災者応援活動を行っています。

愛知ボラセンの活動予定

被災地ボランティア

■日程:現在募集している日程はありません。
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)

宮城県十八成浜ボランティア

■旅行内容:宮城県十八成浜ボランティア
■日程:現在募集している日程はありません。
■主催:株式会社 中部キャラバン(愛知県知事登録旅行業2-882号)

ワンコイン・サポーターズ20,000人プロジェクト

(2018年12月31日)サポーター登録人数:6,752人 登録口数:10,834口
次回事務作業 4月20日(土)13時~ 東別院会館地下106教室
作業内容:銀行照合、2018年度申請書照合
※終わり次第終了

第13回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ笑顔プロジェクト


第12回でらえぇ~友だちつぐっぺぇ~笑顔プロジェクトの活動報告書のダウンロードはこちらから
http://aichiborasen.org/deraee/deraee_houkoku

追悼キャンドル作製2019


■作製本数:11,222本
■日数:37日(273時間)
■ボランティア数:のべ462人
2019年度の活動へご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
追悼式典の報告書のダウンロードはこちらから
https://www.aichiborasen.org/candle/

2020年度へ向けた作製は10月よりスタート予定です。



東日本大震災犠牲者追悼式あいち・なごや2019

日時:2020月3月11日(水)
※雨天決行
式典 14:30~15:00(14:46 黙とう)
会場:未定

愛知ボラセンTV

これまでの活動動画をご覧いただけます。
作成:市岡智恵(旧姓 伊藤)

出店情報

7月27日・28日 今池仲田銀座まつり
8月中旬 東別院御坊夏祭り

運営会議

次回会議:未定

(最終更新日:2019年4月12(金)

十八成・紀宝町での経験 小浜市でも 小浜市応援 第1回・第2回活動報告

2013年09月25日 20時04分20秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

 

こんにちは

愛知ボランティアセンター
久世・武内です。

9月21日(土)・22日(日)は

台風18号によって被害を受けた

福井県小浜市へボランティアに行ってきました。
21日の報告を久世がします。

まず


こうなった経緯を
16日(月)の夜に名古屋を経ち京都府福知山市へ。

17日(火)
京都府大江町・福知山市内・亀岡市を周り
被害状況を確認。(この辺りで車も酷い事に。気にする事無く
走っていたらすれ違う皆さんから注目の的でした。)

18日(水)
福井県小浜市へ
小浜市ボランティアセンターにご挨拶を

そして、愛知ボランティアセンターが応援する場所が小浜市に決定。

20日(金)

24:00
東別院を出発


遅い時間にも関わらずお見送りありがとうございました。


21日(土)

 

ロープ隊長の朝の体操


そしてオリエンテーリング

職員の方からは
「出来る範囲でいいので」との説明
しかし愛知ボラセン魂は
「絶対終わらせてやる。綺麗にしてやる」と思う人ばかり

いざ現場へ

確かに台風が襲ったままの状態の家。
家具は倒れ冷蔵庫の中身は腐り倒れたまま
畳も変形していた状態。

しかし、誰もが「出来る」と思い作業開始。

作業内容
1、家の中のいる物・いらない物を選別

2、いらない物は外の道路へ運ぶ

3、道路に置く際も、電化製品と家具類と別けて置く

4、地元の建設協会さんの協力でトラックが2台駆けつけてくれ
  そのトラックへ積み込む

5、ようやく畳が見えて来たら、畳を外へ運ぶ

  水を吸っていて重い・重い。昔の畳は特に

 

6、その畳を今度はトラックへ。荷台に上げるのも一苦労

7、畳がなくなると今度は高圧洗浄機で床を綺麗に洗う

8、その後床板を剥ぐ

9、そして床の下を丁寧に綺麗にする
  

この作業を35名でいっきにやりました
みるみる内に綺麗になっていき、依頼者も次から次へと次の依頼が

番外
1、ベットが二階にあり、それを外へ
  ここでロープ隊長の出番。ロープをベットに結び窓から外へ
  

見事完了

2、冷蔵庫の中には腐った食材が。ドアを開けるとすごい匂い
  高圧洗浄機で冷蔵庫の中を洗い匂いを落とし外へ  

番外2
1、地区の区長さんが「私たちに出来ることします」と
  おはぎを差し入れしてくれました。

  
  皆さんで美味しく頂きました。ありがとうございます。

2、昼休み 寝る久世

  

