逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

挙国一致「大政翼賛会」の最後のピース「日本共産党」

2015年02月11日 | 共産党
「我々は自粛しない」 翼賛体制に抗議 言論人1,200人が署名2015年2月9日田中龍作ジャーナル イスラム国による人質事件は、湯川さんと後藤さんの殺害が明らかになると、安倍首相の唱える「テロとの戦い」がすべてに優先される風潮をもたらした。翼賛体制の下地が整いつつある。 これでは表現の自由が奪われてしまう。強い危機感を抱く言論人、表現者ら1,200人がきょう「翼賛体制の構築に抗する声明」を発表 . . . 本文を読む
コメント (12)

韓国与党系新聞が日本共産党をべた褒め(極限まで右傾化した日本)

2014年12月04日 | 共産党
『大槻義彦が驚いた、韓国紙の高すぎる日本共産党への評価記事』 今週金曜日のメルマガは韓国の共産党傾斜の怪、です。Vol.2,No.25『韓国、中国の次は日本共産党と蜜月』 目次(1)CHOSUNONLINE(韓国最大メディア)、日本共産党ベタ褒めの怪(2)韓国、中国共産党と『兄弟の関係』の怪(3)隠された両者の思惑(1)CHOSUNONLINE(韓国最大メディア)、日本共産党ベタ褒めの . . . 本文を読む
コメント (2)

チェルノブイリ以後のソ連共産党に似ている3・11以後の日本共産党

2014年06月17日 | 共産党
『摩訶不思議なパラレルワールド』 『復興担い手 田植え実習』 『福島大学生、川内村民と交流』(赤旗6月15日記事から) 『教育の一環「未来学」  5科目 1年生400人が受講』 福島大学が始めた『ふくしま未来学』はボランティアでは無くて大学の正規の科目である。 現在1年生1000人のうち、前期開講の5科目をのべ400人が受講済み。 レベル7のメルトダウン事故で原発4基が暴走して誰にも止められな . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)

変わる共産党の志位和夫、変わらない赤旗

2013年01月07日 | 共産党
『志位委員長「衆院選、責任を痛感」』 共産党の志位和夫委員長は4日、党本部で開いた旗びらき(仕事始め)であいさつし、先の衆院選で公示前の9議席から1議席減らしたことについて『委員長として責任を痛感している』と述べた。 1月5日(土)産経新聞 共産党のトップが国政選挙の結果をめぐって自身の『責任』に言及するのは極めて異例で、20年間以上にわたって、いくら負けでも通常は『悪質な反共攻撃で後退した . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

『民主集中制』の党規約の意味

2010年10月30日 | 共産党
現在の日本共産党組織の問題点を簡潔に言うと党規約にある『民主集中制』の問題に集約されるのではないでしょうか。? 何故現在の日本共産党は民主集中制にこだわるのか。? なぜ民主主義だけではいけないのか。? 日本共産党機関紙赤旗では、『集団的に検討、その決定に参加した人々は決定を全面実践する責任があります。これが民主集中制の基本的原則です。』と説明する。 ですが、検討段階で反対であっても実践段階では . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (2)

共産党の失われた20年とネットコン(ネット共産党)の悲劇

2010年10月08日 | 共産党
日本共産党の第25回大会期・第2回中央委員会総会が9月25日から3日間の日程で開催され、参議院選挙敗北の原因を探求。 第二回中央委員会総会は赤旗全紙8ページにも及ぶ報告が行われたのですが、・・・本当に反省する気が有るのでしょうか? 共産党の党勢や赤旗読者が全般的に一貫して退潮傾向であることは事実で、これらの問題点を正直に発表したこと自体は評価出来るが、1年前の国政選挙での党勢から、今回の参議院 . . . 本文を読む
コメント (13)   トラックバック (4)

民主集中制と共産党の不思議な話

2010年09月22日 | 共産党
『民主集中制』の党規約の意味するもの』 >『共産党については、とある住民運動に最初は熱心に参加していた党員が、ある日突然手のひらをかえすように引き上げてしまったことを覚えています。』 ブログ読者氏が実体験された>『ある日突然手のひらをかえすように引き上げてしまった』< の話とは、多分いわゆる共産党規約の『民主集中制』の一番悪い側面が出たのではないでしょうか。? 何かの上からの『決定』(判断) . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (6)

一神教的世界観と共産党

2010年08月31日 | 共産党
よく指摘される共産党のマイナスイメージの中でカルト宗教と共通していそうな要素を箇条書きしてみるとどうでしょう。 ・独善的、独尊的 ・閉鎖的 ・排他的 ・不寛容 ・狂信的 ・教条主義 ・画一的(多様性がない、*一括回答する) (*市民運動をやってる人なんかは体験している人が多いと思いますが、全議員に何かのアンケート調査を求めたりすると、共産党だけなぜか一括回答してくる。国政だけでなく地方議会議員 . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (2)

