風に吹かれて行こう

お米の便りを、写真でもっとわかりやすく!

今日は大安 浸種です

2024-04-06 | お米の便り

 4月はお米作りの実質的な開始月。毎年同じような話なので、聞き飽きたという方もたくさんかと思いますが、よろしければお付き合いを願います。いろんな準備は3月から少しずつ始まっているのですが、本格的には、やはり4月からです。冬の間に少し鈍ってしまった身体を慣らすのもそこそこに、苗を作る作業が始まります。機械植えとなってからは、均一な苗を育てることが何より重要。そのためには、まずは種の発芽を揃えることが必須となります。

 

 ところでみなさーん、稲の種ってご存じですよねー。はい、白米になってしまうと芽の出る部分が削り取られてしまうので発芽しませんが、玄米だとちゃんと芽が出て苗になるんですよ。実際に種として利用する際は、もみ殻にくるまれた状態で播きます。もみ殻という外皮が、無防備な玄米を保護してくれているわけです。でも、あれれ。芽が出る時にもみ殻がパカッと割れるんだろうか?それとも突き破って出てくるんだっけか? 誰かに急に聞かれたら答えに窮してしまいますねぇ。見ているようで見ていない。それを臆面もなく口にする…。二重に、お恥ずかしい限りです。

 

 良い具合いに芽が出そろったたくさんの種を、専用の機械を使って播く。10アールの田んぼに植える苗を作るのに、3キロ前後の種を播きます。その嵩は、お米5キロ分くらいでしょうか。それぐらいの量の種で、玄米550キロくらいの収穫が得られます。この数量は、気候や土質、もちろん栽培管理によって違ってくるので、全国一律というものではありません。この数字より多い地域もたくさんですが、どれだけ頑張ってもそんな収穫は無理、という地域も、とても多いのです。そうであっても、お米は主食。いのちをつなぐ食べ物です。まっとうな食べ物として、この先も変わることなく、自国で作り 続けられて行かなければならないと思います。

 

 種は以前は自家採種したものでした。今ではそうしたことをする農家は、ほとんどないと思います。というのも、種として利用できることに間違いはないのですが、実際に使うとなれば、それ相応の処理?が必要になるためです。例えるならば、焼き魚を二切れ食べようとした時、自家採種は一尾丸ごとを切りさばくようなもので、購入した種は最初から切り身でパック詰めされたもの、という感じでしょうか。値段は高くつきますが、余計な手間ひまと生ゴミがでません。丸ごと調理となったら、それ相応の道具も必要となりますし…。

 

 今月のお米の便りから、抜粋してみました。

 ここ何年か、4月5日にしていた浸種作業。今年は今日6日にしました。たまたま大安だったので。10日間くらい水に浸けます。


2月の便りを 後半です

2024-02-11 | お米の便り

  このネットでの販売部分が、先月は例年の1月に比べてはるかに多く、どうしたことかなと思っているところです。この傾向が2月も続くのかどうか何とも言えませんが、確かなことは、2月に入った段階で、在庫の不特定部分が窮屈になってきたということ。定期的にお届けしているみなさまや、不定期でも一定のペースで購入くださっているみなさまの分は、最後まで無くさないようにいたしますが、いずれにしても、お米に限らず何かしらの注意が必要な時期となっているのかもしれません。

 今後も、お米の在庫については、何かあり次第お伝えするようにしますので、気にしていただければ幸いに思います。今後はオリコメの最初に書くようにします(苦笑)。まぁ、こんな先走ったことを書くと、案外予想は外れたりするものでして。2月は冬枯れ、とはよく言われた言葉です。

 それにしても備蓄って、なかなか大変ですよね。あれもこれもとなると、買い揃えるにも出費大。そして、ストック分を保管しておく場所もそれなりに必要となってきます。あっ、アルコールの備蓄はちっとも良くありませんよ。だって、あると思えばついつい飲みすぎてしまって、いったい何のための「備蓄」なのか、説明するにも呂律が回りません。アンタの心配はそこかっ!

