逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

恐るべきこと。子どもや妊婦を避難させるべきだ。山下俊一教授

2011年05月05日 | 放射能と情報操作

『放射性物質、九州に影響ない』"正しい怖がり方"を 
インタビュー/長崎大医歯薬学総合研究科・山下俊一教授(3月25日長崎新聞)

(問い)
国が23日公表した放射性物質の飛散状況の試算によると、原発から北西方面と南方面に(政府が屋内退避を指示している)30キロを越えたところまで届いている。
(山下俊一教授)
複数箇所から放出され、放出量が不明な上、拡散は風向きや地形などによるため、このような結果になった。
予想していたが、恐るべきこと。
子どもや妊婦を中心に避難させるべきだ。
ただし理論値であり、誤差を検証しなければならない。
(問い)
放射性物質は九州まで飛んでくるのか。
(山下教授)
高度によるが、飛んでも関東平野まで。
チェルノブイリと違って日本は乾燥していないので、あまり遠くまでは飛ばない。心配はない。
(問い)事態はどう収束していくだろうか。
(山下教授)
まずは原発からの放射性物質の飛散を止めること。
封じ込めが終わらないと見通しが立たない。
その後は放射性物質の半減期や雨など気象条件による。

『安全とは言っていない「安心だ」と言っている』

『安全』と『安心』は違う。?
4月になったとたん大手マスコミに登場するや、全国放送や汚染地帯の現地福島県では、自信たっぷりに何回も『放射能は怖く無い。安全です』と言い続けていた山下俊一長崎大教授。
ところが全国区ではなく地元長崎限定版で大きく違っていたのですから、驚くべき無責任、無節操である。
自分の住んでいる地元長崎では正反対に、
『予想していたが、恐るべきこと。子どもや妊婦を中心に避難させるべきだ。』と言っていたとは絶句するしかない。
この大嘘つきの二枚舌のペテン師が、専門家面してマスコミで散々喋っていた『放射能は怖く無い』『大丈夫』『放射能は安全だ』とは何だったのだろうか。
東京キー局の大手マスコミ放送では、地元長崎新聞で言った様なそんな話は一回も聞いたことが無い。
それどころか原発事故現場の福島県の福島市や郡山市二本松市などの市民が内部被曝防止用にマスクで自己防衛することを『必要ありません』と完全否定し、『国が決めた基準だから従うのは国民としては当然』として高線量放射線の中で子どもを外遊びさせるようにと推奨、『ヒロシマナガサキもチェルノブイリも同じで住み続けるのが国民の義務だ』とまで言っている。
3月25日付け長崎新聞のとインタビュー内容とは正反対の態度だった。

