逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

一神教的世界観と共産党

2010年08月31日 | 共産党
よく指摘される共産党のマイナスイメージの中でカルト宗教と共通していそうな要素を箇条書きしてみるとどうでしょう。 ・独善的、独尊的 ・閉鎖的 ・排他的 ・不寛容 ・狂信的 ・教条主義 ・画一的(多様性がない、*一括回答する) (*市民運動をやってる人なんかは体験している人が多いと思いますが、全議員に何かのアンケート調査を求めたりすると、共産党だけなぜか一括回答してくる。国政だけでなく地方議会議員 . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (2)

小沢一郎(首相候補)圧勝 支持8割

2010年08月29日 | 政治
スポニチ Sponichi Annex2010年08月28日 民主党の小沢一郎前幹事長は、党代表選(9月1日告示、14日投開票)への出馬表明から一夜明けた27日、連合や医師会など支援組織回りをスタートさせた。 スポニチは公式サイト「スポニチ・アネックス」で緊急アンケートを実施したところ、有権者からの支持では小沢氏が(意外にも?)圧倒的な強さをみせている。 スポニチは26日の小沢氏の出馬表明 . . . 本文を読む
コメント (13)   トラックバック (7)

共産党の歴史的敗北を分析する(番外、FK的印象操作其の三 )

2010年08月27日 | 共産党
宗教と共産主義と科学との不思議な関係2010年08月26日 | 共産党 『共産党と、ものみの塔の似た部分』 『共産党』ですが、残念ながら『ものみの塔』などのカルト宗教とイメージ的にかぶる部分が多い・・・ 『宗教と共産主義と科学』 日本共産党の党員とキリスト教系カルト信者の語り方や性格、特徴が良く似ているのに溜め息が・・・ 『部外者の素朴な疑問点』 科学とは客観的であり普遍的でもあるが、科学を生ん . . . 本文を読む
コメント (5)

宗教と共産主義と科学との不思議な関係

2010年08月26日 | 共産党
『共産党と、ものみの塔の似た部分』 日本における『共産党』ですが、残念ながら『ものみの塔』などのカルト宗教とイメージ的にかぶる部分が多いのは、明らかな事実である。 具体的な客観的事実(数字)でも、選挙前の世論調査での支持政党の調査と実際の投票で破壊的カルト宗教の政治部である『公明党』と『日本共産党』では不思議な一致点があるのです。 今度行われるの選挙で『何党に投票しますか』との新聞社などの世 . . . 本文を読む
コメント (65)   トラックバック (4)

東西南北劇場

2010年08月24日 | 共産党
記事に対するコメントであれば、賛成よりも反対の方が議論が盛り上がるので、大いに歓迎したいのですが、・・・・ 記事の提示している趣旨とは正反対とか、全く関係ないあさっての話を延々と書かれるとブログ管理者としては非常に困るのです。(記事を読みに来て頂いている読書の迷惑です) 最初から悪意ある妨害コメントであれば塵として処理する手も有るが、本人には悪意が無いので余計に処理に困るのですよ。書いてある意 . . . 本文を読む
コメント (48)   トラックバック (1)

共産党の歴史的敗北を分析する(4)

2010年08月22日 | 共産党
『諸々の今までの積み重なった問題』 共産党が240議席を確保して単独政権を樹立など私が生きている間に実現するなど、露ほどの可能性も有りませんが、随分昔に死んだ戦争の20世紀を生きた私の父は未来の21世紀には日本は戦争の無い平和な国になり野蛮で過酷な資本主義は崩壊していて、理想の民主主義的な社会主義になっていると確信していたのです。 今その予測は、平和は半分だけは実現しているし、日本型資本主義 . . . 本文を読む
コメント (28)   トラックバック (3)

死刑に反対。死刑廃止論議にも反対

2010年08月19日 | 文化・歴史
『やがて消え行く我が身なれば 』 過去に死刑制度に言及した記事が無い当ブログと、死刑制度には熱心で何度も記事を書いている護憲左派のそれ以外のブログでは、『何か』が大きく違っているのでしょう。 親しくしている護憲派ブログで死刑反対の記事が出た時には、他の人とは違いなるべく話が盛り上がらない様に『微妙に話の方向をずらす』(盛り下がる?)コメントを常に送っています。 何故そんな嫌がらせめいた事をす . . . 本文を読む
コメント (19)   トラックバック (4)

大日本帝国敗北65周年と日米安保

2010年08月15日 | 軍事、外交
『権力は腐敗する』 権力が腐敗するなら、旧日本軍のような絶大な力をもった絶対権力は、絶対に腐敗するのです。 今から90年ほど前の1918年にロシア革命に干渉して、日本を含むすべての資本主義先進国列強の多国籍軍が、生まれたばかりの世界最初の社会主義国ソビエト連邦に侵攻するのです。 ソ連のシベリアに侵攻した最大部隊は4個師団もの日本軍で、欧米列強からなる多国籍軍の大部隊での『総司令部』は日本軍が . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (6)

