ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

坂本龍馬ゆかりの伏見「寺田屋」。当時の様子を復元した建物や資料を見学

2016-08-31 | 歴史・史跡

夏のある日、ミモロは、伏見に出かけました。
 
濠が走る水の町、伏見は、大阪と京都を結ぶ船の荷揚げ場として、栄えた町。「京都の町中とは、ちょっと雰囲気違うよね~」とミモロ。

そう、濠のそばには大きな酒蔵が並び、鴨川が流れ込む滔々とした淀川の景色もあり、京都の町中より、開放的な感じです。

さて、伏見といえば、幕末、薩摩、長州など尊王攘夷の討幕の志士と、徳川幕府の佐幕派が、それぞれの立場で日本の未来を思い、ぶつかった場所です。
交通の要所ということもあり、伏見には、薩摩藩や土佐藩の屋敷も置かれていたのです。

ミモロが訪れた「寺田屋」も、そんな歴史の激動期の舞台になったところです。
 
「寺田屋」は、京都に滞在する坂本龍馬の定宿のひとつ。
「あ、坂本龍馬だ~」敷地内には、龍馬の銅像が迎えます。

慶応2年(1866)1月23日。滞在中の龍馬は、幕府方の襲撃を受け、負傷する「寺田屋事件」が起こります。
その事件から、「寺田屋」は、歴史に名を記す場所になりました。

「中を見学しようよ~」とミモロ。
現在も旅館として営業し、その一部が坂本龍馬に関わる史蹟博物館として公開されています。

龍馬がいた時の宿の建物は、鳥羽伏見の戦いで、焼失。現在の建物は、それ以後、復元されたものです。

入口からまずは、階段を上がり、龍馬お気に入りの部屋「梅の間」へ進みます。
「う~急な階段・・・」 
「あ、刀傷だって…」佐幕派が階段を駆け上がったときの刀傷の再現。

「ここが、龍馬お気に入りのお部屋?」
 庭に面した静かなお部屋。
そこには、龍馬の姿の掛け軸や写真、ピストルや刀など、当時を思わせる品々が展示されています。
 
「わ~龍馬がいっぱい…」。床の間にかかる掛け軸は、この宿の女将お登勢が、龍馬に薦め、絵師に描かせたと言われるもの。
これが円山公園の銅像のモデルになった絵だそう。
「この絵、焼けなかったんだ~」そうなんでしょうね~。ここに飾られてるのはレプリカだと思うけど…。

後に妻となるおりょうさんが、入浴中、迫り来る刺客に気づき、部屋で長州藩士、三吉慎蔵と飲んでいた龍馬に、裸で急を知らせたという話は、有名。「あの階段、おりょうさんが上がって来たのかな?」おりょうさんが駆け上がったのは、別の階段です。


その「寺田屋事件」などを説明した絵も展示されています。
 
深手を負った龍馬らは、なんとか「寺田屋」を脱出し、追手を逃れ、近くの材木小屋に隠れます。
その後、薩摩藩の伏見屋敷に、それを知らせた三吉慎蔵は走り、薩摩藩から船で助けがやってきて、負傷した龍馬は救われるのです。

「寺田屋から土佐藩のお屋敷すぐ近くなのに、そっちに助けてもらえなかったんだ~」とミモロ。
そう、脱藩した龍馬と土佐藩の微妙な関係が伺えます。

龍馬の窮地を救ったおりょう。共に、京都の薩摩屋敷に移り、しばし療養の後に、薩摩への旅にでます。これが日本初の新婚旅行と言われるもの。


龍馬は、とても筆まめで、さまざまなことを、姉の乙女に手紙に綴っています。
それらの書き記したものが、その当時の状況を今に伝える貴重な歴史的資料になっているのは間違いありません。

「龍馬が筆不精や、記録するの嫌いだったら、きっとその当時の様子わからなかったね~」とミモロ。

現在の「寺田屋」は、第14代寺田屋主人が復元したもの、実際、当時の建物は、その隣の今庭になっているところにあったそう。



2017年は、大政奉還(1867)から150年の節目。龍馬や幕末の志士たちに関する展示やイベントが次々に企画されています。

*「寺田屋」京都市伏見区南浜町 075-622-0243 見学受付は、10:00~16:40 拝観料400円 月曜不定休 交通/京阪「中書島駅」から徒歩5分 京都駅からタクシーで15分