『君子豹変』

『放射能は怖くない』とマスコミで大宣伝している、この山下俊一長崎大学医学部教授は『チェルノブイリ笹川プロジェクト』という伝説的な右翼の妖怪で日本の黒幕笹川良一肝いりのプロジェクトに参加しているのですが、何と世界最大の軍用機であるアントノフが1991年4月17日に成田空港に直々に乗り入れて診療に使うバスごと現地に運んでいる。モスクワ赤の広場での検診バスなどの医療機材の寄贈式が行われた。
ソ連の軍用機が日本に直接派遣されたのは後にも先にもこの時が最初で最後、前代未聞の出来事であった。
笹川プロジェクトの長崎大学医学部教授山下俊一は、今では『放射能は怖くない』と繰り返すが、同一人物の11年前の表現は微妙?に違い、その『判断』が根本的に違っている。
『放射能は安全』と断定する現在とは意見が違い100ミリシーベルト以上では閾値があり確定的な放射線被害が出るが、それ以下の放射線量では閾値が無く学会では意見が分かれていて未だ結論が出ていない(放射線被害が確率的で不確かである)として態度を保留していた。
今のように福島第一原発炉心部分の深刻な破滅的ダメージや、原発からの高濃度汚染物質の漏洩が明らかになっていない事故後1週間目の、『直ぐに終結しそうだ』との楽観論全盛の時点では、山下教授は『マスクや帽子をかぶるなど基本的な対策を取れば、短時間の外出も可能である。『“正しく怖がるべき”である』と強調していた。
ところが今回の福島第一原発事故の深刻化長期化が避けられ無い悲惨な有様を見て、突然『安全である』『放射能は怖くない』との確信に至った模様であるが、何とも情け無い話ですね。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビン・ラディン?の海上投棄... | トップ | 福島第一、チェルノブイリ原... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
二枚舌とまでは言えない (Black Joker)
2011-05-04 18:56:00
子どもや妊婦は放射線に弱く、影響の度合いは少なくとも成人の10倍以上あると考えられているので、仕方がない部分もあると思います(逆の言い方をすると、大人は10倍以上放射線に強い)。
書き忘れました (Black Joker)
2011-05-04 19:10:59
医療用のレントゲン写真撮影、高圧送電線の電磁波、携帯電話など、大人では問題ないとされている放射線・電磁者に関しても、子供や妊婦では(統計上は)小児ガンや白血病などの増加があると一部報告されています。 大人の場合には、影響がないか、あっても統計上の誤差範囲内ということなのでしょう。
開いた口がふさからない。 (黒マグロ)
2011-05-04 20:10:22
内用けと外用を使い分ける所など、ナチスと重なって見えます。
首相官邸に長瀧重信、佐々木康人、名前でチェルノブイリと福島の比較が出ていますが、これは、世界中に日本人の恥をさらしてます。07年にICRP(国際放射線防護委員会がIAEAに出した勧告、これに沿って基準を出した、と政府や原子力安全委員会などは、言うのですが、IAEAに対しその勧告をまとめたのが、佐々木康人ですね…………って、
お手盛りだったんかい!!
原子力産業界が決めたあまりに甘い決まりでは、子供や妊婦は守れない。チェルノブイリでは3週間以内では28人、その後現在まで19人、それだけが、事故による死亡者だと結論づけている、
こんな連中が官邸の原子力災害対策アドバイザーなど、泥棒に銀行を任せるようなものですよね。
放射線影響研究所や放射線医学研究所などが日本の権威として君臨し、それに異をとなえられない学界、731部隊の亡霊は今もはびこっています。
二枚舌どころか (宗純)
2011-05-05 11:18:25
Black Jokerさん、コメント有難う御座います。
この山下俊一ですが、単なる嘘つき程度ではなくて、この男は悪魔に魂を売っていることは間違い無さそうですよ。

福島県が放射線健康リスク管理アドバイザーに指名した山下俊一による二本松市民にたいする講演では、小馬鹿にして市民を幼稚園児扱い。
まあしかし、この部分だけならテレビでも一部が放映されているので驚かないが、強調していたのは
『今は平時ではない。非常時である』『原発事故は終わっていない』(我慢しろの意味か)
自分が専門家であると繰り返しているが、実は肝心なことは言葉を濁して語らない。
原発事故が『非常時』でありしかもここが一番の問題だと思うのですが『終わっていない』のですから普通の結論なら、危険の考えられる場所からの早急な退避ではないでしょうか。
ところがそれは政治的な判断は政府が決めているので福島県民は住み続けなければならない。
子供達の喚声を消してはいけない断定しているのですよ。
講演はダラダラといかがわしい自説を吹聴するもので退屈で不愉快な代物ですが野次ることもなく市民は大人しく聞いていた。

問題がその後の質疑応答なのですよ。
テレビでは絶対に言わないであろうと思われる内容で、こんなことを平気で福島県民に言ったとは到底信じられない酷いものであり、人間として許される限度を超えています。
山下俊一氏による講演(5月3日・二本松市)【後半/質疑】
http://www.youtube.com/watch?v=ZlypvPRl6AY

