逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

東京東部で放射能汚染ー32カ所が基準超え「赤旗」

2017年05月21日 | 放射能と情報操作
『放射能汚染ー32カ所が基準超えー』2016年1月29日「しんぶん赤旗」 東京東部で市民団体調査 放射線量 2011年3月の福島第一原発事故で放出された放射性物質による土壌汚染が、東京都東部3区の都有地で、国の指定基準(1キログラム当り8000ベクレル)を大幅に越える高濃度で残っていることが28日、市民団体の調査で分かりました。 測定したのは東京公害患者と家族の会、東京あおぞら連絡会、放射能汚 . . . 本文を読む
コメント (5)

逆神の権化、産経新聞は恐ろしい!フクシマの山火事セシウム9倍

2017年05月11日 | 放射能と情報操作
『福島ようやく火災が鎮火 放射性セシウムはところにより9倍に上昇』2017年05月10日 スプートニク日本 福島第1原発事故で帰還困難区域になっている福島県浪江、双葉両町の山林で起きた火災は今日、10日、鎮火された。共同通信が地元の災害対策本部の発表として報じた。 4月29日の発生から12日目にようやく火は消し止められた。 山林火災による放射性セシウム137の拡散は、毎日新聞が福島県の放射線監視 . . . 本文を読む
コメント (2)

立ち入り禁止の放射能汚染地域で8日間も燃え続ける山火事

2017年05月06日 | 放射能と情報操作
『帰還困難区域の山林火災7日目に、焼失面積拡大』 2017年05月05日 読売新聞 東京電力福島第一原発事故で帰還困難区域となった福島県浪江町井手の国有林で4月29日に発生した火災は、7日目となる5日も燃え続けている。 県災害対策課によると、4日は午前5時過ぎから自衛隊ヘリ10機を含む最大12機態勢で上空から消火剤をまき、地上からも約240人が消火にあたったが、鎮火のめどは立っていない。 1日時 . . . 本文を読む
コメント

たった380m3の高放射性廃液の処理が70年、8000億円?

2017年04月24日 | 放射能と情報操作
『核燃工場廃止に8千億円 原発廃炉の10倍、国民負担』2017年4月23日 共同通信 原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す国内初の再処理工場「東海再処理施設」(茨城県東海村)の設備や建物を解体撤去する総費用について、作業終了までの70年間で約8千億円に上るとみられることが22日、運営主体の日本原子力研究開発機構への取材で判明した。機構は国の交付金で運営されており、廃止費用は国民負担とな . . . 本文を読む
コメント (1)

「除染」を否定して門前払いした司法の判断

2017年04月18日 | 放射能と情報操作
『原発事故の農地汚染回復訴え却下 地裁郡山支部、原告控訴へ』4/15(土)福島民友新聞 東京電力福島第1原発事故により、放射性物質で農地を汚染されたとして、県内のコメ農家ら8人と農業法人1社が東電に土壌の放射性物質濃度を事故前の水準に戻すよう求めた訴訟で、地裁郡山支部(上払大作裁判長)は14日、「放射性物質の除去方法が技術的に確立されていない」として、訴えを却下した。 原告側は控訴する方針。原 . . . 本文を読む
コメント (2)

NHK 冷却水だった膨大な“汚染水”

2017年04月16日 | 放射能と情報操作
NHKスペシャル 廃炉への道2017 核燃料デブリ 見えてきた“壁” 初回放送 総合 2017年4月15日(土) 午後9時00分~9時49分 福島第一原発事故から6年。メルトダウンした3つの原子炉を「廃炉」にする闘いが続いている。40年とも言われる長き道のり、その最新リポート。 1号機から3号機、合わせて880㌧が存在するとみられる溶けた核燃料“デブリ”。その取り出しは、廃炉作業の . . . 本文を読む
コメント (4)

「自分だけ逃げた」と避難者イジメをする狂気

2017年03月10日 | 放射能と情報操作
へぇ!(post-truth)原発事故の避難者イジメの本家本元は福島県(日本政府)だった 『post-truth』の解釈ですが『後の真実』でも、『後から分かった真実』でも、『次の真実』でも、『もう一つの真実』でも、何でもよいが、フクシマから6年目を向かえる今の時期になって、(6年間挙国一致で隠していたが、)とうとう怖ろしい『post-truth』がネット世界だけではなくて、大手マスコミでもほんの . . . 本文を読む
コメント (3)

致死量の100倍(650シーベル)ほぼ「玉音放送」

2017年02月11日 | 放射能と情報操作
『首都圏の東京や千葉でも地震速報が無いのに…』 携帯への地震速報が行われたのは福島県宮城県と茨城県の北部だけなのに、テレビでは全国規模で『今すく逃げて』絶叫するTVアナとか、マグニチュードを大きめに修正する気象庁等の到底『有り得ない』摩訶不思議な現象が起きていた。 11月22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュードM7.4の地震が発生し福島県などで震度5弱を観測した。 震源地は . . . 本文を読む
コメント (5)

