逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

世界で日本だけ「知らせない」  \(^o^)/オワタ 

2018年10月11日 | 放射能と情報操作
みんなは知っていたのに、・・・世界中で知らなかったのは日本人だけだった『ヒロシマから19年後に開催された、1964年の東京オリンピック』 (^_^;)  人類に対する最初の核兵器使用のヒロシマの悲劇から19年目の1964年10月10日、東京オリンピック開会式で聖火最終ランナーに向かって、国立競技場のグラウンドに整列していた各国の選手団が一斉に駆け寄った驚きの超ハプニング。(驚きの映像は、この写真 . . . 本文を読む
コメント (3)

9・11から17年、3・11フクシマから7年半

2018年09月11日 | 放射能と情報操作
間違いなく21世紀の世界の根本を大きく変えた2001年の9・11事件から17年の記念すべき日なのにマスコミの扱いがほぼゼロ。(多分、合理的な説明が不可能なので、仕方なくマスメディアや有識者たちは全員が考えることを放棄しているのでしょう) 意味不明な?NHKの摩訶不思議なテロップ。 気象庁や警察当局などの関係官庁ではなくて、直接安倍晋三首相(官邸)が主導していた地震報道の怪。今までの常識とか前 . . . 本文を読む
コメント (8)

福島第一原発事故から7年 初めて被曝による労災死亡を認定

2018年09月06日 | 放射能と情報操作
『福島第一原発 作業員がんで死亡 被ばくによる労災と認定』2018年9月4日 NHK 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、放射線量を測定する業務などにあたっていた50代の男性作業員が肺がんを発症して死亡し、厚生労働省は被ばくによる労災と認定しました。原発事故の収束作業をめぐって、がんで死亡したケースが労災と認定されたのは初めてです。 労災認定されたのは、福島第一原発の事故後、放射線量を測定す . . . 本文を読む
コメント (1)

偽科学批判教の菊池誠とトリチウム

2018年08月31日 | 放射能と情報操作
『まさにカミカゼ・アタック(自爆攻撃)』 目の前に最終局面が迫った今の日本では全員が怖がって、頭が空っぽで目が節穴の低能ネットウヨでも『見ざる聞かざる言わざる』でひたすら沈黙しているのに、・・・・・・ 7年前の2011年3月11日のフクシマの核事故後にエアー御用学者の筆頭に挙げられている菊池誠がすごいことになっていた。  松浦晋也さんがリツイート kikumaco(9/7ベアーズ)‏ @ki . . . 本文を読む
コメント (5)

トリチウム海洋放出、公聴会始まる

2018年08月30日 | 放射能と情報操作
                               東京電力福島第1原発の敷地内に林立する汚染水貯蔵タンク 『福島第一原発 トリチウム水 処分方法めぐり公聴会』2018年08月30日04時04分 NHKニュース 福島第一原子力発電所にたまり続けている「トリチウム」という放射性物質を含む水の処分について、国(経済産業省エネルギー庁)の有識者会議は、30日から一般から意見を聞く公 . . . 本文を読む
コメント (4)

フクシマの汚染水(トリチウム)の海洋投棄

2018年08月25日 | 放射能と情報操作
2年以上前の東京電力福島第一原発敷地内いっぱいに林立する容量1000トンの高濃度放射能汚染水のタンク群の画像。東京電力には汚染水タンクを新しく増設する余裕が無くなっていた 『放射能汚染水 トリチウム以外放出容認』規制委員長 “薄めれば出せる” 2018年8月24日(金)しんぶん赤旗   原子力規制委員会の更田豊志委員長は22日の定例会見で、東京電力福島第1原発で高濃度放射能汚染水の処理後に除去し . . . 本文を読む
コメント (5)

事実上フクシマの核燃デブリの臨界を認める

2018年08月02日 | 放射能と情報操作
東京電力福島第一原子力発電所の海側遮水壁(しゃすいへき)経済産業省・資源エネルギー庁提供。(雲一つない快晴なのに、・・・写真の右側には低い無気味な雲が原発構内に立ち込めているように見える) 『高濃度汚染水は原子炉圧力容器の冷却水だと認めた日本政府(経済産業省・資源エネルギー庁)』 松浦晋也さんがリツイート 竜田一人‏ @TatsutaKazuto · 6:48 - 2018年8月1日 . . . 本文を読む
コメント (16)

集計漏れ5人から11人に、小児甲状腺がん209人

2018年07月10日 | 放射能と情報操作
『福島の甲状腺がん集計漏れ11人  検査の信頼性揺らぐ』2018/7/7 共同通信社 東京電力福島第1原発事故の後、福島県が県内全ての子ども約38万人を対象に実施している甲状腺検査で、集計から漏れていた甲状腺がん患者が11人いることが7日、関係者への取材で分かった。事故当時4歳以下も1人いた。県内で多く見つかっている子どもの甲状腺がんと事故との因果関係を調べる検査の信頼性が揺らいだ格好だ。 福島 . . . 本文を読む
コメント (2)