ユーチューブで二本松市でチェルノブイリでの医療活動の専門家との肩書きでマスコミで発言している長崎大山下俊一教授が講演しているのですが、批判するものが無いテレビとは大違いで、地元住民とのやり取りは『驚き』の一言です。
何とこの先生、『『安全とは言っていない「安心だ」と言っている』と『安全』と『安心』は違う。?と主張しているのです。
原子力災害で怖いのは、風評被害と人々の心配の二つだと言い切っているのすね。
『安心してください』といっているのですが、同時に将来の発癌リスクについては『将来のことは神様ではないので判りません』と答えている。
もっと酷い部分は、放射能のリスクは今後何十年も福島県民に協力頂いて調査する、広島長崎では60万人が協力したのだと言っている。
広島長崎もチェルノブイリも同じで、住民は其処に住み続けなければ仕方がない、とも言っている。
ナチスや旧日本軍の石井部隊の軍医にも共通する、まさに終わりなき人体汚染(人体実験)ですね。
原子力村の回転ドアの住民たち (宗純)
2011-05-05 16:25:37
黒マグロさん、コメント有難う御座います。

アメリカは政界と財界とは同じ人材が双方を回転ドアで出たり入ったりしているとは良く言われているが、
日本では原子力村の特権階級の住民たちは電気や原発メーカーの産業界と原子力学会と規制したり推進したりする官僚や政治の世界を行ったり来たり自由に回転ドアで出入りする。
諸葛東大特認教授の様な原発メーカー東芝の元営業部長が科学者の肩書きで、原発推進の政治や電力会社の責任の隠蔽に狂奔しているのです。
そもそもの出自を探れば田舎の過疎地帯の限界集落の様な話であり、色々な催しものをしても参加者の顔ぶれは何時もの顔見知りだけなのですね。
ネタが判って仕舞うと何ともアホ臭い話です。

それにしてもマスコミは連日出演して喋っていた山下俊一教授がこれ程酷い無茶苦茶を言っていたとは報道しない。
本当に知らないから報道しないのか。それとも報道したくても喋る内容が凄まじすぎて出来ないのか何れでしょう。
しかし、日本人は辛抱強いというか、お人好し過ぎると言うか、ここまで言われてもまだ拍手する人までいるのですよ。
自分が納得出来ないのであれば何故抗議しないのか。何ともなさけないですね。
これがお隣の韓国なら大違いで、哨戒艦天安沈没の軍の説明会で艦長の言葉に納得いかない家族は、帰ろうとする艦長の車を問い囲んで抗議行動に及んでいる。
これが韓国の原子力発電所の事故なら、山下俊一教授の類似発言には一般市民の怒りが爆発、到底ただでは済まない。

3月の韓国哨戒艦天安爆発沈没の衝撃は
2010年05月16日 | 東アジア共同体

Unknown (Unknown)
2011-05-06 19:58:34
情けないが、日本人は遠い神代の時代から庶民は飼い馴らされてきたのでしょうか。
お上には逆らえない。
今回の放射能問題は一過性のものではありません。
これから何十年と悩ませられる厄介な代物です。
福島県の当地方の線量は現在安定した値を示しています。
これはセシウムの線量になったことを意味しているのでしょう。
半減するには30年でしょうか。
そんな土地に直ちに影響が無いと言って住み続けるのです。
今、あまりにも情けなく涙を浮かべてコメントしている次第です。
言葉がつうじない (agora)
2011-05-08 10:29:12
そもそも、端から山下教授の言っていることを、
理解できていないようなので、議論にもならない。
こわがるべきことと、必要以上に怖がる必要の
ないことがある。

