逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

⑨『宗教の比重の日米差』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月31日 | 宗教
『社会に占める宗教の比重の日米差』 日本人では『宗教』が政治や科学に優先することは絶対と言ってよいほど無い。 例外はオウムのような破壊的カルトの信者だけであり、それ以外には誰一人いない。 日本では必ず『政治や科学>宗教』の構図になっている。 その為に日本人では、他の日本以外の別のものを判断する時も、この自分の判断基準が優先するわけですが、特に日本では知的水準の高い常識有る人ほどこの傾向が強い . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

⑧『やっぱり懲りずに』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月30日 | 宗教
アナーキズム論議はどうでしょうか。皆さんが興味があるかどうか。?当ブログで宗教を取り上げるといっぺんにアクセス数が減るのです。 日本人には宗教問題は関心が薄いが、それ以上に無政府主義なんて今時関心のある人は極少ないのではないでしょうか。 『宗教と政治と教育水準』 (ejnews) 2009-11-26 00:01:12 確かにそうです右翼イヴェンジェリカルキリスト教徒の行動は目に余るもの . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (1)

⑦『主題から離れて無政府主義論議』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月29日 | 宗教
『神は妄想である』でアメリカにおける原理主義の危険を告発したドーキンスの考え方は基本的に『間違いである』(常に宗教は政治の道具)とのコメントを延々と送ってくれるのですが、これだけ同じ種類の間違ったコメントを繰り返し送られてくると正直迷惑です。 何故こんな不思議な間違いをするのだろうか。 ご自分の思い込み(主観)を優先してしまい、普遍的な客観的事実や社会科学に対する無視や軽視が原因しているのでし . . . 本文を読む
コメント

⑥『歴史認識の誤解』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月28日 | 宗教
『蟹(かに)は甲羅(こうら)に似せて穴を掘る』と言うが、どうして日本では大昔から右翼も左翼も、自民党から共産党まで誰も彼も、『政治や科学に対する宗教の優位』などの世界(もう一つのアメリカ)はこの世では『絶対にあり得ないことだ』と思ってしまうのだろうか。 世界は広く、『日本基準』とは正反対の『政治や科学に対する宗教の優位』を信じて疑わない人々(原理主義)が沢山いることを、政治を考える上で我々は . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

⑤『宗教抜きでは理解出来ない』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月27日 | 宗教
『統計はインチキで、大統領選挙もインチキでネオコンの偽装工作(犯罪)』?? 『宗教』(ejnews) 2009-11-24 16:36:29 50%と言う統計の採り方はどのようなものか知りませんが、トリックがあり宗教は大切かと言うと言うの前に色々精神状態をコントロールする問いがされている場合が多いので何処のどの統計で誰が実行した統計なのかが問題になります。  ブッシュ当選ですが彼は残念ながら当 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

④『神権政治(Theocracy)』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月26日 | 宗教
長くてくどくて難解と、三重苦のヘレンケラーのような記事内容が続いていますが、それほどまでに巨大なアメリカと言う国家の全体像の解明は誰にとっても難しい。 護憲派で歴史や政治に対する見識が高くアメリカの国内事情に詳しいejnewsさんが、『自分の知っている(経験した)アメリカは宗教的でない』ことを絶対視して仕舞う。自分の体験したアメリカとそれ以外の『全てのアメリカ』も同じである(均質なアメリカ)と . . . 本文を読む
コメント (2)

③『見たくない宗教の側面』世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月25日 | 宗教
『社会に占める宗教の比重の日米差』 一般的な日本人で、『宗教』が『政治や科学』に優先することは絶対と言ってよいほど無い。 例外はオウムのような破壊的カルトの信者だけであり、それ以外には誰一人いない。 日本では必ず『政治や科学>宗教』の構図になっている。 だから日本人は他のものを判断する時も『常識だ』と思っているので、この自分の判断基準が優先するわけです。 特に日本では知的水準の高い常識有る人 . . . 本文を読む
コメント (3)

②『神は妄想である』 世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月24日 | 宗教
アメリカは最先進国としての『顔』と同時に、全く相反する最後の宗教国家としての『顔』も同時に持っている不思議がある。 ところがアメリカに20年以上在住して政治ブログを立ち上げている無政府主義者としてのejnewsさんの目からは宗教国家としてのアメリカは『無い』らしいのです。 逆に宗教側から見れば、日本に良く知られている世俗的なアメリカは『アメリカ』ではないらしい。 この両者は全く相容れず、かつ共 . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (1)

