逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

「戦争は政治・経済の延長である」クラウゼヴィッツの戦争論

2017年08月18日 | 経済
近頃流行る『肉屋を支持する豚』どころか、『自分は肉屋だと勘違いした豚たちの悲劇』 ブラジルの日系移民と同じ『勝ち組』の2017年8月15日の産経新聞朝刊の書籍の広告欄が凄まじい。平和ボケの産経新聞読者(戦争を知らない幸せな子供たち)にとっては72年前に日本がボロ負けした第二次世界大戦で大日本帝国が勝っていた歴史が正しいらしい・・・『肉屋を支持する豚』どころか『自分は肉屋だと勘違いした豚』である。 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (1)

トランプ相場で外人の曝買いが始っていた!

2016年12月20日 | 経済
『投票日の数日前に大統領選の結果を正しく予想していた投資家』 NYダウではクリントンの敗北確実で反転して、トランプ相場では史上空前の大商いが続いていた。ところが日本国内(東京)では個人投資家は次期トランプ政権に対して警戒感が強く証券会社は不景気な顔をしている。東京市場でも(NYダウと同じで)もっぱら買っているのは外人投資家だけなのである。(外人投資家はクリントンやオバマではなく、有識者とかマスコ . . . 本文を読む
コメント (5)

トランプ・フィーバーを知らない道徳的(PC)経済学者

2016年11月19日 | 経済
『市場は「トランプ祭り」 東証、一時10カ月ぶりの高値』2016年11月18日朝日新聞デジタル 18日の東京金融市場では、米国の早期利上げ観測やトランプ次期米大統領の政策への期待から、安全資産とされる円や国債を売って、株式を買う動きが加速した。円相場は1ドル=110円台後半に急落する一方、日経平均株価は取引時間中に1万8043円まで値上がりし、1月7日以来約10カ月ぶりに1万8000円を回復した . . . 本文を読む
コメント (4)

秘密タテに答弁拒否(黒塗り資料)のままTPP強行採決

2016年11月05日 | 経済
『TPP承認案と関連法案が衆院特別委で可決』11/4(金)産経新聞 衆院TPP特別委員会の開会に抗議し、退室する野党議員ら=4日午後、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞) 衆院環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)特別委員会は4日、TPP承認案と関連法案を自民党、公明党、日本維新の会による賛成多数で可決した。 8日の衆院本会議で可決され、参院に送付される見通し。 『TPP承認 . . . 本文を読む
コメント (2)

世界同時多発デフォルト「赤信号!みんなで渡れば怖くない」

2016年09月30日 | 経済
『危険な兆候、米議会がオバマ大統領の拒否権を無視』2016年09月29日 Sputnik 米議会はオバマ政権下で初めて大統領の拒否権を覆した。 規定拒否権が覆されて成立したのは2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件で犠牲者の遺族らが外国の政府および市民に対して訴訟を起こすことを許す法案。 法案はこのテロリストらへの支持を表明したとして再三にわたって非難を受けているサウジアラビアを主に対 . . . 本文を読む
コメント

アメリカ大統領布告「国家準備月間」 各自の責任で「未知の危機」に備えよ

2016年09月12日 | 経済
ホワイトハウス 2016/08/31 大統領宣言 – 2016年国家準備月間(デフォルトの準備?) アメリカ合衆国大統領による宣言 アメリカ国民は、私たちの国家の最も初期の時代から試練と悲劇によって試され続けています。 しかし、年月を重ねるにつれて、どんな困難が立ちふさがっていようとも、私たちアメリカ国民はそれを乗り越えて前進してきました。 9月11日の同時多発テロから今年で 15年になります . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (3)

50年国債発行と1人当たり1万5千円をばらまく安倍政権

2016年07月29日 | 経済
『敗戦に向かう(玉音放送直前の)日本』 金子勝 ‏@masaru_kaneko 2016年7月27日 【インパール作戦3】アベ内閣は、戦後最長の50年国債を発行する予定だという。 日銀がいずれこの国債を購入するようであれば、政府の経済対策は「ヘリコプターマネー」(戦時中の日銀の国債直接引き受け)に類似したものになる。敗戦へ向かう日本。 『【経済対策】低所得者に1万5千円給付 対象2200 . . . 本文を読む
コメント (2)

(続)安倍晋三首相の不吉な「大予言」 世界はリーマンショック直前だ!