放射能汚染水が「冷却水だった」と初めて認めた東京電力(日本政府)

2017年01月31日 | 放射能と情報操作
(東京新聞が掲載していた福島第一原発のイラスト) 『post-truth 後で分かった「一言」のあまりにも深刻で重大な意味』 ネットメディアのHuffington Postですが、誰にも気が付かない様に密かに今までの欧米メディアと同じアメリカ新大統領のトランプに対するネガティブキャンペーンを軌道修正しているらしいのですが、日本共産党機関紙しんぶん『赤旗』の密かな大変身が真冬の怪談以上に恐ろしい . . . 本文を読む
コメント (2)

福島第一原発事故「後の真実」雪のように降った「死の灰」を初めて報道

2017年01月17日 | 放射能と情報操作
1954年3月第五福竜丸はマーシャル諸島近海において操業中にビキニ環礁でアメリカ軍により行われた水爆実験キャッスル作戦・ブラボー (BRAVO)に遭遇。第五福竜丸はアメリカ合衆国が設定した危険水域の外で操業していたが放射性降下物『死の灰』により23名の乗員が全員被爆した。この水爆実験で放射性降下物を浴びた漁船は数百隻にのぼるとみられ、被爆者は2万人を越える。第五福竜丸の久保山愛吉無線長は半年後の9 . . . 本文を読む
コメント (7)

原子力ムラのネット工作員列伝!「日本人はみんな馬鹿だ」

2017年01月03日 | 放射能と情報操作
『病的な執念深さで福島第一原発の放射能をネットで取り上げ続けた商売熱心な詐欺師もどきの飯山一郎』 玄米乳酸菌で放射能を無害化(除染)するとの余りにもお粗末で馬鹿馬鹿しい飯山一郎の場合は原子力ムラのネット工作員列伝の番外である。 たぶん、単に『日本人はみんな馬鹿だ!』と思っている詐欺師(商売人)である。余り真面目に考えない方が良いでしょう。(フクシマに関して、他が取り上げないようなことでも取り上げ . . . 本文を読む
コメント (6)

「日本人はみんな馬鹿だ」 !

2017年01月02日 | 放射能と情報操作
木下黄太のブログ(nagaikenji20070929)で見つけた4コマ漫画ですが余りにも楽観的。日本国の腐敗が止まらない。 たぶん残念ですが既に終わっているのです。到底10年とか20年も今のままの日本が持つとは思えない。フクシマのレベル7の核事故発生から5年半以上が経過して、とっくの昔に自分が死んでいる事実に気がつかず徘徊するゾンビそのもの。 『醜いし怖ろしい真実よりも安っぽいが美しい嘘が良い . . . 本文を読む
コメント (5)

福島県検討委二順目(2014年度、2015年度)7割を調べて68人の小児甲状腺がん

2016年12月30日 | 放射能と情報操作
『がん・がん疑い 新たに9人 』 2016年(平成28年)12月28日[水曜日]NHKニュース 原発事故のあと行われている子どもの甲状腺の検査に関する県の検討委員会で、2巡目の検査でがんやがんの疑いと診断された子どもが新たに9人増えて68人となったことが報告され、原因などを慎重に調べていくことが議論されました。 県は、原発事故当時18歳以下だったおよそ38万人を対象に甲状腺の検査を行っていて、 . . . 本文を読む
コメント (3)

福島第一核事故からたった3年で成人の甲状腺がん(初めての労災認定)

2016年12月18日 | 放射能と情報操作
『わざわざ自分からアメリカに出かけてトモダチ作戦に参加した米兵の放射能被害に涙した小泉純一郎』 政務活動費の横領を追及された記者会見の場で突然号泣した野々村竜太郎兵庫県議員以上に、あまりにも胡散臭いのである。 原子力空母ロナルド・レーガンは、福島第一原発から230キロも遠く離れた太平洋上で放射性プルーム(放射能雲)に遭遇して5時間だけ短時間被曝したが、それでも多数のアメリカ兵乗員に重篤な放射能被 . . . 本文を読む
コメント (2)

東京電力福島第1原発3号基への注水が一時停止

2016年12月07日 | 放射能と情報操作
『原子炉注水、1時間停止=作業員がスイッチに接触-福島第1原発3号機・東電』2016/12/05時事通信 東京電力は5日、福島第1原発3号機で原子炉への注水が約1時間にわたり停止したと発表した。3号機では事故で核燃料が溶け落ちており、冷却に必要な注水量が確保されていない状態となった。 東電によると、5日午前10時すぎ、3号機の原子炉注水用ポンプが停止。同11時前に別の注水用ポンプを起動し、原子炉 . . . 本文を読む
コメント (2)