3、小浜市ボランティアセンターの職員の方は何度か現場を見に来ては
  「愛知ボランティアセンターの皆さんはスゴイ。このお宅は2日を予定していたのに」
  と何度も言っておられました。

作業も終わり最後は集合写真
皆さんの笑顔はやはりどこでも素敵ですね。

バトンは第2回のボランティアさんに
引き継がれました。
後は頼みました。武内さん

 

 

ここからは武内が報告します。

写真が多めになります。

 

さて、第2回(22日)は31名の方が参加をしました。

 

到着すると、

小浜市災害ボラセンの方と

本日の活動について打ち合わせをしました。

 

前日の作業の続きが少しあり、2班に分かれての活動を予定していましたが

当日の朝に入った新しい2件のニーズを、一気にこなすことに決定しました。

 

その間、みんなは中学生のかけ声にあわせて準備体操をしたり

 

班ごとに自己紹介をしました。

 

活動オリエンテーションを受け、

 

用意していただいた車に乗って現地へ向かいます。

 

活動場所は

高齢者の方のお宅

現在は施設に入所しているため、普段は住んでいないとのこと。

家のすぐ裏の山から土砂が流れ

当初は全て業者に依頼をする予定だったそうです。

しかし、重機だけでは対応できない細かな部分が多くあるため、

重機が入って作業できるようなスペースの確保などを依頼されました。

代理の方や地元の方々の協力の下、作業を進めました。

 

 

隣の家とのあいだに、多くの土砂と流木が積み上がっていました。

 

まずは、バケツリレーで流木を撤去していきます。

 

運び出した流木

 

業者のダンプに積み込んでいきます。

 

流木が片付くと、土砂を時間がある限り撤去していきます。

 

元々側溝だったところは、すっかり土砂に埋もれてしまっていました。

 

足場を少しずつ広げ、可能な限り土砂を撤去していきます。

大量の岩や石が出てきて、一輪車を使ってひたすら運び出しました。

 

スペースが狭い人の手でしかできない部分は

ほとんど終えることが出来ました。

 

 

建物の反対側のスペースにも土砂がきていました。

 

こちらも、大量の石が流れ込んでいました。

地道に石を拾い続け、

また、埋まってしまった部分を掘り続けました。

 

重機では傷つけてしまう恐れのある

建物との部分を中心に足場を綺麗にしていきました。

 

逆から撮った写真です。

窓の下ぎりぎりまで土砂がきています。

 

掘って、運んで、掘って、運んで

この作業を延々と繰り返しました。

 

元々は、こんな風になっていたのかと

驚くほどまで、人の手の力だけで掘り進めることが出来ました。

 

こちらは、作業がしやすいように

枝を落としていきます。

 

 

 

 

ここは、建物の裏側です。

目の前は山です。

窓の辺りまで土砂がきています。

さすがに、重機を使わないと無理ですが、

重機では出来ない家のまわりを手作業で行います。

 

 

 

 

 

 

  

 

土砂は家の中にも入っていました。

 

 

 

 

家の中から見るとこんな感じです。

 

 

かなりがんばりました。

 

 

 

 

 

 

近所にあるもう1軒のお宅でも活動をしました。

こちらは、床下に入った泥の撤去です。

築80年になる古いお宅でした。

 

こちらは1班のみで行いました。

ひたすら腰を曲げての作業です。

相当疲れたんじゃないかと思いますが、

誰1人弱音や文句を言う人はいませんでした。

 

写真では分かりづらいですが、

後は消毒するだけという状態まで綺麗にすることが出来ました。

 

 

床板を元に戻して、とりあえずで活動終了。

 

 

お昼は近くにある集落センターをお借りして休憩をとりました。

 

 

 

地元の方から差し入れにと、お茶やジュースなど

たくさんの飲み物をいただきました。

ありがとうございました。

 

午後になると、地元の方たちの人数も増え、

ますます活動が進みました。

また活動を通じて、参加者同士の仲も徐々に深まり

素晴らしいチームワークが生まれました。

土砂を繰り返し運び出すという、重労働にもかかわらず

なぜかみんな笑顔で活動していました。

 

 

 

 

運び出した大量の土

 

家の前の側溝も丁寧に

 

最後は使った道具をきれいに洗い、活動終了です。

 

災害が発生してから1週間近くが経過し、

現地の社協職員や地元の方達の疲れがたまってきている中、

愛知ボラセンという団体が

たくさんの人数で駆けつけ、チームワークを発揮し

地元の方達と一緒に活動することが

とても意味のあることだと思います。

 

