ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「京都・観光文化検定試験」2級合格。合格すると、受験料をカバーできる特典や優待もいろいろ…

2014-01-31 | 京都

昨年、12月8日に、第10回 京都・観光文化検定試験が行われました。
これは、京都商工会議所が実施しているもので、京都の文化、歴史などを、幅広く、より深く理解し、文化・観光の振興に役立てることなどを目指すものです。

「そろそろミモロちゃんも受けたら…」と、言われていたのですが、「う~ん」と自信がないのか、グズグズしていたミモロです。でも、受験受付の1週間前に、やっと申込みを。

そして、それから、本屋さんで、公式テキストブックを購入。
「合格した人が、これさえ、よく読んでおけば、大丈夫だって…って言ってたよ」と。

赤鉛筆片手に、テキストブックを読み始めました。
「う~なるほどー」と言いながら、読み進めます。

どんな具合?「うん、すごく面白いんだけど…思ったより量がある~。試験日までに読み終えるかな?」と…大丈夫?
ミモロの場合、毎日のブログの取材のため、結構、いろいろなお寺や神社などを、実際に訪れています。でも、その記憶は…「ブログに書き終えると、忘れちゃうのー」と。テキストブックを読み進めると、今までの経験や知識が、整理されてきます。

ミモロの学習の仕方は、覚えなくてはいけない箇所を赤鉛筆などで、マークします。「ノートを作る時間ないもの…」と。
すべて記述式の1級試験ともなると、ノートを作り、何度も文字を書き、正確に覚えなくてはなりませんが、2級までなら、4択なので、文字が書けなくても、記憶だけでも対処できます。
また、インターネットで検索して、過去問題をひと通りやって、試験の出題傾向を把握します。

「満点じゃなくていいの…」と。つまり2級の場合は、7割できればいいのですが…。なんとも楽観的なミモロです。

いよいよ試験当日…。会場は、立命館大学衣笠キャンパスです。
初めて訪れたキャンパス…。「ちょっとまだ時間があるから、お散歩しよう…」と
 
余裕というより、開き直ったミモロです。12月の初旬は、まだ紅葉も美しく…。
  
広いキャンパスの中をトコトコ歩き回ります。「今度、ゆっくり遊びに来よう…」と。さぁ、そろそろ試験会場へ行きましょう。「あのーどこですか?」途中、案内の人に尋ねて、いよいよ会場へ。
 
午後13時30分から、約90分間の試験が始まりました。「思ったより、時間掛るー」。30分前には、解答し終わった受験者が、次々に会場を退出し始めました。「えーまだ、全部解答書いてない…」と、少々慌てるミモロです。

京都の文化・観光・歴史と、多方面にわたる出題。今回、事前に出題テーマが示される「公開テーマ問題」は、洛北の大原、八瀬、比叡山でした。これは、以前、行ったことがある場所。「フムフムわかるもんねー」と、スムーズに解答。
最後の京都をテーマにした歌謡曲などの問題は、若い世代には、ちょっと不利だったかも…。懐メロに詳しいミモロは、ここはパーフェクト。

試験を終えて…。どうだった?「うん、テキストブックよく読んでなかったところが出ちゃって、わかんなかった~」と。そう、試験勉強する時間が、あまりに短すぎて、テキストブックの最初と最後の辺りが、読み切れてなかったのでした。

どう?合格できそう?「う~ん、わかんない…。不合格だったら、また来年受ければいいしー」と。確かに、何度でも受ければいいんです。


さて、年が変わり、1月23日は、試験結果発表日。その翌日に、ポストに結果を告げる郵便が届きました。
「わー合格できちゃったー!」と大喜び。

第10回の受験者2108名。合格者1182名。合格率56.1%。合格基準は、70%以上で、今回の平均点は、70.5点でした。
1級になると、合格基準は、80%以上、合格率は、なんと15%と、一機にむずかしくなります。また、1級受験には、2級の合格が必要。これで1級受験の資格はできました。どうするの?ミモロ…。

