ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

四条河原町の角にある京菓子「尾州屋老舗」。そば餅や蕎麦ぼうろなど親しみやすい品々が人気

2014-09-02 | グルメ

京都の町の中心地といえば、四条河原町。祇園祭の山鉾の辻まわしをする交差点です。
交差点の南西角には、「高島屋」が聳えています。デパートの大きなビルの角には、そこだけ古いビルが見えます。

「なんか不思議だよね〜」と、いつも思うミモロです。

古いビルには、化粧品屋さんなど、3件の店舗が入っていて、そのひとつが和菓子の「尾州屋老舗」です。
  

「高島屋」が、四条河原町に店舗を作ったのは、昭和23年(1948)のこと。戦前より、移転計画はあったものの、なんでも、建設資材を供出しなくてはならず、実際に建設が行われたのは、戦後になってからだそう。
その当時、四条河原町の一番目立つ角の用地買収に失敗。高島屋としては、余儀なく、角が凹んだビルを建設することに。そのため、高島屋のビルは、北東の角が凹んだ形になっています。

「でも、これ、風水からするといいんじゃないの?」とミモロ。
そう、京都御所も、北東のつまり鬼門の位置の築地壁をわざとへこませて、鬼門除けをしています。
「これ、高島屋の鬼門除け?わざと…」そう、思わず考えてしまう不思議な形です。

さて、古いレトロな雰囲気のビルの1階、まさに京都で屈指の場所にある和菓子の「尾州屋老舗」。
いつも多くの観光客が、お土産を購入しています。
ここの名物は、「京風 そば餅」
 
でも、実は、餅ではなく、お饅頭。なんでも中国では、口に入れる丸いものを『餅』と呼び、それに由来して、この店が創製した品に、「そば餅」と称したのだと、お店の案内に…。
 
しっとりした皮に包まれた中身は、つぶあん、こしあん、柚子風味のしろあん、抹茶あんなどがたっぷり。

昭和36年の全国菓子博では、高松宮名誉総裁賞を授与された「そば餅」です。

お店の方に、「あのー『尾州屋老舗』というからには、昔、尾張にいたんですか?」と尋ねると、「いいえ、ずっと京都です」と…。
インターネットなどで調べると、『尾州屋老舗』は、京都にある、室町時代創業と伝えられる、そばの老舗「尾張屋」から、昭和16年に暖簾分けしたのが、始まりだとか。なので、直接、尾張地域とは、関係ありませんでした。

もうひとつ、この店で有名なのが、「蕎麦ぼうろ」
 「これ、ミモロ大好き…」と。サクサクとした歯ごたえ、でも、口に入れると、溶けてしまいそうに・・・・。「ほんのり甘くて、美味しい」といいながら、試食の品を、もうひとつパクリ。

「蕎麦ぼうろ」は、昭和30年代から、作り始めたのだとか…。梅の形をした焼き菓子は、中心部をくり貫くことで、火の回りが速くなっています。

そもそも「蕎麦ぼうろ」は、1570年代に、ポルトガル人によって伝えられた南蛮菓子のひとつです。ぼうろ(ボーロ)とは、ポルトガル語でケーキを意味するそう。
「クッキーみたいだけど、和菓子なんだよね…」とミモロ。そう、洋菓子のようでもカステラは、南蛮菓子なので、和菓子に分類されるのと同じです。

「あのー蕎麦ぼうろの中心部分ありませんか?」とミモロ。丸い小さな部分が大好きなのでした。
「ここには、ありません…」と、きっぱり…。「う〜残念…」
どうもミモロは、蕎麦ぼうろの中心部だけでなくドーナツの中心部、カステラの耳、巻きずしの端っこなどがお気に入り。
「だって、なんか特別感があるんだもの…」と…。

そこで、小さな袋づめを購入。バスの中で、パクパク食べるミモロ。なんと降りるころには、もう半分しかありません。「だって、美味しかったんだもの…」バターたっぷりのクッキーと違い、脂ぽくない蕎麦ぼうろ。ついたくさん食べてしまったよう…。

