逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

オバマ大統領9.11のサウジアラビア関与「28ページ文書」公表を検討

2016年04月17日 | 9・11事件と情報操作
『アメリカ、9.11テロへのサウジアラビア関与の文書公表を検討-13年間機密扱い』2016年04月15日 The Huffington Post Japan, アメリカ政府が、2001年の9.11アメリカ同時多発テロへのサウジアラビアの関与を明らかにする28ページの文書を公表することについて検討している。 同書はこれまで13年間機密扱いとされてきたが、オバマ大統領のサウジアラビア訪問を前に文 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

たった11年で忘れられた9・11事件

2012年09月11日 | 9・11事件と情報操作
『何もない9・11報道の異常』 今日は、11年間も絶えること無く続く対テロ戦争の原因である9・11事件発生から11年目の記念日であるがマスコミは黙して一言も語らない。 新聞やテレビの報道は何も無い。 11年前にはエンドレスで際限なく繰り返されたツインタワーの崩壊の理解に苦しむ同一映像は、今では放送されることは無くなった。 ところが、アメリカ軍によるテロ撲滅のための対テロ戦争で『テロ』は世界中 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (5)

祝!「菊池城炎上崩壊」5年前のkikulogから見る9・11陰謀論考

2012年07月25日 | 9・11事件と情報操作
『御用=権力(権威)との癒着構造』 菊池誠(kikulog)の不思議な話は、日本人独特の権力との一体構造を肯定する精神の問題が一番大きいでしょう。 普通の外国では『権力』(権威)と、我々一般市民の利害は『対立する』と考えられているのですが、『和を持って尊しとする』我が日本国では『権力(権威)崇拝』とも思える不思議な現象が聖徳太子の大昔から現在まで、一貫して変わることなく続いているのです。 今 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (4)

あんときのkikulog、菊池誠に見る陰謀論退治のお粗末

2012年06月23日 | 9・11事件と情報操作
『5年前のkikulogから見る「きくちまこと」陰謀論考』 去年の3・11東日本大震災での福島第一原発のシビアアクシデントの発生以後には、世の中の科学者・技術者に対する評価は一変する。 人々の考えが180度様変わりしたのです。今までとは常識が『正反対』に変わってしまった。 基本的に世界基準よりも権威主義的な傾向が非常に高い日本人は、歴史的にも既存の権威あるものに弱い。(権威や権力自体を無条件 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (3)

内田樹の「陰謀史観」パート2

2011年09月22日 | 9・11事件と情報操作
9・11事件から十周年目の9月13日、内田樹朝日新聞紙面審議会委員が『情報格差の拡大』と題して、唐突にネット世界の陰謀論を糾弾する記事を書いている。 ネット世界は新聞読者層とは重複しない特殊な空間で、『陰謀論』の言葉は粗9・11陰謀異論を指しているのですが、この『内田陰謀論』は9・11には一言も言及していない。 『内田陰謀論』に前提条件が一番ピッタリ一致するインターネットの仮想空間だけに蔓延る . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)

内田樹の「陰謀史観」を考える

2011年09月19日 | 9・11事件と情報操作
9・11事件から十周年目の9月13日、朝日新聞の紙面審議会委員の肩書きの内田樹が、『わたしの紙面批評』欄に『情報格差の拡大』と題して、『インターネットの出現で情報貴族と情報難民の階層化が進んでいる』ので『情報の無政府状態が出現しかねない』とネット世界の拡大と、相対的にこれまで国民世論を一極支配していた新聞報道が衰退していく現状を憂える論説をしている。 (内田樹の『情報格差の拡大』を要約すると . . . 本文を読む
コメント (29)   トラックバック (8)

9・11から10年 「何が真実か」根本的疑問

2011年09月11日 | 9・11事件と情報操作
『本当にテロだったのだろうか』 日本人的には普通の常識である、『テロは犯罪であり、国内法で罰せられるのが当然だ。』は、実は常識でも無いし事実でもない。 このブログでも何度か取り上げた伊藤博文暗殺犯の安重根は、日本国内ではテロリストだが日本のお隣の韓国では義士と呼ばれて、最大級の超弩級の国民英雄として祭り上げられているのです。 日本人の『テロ=悪』との認識は日本限定では正しいが、困ったことに . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (8)

