風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

この時期になると

2022-12-04 | 日記

 夏からすれば、日の出の時間がずいぶん遅くなりました。6時を過ぎても、外はどことなく暗いです。夏には4時前から?明るくなっていたのに。

 朝起きて、外に新聞を取りに行くとき、星空がきれいに見えることがあります。時には月がまだ沈まずに、上にいることもあります。とてもきれいなんです。*個人の感想です。きれいさを保証するものではありません(笑)。

 空気が澄んでいる分、はっきりと見えることが多いです。でもこんな日は、雲がない分とても冷え込んでいるので、きれいな星空をじっくり眺めるのは無理。ロマンチックより現実を優先です。

 

 近所の同級生がダブルワークで新聞配達を始めたのが、いつからだったのか記憶にありません。夜中の2時を過ぎたころに、車が通りすぎる音を、夢うつつの中で何度か聞いたものでした。配達だけでなく、その前段の作業もしていたのだと思います。

 除雪車が出動して、地区一帯を除雪していくのが、朝の5時ころ。その時間と相前後して、同級生は広い区域の配達をしていました。夏はまだしも、冬の大変さはどれほどだったろうと思うことがあります。でも彼は、多くの人が見ることのない素敵な星空を、何度見ていたのでしょう。冬に限らず、季節の巡りのこころ打つ光景をどれだけ目にしたことでしょう。

 同級生から、そんな話を聞いたことはありません。同じようなことをしていたら、共通の話題として話せたでしょうが、少なくてもその頃まだ寝ている身としては、興味本位でそんなことを聞くのは、はばかられました。

 

 その同級生が、配達をやめたのは3年前のこと。晩秋のことでした。雪の季節になる前、除雪のことは心配するな。おれにやらせてくれと言いました。そのことを話した帰り道。夕方で、あたりはすっかり暗くなっていました。空に向かって、おれたちまだ60だぞと言いながら泣けてきたのを、ついこの前のことのように思い出します。

 


冬といえば雪

2022-12-03 | 日記

12月1日の初雪は、小雪で積もりませんでした。2日朝は、10センチ以上の積雪。除雪車が出動しました。そして日中も降り続き、3時過ぎに止んだ時には30センチを超えたのではと思えるくらいでした。

 4時過ぎ。もう月が出ています。

 月明かりの中を、飛行機が飛んでいきました。

 単調な色の世界が、またやって来ました。寒さが身に沁みます。

 

 


いよいよ冬到来

2022-11-30 | 日記

 今日で11月も終わりです。平年に比べて暖かかった気のする11月でした。

 例年であれば、初雪が降るのが11月。その量は積もるほどでもないものの、時には、思いがけず、長くつがくぐるくらいの嵩になることもあるのです。それが今年は、まったく降りませんでした。

 

 けれども、今晩から明日あさってにかけては、積雪となる予想で、いきなり、冬の景色となりそうな気配です。

 明日から12月。3カ月予報で、「この冬は雪が少ない見込み」なんて言葉は聞かなくなって久しいです。降るのはしょうがないけれど、まずは年末まで、あまり多く積もってほしくない。そんな気持ちです。

 明日からは、がらりと生活スタイルが変わって、また冬のアルバイトです。お米の発送は、ご注文をいただいた翌々日となります。どうぞよろしくお願いします。

 

 果物の木に、毎日数匹のとんぼが張り付いて、いのちを保っていましたが、ついに今日の夕方は2匹。冷たい風が吹きつけています。捕まえて家に持って来ようかと、よほど思いましたが、止めました。

 2匹のいのちが、今夜中にどうにかなってしまうだろうことを知っていながら、「明日をも知れない、いのち」については自覚が足りなく、日々を怠惰に過ごしている最中です。

 

 


風雲急を告げた

2022-11-27 | 日記

 昨日のお昼過ぎ、あやしい空模様になりました。防災無線で竜巻注意報が流れてきました。

 風雲が去ったあと、西の空にこんな雲が。もちろん、一瞬のことです。

 今朝の朝焼け。

 お盆に仏壇にお供えする菓子? さてどう処分します? 近所のおばあちゃんは、スイカを植えるときに土に入れると言っていました。甘くなるのかな?

 


かけつけ(駆け付け?)3杯

2022-11-23 | 日記

 若いころは、しばしば腰を痛めました。いわゆる、ギックリ腰というやつです。安静が一番とは言われますが、そんなふうにできないこともしばしばでした。

 近所の人や知り合いの人など、やはりそんな時があったようで、あそこのもみ屋さんが良いとか、鍼が効いたとか、いろんな情報をもらったものでした。

 

 そんななかで、特殊な方法?を紹介してくれた人がいて、行ってみたことがありました。

 治療院というようなところではなく、事業をやっておられる方のお宅へおじゃましたのです。前段でいろんな話をしていて、さて、いつ治療?をしてくれるのだろうっと思っていたら、これを飲むだけと言って、コップ一杯分くらいの飲み物を渡されたのでした。

 

 冷めた味噌汁のような味で、それだけで良いと言うのですから、少々拍子抜けした記憶があります。その後、また少しよもやま話などをして、どう?痛みが軽くなったかと聞かれ、?。

 聞けば、家伝薬だそうです。たくさんの人に、飲んでもらってきたとのことでした。その後については、ここでは書きませんが、それとは別にとても興味深いことがありました。

 その家のご主人(相手をしてくれた男性)が、ランニングに短パン姿。あっ、今はランニングのことをどう言うんでしたっけ。それはともかく、冬もこの格好だと言いました。寒がりの自分からすれば、信じられないような話で、でも寒くないのだと言われれば、そうなんだーと思うほかありません。

「もともとそうなんですか?」と聞いた時の答えがどうだったか、今は忘れてしまいましたが、

「朝起きたら、一升の水を飲む。それが良いんだろう」と言ったのです。

「いきなり一升は無理だろうから、コップ2杯でも3杯でも、毎日続けてみると良い。でもそれじゃ足りないかな」とも。

 

 何日かやってみましたが、面倒でやめました。年齢を重ねた今、ますます寒がりになりました。寒くなると、その時のご主人のことなどが思い出されます。

 それでも、この頃、生ぬるい水を3杯くらい飲みます。なんか良いかなーと思う反面、そんなに飲んじゃ、不都合なことも起きてきます。おそらく、そのうちやめることになるでしょう(笑)。

 

 「かけつけ3杯」って、言い方。秋田だけでしょうかね? 飲み会に遅れてやってきた人に、みんなに追いつくようにと、そう言いながらビールやお酒を注いだりします。もちろん、「3杯」と言っても、本当に3杯でもないですけど。今はいろんな理由から、そんなこともなくなったかもしれません。

 

 うわー、なんだなんだ、急ににぎやかになって、出張リオのカーニバルか?

 駆け付けサンバでーす。

 寒っ。葉を閉じたシロツメクサも、うなだれたまま凍っています。

 ちなみに、ギックリ腰はある頃から、あまり起きなくなりました。野良仕事に合う身体になったからかなと思ったことでした。もうずいぶん前から、起きる一歩手前で気づくようになり、ちょこちょこっと身体を動かして、難を逃れています(笑)。