*「尾州屋老舗」京都市中京区下京区四条河原町西南角 075−351−3446 不定休 9:00〜19:30
 


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより
コメント

京都、島原の置屋さん「輪違屋(わちがいや)」。京の夏の旅での公開は、9月30日まで

2014-09-01 | 歴史・史跡

「京の夏の旅」の特別公開で、京都駅に近い場所、島原エリアを訪れているミモロ。かつて新撰組などが、宴会に使った、今でいう料亭の揚屋の「角屋(すみや)」を見学し、次に向かったのは、置屋の「輪違屋」です。

 
置屋というのは、宴で芸でお客様をもてなす太夫や芸妓を抱えるところ。宴会の会場である揚屋は、この置屋に、お客の要望で、太夫や芸妓をアレンジします。
 
ここ、「輪違屋」は、元禄年間の創業という、なんと320年以上もの歴史を誇ります。現在の建物は、「角屋」同様移転を行い、安政4年(1857)に再建され、その後も増改築を繰り返し、今の姿になったのは、明治4年(1871)だそう。
現在は、お客様をもてなすお茶屋さんとして営業しているので、普段は、公開されません。

よく時代劇や映画に登場する「太夫道中」は、置屋さんから、揚屋さんに太夫が、向かうためのもの。少女の可愛らしい禿(かむろ)などを従えた、華やかな道中です。高いぽっくりのような履物を、8の字に動かしながら歩く姿は、沿道の人々の憧れ。「太夫って、お茶やお花、和歌に書、俳句なんかも得意なんでしょ…すごいよね〜」と、ミモロは尊敬のまなざし。昔の女性の中で、高い教養をもったスーパーレディーです。

ですから、お客は、太夫が選ぶのだとか…。無粋な無教養な客などは、相手にしなかったそう。だから、太夫と過ごせる男性は、ただお金をもっていてもダメで、それなりの教養や人間的魅力を備えていないと…。

「遊ぶのも大変だね〜」と…

さて、今回、特別公開されたのは、1、2階のお座敷です。

まずは、玄関で、履物を脱いで…
中へ。

庭に面した1階のお座敷が、ここの主座敷。

「なかなか広い…」
現在もここで宴会が行われます。「だから、夕方、16時までに、ここを出なくちゃいけないんだって…」特別公開の期間も夜は、営業をしているそう。


お座敷の床の間を拝見して…


そして屏風も…
「これは、新撰組の近藤勇の書を屏風に仕立てたものです」と、ボランティアガイドの方。
「なんて書いてあるのか、よくわかんないけど…でも、確かに近藤勇って名前のところは読める・・」

また別のところには、半紙に書かれた書が…
 
「きれいな字…」「それは、芸妓たちが、お客様にお出しした手紙の下書きです。お座敷に呼んでくださいね…という内容…」と。

「ホントきれいな字をみんな書けたんだ・・・すごい・・・尊敬しちゃう…」と、ミモロ。

2階のお座敷も公開されていますが、そちらは撮影禁止。

「太夫の打掛もあったね〜。とても豪華な刺繍がされて、すごく美しかった…」とミモロの感想。

ここも、建物がなかなかりっぱ。置屋さんだけあって、どこか艶やかさを漂わせる建物です。
「ここに、たくさん太夫や芸妓が暮らしてたんでしょ…」

今は、古い建物の匂いしかしませんが、当時は、白粉など、いい香りが立ち込めていたのでは…。
女性たちの声や、三味線、鼓や琴の音も響いていたかもしれません。

「そのうち、3D映像で、当時の様子が、再現される展示なんかも出てくると面白いのに…」と、今は頭の中だけの想像も、いつか3D映像で、目に見えることになる時代がくるのでは…。

「さぁ、帰ろう…」
玄関で、履物をはいて、見学終了…。

「なかなか面白かった…」

*「輪違屋」の特別公開は、9月30日まで。詳しい情報は、「京の夏の旅」からどうぞ・




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより
コメント

いよいよ9月14日が最終日。「京の夏の旅」の特別公開「島原 角屋(すみや)」へ。

2014-08-31 | 歴史・史跡


7月から始まった「第39回 京の夏の旅」も、9月に終了を迎えます。
この夏、ミモロが行ったのは、京都の西、島原にある国指定重要文化財になっている「角屋(すみや)」です。
 