1級は、とても今回のように、短期間の勉強では、合格できません。
「漢字書けそうもないから…1級は無理…」と、2級で満足しているミモロです。

「わー合格すると、いいことあるんだねぇー」と、合格証と一緒に「合格者優待のご案内」を見て、なにやら喜んでいます。
それによると…
2月1日から3月31日まで、「京都・観光文化検定試験 合格者」なら、1級から3級まで、過去に合格した人も含め、だれでも、合格証を提示すると、京都市と京都府などに関係する施設に無料で入館できるというもの。
例えば、京都市美術館、京都府立植物園、京都府立堂本印象美術館、京都文化博物館、高麗美術館、元離宮二条城など、12か所に無料で入館できるんです。通年では、アサヒビール大山崎山荘美術館の入館料が100円引きなど他に2か所も。さらに、京都市内の指定ホテルの宿泊料金やレストランが、通常料金の10%引きなどの優待も。

受験料は、3級3150円、2級4200円、1級6300円ですから、合格すると、その費用がカバーできる優待が受けられるということ。受験する価値十分の優待です。

また、さまざまな講習会やボランティア活動にも参加できます。京都の観光促進に知識を役立てるのもステキなこと。


「どうして、動物園に優待がないのー!」と、ちょっとそこだけ不満そうなミモロです。

ぜひ、一度、知識を整理するつもりで、受験してはいかがでしょうか。

*「京都・観光文化検定試験」に関する情報やお問い合わせは、「京都商工会議所 京都検定事務センター」へ
*今回は、影の声が、ミモロに代わり、実際は受験しています。あしからず…。


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロでした~。

copyright2010Sea Hawk Japan cp.,ltd. All rights reserved.
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

センスが光る手づくりアクセサリー「naeclose(ネイクローズ)」。服に合うオリジナルの品のオーダーも

2014-01-30 | ファッション

今、注目のアクセサリーデザーナーの西紗苗さんの三条通にあるショップに出掛けたミモロ。
ステキな品々を前に、どれにするか悩みます。そこで、服に合うアクセサリーを作って頂くことに。

お店の奥の一角は、西さんのアクセサリー工房。「ミモロちゃんのイメージに合う可愛くて、おしゃれなものにしましょうね」と、さっそく製作開始。「あのーこの赤いお洋服に合うの、お願いしま~す」と、持参したお気に入りの服を。

「へーこの部品で作るんだー」と、並べられた部品に興味津々。
西さんのアクセサリーは、リボン、レース、ボタンなどさまざまな種類の素材を巧みに組み合わせた個性的な品。なかでもフリーメタリコと呼ばれるイタリアで生まれた銅に銀コーティングをした繊維を編んだリボン使いは、華やかさをプラスするもの。指で自由にスタイリングできる、優れた素材。西さんは、このフリーメタリコの講師でもあります。

見ている間に、ドンドン進む作業。 まずは、ワイヤーにレースを通します。「あ、もうできちゃったー」
「ミモロちゃんもやってみる?」と。「うん、やるやる…」と、西さんの膝にのって、初のアクセサリー作りに挑戦。
 
赤い芯となるパーツの周りに、白いレース、さらに赤いネット状のリボンをプラスし、可愛らしさを…。
形ができたものを、装着するためのクリップに付けます。
 「そう、そこを通して…上手上手…」。西さんに教わりながら、針やペンチを使います。「はい、できましたー」
ミモロは、さっそくお洋服を着替えて、できたばかりのアクセサリーを合わせることに。
「どう?似合うかな~」ミモロの場合、イヤリングではなく、耳飾りという感じ。
「わーいい感じ~」鏡に映した自分の姿に見惚れています。
「これは、キュートでカワイイイメージね。赤いリボンが、とてもマッチしてる。カワイイ~。それクリップになっているので、耳以外にも好きなところに付けられるわよー」と。

続いて、先ほどまで来ていたピンクの服に合うものを…。「今度のは、ちょっとエレガントな雰囲気にしましょうね」
これも、まもなく完成。「はい、できましたよ~。付けてみてー」。ミモロは、赤い服から、ピンクのお出かけ着へと急いでお着替え。「ここかなぁ?痛くない?」ミモロの耳にクリップを…「うん、大丈夫…」「はい、こっち見てー」
「わーよく似合う…ミモロちゃん、レディーって感じ…」。服についたボタンと金色の飾りのイメージを活かした耳飾りは、なかなかゴージャス。金色の部分が、フリーメタリコでできています。
「そう?」といいながらポーズ。
赤い耳飾りは、キュートな感じ。ピンクのは、エレガントです。
「アクセサリーひとつで、服は、いっそう引き立ちます」とデザイナーの西紗苗さん。
「自分の気持ちを表現するように、アクセサリーを楽しんでほしいですね」。
ミモロの場合は、体が小さいので、付ける場所と大きさが限られますが、パーティーシーンなどでは、華やかで大きなものも素敵です。ファッションショーのアクセサリーなども得意とする西さん。「いろいろなシーンや洋服に合わせたアクセサリーをオーダーでもお作りしています。着物の時の髪飾りも、人気なんですよ。またお教室もやってますから、自分のアクセサリーを自分で作るのも楽しいもの…」。