①無政府主義も受容する世俗的なアメリカと宗教国家アメリカの段差

2011年01月23日 | 宗教
『世界最古の共和国としてのアメリカ合衆国』 イタリア内陸中部の人口3万人のサンマリノが世界最古の共和国なのですが、あまりに小さすぎて本当の意味での独立国とは言いがたい。 実質的には現存する世界最古の『共和国』とは、実は人口3億人の超大国アメリカ合衆国なのです。 『アメリカは歴史の浅い国』とは、良く聞く話ですが私はこれを聞く度に『アメリカ人の病巣』を見る思いです。 日本国憲法が60年経ち、『古 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

ティーパーティ(茶会運動)が公的医療保険に反対する理由

2011年01月22日 | 宗教
『オバマの公的医療保険創設が何故許せないのか』 本塁打、打点、首位打者等のタイトル6回三冠王2回ベストナイン3回シーズンMVPや日本シリーズMVP、タイガース球団を21年ぶりに優勝させ日本プロ野球で『史上最強の助っ人』と呼ばれたランディ・バース選手は、水頭症を発症した長男の多額の医療費を負担することを恐れた所属球団にシーズン途中の1988年5月一方的に解雇される。 バース選手の医療保険契約問 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (2)

米民主党議員無差別銃撃事件、公的医療保険に反発か

2011年01月18日 | 社会
1月8日米国西部のアリゾナ州で民主党のガブリエル・ギフォーズ下院議員の政治集会で銃乱射事件が起こり6人が死亡。議員は頭部を撃たれて昏睡状態に陥る。 米民主党ギフォーズ議員は、オバマ政権が目指す公的な医療保険創設に反対する草の根極右政治運動のティーパーティの標的となっていた模様である。 この銃撃事件の陰の真犯人として浮上してきたのが、キリスト教原理主義のサラ・ペイリン元アラスカ州知事(前共和党副 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (4)

冷戦崩壊後の「新秩序」とアメリカの仮想敵国

2011年01月15日 | 軍事、外交
『国家とは暴力装置である』 日本の暴力装置(自衛隊)の頭脳とは果たして何処にあるのだろうか。 北澤防衛大臣でも防衛省内局(職業軍人ではない私服のキャリア官僚)でも無いらしい事だけは誰にでも判る。 ましてや内閣総理大臣が自衛隊の最高指揮官であることを知らなかった首相、管直人では絶対に無いことは明らかである。 非科学反知性非常識、歩く日本の恥部、お笑い田母神俊雄でも校長が出来る程度の統合幕僚学校 . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (8)

小沢、無理筋の「強制起訴」と日本検察の闇

2011年01月11日 | 政治
現代版『陶片追放』(オストラキスモス) 菅直人首相は1月4日の年頭記者会見で、民主党の小沢一郎元代表が強制起訴された場合は離党や議員辞職を含む出処進退を自ら判断するよう求め、従来の『脱小沢』路線からはっきりと離脱して、昨年末から大きく踏み込んで『小沢切り』路線に転換した模様である。 しかし、普通の司法制度である検察庁の責任で検察官が行う正式な、有罪がほぼ確実な事案だけを扱う『起訴』処分と、選 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (8)

オールコック「大君の都」

2011年01月04日 | 文化・歴史
元医師で外交官、中国で15年も広州領事などを歴任していた経験、手腕を買われて、初代駐日公使ラザフォード・オールコックは1858年(安政5)に日英修好通商条約が締結され時期に日本駐在総領事に任命されている。 品川の高輪東禅寺に英国総領事として1859年(安政6年)から一時帰国する1862年までの3年間を綴った『大君の都』の驚愕的な内容には、今でも新鮮で『新しい驚き』がある。 アロー号事件で中国に . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (3)

アホウドリ(信天翁)と「鳥島」「尖閣諸島」

2011年01月02日 | 社会・歴史
『尖閣諸島はアホウドリ領』現在日本が実行支配する尖閣諸島は中国(台湾)も領有権を主張しているが、この島は日本領でも中国領でもなく元々人間は誰も利用するものがない無人島で、アホウドリが繁殖する為に絶対に必要な孤島だった。そもそも竹島や松島なら日本語的に当たり前だが、普通の漁師や船員が『尖閣』なんて不思議な日本人には馴染み難い漢文名称はつけない。この日本的に異質で聞きなれない不思議な島名『尖閣』の . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (4)