ここは、揚屋建築唯一の遺構といわれるところで、建物、庭、襖絵などがみどころ。
この特別公開の時期以外は、「角屋おもてなしの文化美術館」として公開されています。

江戸以降、花街として発展した島原。「京都に島原って、なんか九州の長崎みたい…」とミモロ。そう呼ばれるのは、寛永18年(1641)に、現在の地に、「六条三筋町」から移転した時、バタバタと大混乱になり、それが、九州で起きた島原の乱の混乱を思わせたことからとか…。正式には、「西新屋敷」と言います。

ここ「角屋」は、揚屋(あげや)という、今でいえば、料亭。幕末、新撰組なども宴会をしに訪れたそう。そこで、ミモロも侍姿で出かけることに…。
  
華やかな赤い壁は、ここが高級なお店であることの証とか…。「そういえば、祇園の『一力』さんも赤い壁してる…」
「ごめん〜」と、ミモロは、すっかりお侍気分…。

「あ、新撰組の刀傷だって…ここのところ…」持ってきた小さな刀を抜いて、「こんな感じ…」と。
 お酒に酔った侍たちが、衝突したのかも…。

建物内部は、帯刀は、ご法度。入り口には、刀を預け、中へ。
ミモロも刀をしまいます。

内部は、江戸時代そのまま。広い「網代の間」など、大きなお座敷が、お客を迎えていたのです。
 
「夜は、もっと暗かったんだろうなぁ…」
 
行燈の灯りだけで、すごす宴会…きっと今とは、違った趣だったことでしょう。

「網代の間」というだけあって、天井の網代は、大きくダイナミック。長い1本の杉が、何本も天井に…。

古い建造物で、驚くのは、建材の見事さ。今では、とても調達できそうもない木材などが、ふんだんに使われています。

「なんかこの中庭もいい感じ…」
しばし、寛ぐミモロ…。奥にもりっぱなお座敷があるそうよ…。「ホント?」と言いながら、建物の中をさらに奥に。
 「うわー広いお庭…」
「臥龍松の庭」と呼ばれ、龍の姿のように松が、庭の中心部に、枝を伸ばしています。「この松は、2代目、大きな初代の松が枯れ、現在は、3本の松で、昔の姿を作っています」とボランティアガイドの方。

「松の後ろ、桜の木だ…」 そう、大きなしだれ桜があり、春は、隠れた名所だとか…。


「花街にある店ということで、夜だけしか使われないと思う人も多いでしょうが、庭には、茶室があり、昼間も、いろいろな宴が催されたのがわかります。これが、『揚屋』の特徴のひとつです」と、説明が…。

さて、お座敷の「松の間」は…品格ある書院造りの大広間です。
 
「ここが、『松の間』というのは、ここから松を見るからです…」と。「へぇ、わかりやすい…。でも、普通は、松の絵が描かれた襖絵なんかがあるから、そう呼ばれるのに…ここは、お庭の松なんだ…」とミモロ。

「この座敷は、新撰組の人たちが大勢来て、宴会をしたんですよ」と。「えー近藤勇、土方歳三、沖田総司なんかも、この座敷に座ってたのかな…」と想像をめぐらすミモロ。でも、この座敷だけは、後年のボヤで、建て直された大正期の建物。「だから、ここだけ、重要文化財ではないんです…」と。

ところで、宴会をするために、島原では、太夫と呼ばれる女性が接待します。
「映画なんか見ると、『太夫(たゆう)』と『花魁(おいらん)』がゴチャゴチャになってますね〜」とガイドの方。
「太夫」は、宴席で接待する女性で、歌や舞など、芸でもてなす花街の最高位に君臨します。「太夫には、商家の娘さんなどが、子供のころから、芸だけでなく、書、和歌、茶道、お花など、あらゆる文化的な教養を修練したんです。まさに美と教養がなくては、太夫にはなれません。
一方、花魁は、遊郭の最高位の女性。遊郭は、色を売るところ。太夫と花魁は、帯を前に結ぶので、そこで一緒になってしまうのかもしれませんが、太夫は、心という形に帯を結び、花魁は、だらりと帯を垂らしています。また、道中では、花魁は、男衆の肩に手をのせて進みますが、太夫は、一人で歩きます」と…。