「二大政党に埋没」しない為に80削減に賛成すべし

2010年08月14日 | 政治
マスコミがそろって「二大政党」と「政権交代」を持ち上げ、財政均衡のための経費削減を叫び『国会議員自らが手本を示せ』と各新聞が社説で国会議員削減論を言っている。 民主党菅直人首相は参議院全国区40議席減、衆議院比例区80削減で比例100議席小選挙区制300議席の400議席を打ち出して、これに呼応する野党第一党自民党との協議を呼びかけている。 『可也危険な政治情勢と社共の実力』 マスコミは全て . . . 本文を読む
コメント (37)   トラックバック (5)

25年目解明されない御巣鷹山の謎と奥秩父の4重遭難の怪

2010年08月12日 | 社会・歴史
『記録と記憶とは違うし、事実とも違う』 記録された歴史と、現実には微妙なずれがあり年月が経つと経験していた人達は少なくなり,文字として残っている資料だけが事実の正誤に優先して歴史として残されるのです。 25年前の8月12日群馬長野県境の御巣鷹山(実名は高天原山)山腹に日航機が墜落して520名の航空機事故史上最大の犠牲者が出たが、この時の報道を正しく記憶している人は大分少なくなり、単なる巨大事故 . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (4)

共産党の歴史的敗北を分析する(3)

2010年08月10日 | 共産党
『敗北は(共産党員、支持者)予想されていたのだろうか』 消費税10%発言でのオウンゴールで与党民主党の過半数割れする可能性の高い参議院選挙で、事前の世論調査で好調な「みんなの党」の渡辺喜美が早くから過去の実勢から言えば大風呂敷とも思える「全員当選で二桁の議席」と豪語してほぼ予想どうりの二桁議席を得ている。 日本共産党は、自ら【650万票の得票で比例議席5議席と東京選挙区の必勝!】と6議席の目標を . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (4)

共産党の歴史的敗北を分析する(2)

2010年08月08日 | 共産党
自を付けたら『自民なの党』 渡辺喜美の『みんなの党』ですが、一年ほど前に自民党を出て結党したころは『新党一人』であるとして、仲間だった自民党議員からも嫌われていて、みんなにそろって馬鹿にされていた。 今回、管直人首相の消費税10%引き上げ発言のお馬鹿極まるオウンゴールで思わぬ幸運が舞い込んだが、渡辺代表の言っていることは小泉改革での竹中平蔵の発言と全く同じで、変わるところは何も無い。 竹中平 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (2)

奥秩父4重遭難の残酷、千葉法相の無残

2010年08月06日 | 社会
7月24日午後埼玉県秩父市大滝の奥秩父山系笠取山(1953メートル)ブドウ沢で、東京都の山岳会「沢ネットワーク」の8人パーティーが沢登り中に女性1名(55)が滝つぼに転落死亡。 翌7月25日午前8時半に下山した山岳パーティーメンバーが携帯電話で警察に救助要請を行い、埼玉県防災航空センターから防災ヘリ『あらかわ1』(救助要員7名)は同9時40分離陸し救助に向かったが、11時吊り上げの為ホバリング中 . . . 本文を読む
コメント (30)   トラックバック (13)

共産党の歴史的敗北を分析する(番外、FK的印象操作其の二 )

2010年08月05日 | 共産党
共産党の歴史的敗北を分析する(3)2010年08月10日 | 共産党 Saitoさんへ (FK) 2010-08-10 23:18:16 私も今回は小沢vs特捜の視点で投票しました。結局、選挙区は民主(前原一味ではなはだ不本意だったのですが真の敵は自民と考えていましたので)、比例区は谷亮子さん(小沢バッシングの中であえて立候補したマスゴミに屈しない信念の強さを感じました。)に一票を入れました . . . 本文を読む
コメント

共産党の歴史的敗北を分析する(番外、FK的印象操作其の一 )

2010年08月04日 | 共産党
もうFK的印象印象操作には飽き飽きです。 私が飽き飽きしているだけなら問題ではないが、折角記事やコメントを読みに来ていただいている、このブログ読者のみなさんも飽き飽きしていると思いますので、これ以上ブログのコメント欄を『落書き』で汚すのはブログ管理者として我慢なりません。 其の為、全て見苦しい意味不明コメント類は同一個所(新しいFK的印象操作の記事)に整理したいと思いますので、他に送られて来る . . . 本文を読む
コメント