それは

普段なら何日もかけて行う作業を、良いチームワークで1日で終わらせてしまえることや

地元の方達が、私たちが一丸となって活動する姿をみて

もう少しがんばろうという気持ちになってもらえること、

それが、団体として活動する意味になるのではと感じています。

 

 

なんと手を振って、見送ってもらえました。

 

災害VCに戻り、

 

汚れた長靴を洗い、帰る準備をします。

 

今回の2日間の活動では、

急な呼びかけにも関わらず66名のボランティアさんが参加。

本当にありがとうございました。

中には、十八成浜の方達が一緒懸命にタオルを

集めてくれている姿をフェイスブックなどで知って

「自分も何かやらなきゃ」という思いで参加された方もいました。

 

2日目の集合写真です。

 

 

 

 

コメント

ありがとうございました! 台風18号応援物資受付終了しました‼︎

2013年09月23日 21時40分05秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

こんばんは‼︎田中です‼︎
本日、無事応援物資受付が終了しました‼
最終日の今日は、なんと‼
41人、3670枚‼︎

まこっちゃんが華麗な手さばきでタオルをたたんでいきました。


その隣でイケメン小牧君が、一枚一枚タオルを仕分けしております。


主婦チームは流石‼︎
なにしろとにかく早い。きれい。


藤田さんが我が家の子どもたちにおやつみかんをむいてくれました。


今日も宮垣さんは元気です。
休憩中に体操してるとこを激写。


今回のダンボールも、桜井さんが愛車ハイエースで運んでくださいました‼︎


傍らでバナナくらぶの岩田さんが子どもたちと密談。笑
桃太郎のお話をしてくれました。






そんな子どもたちもちゃんと仕事してます!



水谷さんと永坂さんが楽しくお手伝い出来るように教えてくださり、、、


重しになりガムテープでの風詰めを手伝ったりしました。


それぞれの立場で 自分に出来ることを

子どもは子どもなりに出来ることがあるのです‼︎

あぁ、あったかいな。愛知ボラセンらしいな~。そう思いました。

東邦高校の宮東先生は、おやつにパウンドケーキを焼いてきて下さいました‼︎
美味しかったのですが、すぐに食べてしまったので写真はありません。


千鶴ちゃんも西尾市から駆けつけてくれました‼




9月19日から23日までの6日間、
急な呼びかけにも関わらず、のべ247人、13,150枚のタオルが集まりました‼︎

実際は会社や、ご近所さんに呼びかけ、代表して届けて下さっ方もたくさんいるので、もっともっと多くの方が応援をしてくださったことになります‼

愛知ボラセンが毎日元気に活動できるのは、
そんなあたたかい皆さんの心があるからです。

愛知ボラセンにたくさんの人が集まるのは、
そこに皆さんの笑顔があるからです。

これからもみなさんと一緒に、
たくさんの笑顔を作り続けていきたいです‼

ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました!

コメント

続々と‼

2013年09月23日 13時48分33秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

夏の終わりのお天気は気持ちいいですね‼

続々とみなさんが駆けつけてくださいます!





コメント

早速駆けつけて下さいました‼

2013年09月23日 13時12分56秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

ボランティアのまこっちゃん。
豊田市在住。



ブログを見て駆けつけて下さいました!
それにしてもこのスピード!
どこでもドアでも持っているのかと思ったら、
どうやら近くにいたようです。笑

到着1分後には↓



さすがです。

あっ、美人な藤田さんも今到着しました‼


が、しかし‼
まだまだ終わりそうにありません。

今後も、どなたか駆けつけて下さることを期待します!


p.s.

午後から予定のあった、長坂さんが、「腹をくくるわ。」とつぶやきました。


みなさん。ヘルプです。

コメント

急募!今日の仕分け箱詰めボランティアさん

2013年09月23日 12時47分12秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

こんにちは!田中です!
今日は、物資受付最終日です!
朝からたくさんの方が物資を届けてくださっています!



が、しかし!
箱詰めが全然追いついていません!
現地の都合上、明日の発送に間に合わせたいため、ご都合のつく方がいらっしゃいましたら、お手伝いにお越しください!

よろしくお願いします!

コメント

応援物資受付5日目

2013年09月23日 07時16分51秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

スタッフ石田です。
応援物資受付5日目のご報告です。
5日目は2429枚のタオルを頂きました。

お彼岸という事で東別院内に屋台等出ている事もあり場所が若干わかりにくくなっていますが
場内を一周してまで持ってきて頂ける方もいらっしゃいました。

物資受付もあと一日となります
皆様のご協力をお待ちしております

コメント

応援物資受付四日目!