2016年05月30日 | 経済
『核のボタンを持ったままヒロシマで献花したオバマの反核パフォーマンス』 日本だけではなく世界のマスコミが大々的に報道した『オバマと抱き合う被爆者』の写真ですが、この人はご自身が被爆者であるとともに71年前に原爆で爆死したB29乗員の米兵12名の身元を特定した功績がある森重昭さん。(抱き合う二人の数メートル離れた場所では核のボタンを持って軍人が待機していた) アメリカ大統領の顔よりも、実はアメリカ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

安倍晋三首相の不吉な「大予言」世界は(2度目の)リーマンショック直前だ!

2016年05月27日 | 経済
『G7首脳会談、世界経済は「大きなリスク(第二次リーマンショック)に直面している」 』2016年5月26日 TBS News 26日に開幕したG7伊勢志摩サミットで各国首脳は世界経済について協議し、安倍総理は『大きなリスクに直面しているという認識で一致した』と述べました。 サミットの協議で安倍総理は、世界経済の現状について『2008年に起きたリーマンショック前の状況に似ている』という認識を示し . . . 本文を読む
コメント (3)

アベノミクスの崩壊(株価下落)で解散・総選挙

2016年04月01日 | 経済
『平均株価1年で2400円下げ  15年度末、現政権で初』2016/3/31 共同通信  日経平均株価の推移(2015年4月1日~16年3月末まで)   2015年度末を迎えた31日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は前年度末と比べて2400円余り値下がりし、1万6758円67銭で取引を終えた。 年度末の株価が前年度を下回るのは東日本大震災が起きた10年度以来5年ぶりで、12年12月に第 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

甘利金融担当大臣辞任「ゲスの極み」翌日にマイナス金利に突入した日銀の黒田バズーカ

2016年02月01日 | 経済
『対岸の火事じゃない トランプ氏の不気味発言「米はバブル」』  2016年1月29日 日刊ゲンダイ 『米大統領選で、共和党のトップランナー、不動産王ドナルド・トランプ氏が、また吠えた。』 26日に出演したテレビ番組で、「米国はバブルの状態にある」と言い放ったのだ。 さらに、「崩壊するなら、私が大統領になる前にして欲しい。就任の翌日になるのであれば、前日の方がまだましだ」と話した。米ロイターが . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)

3ヶ月半ぶり株価20000円台回復とロシア機撃墜の深層

2015年12月05日 | 経済
『7~9月期のたった3カ月で8兆円がパー。しかし、その後2ヶ月で2万円台突破のジェットコースター相場』 年金資金までつぎ込むアベノミクスの株価操作(日本銀行による違法なインサイダー取引)でも9月末時点では17000円を割っていた株価が、2ヶ月前から唐突に上昇し出して12月1日には、とうとう20000円の大台を突破する。 2ヶ月前までの世界的株価の大幅な低下は中国経済の減速が大きく影響したと言われ . . . 本文を読む
コメント

摩訶不思議なTPP大筋合意 甘利明のフライング報道

2015年10月08日 | 経済
『結果を待たず 甘利大臣「TPP大筋合意」フライング会見の悪辣』 「大筋合意の会見を開く準備ができた」――。甘利担当相が、そう表明したのは米国時間4日正午(日本時間5日午前1時すぎ)のこと。 大新聞の最終締め切りに間に合わせるような時間帯で、甘利大臣の狙い通り、5日の全国紙の1面には「TPP大筋合意へ」の大見出しが並んだ。 ところが、最後の閣僚会合後、当初は4日午後6時(日本時間5日午前7時)に . . . 本文を読む
コメント (2)

「山高ければ谷深し」9月11日大暴落説

2015年09月10日 | 経済
『中国は9月3日の対日戦勝70周年軍事パレード後に下げ止まり?』 『中国人民銀行、証券市場の安定は至近距離』 中国証券市場の不安定な動きも終わりに近づいた。中国人民銀行国際部のチジュ・ツジュン役員はアンカラで終了したG20財務相会合の後、明らかにした。 チジュ役員は、中国政府のとった証券市場の「自由な急落」克服策によって市場は「通常」の状態に修正されたと評価し、「割合近いうちに不安定な動きも止ま . . . 本文を読む
コメント (4)

致命的だった2014年4月の消費税増税

2015年07月30日 | 経済
『モノが売れない。消費税でデフレの泥沼に突っ込んだ日本経済』 日本政府(財務省)の発表した統計でもバブル期以後では、消費税を3%から5%に、橋本龍太郎首相が1997年(平成9年)に、たったの2%増税で日本経済が壊滅的な被害が出たことは明らかである。しかも、バブル経済のぬくもりが残っていた1997年当時は日本経済には十分な余裕があった。 ところが安倍晋三内閣による2014年4月の8%への消費税増税 . . . 本文を読む
コメント