 日用品プラス水。そして砂糖と塩。秋田県南部は何かと砂糖を多く使う地域なので、砂糖は大事です。だって、甘い赤飯の方が圧倒的に好まれるような所ですから。備蓄は面倒だったり大変だったりするのですが、でも今まで以上に意識しなければならないような時代の中を生きているのではないか、そんな気がしてなりません。

 とはいえ、頭の中がそんなことだらけなのも、精神衛生上よろしくありませんね。ささやかであっても、日々の暮らしを楽しむことも大事でありましょう。自分でも、少しはメリハリをつけた暮らしをしたいと思っているところです。今日は一合、明日は二合、ってな具合で。 あのぅ、「メリハリ」って、そんなもんじゃないと思うんですけどー。

 

 先月は雪下ろしをせずに済みました。2月に入ると、降る日もありますが、照る日も多くなりだして、丸一日ではなくとも、青空の広がる時間が増えてきます。甘い思い込みは禁物ですが、この冬は雪下ろしをせずに終わるかもしれません。あるとしても一回。

 降る雪は、風の吹きようが真冬とは少し違ってきているせいでしょうか、一直線に地上に到達するわけではなく、人の目の高さぐらいのところで舞うようになります。その時に降る雪が少ないと、その様子は、ホタルが飛び交っているようにさえ思えてきます。晴れた日には融けた雪が雨だれとなって、軒がある家では、落ちる音が何とも心地良く聞こえます。あはは、すべて「あくまでも個人の感想です」けど。

 3月であれば、そうしたことが頻繁ですが、2月中は時々です。だから、2月は 3月のこどもなんです。目をつむっても、耳を軽くふさいで みても、北国の2月はそれが感じられます。

 

 上から降らない日は、てれびより散歩。2月もどうぞお元気で! …照れ日和?


2月の便りを 前半

2024-02-11 | お米の便り

 2月1日、昨日の日中にどうにか持った天気は、夜になって雨に変わりました。立春がすぐそことはいえ、まだ1月中のことです。その雨は比較的強く、今朝まで続きました。今日は昨日までとは違って、気温が低め。降るのは雪になっています。

 昨夜のローカル放送の天気委予報では、1月の降雪量が、平年の40~70%と報じられていました。これは当地に限ったことではなく、北海道を除く日本海側の多くの地点でそうだったようです。中には40%以下というようなところもあったようで、この冬雪が少ないことは、秋田県だけのことでないことがわかりました。雪が少ない理由はやはり、暖かいということでしょう。併せて報じられた気温の様子でも、特に東北では、平年比プラス2度の地点が数多くありました。

 昨年夏の酷暑も、平年より2度くらい高めだったと記憶していますが、同じ2度でも受ける感じはちがうものですねー。夏はもう身の置き所がないくらい暑さを感じたものでしたが、現在は2度の違いをそれほど強くは意識してないのです。ただ雪が少ないことだけが、そのことを如実に物語っているかのようです。あまり耳にしたくないような事実ですが、夏に比べて冬に亡くなる人の方がずいぶん多いのだそうですね。やっぱり寒さは暑さ以上に身体にこたえます。暖房器具があればこそ、どうにか寒さをしのいでいられますが、そうした物の用意が無い、あるいは不十分だったりした時の寒さと言ったら、もう大変なものです。まぁ、こんなことはあえて書かなくとも、どなたにとっても明らかな ことだと思います。さんびさんびぃ、たとえ2度暖かくとも、冬の夜はやっぱり鍋ですね。

 あらら,どうでも良いようなことで、またスペースをずいぶん埋めてしまいました。立春の油断が、思いがけない字句を招く。そんな標語があったかどうか…。絶対に無いっ!

 月日は「光の春」とも言われる2月です。朝の日の出はまだそれほどではないですが、日の暮れるのが遅くなってきたことを実感する今日この頃です。時折青空になった時の日差しも、だいぶ強くなりました。洗濯物が乾きだすようになるのも、助かることのひとつです。  

 

 ところで、ここから少し大事なことを書くのですが、ここまで読んでもらえてたら良いなー。1月のお米の動きは、いつもと少し違っていました。

 和賀屋では、収穫したお米の3割くらいは、秋のうちにJA等に販売してしまいます。残りの7割弱を、1年かけてみなさまに購入していただいているのですが、その中の一部は、ネットでの販売をしています。この部分は弾力性を持った部分でして、なくなり次第販売終了という形です。


まずは2024.1月の便り 後半です

2024-01-24 | お米の便り

 我が家から200メートルほど行った田んぼの中に、十字路があります。場所柄、とても見通しが良く、どの方向から通っても、視界を遮るものはありません。そして、通行量もさほどではないのです。極端に言えば、朝晩の通勤時間帯にはちょこちょこ。それ以外ではほとんど見かけないというような道路、十字路です。

 そこには2方向に一時停止の標識があります。紛らわしいことに通行量の多い方の道路が一時停止となっています(できたのが後だったため)。なので、知ってか知らずか、標識を無視して通り抜ける車も少なくありません。今では何の操作もいらないオートマチック車が圧倒的大多数。それであっても、いったん止まることが面倒くさくてなんだろうなーと、想像してしまいます。

 見通しが良いから、安全確認はしているという自負もあることでしょう。けれども、毎日のそんな積み重ねが、いざという時どんな行動につながるかは、誰にも予想はできません。きちんと一時停止出来たら素晴らしいことでしょうが…。