「あのーまた作ってねー」とミモロ。「はい、いつでも…また、遊びに来てね」と。

ミモロのために作って頂いた、この世にひとつしかないアクセサリー。また、ミモロの宝物が増えました。
袋に入れてもらい、うれしそうに、お店を後にするミモロでした。

*「naeclose(ネイクローズ)」の詳しい情報は、ホームページから。オンラインショッピングや、お教室の案内も…

人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより

特許庁 商標登録第5629481号 copyright2010Sea Hawk Japan co.,ltd. All rights reserved.
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今、京都で女の子憧れのアクセサリーショップ「naeclose(ネイクローズ)」。オシャレな品々が豊富

2014-01-29 | ファッション

ミモロのお友達のひとり、西紗苗さんは、アクセサリーデザイナー。2008年から三条富小路に、「naeclose(ネイクローズ)」という素敵なアクセサリーショップをオープンしました。
 
「ミモロちゃん、一度遊びに来てねー」ということで、ちょっとオシャレしてお出かけです。

三条富小路周辺は、最近、素敵なファッション関係のショップが増え、京都の女性たちには、人気の通り。クラシックな雰囲気漂うショップの中へ、ミモロは、ワクワクしながら入ります。
   

「わーかわいいものがいっぱ~い!」ミモロは、もう夢中。棚にあがったり…次々にアクセサリーを見て行きます。

西さんは、オーストラリアでアクセサリー製作に出会い。その魅力にはまり、帰国後、独自の方法で作品づくりを始めます。手づくり市やアクセサリーショップなどで、作品を販売、イタリアの新素材「フリーメタリコ」に出会い、資格も取得し、講師活動も開始。その後、京都市の支援認定を受け、1年間ワゴンショップをし、翌年2008年に念願のショップオープンへ。アクセサリーの製作と販売、そして教室の講師として活躍しています。

 
「女友達のように、いつもそばにいてくれるようなアクセサリーです」と西さん。ある時は、エレガントに、ある時は、ラブリーに、そしてある時は、おちゃめに…そんなさまざまな表情をもった、すてきな女友達です。

「あのーつけてもいい?」「もちろん、どうぞ…」 
 「これもー」
単に、カワイイというだけじゃない、どこか遊び心が感じられるもの。

「こういうネックレスも似合うと思うわよー」   
「そう?」耳飾りもいいかも。

いろいろなアクセサリーを次々に…「う~ラブリー」「なんかお姫様になった気分…」と、うっとり。

普段使いから、華やかなパティーまで、あらゆるシーンにマッチするアクセサリーが、所せましと並び、まるで宝箱の中にいるよう。ひとつひとつ見て廻るのが、女の子の楽しみ…。お気に入りを入れるための小さなカゴをもって、ミモロは、もう楽しくてなりません。「どれにしようかなぁー」
「あ、これなんだろ?」
見つけたのは、小さなバラ、小鳥、チーズケーキの指輪。
さすがミモロ、やはり食べ物に目が行きましたか…。ボタンの指輪など1000円台で
「お小遣いで買える…でも、こういうのプレゼントでもうれしいよね」。オリジナルの品々は、すべて手作りの1点もの。自分だけの大切なアクセサリーです。

「ミモロちゃんのお洋服にぴったりのバッグがあるわよー」
「キャーすてきなパーティーバッグ!」とおすまし。

お店のディスプレーもオシャレ。小さな品々が、いっそう楽しさをさそいます。
 ミモロサイズのものを見つけて、つい遊びに熱中。ミモロ、どれのアクセサリーにするの?「えー迷っちゃう~」と、あまりにたくさん素敵な品がありすぎて、決められない様子。