『陰謀論叩き』が誰も答えられない一番難しい質問

2011年03月10日 | 9・11事件と情報操作
常に普遍性を求める性癖が災いして、『陰謀論退治の罠』に嵌って抜けられないで苦しんでいる、お馬鹿なネットウ右翼にまで寛容な、人格者中の人格者である『お玉おばさんでもわかる 政治のお話』のブログ管理人に対して、今まで陰謀論退治の面々が誰一人も決して答えられない(絶対に答えない)難しすぎる『質問』を、意地悪にもあえて試みてみた。 『一つだけ質問』 お玉さん、答えにくいとは思いますが何とか、是非と . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (2)

護憲派でも陥る恐ろしい『陰謀論叩き』の罠

2011年03月08日 | 9・11事件と情報操作
第二次世界大戦後の政治経済文化全般を語る上で、終わらない筈の永久戦争だった米ソ冷戦を抜きにしては無理であるように、21世紀の政治経済文化を語る上で、9・11事件を抜きにしては何一つ不可能であろう。ところが良く出来た構造だった冷戦とは大違いで最大の問題とは実は、『9・11事件とは何か』が、困ったことに誰にも判らない。だから今起きているポスト冷戦である、終わらない永久戦争である対テロ戦争の意味が . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (2)

正体不明の怪人奥菜秀次kikulogに現る

2011年03月07日 | 9・11事件と情報操作
『ニセ科学と、間違った科学は一目で分かる』と主張して子供でもわかる程度の水からの伝言や血液占いだけを取り上げて攻撃する、何とも不思議な意味不明の新興カルト宗教、『ニセ科学批判教』?の教祖菊池誠阪大教授が主催しているkikulogに日本で(たぶん世界でも)唯一9・11事件のアメリカ政府公式報告書が100%正しいと主張する奥菜秀次氏がコメントを投降して八面六臂の大活躍をしている。これは見逃しには出来な . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ウソの・ビンラディン FBIの合成写真

2010年01月19日 | 9・11事件と情報操作
ウサマ・ビンラディン容疑者の合成写真に無断借用されたスペインのリャマサレス議員の写真(AP=共同) 『スペイン議員の顔を無断借用/ビンラディン容疑者写真』 国際テロ組織アルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者(52)の最近の姿を想定して米政府が公表した合成写真が、スペインの議員の顔写真を素材に作製されていたことが判明。 怒り心頭の議員は訴訟も辞さない構えを見せている。AP通信が17日まで . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (3)

続、陰謀論の嫌いな人の心理

2008年11月12日 | 9・11事件と情報操作
「陰謀論」という言葉の胡散臭さ、不正確さ。 困ったことに若者では、『陰謀論』が「援助交際」なんかと同じような極最近に作られた「流行語」だと言う事を知らない人が多い。 最初「援助交際」の言葉を「足長おじさん」の話かと思っていたんですが単なる少女売春じゃあないですか。 「家庭内暴力」は最近の親父は昔のように先祖がえりして暴力的になってきているのかと勘違いしていた。 ところが何と「家庭内暴力」は親父 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

陰謀論が嫌いな人の心理

2008年11月10日 | 9・11事件と情報操作
良識派ブログDendrodiumの11月2日(陰謀論が嫌いな人の心理)と11月4日(「陰謀論と断ずる事が如何して言論封殺になるのか」との抗議を受けて)の連載記事が面白い。 http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-508.html http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-509.html (概要抜粋) . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (8)

9・11attacksアルカイダ説は半数以下

2008年09月16日 | 9・11事件と情報操作
『米同時多発攻撃の黒幕、世論一致せず=17カ国調査 』 約3000人の犠牲者を出した2001年9月11日の米同時多発攻撃の黒幕について、米国外では一致した考えがないことが、10日発表の国際的な世論調査の結果で分かった。 調査は米メリーランド大の関係機関が運営する各国研究センターの合同プロジェクト「WorldPublicOpinion.org」が、米国を含まない17カ国の1万6063人を対象に実 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)

バンクーバー・サン紙が、ブッシュ政権のテロ関与を示唆

2008年03月27日 | 9・11事件と情報操作
THE VANCOUVER SUN 「真実は、そこに見えているじゃないか?」(翻訳) 最初は、何もかも極めて明快に見えた。やったのは、例のイスラムテロリストたちだった。G.W.ブッシュは全く関係がなかった。…本当に、そうだったのか? イアン・マリュグリー バンクーバーサン紙 2002年2月23日 右翼たちは9月11日のテロで大いに利益を得たけれども、もし私が未だに陰謀論者であるなら、彼等がや . . . 本文を読む
コメント