2013年09月22日 22時27分45秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

こんばんは!田中です!
連続投稿&昨日の報告になってしまいすみませんm(__)m

昨日は42人の方が物資をご提供くださり、3320枚でした!


(まこっちゃんが前日夜中のボランティアバス出発時に持ってきてくださったものは、数え切れず、、、5日目の数に入っていますm(__)m)


最後に写真撮りました★

帰られた方もみえます。
みなさん、いつも本当にありがとうございます!

p.s.
タオルと一緒にアメの差し入れを頂きました‼
被災された方はもちろんですが、同時にこうやってボランティアの私たちの応援もしていただけるって、なんだか温かい気持ちになります。

明日は最終日‼
また頑張りましょうね!

コメント

応援物資受付三日目!

2013年09月21日 11時08分49秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

こんにちは!田中です!

昨日は、
43人
1473枚の応援物資が集まりました‼︎


早速、昨夜出発のボランティアバスに乗せ被災地に届きましたよ‼︎

今日も快晴!
頑張ります‼



時間がある方がいましたら、仕分けボランティアにお越し下さい!
未仕分けのタオルがたくさんあります。
ヘルプ~です。
よろしくお願いします!

p.s
邦子さーん‼
石井さんからボラセンへくぐなりタオルが無事届きました!

コメント (1)

応援物資受付スタート!二日目!

2013年09月20日 09時10分26秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

おはようございます。
事務局次長の宮垣です。
本日も快晴、絶好の応援物資日和でございます。

昨日も受付二日目、元気に活動させていただきました。
お預かりしたタオルは一枚一枚丁寧にたたみ、段ボールにしまっていきます。
運びやすいように、整頓しやすいように、誰でもわかりやすいように、段ボールは同じサイズのものに揃え、一つ一つラベルを貼ります。
震災直後の応援物資活動で学んだ工夫です。
二日目は52名の方々より、1509枚ものタオルをお寄せいただきました!
本当にありがとうございました!
本日も元気にがんばります!
みなさまご協力、よろしくお願いいたします!

コメント

福井県小浜市応援にお力をお貸し下さい

2013年09月19日 16時05分38秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

【緊急応援】
皆さんのお力お貸し下さい

こんにちは
愛知ボランティアセンター
久世です。

15日(日)から16日(月)に日本列島を襲った台風18号の被災地へ、
17日(火)、18日(水)に視察に行きました。

平日ということもあり、ボランティアの姿はほとんどなく
住民の方が協力し合いながら
家の片づけは進んでいました。
その顔は疲れ果てていました。

今週は3連休です。
台風・水害は地震と違い、短期で大勢のボランティアで
家の片づけが必要です。

そこで、愛知ボランティアセンターは
以下の日程で、バスを出し被災者応援ボランティアを実施します。
短い期間での募集開始のため、
バスの席にはまだ空きがあります。(特に土曜日出発のバス)

ぜひ、皆さんのお力をお貸し下さい。
ご応募お待ちしています。

【日程】
台風18号被害小浜市応援 第1回9月20日(金)~21日(土)
台風18号被害小浜市応援 第2回9月21日(土)~22日(日)

【時間】
一日目(20日・21日)
23時30分 東別院会館前 集合
24時    出発

二日目(21日・22日)
9時     活動開始
16時    活動終了
20時    東別院会館前到着

【料金】
8,000円(活動保険加入の方は別途390円)
当日受付にてお支払い下さい。

【持ち物】
動きやすい格好(長袖・長ズボン、 半袖・短パン不可)
長靴(釘が残っている場合がありますので、足の下に敷く鉄板をご用意下さい。ホームセンターなどで売っています)
帽子(あればヘルメット)
ゴーグル
マスク
ゴム手袋(厚手の物)
飲み物 
熱中症対策グッズ(首を冷やすものなど)
濡れてもいいようなビニール袋

【食事】
2日目の朝食、昼食は途中のコンビニで購入、夕食はサービスエリアを予定しています。

【高圧洗浄機】などお持ちの方は、応募フォームにその旨をお書き下さい。
愛知ボラセンから改めて連絡させて頂きます。

応募フォームはこちらから

その他お問い合わせは
愛知ボランティアセンター
久世
070-6414-0589

までよろしくお願いします。

小浜市の冠水時の写真

 

コメント

応援物資受付スタート!一日目!

