逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

フクシマ原発の津波高は8メートル?だったと東京電力が認める

2016年02月28日 | 放射能と情報操作
『何処にでもある高さ3~5メートルの普通の堤防を「高さ10メートルだ」と言い張った東京電力と日本政府の破廉恥な真っ赤な嘘』   国際原子力機関(IAEA)に対して日本政府がレベル7の未曾有の東京電力福島第1原発事故から3ヶ月後に『大津波が原因だ』とする報告書を送ったが、この時東電提供の『10メートルの大堤防を越える15メートルの大津波』との国辱的な爆笑インチキ写真を添付していた。 誰が見ても堤防の . . . 本文を読む
コメント

1868年明治維新の東京遷都(せんと)ではなく東京奠都(てんと)だった

2016年02月27日 | 政治
異能の漫画家蛭子能収が考えた2020年東京オリンピックのマスコットキャラクター (手抜きのユルキャラ)『トカイッコ』 52年前の1964年東京オリンピックの時代ではオリンピックのマスコットは存在していなかったが、大人気の『ひこにゃん』や『クマモン』のようなユルキャラ全盛の現在はエンブレムやポスター以上にオリンピック大会を象徴する存在として大会マスコットが親しまれている。 白紙撤回された恐竜アーチ . . . 本文を読む
コメント

日本を滅亡に導いた二・二六事件から80年目、東電やっと強制起訴に

2016年02月26日 | 放射能と情報操作
核事故から5年目直前に撤去されていた双葉町の「原子力明るい未来のエネルギー」の看板 『日本を滅亡に導いた二・二六事件から80年目の不吉な節目に、』 二・二六事件とは80年前の1936年(昭和11年)2月26日未明、陸軍の青年将校らに率いられた約1500人が首相官邸などを襲撃、高橋是清蔵相らを殺害したが、勅命(天皇の命令) を受けて戒厳司令官より反乱鎮定の命令が発せられたのは、事件3日目の28日 . . . 本文を読む
コメント (2)

未曾有のフクシマの核事故から5年目前、今まで隠していた「真実」が次々明らかに

2016年02月25日 | 放射能と情報操作
 『段階的凍結を申請 第1原発、凍土壁で規制委に東京電力』2016年02月23日福島民友ニュース 東京電力は22日、福島第1原発の汚染水対策「凍土遮水壁」の全面凍結に向けた第1段階として、原子力規制委員会に建屋海側と山側の大部分を段階的に凍結させる計画を申請した。計画は3月上旬に予定されている規制委の検討会で協議される。協議を踏まえて規制委が計画を認可した場合、早ければ3月中にも凍結が始まる。 . . . 本文を読む
コメント

3・11核事故から5年目前、風向きが変わるフクシマ

2016年02月24日 | 放射能と情報操作
東日本大震災の翌日に写真家の石川梵さんが空撮した福島第一原発。 鮮明な画像から、1号機の排気筒から ) 白煙が確認できる。この約1時間後に1号機建屋は爆発した=2011年3月12日午後2時40分ごろ  『ベントの白煙くっきり 写真家・石川梵さん空撮、爆発1時間前の福島第一原発』2016年2月19日 中日新聞夕刊 東京電力福島第一原発事故で、東電は事故発生翌日の2011年3月12日、1号機の原 . . . 本文を読む
コメント (10)

参加しているメンバー全員が「嘘つき」だった

2016年02月22日 | 社会
『LIAR!LIAR!(嘘つきだ)の大合唱』 孫崎 享 ‏@magosaki_ukeru 今日の政治漫画: トランプ、クルーズ、ルビオ、ブッシュ共和党討論会で互いが相手をうそつきと非難、聴衆「彼らもやっと本当のこと、いうようになったわ」18日Tom Toles 『抜きんでた有力候補が一人もいない「団子レース」のみにくい泥仕合(つぶし合い)』 どんぐりの背比べ状態の共和党大統領候補 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

小児甲状腺がん「数十倍多い」フクシマ

2016年02月18日 | 放射能と情報操作
『合計165名が小児甲状腺癌と診断された福島県の子供達』  2016年(平成28年)2月15日13時30分、第22回福島県「県民健康調査」検討委員会による福島県の子供の甲状腺の病変に関する最新発表が行われた。 検討委資料によると、検査対象37万人のうち8割の30万人で実施した一順目検査(先行調査、スクリーニング検査)では合計114名が小児甲状腺がんだと診断されている。(検討委の隠語では『がん疑い . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (1)

新聞休刊日だった2月15日(小児甲状腺がんの検討委発表)