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね~ミモロより


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「松ヶ崎大黒天」。大黒さまのご縁日。甲子大祭(きのえねたいさい)へ。お茶席なども

2016-08-30 | 京都

年に6回、隔月にある「甲子(きのえね)」の日。この日、松ヶ崎の日蓮宗 妙円寺では、「甲子大祭」が行われます。8月は10日の日。大黒様が大好きなミモロは、さっそくお参りに出かけました。お祀りする大黒様は、伝教大師(最澄)作と伝えられ、そこからここは、「松ヶ崎大黒天」と呼ばれます。60日に1回めぐる「甲子」の日には、大黒様の御開帳が行われます。
 山の中腹にあるお寺
石段を上って境内へ。そこには、大きな大黒様の像がお出迎え。


さて、ここ「松ヶ崎大黒天」は、「都七福神」のひとつ。また、「五山の送り火」の「法」の字のすぐ真下に位置します。

 
「あの奥に、大黒様いらっしゃるの~」と、ミモロは、そばに歩み出て、参拝します。

大黒様のそばには「撫で牛」が。「撫で牛っていろんなところにいるね~」とミモロ。そう、「北野天満宮」「六波羅蜜寺」にも撫で牛が祀られています。

撫でる開運が授かると言われる牛。そもそも農耕をつかさどると敬われたことからとも言われます。
天神さまと牛の結びつきは、菅原道真の乗り物のイメージからとも…。
また、自分の病んだ場所と同じ部分の牛の体をさすると病が癒えるとも信じられています。
さらに、牛は黒いことから、大黒に通じるとも…。

「え~撫で牛さんも黒毛和牛なんだ~」とミモロ。

大黒堂にお祀りされている「撫で牛」にしがみつき、なにかブツブツお願いごとを…。


ここ「松ヶ崎大黒天」では、甲子の日。仮設テントに、お札やおみくじなどが並びます。
 

「お煎茶のお席もありますよ~」と係の方に言われ、さっそくお茶券を購入。境内の奥にある建物へ。
「ここかな~」 

境内の奥にあるのはりっぱな日本家屋。
 
そのお座敷に進みます。
まずは、御軸拝見。
毎回「甲子大祭」では、お茶のお点前が行われます。8月は、煎茶。ほかは裏千家、表千家のお点前が…。
お煎茶のお点前の設えがされたお座敷。
まずお菓子をいただく前に、一杯目のお茶を…。
お点前を拝見。 
そして、煎れていただいたお茶もいただきます。


「なんか心鎮まるひとときだった~」とミモロ。

「おそばの接待もあるんだって~」と、大黒堂の前に戻ると、すでにおそばはおしまい。
「また10月に来てくださいね~」と言われました。

10月は9日の日曜日が「甲子大祭」です。「また来ようかな~」


*「松ヶ崎大黒天」の詳しい情報はホームページで



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね~ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四条大橋のランドマーク。ウィリアム・ヴォ―リズ設計の洋館の中華料理店「東華菜館」

2016-08-29 | グルメ

京都四条大橋の南西に聳えるクラシックな洋館、北京料理「東華菜館」。

「いつも見てるけど、ちゃんとお食事に行ったことないよ~」とミモロ。
京都の人なら、きっと一度は行ったことがあるだろう建物です。

ここは、もともとビアガーデンの人気が高まる大正時代にできたビアレストラン「矢尾政」というお店でした。
戦時下において、西洋料理の存続ができなくなり、当時店主であった浅井安次郎が、友人だった中国人の料理人に、この店を託し、昭和20年末に「東華菜館」としてオープンしたのだそう。

「始めは、洋食のレストランだったんだ~」と、中華料理店のイメージより、洋食が似合いそうな建物だと思っていたミモロは納得。

さて、鴨川を挟み「南座」の向かい側に建つ、この建造物は、大正15年にできたスパニッシュ・バロック様式。
なんとさまざまな洋館の設計などで知られる建築家ウィリアム・ヴォーリズが手掛けたもの。しかも彼にとって、生涯ただ一つのレストラン建築なのだとか。