2013年09月19日 10時05分12秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

おはようございます!田中です。
今日もいいお天気ですね!

昨日から応援物資の受付が始まりました!



中日新聞、朝日新聞の朝刊をご覧になられた方が早速タオルを届けに来て下さいました!


33人、749枚!

みなさん本当にありがとうございます!

今日も頑張ります!
引き続き呼びかけよろしくお願いします!

コメント

愛知ボラセン・十八成仮設・おしかのれん街 みんな仲間だ!

2013年09月18日 23時15分45秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア
代表の久田です。
十八成仮設「ボランティアセンター」台風18号被災地応援タオル活動の続報です。
阿部邦子さんのフェイスブックからです。
 
★ 被災地から被災地へ、愛を届けたい。
★ 何もできないのが悔しかった。現地には行けないけど、何かできないだろうか。
★ 被災者は被災者だからこそ、被災者の辛さがわかる。
   そして愛知ボラセンの『仲間』になりたかった。
   改めて。ささやかだけど、私の力を。
★ タオルを募集していると知った。だけど送ったのでは東別院さんに迷惑がかかる。ダメなの?いや 何か手はあるはず。
★ 石井恵一さんが、「ウチに送ってくれても」と言ってくれた。
★ ウチにあるタオルを見た。20枚なら提出できる。それが精いっぱいなの、でも気持ちはこもっているから。
★ 恭一氏がたちあがった。「声掛けをしよう」
★ 仮設住宅にはまず、回覧板を回した。そして在宅の方々に声掛けをした。
★ 孤軍奮闘と思っていた。
★ でも多くの方が賛同してくれて、ウチの20枚だけのつもりが、25倍となった。
★ 三陸かほく新報社(石巻かほく)にも出向いた。「記事で募集してほしいけど、時間がないから、タオルください」 
   賛同してくれて、私の本の担当者が社内を駆け回ってかき集めてくれた。
★ 鮎川の東洋館の千春社長に言ってみた。「わあ!声をかけてくれてありがとう!!」
   そして、「100回記念の時、何もできなかったから」と、送料をすべて引き受けてくれた。
★ 割烹民宿目黒に恭一氏が出向いた。沢山のタオルを戴いた後、また、「来てくれる?」と電話があった。
★ 十八成ビーチ・海の見える丘協議会会長の沼倉憲一さんが、のれん街の皆さんに声掛けをしてくれた。
   いく子夫人と、魚屋さんのじゅんこママと美晴ちゃんが奮闘してくれた。
★ 私たちは 「ほら、送ったからね」と言う気持ちではありません。
  「被災者の自分たちにもできることがある!!」そう気付けて本当に嬉しく思っています。
★ 合計524枚。段ボール5箱。  
★ 石井さんのお宅に送らせていただきました。よろしくお願いします。  
★ 新品のものも多かったけど、彼らはみんな、私たちの思いを受け止め、泥だらけになることを誇りに思ってくれます。
   存分に使ってあげてください。
★ 賛同してくださった皆さんに、心から感謝します。走り回りましたが、時間が気になり、これが精いっぱいでした。
   もっと気持ちのある人は多いです。

タオルを提供してくださった方々
 石巻かほくさん  牡鹿モータースさん  東洋館さん  割烹民宿目黒さん  
 牡鹿のれん街〔みさき屋さん、黄金寿司さん、外房さん、海鮮さん、ざっかやさん、マルニ鮮魚店さん、
 千々松さん、上海楼さん、観光協会さん。 そして、プチぬまくらさん〕
 後藤文吾さん  高橋富男さん  阿部裕子さん  後藤宏之さん  川端道子さん  及川久仁子さん  後藤和重さん
 後藤ちさ子さん  高橋とく子さん  後藤直勝さん  阿部恵一さん  鈴木憲子さん  阿部典子さん  阿部敏男さん
 高橋安吉さん  阿部ミツ子さん  佐藤俊夫さん  そして、阿部恭一(本名 栄悦)。

仮設住宅で箱詰めをされた方々
 川端道子さん  後藤美奈子さん  後藤ちさ子さん  阿部恭一&邦子
愛知ボラセンの方々にはなじみのあるお名前ばかりでしょう

私たちの思いを 現地活動の方々に バトンタッチ!!!
 