「そうだ、ミモロちゃんの今日のお洋服に合うアクセサリーを作ってあげる…」と西さん。「え~!ホント?」と、目を輝かすミモロです。

店の奥には、作品に使うリボンがいろいろ。
「あのー実は、もう1着、お気に入りの洋服もってきたのー。それに合うのも作って~」と、お願いします。
「じゃ、ミモロちゃんもお手伝いしてくれる?」「OK~!」と、西さんの後に続き、店の奥へと進むミモロです。

*「naeclose(ネイクローズ)」の詳しい情報は、ホームページで。


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロよりお願い~

特許庁 商標登録第5629481号 copyright2010Sea Hawk Japan co.,ltd. All rights reserved.
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

京都で一番人気の情報誌Leaf(リーフ).。編集部訪問、加藤編集長にインタビュー。お仕事のお手伝いも

2014-01-28 | 体験

京都のレストランや観光スポットなどを紹介する「京都ガイドブック」は、花盛り。京都市内の書店には、たくさんの種類の京都本が並んでいます。

京都で、最も読まれている情報誌といえば「Leaf(リーフ)」。
ミモロは、その編集部を見学に出掛けました。モダンなビルの4階にある編集部では、みんな忙しそうにデスクに向かってお仕事を。「あのー編集長に会いたいんですけど…」ミモロは、仕事する人に声を…。「はい、ミモロちゃんですね。伺っていますよー。ちょっと待っててくださいね」。事前にアポをとっていたミモロは、入口そばのテーブルで待つことに。

ほどなくしてLeaf(リーフ)の加藤純子編集長が、ミモロのところにやってきました。
「こんにちは~ミモロちゃん。ようこそ…いろいろ活躍してるんでしょ!」と。「は、はじめまして~」と、ちょっと戸惑うミモロです。編集長といえば、もっと怖そうな人だと思っていたミモロ、なんかやさしいおねえさんって感じ…。


「リーフ」の創刊は、1996年。京都・滋賀の情報を掲載しています。1990年代、数多くの情報誌が、次々に発刊され、京都など関西エリアを扱う地域情報誌もいろいろ誕生しました。現在、多くの雑誌の売れ行きは、下降気味。情報誌、一般誌、女性誌、ファッション誌など、さまざまな分野の雑誌が、休刊に追い込まれています。

加藤編集長が、リーフ担当になったのは、8年前。その後、着実に発行部数をのばし、現在約10万部に。全国誌でも、10数万部というのが、ほとんどの時代で、京都、滋賀という地域限定の情報誌としては、驚くべき数字です。

ミモロは、ノートとペンを出して、インタビュアーに。

「主にどんな人が読者なんですか?」
「想定読者は、20代から30代の働く女性で、彼女たちが、気軽に友達や仲間などと楽しめるレストランやバーなど飲食店を紹介しています。テーマとして「食」が多いですね」
食いしん坊のミモロには、見逃せない情報ばかり。

特に、昨年の夏に発売されあ特集号は、「おいしい店1036」という約15ミリほどの分厚い雑誌。
「えーこの厚さで、500円。どこも行きたくなるお店ばっかりー。見るだけでお腹が空いちゃう・・・でも、たくさんお店が紹介されてて、迷っちゃう~」。常に迷うミモロには、うれしい悩みかも・・・。

「また、4月に創刊18年記念号が発売されるので、また見てくださいねー。最新情報もいっぱいですから…」と。


最近は、食以外のテーマも人気。
「あ、ミモロの好きなパワースポット特集だー」加藤編集長にお話を伺うのも忘れ、記事を夢中で読み始めたミモロです。

「パワースポット好きなの?」「はい、得意で、いろいろなところ行ってまーす」「ミモロちゃんは、京都のおもてなしリーダーになったんでしょ。ホント、いろんな人に会ったり、出掛けたりしてるのねー。すごい…。今度、ぜひ、うちの雑誌でも、お話聞かせてねー」と。「えーもちろん、お役に立てたらうれしいでーす」。
いつかミモロのコラムができたら・・・と、勝手に想像をめぐらします。

「リーフ」が取材するエリアは、京都と滋賀。狭い範囲と思われがちですが、実は、なかなか広いエリアです。京都府は、市内だけでなく、亀岡、丹波や丹後、そして日本海側まで。滋賀県は、琵琶湖がセンターにあるので、どこに行くにもグルリと湖畔を移動しなくてなりません。「ミモロ、遠い所大好き、取材に行きたい…」と、さりげばくアピール。