装飾彫刻が施された外観。

天井をはじめ、あらゆる室内装飾や調度品など、すべてヴォーリズが手掛けたもの。
「なんか美術館に来たみたいだね~」とミモロは感激。

鴨川を望む窓も、直線的な窓が多い今とは異なり、美しいカーブが…。


海の生き物をモチーフにした装飾がちりばめられているのだそう。

家具の多くも、クラシックな感じ。調度品の中には、ヴォ―リスの作品もあり、感激です。
「この椅子も座り心地いいよ~」それはたぶん彼の作品じゃないと思うけど…。

エントランスロビーにある待合室。

「ここでずっと待っててもいいかも…」と思わせる空間。

「どうぞ2階へ…エレベーターでお上がりください…」と係の方に言われ、乗り込んだエレベーターは、1924年のアメリカ製。「あ、オーチスだって、今もよく見るエレベーターのメーカーだ~」。
現存する日本最古のエレベーターなのだそう。エレベーターは、係りの人が操作する手動式。金属製の蛇腹の内ドアが、懐かしい。

「オーチスって、そんな昔から日本で使われてたんだ~」たしか六本木ヒルズのエレベーターもオーチスでした。

「わ~2階もクラシックで素敵~」

もともとビアレストランとして設計されただけに、鴨川や東山の景色を眺められるように、大きな窓やテラスが…。

ミモロの席からも、眼下に鴨川の景色が広がります。

「ミモロちゃん、何にする?」と一緒に行ったお友達。

「う~、どれにしようかな?」と悩むミモロ。ランチタイムのコースは4000円くらいから、う~そこまで食べなくていい」ということで、アラカルトで。

鶏肉のお料理と野菜の炒めもの。そしてチャーハンをお友達とシェアします。「これなら一人2000円かな?」
 
「おいしそうなチャーハン・・・」


「ミモロちゃん、見つめてないで、どうぞお先に…」と、おいしそうなので思わず見とれてしまったミモロです。

お友達と、しっかり完食。
話も弾み、なんと1時間以上もすごしました。

「ここ、外国のお友達が来たとき、お連れしようかしら…」とお友達。
「そうだね~。でも東京のお友達や建築好きの人も感激すると思うよ~」とミモロ。

「だって、ヴォーリズの建物の中でお食事できるんだよ~」と、洋館好きのミモロはただ感激。

9月中は、ビアガーデンもやっています。


「また、ヴォーリズの設計、よく見に来よう…」とミモロ。

大正時代の竣工当時の面影を今も留める建物。京都に来たら、ぜひ1度は立ち寄りたいお店です、

*「東華菜館」の詳しい情報はホームページで



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね~ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに訪れた「銀閣寺」。緑茂る境内の散策。セミの声もなくなり、赤とんぼが…もう秋

2016-08-28 | 歴史・史跡

東京から来たお友達を案内して、久しぶりに訪れた東山の「銀閣寺」。
「ここの生垣の道、好きなんだ~」と、ミモロ。まるで俗世界から切り離すような静寂の参道です。

京都に暮らすと、実は、なかなかガイドブックに載っているお寺に行くことが少ないのです。
「ご用事がないと、行かない…。あとはお友達を案内する時だけ~」

「久しぶりに来ると、新鮮・・・やっぱりいいね~」

東京などのお友達は、「ミモロちゃん、京都に暮らして、いつでも素晴らしいお寺や神社に行けたり、美味しい懐石料理食べれていいわね~」と言われます。でも・・・暮らすと、めったに懐石料理なんて食べないし、そんな何度も世界遺産めぐりもしません。

京都生まれのお友達には、「清水寺って、もう何十年も行ってない…」とか、「祇園祭の宵山も、子供のころ行っただけ~」とかいう人、結構多いんです。

ミモロも「銀閣寺は、よくそばは通るけど、中に入るの、何年振りだろ?」という感じ。

今年8月、ものすごく暑かった京都。でも気づくと、「あれ~あんなに鳴いてたセミの声、聞こえなくなったね~」とミモロ。
そう、つい最近まで、ミモロの家のベランダのそばで、クマゼミやアブラゼミが、うるさいほどに鳴いていたのに、今は、パタリと鳴かなくなりました。

