神の棘

2017-06-10 13:44:53 | Book
第二次大戦下のドイツを舞台にして、ドイツ人の悲哀を語る小説というのは、ドイツ人自ら筆をとると正当化しているようで難しく、また、敵対していた英米人がドイツ側視点に立つのも難しい。
そういったことを踏まえると、このような立ち位置での小説を執筆し、また、読むことができるのは、日本というドイツとの同盟国であったながらも若干外側にいる国ならでは理由があるのかもしれない。
個人の力ではどうしようもない蛮行に巻き込まれ、また、自らがその担いに手にならざるを得ないという状況の中で、必死に最善の努力を行おうとする人々の生き方を、フィクションでありながらリアルに描かれた様に圧倒された。


神の棘I (新潮文庫)
神の棘I (新潮文庫)須賀 しのぶ

新潮社 2015-06-26
売り上げランキング : 90669


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールド 金塊の行方 | トップ | 美女と野獣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Book」カテゴリの最新記事