アインシュタインの「あっかんべー」

2018年06月25日 | 放射能と情報操作
『相対性理論より有名なアインシュタインの「あっかんべー」写真のエピソード』 アインシュタインは写真嫌い。人前ではめったに笑顔を見せた事がなかったと言われている。「アインシュタイン舌出し写真」は七十二歳の誕生日に、INS通信社のアーサー・サス記者によって撮影されたもので、車で夫妻に挟まれて座っているときにマスコミの執拗なリクエストに舌を出したというもの。 写真が使い物にならないよう、わざと「あっか . . . 本文を読む
コメント (2)

福島原発事故と子供の甲状腺がん

2018年06月14日 | 放射能と情報操作
『福島原発事故と子供の甲状腺がん』2018年6月14日 木曜日(大安)北海道新聞 どうしん電子版 東京電力福島第1原発事故当時18歳以下だった福島県民約38万人を対象とした甲状腺がん検査で、これまでに200人近くが、がんまたはその疑いと診断された。医師や専門家でつくる福島県民健康調査検討委員会は「(原発事故による)放射線の影響とは考えにくい」との中間報告をまとめている。もともと「100万人に . . . 本文を読む
コメント (5)

水にも酸にも溶けないガラス化した放射性セシウム

2018年04月03日 | 放射能と情報操作
『原発事故7年“謎の放射性粒子”徐々に判明』2018年3月6日 日テレNews24 福島第一原発の事故からまもなく7年…最近になって「セシウムボール」と名付けられた極めて小さな粒子が確認され始めた。過去の原発事故では見つかっていない放射性粒子で事故直後に首都圏まで到達したとみられている。その最新の研究に迫った。 『73年ぶり2回目の極限まで劣化した「玉音放送」だったのか、?』 ★注、 日本最大 . . . 本文を読む
コメント (2)

フクシマの除染作業に外国人技能実習生

2018年03月06日 | 放射能と情報操作
『2015年(3年前)漢字のすべてに振り仮名がある東電が実施した作業員のアンケート用紙』 フクシマの現場では、「用紙」の様な簡単な漢字にも「ようし」と振り仮名が書いてある徹底ぶりには呆れるやら驚くやら。ほぼ100%近い識字率の日本国で漢字が読めず平仮名しか理解出来ない労働者の人数は限定的。極少数である。もしも業者が知的障碍者を騙して危険な作業を行っていたとしたら詐欺どころが、人道上も大問題である . . . 本文を読む
コメント

3・11フクシマ 7年目前夜の憂鬱

2018年03月03日 | 放射能と情報操作
思えば遠くに来たものだ・・・  『愛とは被曝し合うこと』  レベル7の核事故(フクシマ)から7年目目前の3月3日、我が日本国を代表するマスメディである毎日新聞社の編集委員伊藤智永のコラム『時の在りか』のタイトルが凄まじい。 ズバリ、『愛とは被曝し合うこと』だったのですから、我々日本人は全員呆れ果てて、絶句するしかない。 あまりにも、いさぎよく『愛とは被曝し合うこと』と開き直られては、もはや批判 . . . 本文を読む
コメント (3)

水素爆発ではなくベントで出ていた放射性汚染物質

2017年11月29日 | 放射能と情報操作
『ふくしま放射能汚染の誤解』     2017/11/18(土)早川由紀夫の火山ブログから、 (放射性物質の放出時間を完璧に管理していた東京電力や日本政府) マスコミで報道された1号基の大爆発(3月12日)やその二日後の3号基の大爆発(14日)の時に放射性物質が大量に出て、事故後3月末までの2週のあいだずっと出続けたは大きな間違いか勘違いである。 もしもマスコミとか有識者の言うように、フクシ . . . 本文を読む
コメント

順序が 違うだろぉぉー!!福島最終処分場 

2017年11月18日 | 放射能と情報操作
中間貯蔵施設とは別に???? <福島・廃棄物最終処分場稼働>11月17日 毎日新聞夕刊 環境省は17日、東京電力福島第1原発事故で発生した福島県内の指定廃棄物(1キロ当たりの放射性セシウム濃度が8000ベクレル超10万ベクレル以下)などを埋め立てる同県富岡町の最終処分場に、廃棄物の搬入を始めた。 指定廃棄物の最終処分場稼働は全国で初めて。 フレコンバッグに包まれた放射性廃棄物を積んだトラッ . . . 本文を読む
コメント (1)