2016年02月15日 | 社会
Motoji Sekine一般公開Feb 15, 9:10   2016年2月15日 ベランダにて撮影 富士山の吊るし雲が上昇気流で舞い上がる 『強風時の富士山の風下側にできる吊るし雲』 風が強いとき、気流が独立峰である富士山にぶつかると山の斜面に沿って上昇気流によって大気が膨張して温度が下がり、水蒸気が凝結して雲粒ができるので独特の雲が発生する。 富士山の頂上付近にできる特徴的な笠雲は有名だ . . . 本文を読む
コメント

アベノミクスの崩壊と目前に迫った2月15日(小児甲状腺がんの福島県検討委発表)

2016年02月14日 | 放射能と情報操作
『超巨大な「猫だまし」(赤いニシン Red herring レッドへリング)だったらしい15年前の9・11事件』  ITバブルの崩壊の偽装工作だった疑いが高い15年前の2001年9月11日にアメリカの中心部(資本主義の総本山)で連続して起きた不思議な同時破壊工作(9・11事件)では当時のブッシュ政権は即座に犯人はイスラム過激派組織「アルカイダ」だと断定して、現在も続く永久に終わらない対テロ戦争に . . . 本文を読む
コメント (2)

迷惑な北朝鮮の人工衛星と、打ち上げを利用して日本で進む言論統制の恐怖

2016年02月12日 | 政治
『東京のど真ん中に据えられた広域防空ミサイル「パトリオットミサイル」(PAC-3)』2016年02月10日Sputnik 日本 2月2日火曜日、北朝鮮当局は、国際海事機関(IMO)と国際電気通信連合(ITU)に衛星打上げを通告したが、中谷防衛大臣は2月3日に自衛隊に対し、北朝鮮のミサイル発射に備え、破壊措置命令を出したことを明らかにしている。 ロシアのSputnikは10日、『千代田区市谷にある . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (1)

東大生の4人に1人が発達障害(アスペルガー症候群)?

2016年02月10日 | 社会
『ハリウッド映画「レインマン」の美しい設定とは大きく違っている厳しい現実世界』 1988年に公開され第61回アカデミー賞作品賞の映画『レインマン』は、主演はダスティン・ホフマンとトム・クルーズの二人だがアカデミー主演男優賞を受賞したのは何故かダスティン・ホフマンだけだった。(トム・クルーズは受賞できませんでした) 自閉症で知的障害があり意思疎通が困難な、普通には極度の痴呆にしか見えない兄レインマ . . . 本文を読む
コメント (5)

お国自慢と記憶の捏造で陥った「自家撞着」の蟻地獄

2016年02月07日 | 社会
東京五輪の2年前、国鉄(現JR)東京駅近くの路上風景。植え込みも路上もごみだらけ=東京都中央区京橋1丁目で1962年5月27日、池田信さん撮影 『お国自慢と記憶の捏造』メディア時評 =文筆家・立教大特任教授、平川克美 他人の欠点はよく見えるが自分の欠点は目に入らない。それが集団的な排外的思想や尊大な自国礼賛に結びつけば、厄介なナショナリズムへと発展する。 1980年代後半のバブル期、パリや . . . 本文を読む
コメント (5)

米大統領選「予備選」で投票できるのは党員だけですよ

2016年02月06日 | 政治
 『イギリス東インド会社内の「下克上」として出発していたアメリカ合衆国(イギリス東インド会社北米本社)』 ブログ記事冒頭に掲げている旗は帝国主義の過酷な植民地支配の象徴として悪名高いイギリス東インド会社の社旗だが、1776年7月4日『アメリカ独立宣言』前後の1775年12月3日から1777年6月14日までの1年6ヶ月間使われたアメリカ合衆国旗(グランドユニオン旗)と東インド会社旗が同じデザインだ . . . 本文を読む
コメント

アメリカ大統領選 波乱の幕開け

2016年02月03日 | 社会
1776年7月4日『アメリカ独立宣言』前後の1775年12月3日から1777年6月14日までの1年6ヶ月間使われたアメリカ合衆国旗(グランドユニオン旗)であるが、何と、イギリス東インド会社の社旗と同じデザインだった。 イギリス東インド会社は貿易を独占しただけではなく植民地経営の全てを独占していて、イギリス本国以外の徴税や通貨発行、法律施行から独自の軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行うなど『国 . . . 本文を読む
コメント

米軍司令官「中国から攻撃あれば尖閣を守る」?の本気度とは

2016年02月02日 | 軍事、外交
米国海軍第六艦隊所属のヨークタウン9600トンを国際水域(領海外)に追いやろうと、警告の後に故意に体当たりするソビエト海軍のフリゲート艦Bezzavetniy(ベズザヴェートヌィ)3500トンの衝突写真。(自分の3倍もある米艦に体当たりして追い払ったソ連軍のフリーゲート艦には沈没する危険性まであったので文字通りの『決死の体当たり』だった) 冷戦の最終段階である1988年2月12日、アメリカ海軍のミ . . . 本文を読む
コメント