これが理解されないために、チェルノブイリでは
必要以上に苦しむ人が多くでました。
放射線以上に風評によるストレスで体調をこわし、必要のない妊娠中絶が行われてしまいました。
その愚を繰り返さないように山下教授は説明して
いるわけですが、そもそも最初から山下教授の話
を歪曲して伝えようというのが、ブログ、コメン
トの趣旨のようですから、言葉は通じませんよね。
Unknownさん、 (宗純)
2011-05-09 10:58:38
当ブログでは、タイトルや名前の無いもの、あっても通りすがりや日本人の一人など個人が特定されていないものは無記名と見做して掲載しないローカルルールがあります。
来て頂いている読者の為に良好なブログ環境を提供する目的ですから御協力を御願いします。
次回からは何でも結構ですから(コメントの管理上)タイトルの記入と適当なNHでの投稿を御願い致します。
Unknown (越後屋)
2011-05-09 12:13:19
これらの記事についてはどう思いますか?

信毎の放射能Q&A記事
http://snp.naganoblog.jp/e708670.html

福島大学原発災害支援フォーラム
http://fukugenken.e-contents.biz/proposal

社会的責任のための医師の会は、年間20mSvは発癌リスクを200人に1人にまで高めると指摘
http://www.j-cast.com/2011/05/02094683.html

20mSvの被曝による癌死の確率は1000人に1人と安全委員会が認める
http://fpaj.jp/news/archives/2722
agoraさん、はじめまして (宗純)
2011-05-09 12:56:31
コメント有難う御座います。
当ブログにコメントして頂く前には最低限、当該記事を読んでから投稿して下さい。

今回の様に、ご自分の『思い込み』か何かの勘違いだけのコメントを書かれても読まされる方は大迷惑です。
山下教授の話は、>『必要以上に怖がる必要のない』との御理解ですが、山下俊一発言の一部分は正にそのとおりです。
その主張だけなら何も間違いは無いでしょう。
そして、『その部分』だけなら、私であれ誰であれ、一人の例外も無く誰も反対も批判もしていないのですよ。
この記事の趣旨は全く別です。
山下俊一は3月時点で地元長崎で語っていることと、4月にマスコミの全国放送で専門家として語った話と、そして5月の地元福島県の話では、些細なニュアンスどころか、肝心の核心部分の主張が大きく違い正反対を語っているのですよ。
場所や時間で同一人物が別の正反対のことを喋るようでは、専門家の資格が無いどころの話ではなくて、正常では無いし不真面目、不見識なのですよ。
大嘘つきのペテン師か悪党か、あるいは2重人格どころか3重人格の精神障害者からの何れかであることは明白です。
地元長崎の3月末時点(長崎市民相手か?)では『外出には帽子やマスクの着用』を外部被曝を防止する目的で、この人物は推奨していたのですよ。
ところが5月初めに福島県の汚染地域の市民に対しては、『大丈夫、まったく必要ない』と正反対を主張を平気でして恥じない無責任な態度である。
『男子、三日会わずば刮目して見よ』とは三国志の故事からの言葉ではあるが、科学者(医者)が以前の自分の主張(仮説)の間違いに気が付き、考え方を変えることは大いに褒められることで、誰もが見習うべきであるでしょう。
ただし、そのためには以前の考え方(自分の主張)の取り下げと同時に、新しい主張の根拠を明らかにするべきですよ。
山下俊一は、この原則を完璧に無視するか惰るから当ブログが二枚舌の『無責任過ぎる態度である』として非難しているのです。
同一人物は、一つの問題に対しては一つの見解以外の相反する矛盾した話は、今回の山下俊一の様に、平気ではなしては信用を失う。
特に今回のように専門家として証言を求められている場合には余計に『一つの話には一つの結論』とのこの基本原則は守ってもらわないと全ての真面目な市民が『どれが本当か』と判断できず困るのですよ。
学説ですが、確かに色色別々の相反する矛盾する仮説が同時に存在するのが科学の世界なのです。
ただし、一人が主張してよいのは矢張り一つの学説だけであり、山下俊一のように相手によって勝手に自説をころころ変えてもらうと、『どれが本当か』と誰でもが怒る。
山下俊一にたいして怒らないのは、他の主張を知らないからです。
今回のコメントのような、マスコミの発言内容限定だけしか知らないで、何かのコメントをするなどの、横着な態度は褒められたことではありません。注意してください。
安全は目標 (丸井英一)
2011-06-03 10:33:07
100 mSv/h以下では、癌発症はしません。ICPRの20年以上の研究で、リスクは、当初1,000人中6人→1000人中4人と推移してきました。20年間の間に精度が上昇したためでもあります。