 近頃めっぽうポカが多なったアンタに、そんな心配されとうないわ! はいまったくそのとおりでして、他人はどうあれ、まず自身のポカをできる限り防ぎますというのが年頭のご挨拶。突然ですが、本年もご寛容のほどよろしくお願いいたします。

 

 昨年は、「あきたこまちR」で、突然にさまざまな動きが起こった年でした。県知事、農政部 との相対でのやり取りや、議場での一般質問、陳情…。懸念を持っている多くの人たちとの運動を担ってきた一県議会議員の行動は、数の力でNOとされました。パブリックコメントでは、たくさんの声が届いていたにもかかわらず、です。

 こまちを栽培したいと願う農家は、従来と違った手段で、種もみを入手する必要が出てきました。栽培そのものは来年からですが、種の注文は今年の秋。その日が来るのは、おそらくあっという間のことでしょう。何としても、これまでのこまちを栽培していきます。

 それと、このことはあきたこまちRのことが出てくる前から考えていたのですが、もう30年近くもこまちだけ植えてきたので、今年は別の品種もふたつくらい栽培してみるつもりでいます。そのための種は、昨年秋に申し込みました。ご期待、ご想像の品種とはならないかと思いますが、まずはお知らせのみ。今年の秋が今から待ち遠しい当園です。

 

 被災された方が、命が助かったことを良しとしなければと言っていました。その言葉が被災から数年後だったら、まだ現実味があるように聞こえます。被災直後、そう言わざるを得なかった、その言葉の奥に、どれほどの哀しみと無念さ、不安があるのか、 当事者以外は誰もわからないことでしょう。自分もそのひとり。 がれきの下にきっとある希望の種が、かならずや芽吹きますように。


まずは2024.1月の便り 前半です

2024-01-24 | お米の便り

 今年も最終月となりました。毎年12月に入った途端に思うことですが、一年の過ぎるのは早いですねー。でも、そんなふうには思わないという人がいたとしたら、ぜひとも会ってみたいものです。いや、つい口が滑って、心にもないことを書いてしまいました。もし、誰かに会いに行く時間を作ることができたなら、きっと別の人に会いに行くことでしょう。もちろん、「そんなふうには思わない」という誰かさんだって、私には会いたいとも思わないはず。自身の貴重な時間を有効に使うに違いありません。あはは、こういうのを言葉のあやって言いますよね。でも最近では、うそも方便とか、言葉のあやなんていうのは、使用法が難しくなりました。理解されづらくなった気がしています。

 と書きながら、年の瀬を控えて、自分がいま会ってみたい人は誰だろうかと、もののついでに考えてみたのですが、これがどうにも誰も思い浮かんできません。あららどうしたことでしょう。すねた者みたいに、世の中に背を向けているわけではないのですが、関心が薄れてしまったのかな?

 みなさまはいかがです? どなたかいらっしゃいますか? アンタの親の顔が見てみたいっ!

 さてお米の便りもついに300便となりました。これもひとえに、これまでご縁をいただいたみなさまのおかげです。お付き合いを続けていただけたことにこころより感謝申し上げます。

 

 ここまで書いていながら、その後筆が進まず、新しい年を迎えることとなりました。この冬は、30年ほど続けた冬の郵便配達をやめ、少しゆっくりした気持ちで過ごしているところです。例年忙しさにかまけてやることのなかった「すす払い」も、年末にはそれなりにやることができて、配達と雪かきに追われていたこれまでの年の瀬とは、一味違った感じです。せめて年内は、屋根の雪下ろしをせずに済むくらいの雪であってほしい、というのが当地に住む人たちの思いですが、その願いは十分すぎるほどかないました。大晦日から3日にかけて、日中はおだやかな天気の日が続き、当地の積雪も、0センチとなっています。

 1日午後4時過ぎ。新年早々、誰がこんな大地震を想像できたでしょうか。いや、仮に想像できたとしても、地震そのものは防ぎようもありません。刻々と夜が近づく中、テレビに映る惨状の一部。

 東日本大震災の後、大きな災害が起こる度に思うのですが、被災した方々はまさに渦中にあって、事態の概要を知ることができません。それを目にできるのは常に、その場にはいない人たちです。晩ごはんを食べながらテレビを見ている自分。複雑な思いも抱き合わせでのひと時でした。度々書いていますが、この便りは自身の備忘録でもあります。翌2日夕方の飛行機の事故も、衝撃的な出来事でした。あの火だるまとなった旅客機の、乗客乗員みなが命を落とさずに済んだというのは、奇跡のように思えます。