逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

ナンガパルバット国際登山隊の惨劇、辛坊ヨット遭難の無残

2013年06月29日 | 社会
『パキスタン観光業を壊滅させた米軍無人機の攻撃』 アメリカの無人機によりパキスタンタリバン運動(TPP)、イスラム武装勢力のナンバー2ワリ・ウル・ラフマンが殺害され、武装勢力による報復攻撃が心配され首都イスラマバードなどパキスタン全土が厳戒態勢にはいっていた。 エベレストに次ぐ世界第二の高峰K2があるパキスタン北部のカラコルムはヒマラヤ山脈の西端に位置するのでモンスーンの影響が比較的小さく6 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (8)

「ふしぎなキリスト教」不思議な橋爪大三郎

2013年06月26日 | 宗教
『待ち望まれていた科学的解説本「ふしぎなキリスト教」』 西洋近代文明を理解するためには、まずキリスト教を理解しなければならないのは明確な事実である。 ところが歴史的に日本人は長年一番大事な『キリスト教』の理解を惰ってきた。 正しくは一生懸命真面目に、必死になって『何とか学ぼうとした』が、とうとう最後まで『不思議なキリスト教』の本質を『理解出来なかった』のである。 日本人が長年理解することに失 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (3)

「日本文化における時間と空間」加藤周一

2013年06月23日 | 文化・歴史
『帝国の敗北、周りの空気を読む日本の不幸』 今の日本ですが、1945年8月15日の敗戦の少し前と酷似している。何から何まで少しも違いが無い。 世界の常識とは隔絶した特殊な日本的悪弊が蔓延して社会全体を蝕んでいるが誰にも止めれない悲劇。 日清日露の戦争でも日中15年戦争でも第二次世界大戦でも同じで、終始一貫して日本政府(マスコミ)は国民に『この戦争は正義の戦争だ。日本は勝ち続けている』と言い続 . . . 本文を読む
コメント (21)   トラックバック (4)

恐る恐るタブーに挑む毎日新聞の日本的勇気

2013年06月20日 | 社会
『へタレなので最初から腰が引けているが、一番まとも』 日本のマスコミは全員が愛国的なのか、『中国が一方的に悪い』(日本が全面的に正しい)と尖閣諸島問題で日中両国の騒動を挙国一致で最大限、煽りに煽っていた。 尖閣問題に関しては右の産経も左の赤旗も同一主張で有り、メディア全員が『同じ』だった。 『違い』が無いのである。 6月18日付け毎日新聞のオピニオン記事『海峡 ニッポン 』第6回『尖閣諸島』 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

子供は嫌いだ

2013年06月17日 | 社会
    (今の橋下徹とは見かけが違う、「橋下徹 公式HP」の写真) 『手品(詐欺)の種明かし』(子供政治家橋下徹は嫌いだ) あっと驚く大掛かりで奇想天外な手品でも、どれ程巧妙で大胆な詐欺でも同じで、常に騙しのネタ(原理)は馬鹿馬鹿しい程簡単な構造になっている。 分かって終えば『その程度のアホ臭い「子供騙し」だったのか』と、騙されていた人々が驚くほどである。 大手のメディアで、自分が今まで感 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (5)

福島県合計特殊出生率が大幅に低下(日本全国では上昇)

2013年06月15日 | 放射能と情報操作
『2012年と2011年の合計特殊出生率の県別比較』 日本の合計特殊出生率は2005年に過去最低の1.26となってから一時上昇したあとは1.37~1.39で横ばい状態だった。 (合計特殊出生率とは、一人の女性が生涯で産む子供の人数の推計値) 6月5日、福島県検討委が小児甲状腺がん『12人確定、15人疑い』とのチェルノブイリよりも悪い驚愕的数字を発表している。 同じ6月5日に厚生労働省は201 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (6)

福島県の小児甲状腺がんの爆発的発症で日本全体が茫然自失「言葉を失う」

2013年06月11日 | 政治
『ご臨終の日本のマスメディア』 『戦争の最初の犠牲者は”真実”である』とは、1945年9月に外国人記者として初めて現地長崎市入りして原爆投下の被害を確認したシカゴデイリーニュースの記者G・ウェラーの有名な言葉であり、見事に『真実』(報道)の核心部分を突いている。 この言葉は、『報道とは何を意味するのか』との根本的な問に対する、恐ろしい答えなのです。 2011年3月11日の東日本大震災時に起き . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (7)

チェルノブイリの4年後より10倍悪い福島県「小児甲状腺がんが爆発的発症」

2013年06月08日 | 放射能と情報操作
『もう どうにも止まらない』東京電力福島第1原発事故による放射線の影響 6月5日の共同通信によると、東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査で、1次検査の結果が確定した約17万4千人の内、18歳以下で甲状腺がんの診断で『がんと確定した』が12人、『がんの疑い』(細胞診陽性)は15人と発表したが、細胞診断は9割以上の精度があるので合計では27人以上が発症し . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (6)

国連拷問禁止委員会 橋下徹の従軍慰安婦で『関係者の訴追と処罰』を日本に勧告

2013年06月04日 | 地方自治
『もはや病気』  『右傾化した日本非難の大合唱』 国連委員会、中曽根康弘や橋下徹の逮捕を要求か。 5月31日国連の拷問禁止委員会(拷問などの禁止を定めた国連の条約に関する委員会)は、慰安婦問題を巡る日本維新の会の橋下代表の発言を受けて日本への勧告をまとめ、『事実を否定し、元慰安婦を傷つけている』と日本政府に是正を求めた。 橋下徹日本維新の会共同代表の行った旧日本軍慰安婦関連の問題発言に対して . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (4)

橋下徹、売春業者顧問弁護士の過去を書いた毎日新聞に逆ギレ

2013年06月01日 | 地方自治
『突然勃発した仁義なき闘い。橋下徹vs毎日新聞』 28日特派員協会主催の会見で橋下徹は事前にA4用紙6枚の釈明文を用意して全員に配布。この文章の範囲で釈明して終わりにする算段だったようですが、従軍慰安婦問題の幕引きに失敗する。 29日橋下徹大阪市長が前日に東京で行われた日本外国特派員協会主催の釈明会見について、なぜか名指しで毎日新聞だけを非難している。 理由は自身の従軍慰安婦釈明会見での、毎 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (3)