安心と安全は、思想的問題ですね。自動車に安全速度はありません。10km/hで運転していても事故を起こすことがあります。しかし、安心して運転できる速度ではあります。免許とりたてのドライバーの運転速度が遅いのと同じと思います。

生きている限り「安全」というのはありません。安全とは目標であります。医療の世界で「安全な治療」はございません。もし、患者が「安全な治療」を求めたら、オペはしなくなりますし、生体検査さへもしなくなります。山下教授を含めて、医師たちは同様な前提に基づいて、すなわち「安全」を目標に診察を行っています。
丸井英一さん、はじめまして (宗純)
2011-06-03 14:02:28
>『100 mSv/h以下では、癌発症はしません』は、明確な間違いです。
それ以外の記述も、例題が不適当で間違いです。
困ったことに、『100 mSv/h』の言葉の意味さえ理解出来ないようですが、100 mSv/hとは1時間当たりの意味なので、毎時間100 mSvの事ですよ。
そして現在の化学的知見では急性の放射性障害では閾値があり、100ミリシーベルト以下では影響が無いとされています。
(言葉を変えると100ミリ以上では確実に有るとされています。)
ところが放射線により晩生障害には閾値が無くて、幾ら少量でも直線的に少量の確率的悪影響が有るので出来る限り避けるべきだとされています。
100 mSv/hの場所に2時間入ると200ミリシーベルトで確実に悪いと判断できます。
医師も患者も、在りもしない『安全な治療』などは誰も求めていない。
医師に求められているのは患者の命と健康を守る意思ですが、残念ながら、この山下教授には全く無いと断定出来ます。
あえて車の運転に例えるなら、
ブレーキが故障していて燃料漏れも起こしているので何時爆発炎上するかわからない欠陥おんぼろ中古自動車を、『大丈夫で、安心して乗り続けてください』と売りつける極悪な無責任中古車業者ですね。
この山下教授の行為は、振り込め詐欺の強欲なペテン師や詐欺師程度の悪意では留まらない。
全く危険性が認識でき無い素人なら、別ですが、『危険性を事前に認識していた』なら未必の故意による殺人罪までが十分に成立する可能性は高いでしょう。
山下俊一さん (Ladybird)
2011-06-06 18:25:08
 かなり以前に拙ブログに書いた記事「夢のエネルギー」(トタバ送りました)では,いちおう遠慮して実名を出さないでやんわり批判したのですが...
 その後この先生すっかり有名?になられましたね.
ノーベル賞の胡散臭さ (宗純)
2011-06-07 15:57:54
Ladybirdさん、コメント有難う御座います。