「銀閣寺」のお庭を歩いても、やはりセミの声は聞こえません。
「もうセミさんいなくなっちゃったのかな~」歩きながら耳をピクピクでも、セミはいないよう。

「銀閣寺」は、「金閣寺」同様、京都御所の北にある「相国寺」の山外塔頭。共に世界遺産です。
もともとは、室町幕府8代将軍、足利義政が、応仁の乱で焼失した浄土寺跡に建てた東山山荘に始まります。すでに義政の時代に、お寺の跡しかなかった「浄土寺」。でも、今も地名に名をとどめています。
将軍職を息子義尚に譲り、文化芸術に没頭した隠居暮らし。妻、日野富子は、そんな夫に一切の資金援助はしなかったとか。「さっさとリタイヤして、趣味暮らしを始めた夫に、呆れちゃったのかなぁ~」

お庭は、義政自身が直接作庭にかかわったという「池泉回遊式庭園」。
  
庭内を、東山から湧きだした水などが、巧みにめぐります。

「銀閣寺」を代表する通称「銀閣」は観音殿のことで、東山山荘の建物のひとつです。

実は、義政は、この「銀閣」の完成を見ずに亡くなったのだとか。

ピカピカに輝く「金閣寺」は、義政のおじいさんの3代将軍足利義満が建てたもの。ここが「銀閣」と呼ばれるようになったのは、江戸時代から。「金閣」に対して「銀閣」ということで…。

黒っぽい「銀閣寺」は、銀が変色したとか、剥がれたとか思われがちですが、もともと、銀箔は貼られていなかったそう。なので、作った義政自体が、銀色にしようとしていかたは不明です。

ところで「義政のお父さんは、あの暴君といわれた義教なんだ~」。青蓮院の僧侶だった義教は、くじ引きで選ばれたことで知られる将軍。家臣たちを恐れされる凶暴ともいえる性格でも、その名が知られます。
さまざまな複雑な人間関係が渦巻く将軍家。「義政って、子供のころから、複雑な将軍家を見てて、そういうの嫌になっちゃったのかな~」とミモロ。

義政が求めた静寂の世界が、誰にも邪魔されない山荘。それがここ「銀閣寺」だったのです。

義政の死後、ここは、臨済宗の禅寺「慈照寺」になります。

東山の地形を活かした庭園の散策路からは、敷地内を一望。遠く町の姿も眺められます。

「銀閣寺」で有名なのは、本堂前に盛られた白砂の「銀沙灘」。
お寺の方が、その姿を整える美しい砂の造形です。

「あ、蜂・・・」砂のまわりには、大きな蜂が何匹も飛んでいます。よく見ると、砂が蜂の住まいになっているのか、無数の穴が砂にありました。

円錐形の砂のお山は、「向月台」と呼ばれるもの。


ここ「銀閣寺」は、月を愛でる場所として、造られたとも言われます。
月明かりに照らされる「銀沙灘」の姿は、どれほど幻想的なのでしょう。「一度見てみたいね~」と、誰もが憧れる景色です。

「銀閣」から池に映る月を眺める…義政が憧れた幽玄の世界があるのでしょう。


もちろんここも大勢の観光客や修学旅行生が訪れますが、夕方、拝観時間が終わる間際がおすすめ。
「あんまりゆっくりできないけど、静かだよね~」。



「前に訪れたことがあるお寺も、久しぶりに行くと、前とは違う感じがしていいね~」

週末から、ぐっと朝晩が涼しくなった京都。「やっといろんなところ、また見学に行ける~」と、ミモロの行動半径も秋と共に広がってゆきそうです。


*「銀閣寺」の詳しい情報はホームページで





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね~ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伏見の蔵元「山本本家」の「酒米の会」。ミモロの植えた稲の苗もスクスク成長

2016-08-27 | 体験

5月下旬に、ミモロは、伏見の蔵元「山本本家」が主催する「酒米の会」に初めて参加しました。
これは、田植えから、稲刈り、そして酒造りまでを体験するもの。今年で3回目のイベントです。