インターネットが普及する今、雑誌は、無数の情報を、その読者層に合うものを絞り込む役割を果たしています。雑誌に掲載するということは、その内容をある程度、雑誌が選び、読者に勧めるわけですから、読者の信頼を裏切るような店を掲載するのは、雑誌自体の信頼性を損なうことになり、編集者が神経を使うところです。

「編集する上で苦労することありますか?」
「そうですねー。すごく評判がいいお店でも、なかなか取材に応じて頂けないお店も多いんですよ。雑誌で紹介されて、たくさんお客さんが来てくれるのはうれしいけど、常連のお客様に迷惑をかけたり、常連客が離れてしまうんじゃないかと…。そのお店の気持ちもわかりますが、やはり多くの人に、いいお店を知ってほしいというのが、雑誌を作る側としての思いですね」と。

「うん、わかるー。ミモロもときどき取材できないお店に遭うことあるー。変なネコが来たって思われてるのかな?でも、「京のおもてなしリーダー」になったから、『へー有名なネコちゃんなんだー』って、このところ、ぜひ来てねーって言われることも増えたんです。うれしい・・・だから、もっと京都の魅力をお伝えしようって、がんばってまーす」と。

「あのー何かお手伝いしたいんですけど…」とミモロ。ということで、編集部のお手伝いを…。と言っても、書くことではなくて…
「えーっと郵便物は、この箱に入れるのねー。ヨイショ…」
「すでに発売された印刷物は、ここに整理して~」なにかやりたいミモロは、ちょこちょこお手伝いを始めました。

「ミモロちゃん、校正見てくれる?」「はーい」
もうじき発売される雑誌の記事の間違いなどを探し、訂正する大切な仕事です。記事を丁寧に読んで、文字や文章などを誤りを探すのは、なかなか大変、しかもとても重要な仕事です。「うーう~」唸っているミモロ大丈夫?しばらくして「目が疲れちゃった~」と。あまりに真剣に見つめ過ぎたのか、目がショボショボと。ミモロには、人と会う取材の方が得意のよう…。「はい、お疲れ様でした。また、お手伝いに来てねー」と言われ、うれしそうなミモロです。

京都の毎日のスケジュールが書きこめる「京都毎日手帖」もあるんだって~。

「また、遊びにいっちゃおう…」と、密かに思うミモロです。

*「Leaf(リーフ)」のおすすめ情報は、ホームページからどうぞ…

人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより

特許庁 商標登録第5629481号 copyright2010Sea Hawk Japan co.,ltd. All rights reserved.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鉄道マニア憧れの老舗鉄道模型店「マツモト模型」。正確なスケールと部品が示す本物へこだわり

2014-01-27 | アート

京の冬の旅で、「寺町 阿弥陀寺」を訪れ、「大黒屋鎌餅本舗」で名物の鎌餅を食べたミモロは、バスに乗るため、寺町を今出川通へと向かいます。「あ、ここなんだろ?」と突然、ミモロの足が止まり、店の中を熱心にのぞいています。
 
  
店の外のショーケースには、鉄道の行き先を告げるプレートが。

ここは、創業60年を越える鉄道模型店「マツモト模型」です。鉄道模型マニアなら、だれでも知っている老舗。
乗り物好きのミモロ…京都の梅小路に蒸気機関車を見に行ったり、また山口では、SLの「やまぐち号」にも乗車しています。だから、興味津々。思いきって店の中へ進みます。

「あのーちょっと見せてください~」鉄道マニア、特に模型マニアご用達のお店だけあって、どう見ても鉄道ファンに見えないミモロにお店の方やそこにいらしたお客様も、関心はなさそうに…。

それでもミモロは、お店の中を歩き回り、次々に置かれた品々を見て行きます。
 
「なんか今まで見たことある模型よりも、精密…本物みたいーすご~い」

  
小さい模型は、近くで見ても、迫力満点。線路を走る音が、想像できそう。

ここで、主に扱うのは16番ゲージの鉄道模型。これは、鉄道模型の縮尺と軌間を示す規格名称で、左右のレールの間隔が、16.5ミリのものを指します。

また、創業者である松本正二さんが戦前から戦後にかけて製作した35ミリゲージの蒸気機関車などの模型も店内に展示されています。
さらに木と紙でつくられたペーパー模型は、紙とは思えない質感。今も、オリジナルのペーパー模型として、訪れる人たちを魅了してやみません。