共産党の歴史的敗北を分析する(番外、FK的印象操作其の三 )

2010年08月27日 | 共産党
宗教と共産主義と科学との不思議な関係2010年08月26日 | 共産党 『共産党と、ものみの塔の似た部分』 『共産党』ですが、残念ながら『ものみの塔』などのカルト宗教とイメージ的にかぶる部分が多い・・・ 『宗教と共産主義と科学』 日本共産党の党員とキリスト教系カルト信者の語り方や性格、特徴が良く似ているのに溜め息が・・・ 『部外者の素朴な疑問点』 科学とは客観的であり普遍的でもあるが、科学を生ん . . . 本文を読む
コメント (5)

宗教と共産主義と科学との不思議な関係

2010年08月26日 | 共産党
『共産党と、ものみの塔の似た部分』 日本における『共産党』ですが、残念ながら『ものみの塔』などのカルト宗教とイメージ的にかぶる部分が多いのは、明らかな事実である。 具体的な客観的事実(数字)でも、選挙前の世論調査での支持政党の調査と実際の投票で破壊的カルト宗教の政治部である『公明党』と『日本共産党』では不思議な一致点があるのです。 今度行われるの選挙で『何党に投票しますか』との新聞社などの世 . . . 本文を読む
コメント (65)   トラックバック (4)

東西南北劇場

2010年08月24日 | 共産党
記事に対するコメントであれば、賛成よりも反対の方が議論が盛り上がるので、大いに歓迎したいのですが、・・・・ 記事の提示している趣旨とは正反対とか、全く関係ないあさっての話を延々と書かれるとブログ管理者としては非常に困るのです。(記事を読みに来て頂いている読書の迷惑です) 最初から悪意ある妨害コメントであれば塵として処理する手も有るが、本人には悪意が無いので余計に処理に困るのですよ。書いてある意 . . . 本文を読む
コメント (48)   トラックバック (1)

共産党の歴史的敗北を分析する(4)

2010年08月22日 | 共産党
『諸々の今までの積み重なった問題』 共産党が240議席を確保して単独政権を樹立など私が生きている間に実現するなど、露ほどの可能性も有りませんが、随分昔に死んだ戦争の20世紀を生きた私の父は未来の21世紀には日本は戦争の無い平和な国になり野蛮で過酷な資本主義は崩壊していて、理想の民主主義的な社会主義になっていると確信していたのです。 今その予測は、平和は半分だけは実現しているし、日本型資本主義 . . . 本文を読む
コメント (28)   トラックバック (3)

共産党の歴史的敗北を分析する(3)

2010年08月10日 | 共産党
『敗北は(共産党員、支持者)予想されていたのだろうか』 消費税10%発言でのオウンゴールで与党民主党の過半数割れする可能性の高い参議院選挙で、事前の世論調査で好調な「みんなの党」の渡辺喜美が早くから過去の実勢から言えば大風呂敷とも思える「全員当選で二桁の議席」と豪語してほぼ予想どうりの二桁議席を得ている。 日本共産党は、自ら【650万票の得票で比例議席5議席と東京選挙区の必勝!】と6議席の目標を . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (4)

共産党の歴史的敗北を分析する(2)

2010年08月08日 | 共産党
自を付けたら『自民なの党』 渡辺喜美の『みんなの党』ですが、一年ほど前に自民党を出て結党したころは『新党一人』であるとして、仲間だった自民党議員からも嫌われていて、みんなにそろって馬鹿にされていた。 今回、管直人首相の消費税10%引き上げ発言のお馬鹿極まるオウンゴールで思わぬ幸運が舞い込んだが、渡辺代表の言っていることは小泉改革での竹中平蔵の発言と全く同じで、変わるところは何も無い。 竹中平 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (2)

共産党の歴史的敗北を分析する(番外、FK的印象操作其の二 )

2010年08月05日 | 共産党
共産党の歴史的敗北を分析する(3)2010年08月10日 | 共産党 Saitoさんへ (FK) 2010-08-10 23:18:16 私も今回は小沢vs特捜の視点で投票しました。結局、選挙区は民主(前原一味ではなはだ不本意だったのですが真の敵は自民と考えていましたので)、比例区は谷亮子さん(小沢バッシングの中であえて立候補したマスゴミに屈しない信念の強さを感じました。)に一票を入れました . . . 本文を読む
コメント