↓おしかのれん街で、段ボール詰め

 

 


 

コメント

【緊急のお願い】台風18号現地ボランティア緊急募集。

2013年09月17日 18時58分56秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

こんばんは
愛知ボランティアセンター
久世です。

日曜日に京都県・福井県・滋賀県を襲った台風18号。
各地に被災の爪痕を残しました。

私は昨夜名古屋を発ち、今朝、福知山市大江(町村合併 旧大江町)をまず訪問しました。
その後、福知山市街地、亀岡市を周り情報収集を行ってきました。
両市ともに、広域で浸水していますが、その多く田畑です。
また、ともに災害ボランティアセンターは、市内在住、在勤の人を対象にボランティアを受け入れる方針です。
地元の方にお話を伺っても、近所の人間同士で何とかするから大丈夫との声を何度も聞きました。
福知山市の由良川はしばしば氾濫しており、
避難やその後の対応にも住民の皆さんは慣れていらっしゃるようです。

明日は福井県小浜市へ向かいます。
小浜市災害ボランティアセンターでは、2,000~3,000人のボランティアを募集しています。
京阪神地域から、小浜市に向かうボランティアは多くはないと判断し、
福井県小浜市の被災者の応援活動をしようと計画しています。

急なことですが、
大型バス満席で活動したいと考えています。
ぜひ、皆様の温かい気持ちを小浜市へ
ご協力賜わりますようよろしくお願いします。


【日程】
台風18号被害小浜市応援 第1回9月20日(金)~21日(土)
台風18号被害小浜市応援 第2回9月21日(土)~22日(日)

【時間】
一日目(20日・21日)
23時30分 東別院会館前 集合
24時    出発

二日目(21日・22日)
9時     活動開始
16時    活動終了
21時    東別院会館前到着

【料金】
8,000円(活動保険加入の方は別途390円)
当日受付にてお支払い下さい。

【持ち物】
動きやすい格好(長袖・長ズボン)
長靴(釘が残っている場合がありますので、足の下に敷く鉄板をご用意下さい。ホームセンターなどで売っています)
帽子
マスク
ゴム手袋
暑さ対策グッズ(首を冷やすもの)
飲み物 等

明日、現地で使用出来るか確認をしてきますが
【チェンソー・高圧洗浄機】などお持ちの方は、応募フォームにその旨をお書き下さい。
愛知ボラセンから改めて連絡させて頂きます。

【応募フォームはこちらから】

その他お問い合わせは
愛知ボランティアセンター
久世
070-6414-0589
までよろしくお願いします。

コメント

【台風18号】応援物資募集・現地ボランティアについて

2013年09月16日 22時05分34秒 | [平成25年(2013年)台風18号]福井県小浜市ボランティア

みなさんこんばんは。副代表の田中です。

とても恐ろしい台風でしたね。みなさんご無事でしたでしょうか。

 

愛知ボランティアセンターは、昨日の台風18号の影響で多くの被害が出ている京都へ、

応援活動に行けないだろうかと話を進めています。

【現地ボランティア活動について】

東日本大震災と同じく、状況を判断、把握しするため

間もなく、事務局長 久世が現地入りします。

視察の状況によっては、今週末にボランティアバスを出す予定です。

明日、またこのブログにて被害状況のご報告や、

週末ボランティアを行うかどうかをお伝えしますので、

ブログの更新を気にしていただけたら幸いです。

 

【応援物資募集について】

現地ボランティア活動に先行して、応援物資を募集します。

期間 9月18日(水)~23日(月祝)の6日間

受付時間 10:00~17:00

場所 東別院 ガレージ前

募集期間とお彼岸の日程が重なっております。

被害状況を受け、東別院の皆様のさまのご厚意で収集場所を貸していただけました。

ボラセン関係者以外に、多くの方の出入りが予測されます。

ご迷惑のかからぬようスタッフ一同配慮していきますため、皆様も、ご理解ご協力いただけると幸いです。

 

募集するもの

中古タオル・雑巾(新品でも構いません)

水害には大量のタオルが必要です。

泥を拭いたりするために使用しますので、中古のタオルで構いません。

 注意 申し訳ありませんが、募集期間が短期であることや、

受付時間が決められていることなどから、

東別院さんに迷惑がかかってしまいますので

郵送でのお受け取りはできません。

直接お持ちください。よろしくお願いします。

問い合わせ先

NPO法人 被災者応援愛知ボランティアセンター

090-6590-3117

 

 

応援物資・現地ボランティアともに

ご都合のつく方は、どうぞお力をお貸しください。

 

 

コメント

活動予定カレンダー