ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

新緑まぶしい白川疏水。京都ならではの自販機に遭遇

2017-05-11 | 京都

新緑がみずみずしい5月の京都。ミモロは、ある朝、自転車でお散歩に出かけました。
向かったのは、高野川から松ヶ崎方向へ。
「あれ?ここにもお水流れてる~」
  
すがすがしい新緑が、まるでトンネルのように枝を延ばしています。
「わ~気持ちいいね~」と、まだ柔らかい葉っぱから注ぐ陽光をまぶしそうに見上げます。

「あ、お花咲いてる~」小川沿いには、いろいろな植物が自生しているよう。
「なでしこかな~」あまり人の手がはいっていない水辺は、植物たちがノビノビと育っています。

この流れは、「白川疏水」。琵琶湖疏水の分流で、銀閣寺の哲学の道から、町の北側を流れ、松ヶ崎浄水場のそばから、下鴨中通付近へと続きます。その先は、どうも鴨川に流れているよう。

「ここって、桜の穴場かも~」そう、流れに沿うように桜並木が続いています。すでに桜は緑の葉に覆われていますが、きっと花の時期は、すてきな桜のトンネルになってはず…。
「来年は、ここにも来なくちゃね~」とミモロ。観光客でにぎわう哲学の道と異なり、住宅地につづく桜並木。京都には、そこに暮らす人たちが、静かに楽しむ桜が、いたるところにあるのです。

 
「モンシロチョウも飛んでる~」
ミモロは、自転車のサドルの上に背伸びして、下のぐ景色を眺めます。

「あ、まだお花咲いてるよ~」
この日は、まだ八重桜の姿を見ることができました。

住宅地の中をあちこち自転車で走り回り、「止まって~!」と突然大きな声を出すミモロ。自転車から飛び降りて、トコトコ片付くのは、自販機の前。
「これ、なに売ってる自販機だろ?」と興味津々。

中を覗くと、「え~お漬物が入ってるよ~」とビックリ。
  
これは、京都名物の「すぐき漬」の自販機です。柴漬、千枚漬と並ぶ京都三大漬物のひとつ。カブの一種のすぐきを漬けたものです。

ミモロが、自販機の前に立っていると、通りかかったオジサンが、「なに?」と自転車を止めて、ミモロに話しかけました。「あの~これお漬物の自販機なんだ~珍しいと思って…」とミモロ。「ホントだ、すぐき漬ねぇ~。これは冬の、もんだからもうあんまり出回ってないんだけどねぇ~」と。
この自販機は、冷蔵装置が付いているので、冷蔵庫と同じ。

「でも、自販機があるってことは、この辺りの人たちって、このお漬物が大好きなんだね~」と思うミモロでした。

いろいろな自販機がありますが、「すぐき漬自販機」は、おそらく京都だけ。


「お散歩すると、いろんなものに出会うねぇ~」と、ますますお散歩が楽しくなるミモロでした。





ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jp まで
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山科区、御陵にある「天智天... | トップ | 京都国立近代美術館の「ヴァ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL