逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

内閣は特定秘密がダダ漏れ、メディアは情報封鎖の日本

2013年12月29日 | 軍事、外交
『殺るか殺られるか』(自衛隊、韓国軍に1万発の銃弾提供) 南スーダンではキール大統領(ディンカ族)とマチャール元副大統領(ヌエル族)との確執がマチャール派による大統領府襲撃事件から部族抗争へと発展。首都ジュバではすでに500人以上が死亡、避難民も10万人を超えている。平和維持軍インド部隊が攻撃を受け3人が死亡、アメリカ人の避難活動にあたっていた米軍のオスプレイが攻撃され、米兵4人が負傷した。 . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (2)

なぜ日本で「放射能パニック」が起きないのか

2013年12月26日 | 放射能と情報操作
『怒らないし、心配もしない。死んだネズミのように大人しい日本人』 韓国の朝鮮日報は2013年12月22日、『なぜ日本で「放射能パニック」が起きないのか』との、韓国人と日本人の放射能汚染に対する違いを皮肉る記事を掲載している。 東京電力福島第一原発の汚染水漏れを受け、韓国では沿岸部で捕れた韓国産水産物の消費までもが急減、値崩れを起こして水産物離れで倒産や肉料理への職種変えまで始まっている。 と . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (4)

日本の特定秘密保護法アメリカのQE3、アポロ疑惑と中国月探査機映像

2013年12月23日 | アポロ11号・宇宙開発
『キーワードは「あるもの」ではなく、逆の「ないもの」が大事』 マスコミ報道では皆さんが例外なく全員注目する『書いていること』よりも、誰も気が付かない『書いていないこと』の方が大事な場合がよくある。 新聞社が公平中立と標榜しても、それは建前であり事実では無い。 書いている内容は同じでも、出来る限り多くの情報を集めるのが仕事の通信社と、紙面に限りがある新聞社とは性格が大きく違う。 新聞社は通信社の . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (2)

経済心理学(行動経済学)から見る現代日本の姿

2013年12月20日 | 政治
『不確実性や不完全情報からの非合理的な経済学』 今までの伝統的な近代経済学ではアダム・スミスの『見えざる神の手』理論のように、完全合理性を備えた経済人(ホモ・エコノミクス)を仮定してきた。 しかし実際の経済現場では違っている。『神の手』による修正ではなくて、その反対の不確実性や不完全情報の方が優先して仕舞い、合理性から大きく逸脱する。 第一次世界大戦後の負の連鎖による世界恐慌のようなことが現 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

二週間後の2014年1月、日本が中国との開戦を準備(中国共産党機関紙)

2013年12月16日 | 政治
『このクソ忙しい時に、』 日米両国政府で日本軍の仏領インドシナ進駐に対する経済制裁(ハルノート)の交渉継続中に、突如日本海軍の連合艦隊がハワイ諸島真珠湾のアメリカ太平洋艦隊を奇襲攻撃した日から72年と一週間。 なんと、中国共産党機関紙・人民日報の国際版である環球時報はこのほど『日本が中国と開戦の準備を進めている』との驚きの報道をしている。 『日本の世論は具体的な開戦の時期まで示している』。 . . . 本文を読む
コメント (21)   トラックバック (6)

小学生相手にがん教育を始めた日本国の無残

2013年12月13日 | 放射能と情報操作
『全小学校にがんについての漫画を無償配布』 漫画を通じて子どもたちにがんについて正しく理解してもらおうと、国立がん研究センターが漫画の本を制作し、全国のすべての小学校などにおよそ2万6000冊を寄贈しました。 この「がんのひみつ」という漫画は、去年定められた国のがん対策の基本計画で、子どもへのがん教育を進めていくことが明記されたことなどから、国立がん研究センターが制作し、学研から発刊。 漫 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)

韓国に飛び火した防空識別圏(ADIZ)騒動

2013年12月11日 | 軍事、外交
『離於島(イオド)馬羅島(マラド)鴻島(ホンド)を入れた韓国の新防空識別圏(KADIZ)』 11月末に中国軍が日本の防空識別圏と重なる形の中国独自の防空識別圏(ADIZ)図を発表したことから日本国中が大騒ぎに陥っていた。 中国の発表したADIZ内に日本の尖閣諸島が含まれていたので『領土領空の侵犯である』と自民党政府だけではなくて日本共産党機関紙赤旗を含む全てのマスメディアが大騒ぎ、日本国内 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (4)

安倍自民の擬似戒厳令布告(癌登録法は懲役2年の罰則付き)

2013年12月09日 | 政治
『日本国の非常事態宣言か』 全国の病院にがん患者の情報提供を義務付けるがん登録推進法が12月6日午後の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。(参議院は既に通過している) 癌登録法ですが、何時も読む新聞には1行ものっていません。 何処かに掲載していても小さすぎて、誰も気が付いていないでしょう。 既に可決して仕舞ったこの法案では、 『一元管理することにより、個人情報の漏洩が . . . 本文を読む
コメント (21)   トラックバック (4)

日没するアメリカの新札と日本の特定秘密、日出ずる国の月探査

2013年12月07日 | アポロ11号・宇宙開発
『新100ドル札と偽100ドル札スーパーノートの仁義なき戦い』 10月8日アメリカで偽造防止のため特別な印刷技術が施された新ドル紙幣が予定から2年遅れて発行された。 印刷トラブルなどにより流通が遅れたと発表されているが、100ドル紙幣は1ドル紙幣に次いで流通量が多いが、その大部分(2/3以上)が米国外に存在するという奇妙な紙幣である。 100ドル紙幣は一番信用度が高い国際通貨として、世界中で . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (5)

終わりから始まっているものがたり

2013年12月04日 | 政治
『すべては、いずれ終わる』 2年半前の3・11東日本大震災の発生は大きな歴史の節目だった。私たちの『今』を支えているものが、如何に不完全であり脆く、危険なものであるかが明らかになる。 今まで誰もが安全・安心、心配ないと思っていた日本社会(原子力発電所)は見かけ倒しの擬装。嘘八百の危険の塊だった。 安全は偽りだったし、権威や権力は偽善と偽証と責任逃れ。不真面目な無責任と無能力と無分別。虚無的な . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (6)

中国初の月面探査機、打ち上げ成功(資料)

2013年12月02日 | アポロ11号・宇宙開発
西昌衛星発射センターから打ち上げられた月面探査機「嫦娥(じょうが)3号」(2日、四川省) 中国国営の新華社通信の報道によると、中国政府は2日未明、月面探査機「嫦娥(じょうが)3号」を打ち上げ、月に向かう軌道に乗せることに成功した。 嫦娥3号は2日午前1時半(日本時間同2時半)、四川省の西昌衛星発射センターから、大型ロケット「長征3号B」で打ち上げられた。 中国が地球外の天体の表面への軟着陸を目 . . . 本文を読む
コメント

「安倍晋三の風評被害対策」今上天皇に福島第一原発20キロ圏の広野町の米

2013年12月01日 | 政治
『放射能は安全・安心、心配ない』 『傍若無人、「何もなかったことにする」心算の安部政権の無謀な試み』 時事通信によると、宮内庁は11月27日、東京電力福島第1原発事故の放射能汚染で全住民が疎開し作付けを中断していた福島県広野町で3年ぶりに収穫した米を天皇陛下に届けたと発表した。 福島第一原発の20キロ圏にある広野町から届けられた新米を陛下が『苦労されて作ったお米であろうから、自分たちも少しい . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)