長崎大学の山下教授は放射能の専門家だと言っているのですが、汚さという点では、爆発に特化した原爆より、爆発しない原子力発電の方が桁違いに問題が大きいのですね。
ヒロシマの放射能汚染はチェルノブイリの400分の1の少なさであり、爆発の熱線や爆風の被害を除外して、その後の放射能汚染だけに限定すれば、『綺麗だ』とも解釈出来る。
100万kW級の原発では年間30トンもの使用済み燃料が発生するが、これは原子爆弾では1000発分で、桁違いの物凄さです。
日本全体では原子爆弾で5万発分にもなるのです。
その使用済み燃料は今では日本中で1万3530トンにもなるが、中間貯蔵施設が無いので、原子炉の格納容器のそばの剥き出しのプールに入れられている。
福島第二では貯蔵プールの8割程度ですが、福島第一では9割程度で、あと少しで満杯状態だったのです。
ですから事故で停止にならなくても、使用済み燃料の置き場が無くなって運転が出来なくなる寸前だったのですね。
今度の福島第一原発の破滅的な事故で誰にでも判った現実ですが、
日本を破壊する目的なら、何も核兵器などは必要ではなくて、原子炉なら数時間、使用済み燃料でも数日間冷却出来ないように妨害すれば致命的な打撃を与えることが出来る。
原発を破壊するには通常爆弾さえ必要ではなくて、なんと、原発作業員が一定時間近寄れないようにするだけで良いのです。
原子力発電とは、これ程安全上脆弱な施設は歴史上有り得ない不思議な設備ですね。
原発事故後に、たちあがれ日本の平沼赳夫代表が会長で超党派の議員連盟の、地下原発議員連盟が出来たらしいですよ。
設定がSFホラー映画バイオハザードの設定と同じで、『もしもの時』には作業員もろとも毒物を閉じ込める心算なのでしょうか。
恐ろしい発想ですね。
今まで散々『安全保障』とか『国土防衛』を言っていた右翼の一人の西尾幹二が面白いことを言っています。
国土の一部が実際に失われている福島の現実を見て、
国土防衛では反原発の左翼の言い分の方が右翼の主張よりもリアリティーがあった(右翼の主張は観念論だった)と言っているのですね。
本当に北朝鮮が暴走する危険が有るなら、すぐさま日本海側の原発は全て即時停止にしないと、話の辻褄が合わないのですね。
テポドンの危険性など、原発に比較すれば問題外です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
韓国俳優ピに関する情報操作。 ピは忍者を韓国発祥だなんて言っていない。 (革命的桜乙女JSSR (JAPAN SOVIET SOCIALIST REPUBLIC) 烈風のごとく)
参照記事:恐るべきこと。子どもや妊婦を避難させるべきだ。山下俊一教授 韓国の俳優のピが、 「忍者は韓国起源」と言ったとネットウヨに叩かれていたが、 「韓国にも忍者(諜報兵)が居た。」 と言ったのであり、 何も日本の忍者が韓国起源だと主張した訳では無い。 ...
原発は「いずれ」全部廃炉にすべきもの! (f-kafkappaの日記~緑と青の風にのって~)
C・ミンガス「直立猿人」 「浜岡原発・停止命令」?のカン総理の英断?に関して、世間が大騒ぎ。 本来、絶賛されるべき話だと思うんだけれども、裏が見え透いていて私は興ざめしている。 だって、2年後は再開が間違いないし、他の全原発はこのままでいきますと宣言した...
[原発事故3]内部被爆の深刻さを憂慮する。 (tacchyの本音トーク)
tacchyです。 世界最大で、かつ、長期戦の、福島原発事故。 チェルノブイリを
【緊急】みなさん、助けてください!横浜の子供たちの安全を・・・ (浜っ子tacchyの雑記帖)
tacchyです。 福島原発事故に絡んで、政府などは、かなり酷い「暫定基準値」を
人権追及ビジネス。人権保護は儲かる。「人権金メダルと創価学会」 (【菊と竹】 専制主義を再考する。)
参照記事:恐るべきこと。子どもや妊婦を避難させるべきだ。山下俊一教授 人権とは何か? 人間が人間らしく生きる権利? しかし、現代人特に西側諸国では人権信仰が、右からも左からも上からも浸透していないだらうか。 人権問題はすべての国家が抱えるが、マスコミが....
[原発事故5]植物の畸形(奇形)が各地で始まった模様 (tacchyの本音トーク)
tacchyです。 チェルノブイリやスリーマイルでも、悲惨であまりにグロテスクな
夢のエネルギー (ブログ「浦戸湾」)
 きょうの記事も「高知に自然史博物館を」 http://plaza.rakuten.co.jp/tosana/ からのコピペです.4月13日の記事です. * * *  長崎大学の2人の先生が,「放射線と私たちの ...