伏見の田んぼで、そして伏見の水でお酒を作る…酒どころ京都らしい体験プログラムです。

お友達に誘われて参加したミモロ。初めての田植えを体験。「楽しかったね~」と。

稲刈りは、10月。その前に、田植えした苗の生育状態を参加者の人たちが見学することになりました。

京阪「中書島」から徒歩15分ほどの場所にある田んぼに集合です。

「わ~こんなに大きくなってる~」

すでにミモロの背の何倍にも成長した酒米「祝」。


「あ、稲穂ができてる…」
「それは、稲のお花ですよ…」「あ、そうなんだ~。地味めなお花…。これがお米になるんだ~」

酒米の「祝」は、ご飯で頂くお米の「コシヒカリ」などと比べると育ち方がダイナミック。
 
葉の色も濃く、また丈も高くなっています。

「みんな集まってくださ~い」と、農家の方から、生育状況などを伺います。
「とても順調に育ってますよ~」
今年は、晴天に恵まれ、日照時間も十分。稲の発育もいいそうです。このまま育てば、秋にはたくさんの酒米が収穫できそう。

「よかった~」と、ホッとするミモロです。

再び、みんなで田んぼの畦を歩きます。
「あ、ここミモロが田植えしたところ…」田んぼの角の田植えを担当したミモロ。

「でも、あの時、細い苗を3本くらしか植えなかった…」そう、でも、その苗は、ミモロの胴回りほどの立派な太さになっています。


「でも、曲がって植えちゃったし…」と、そこも気になるところです。「ほら、大丈夫でしょ。全然気にしなくて…」
今も多少曲がっているのがわかりますが、生育には全く関係ないのだそう。

「後で、植え替えたりしてません?」と、懐疑的なミモロ。「いいえ、ミモロちゃんが植えたままですよ~」と。

この田んぼでの稲刈りは、機械を使わず、鎌を使ってミモロたちが刈り取るので、多少曲がっていても大丈夫なのです。

「台風などで、稲が倒れないといいんですけど…」と農家の方。

収穫前に台風で、稲が水につかると大変。「台風、近づいてるし~。ちょっと心配…」とミモロ。

日本全国の農家の皆さまのご苦労が、よくわかります。今年は、東北や北海道の農作物に台風の被害が出ました。
せっかく丹精した農作物が、収穫できない状態になる…農家の皆さまの心痛を思います。

「キャ~」と、畦を歩いていたミモロが突然声を…。
足元を見ると、小さなカエルがピョンと跳ねて…
「なんだカエルさんだったの~」目を凝らすと、田んぼの中をスイスイ泳ぎまわっているカエルたち。
「いっぱいいる~」田んぼは、カエルの素敵な住まいになっているようです。


さらにトコトコ歩くと…「あ、これ食べられるかな~」と、次に田んぼのそばで見つけたのは、栗。
「まだ青い…」
食べられるようになるには、まだ時間がかかりそう。

もしかして、ミモロ、お腹空いてきたんじゃないの?「え?わかる?グ~」とミモロのお腹がなりました。


田んぼの見学の後は、参加者の皆さんとの交流会。伏見の「山本本家」のそばのお店で…。
各テーブルには、「山本本家」自慢のお酒が並びます。
「いろんな種類のお酒飲んでいいんだって…」 

参加者は、みんな、もちろん日本酒好き。この交流会で、いろいろなお酒が飲めるのも楽しみのひとつです。

この日は、お酒と共に、ランチが…。「わ~いろんな御料理がいっぱい~」


ミモロたちは、食べて、おしゃべりして、そしてたくさん飲んで…。「昼間だけど、結構のんじゃった~」とミモロ。でも、顔色が変わらないので、大丈夫。

「ミモロちゃん、結構飲めるんだ~いいのまだ小さいのに飲んで…」「ネコに年齢制限はありません~」とミモロ。「今度は、稲刈りだね~」と。

「10月ごろ、稲刈りを予定しています。また、皆さんよろしくお願いしま~す」と山本さん。
「ミモロ、稲刈り初めて~楽しみ~ヒック・・・」。ミモロは飲みすぎて、ちょっと呂律が回りません。

楽しい交流会の後、ミモロは、バッグの中で高いびき。やっぱり日本酒回ったんだ~。

次に皆さんと会えるのは稲刈りの時・・・。

*毎年、春に募集される「酒米の会」。そのころに「山本本家」のホームページに情報が掲載されます。ご興味のある方は、ぜひ…


 


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね~ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加