ところで、鉄道模型というのは、まさに大人のディープな趣味の世界。この店には、蒸気機関車をはじめ、今も現役で走るさまざまな電車の模型部品が揃っているのです。「これなんだろ?」
ケースの中には、小さな車輪。ここには、さまざまな種類の鉄道模型のためのあらゆる部品が用意されています。

鉄道模型マニアは、鉄道ファンの中でも、まさに自分の好きな車両に惚れ込んで、自分で組み立てたいと思うほどの熱意をもっています。プラモデルとは、全く違い、組み立てキットになっているものでも、組み立て方の懇切丁寧な説明はないそう。模型マニアは、まさにその車両の構造を熟知する、豊富な知識が必要です。

ひとつの車両を組み立てるまでにかかる時間も相当なもの。でも、ひとつひとつ部品を組み立てる楽しさは、模型マニアには、たまらない時間。

「あれー新幹線ないんですか?」とミモロ。「新幹線は、模型マニアには、あんまり人気がないんです」と。模型マニアにとって、新幹線は、あまりに機能性を重視したデザインで面白みにかけるそう。「確かに、外側の部品少ないかも…」。模型マニアが心惹かれるのは、どこか温かみや表情のあるもの。
 
「うん、わかる気がする~」とミモロ。

大人のディープな趣味の鉄道模型というのには、知識の豊富さだけでなく、模型自体の価格の高さから。
小さな部品ひとつでも、正確さが求められ、当然、高価に。それがいくつも必要ですから、比較的初心者むけのキットでも、10万円は下りません。すでに組み立てられた完成品に至っては、40万円以上するそう。
だから、子供の頃からの憧れを、大人になってお金に余裕ができてから、実現する人も多いそうです。

全国の鉄道模型マニアから、問い合わせがあり、必要な部品などが、送られます。
 

店内には、模型の部品だけでなく、懐かし鉄道の写真や、常連さんから寄贈された貴重な品々なども展示。
 
 
「ここにいると、時間がたつのを忘れちゃいそう…」とミモロ。ここを訪れる鉄道マニアは、共通の話題や情報交換などで盛り上がり、何時間も過ごす人も多い、まさに鉄道マニアの社交場に。

ミモロも、調子にのって、「あのねー前に『やまぐち号』に乗ったの…」「電車の線路って、どういう風に作られているの?」「アプト式の電車って楽しいよねぇー」と、お店の方や、そこにいらした常連の鉄道模型マニアの方と、いつしか話が弾みます。

「これなんだか、わかりますか?」と、常連さんにお店の外へ。 赤いボックスのようなものが。「これは、単線の鉄道が、それ違う時に使うものです」。それ違う鉄道の乗務員が、それぞれに位置を知らせ合い、スムーズに、無事に走行できるようにする、一種の運行安全装置です。「へぇー知らなかったー」とミモロ。

「鉄道マニアじゃないのに、こんなに一緒に話ができるなんて、初めてです」と、常連さんに褒められ、うれしそう。「ミモロ、マニアじゃないけど、乗り物みんな大好きなのー。ここに来ると、鉄道のこといろいろ教えてもらえるから…また、来ちゃおう…楽しかったー。ありがとうございました」と、すっかりお店の方や常連さんとも親しくなった、ちょっと鉄子ちゃんのミモロです。

お店にある行き先を告げる金属製のプレート。今は、多くが、電気式のロールや電光表示になっています。「こういう鉄道グッズも、新しい車両にはないねー」。機能、効率を求める現代の鉄道、「ちょっと味気ないねー。でも、いくら風情があると言っても、京都と東京の間を、在来線でいったら、1日かかるし、背中バリバリで疲れちゃうし、やっぱり新幹線がいいなぁー」と。

でも、一方で、豪華車両も一般の旅行者に人気。鉄道の旅を楽しむゆとり世代も急増。鉄度模型マニアも、増えるかもしれません。

*「マツモト模型」のホームページもぜひご覧ください.出町柳駅から徒歩10分。今出川寺町上ル。



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロからお願いでーす。

copyright 2010Sea Hawk Japan co.,ltd. All rights reserved.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加