「へぇー知らなかった…今度、映画よく見てみよう…」とミモロ。

また、揚屋の特徴は、宴会料理を作る大きな台所があること。
 
台所には、裏階段があり、どのお座敷にも、スムーズに料理が運べるように工夫されているそう。
「まるでホテルのバックヤードみたい…」。もちろん別の座敷のお客同士が、顔を合わせないように、設計されているのだとか…。「江戸時代は、ここでたくさんの人たちが、きっと忙しく働いていたんだろうなぁ〜」と、たくさんの竈では、さぞやいろいろな料理が作られたことでしょう。

新撰組の初代局長、芹沢鴨を暗殺のために、泥酔させたのも、ここ「角屋」のお座敷だったそう。「酒の強い芹沢に、何十人もの新撰組のメンバーが、つぎつぎ、酒を勧めたそうです」とガイドの方の説明も…。

幕末の京都にあって、「角屋」は、さまざまな場面の舞台となっていたのです。

明治以降、すっかり廃れた島原…。今は、「角屋」「輪違屋」そして「大門」が、当時の姿をとどめています。

*「角屋」京都市下京区西新屋敷揚屋町32 075−351−0024 JR「丹波口」から徒歩7分。9月14日(10:00〜16:00)まで「京の夏の旅」で1階部分のみ公開。9月15日からは、「角屋もてなしの文化美術館」として通常公開。



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロ
コメント

リーズナブルな「お昼のかに会席」でお腹いっぱい。三条通の「かに道楽 京都本店」。

2014-08-30 | グルメ

ある日、ミモロは、京都に住むお友達と久しぶりにランチに町に出かけました。
トコトコと待ち合わせした三条通を歩き、ランチの場所を探します。「ねぇ、どこにする?」とお友達。「う〜ん。あんまり高くなくて、でも、たくさん美味しいものが食べられるとこがいい…」と、欲張りなミモロ。
ふと通りかかった「かに道楽 京都本店」の前のメニューの看板に目をとめたふたり。
 「ここどうかな?」
「いろんなメニューがあるけど、一番小さいサイズのお昼のかに会席2300円だって〜。ねぇ、これ美味しそう…」とミモロ。
「ここにしない?もう、暑い中歩くのしんどいし〜」とお友達に提案。「うん、いいかも…」と、意見も一致し、二人はお店の中へ。
冬は、混雑するお店も静かです。広々したロビーのクーラーで、「涼しい…」と、汗が引いてゆきます。

「あ、かにがいる…」水槽には、かにが…ミモロをギョロっとにらみます。「わーそんな怖いお顔しないで…」
「でも、美味しそう…」ミモロ、そんな目で見ないの…。
「はい、お二階へ、どうぞ…」と係のお姉さんに案内されてテーブルごとに区切られたスペースへ。
「あのーお昼の会席の『彩はな(さいか)』っていうのお願いします」

ミモロたちが注文したランチの会席には、かに酢、かに茶碗蒸し、かにグラタン、かに天ぷら、かに寿司、お吸い物などがついています。

まずは、かにの酢の物が、ミモロの前に…「いただきましょうね〜」とお友達。「はい、いただきま〜す」お行儀のいいミモロです。

「う、このお酢の物、かにの足がいっぱい…。さっぱりして美味しい…夏は、やっぱり酢の物だね…」
かにの身をほぐすのに夢中になり、ふたりの会話は、途絶えがち…

続いて、かにの茶わん蒸しも運ばれました。
小さなお茶碗に入った茶わん蒸し、トロリとしたアンがかかっています。

「わーグラタンだ〜」小さな器に入ったかにのグラタン「熱いですから、注意してくださいね〜」

「ホント、これミモロサイズ…小さい…」

さらに。かにの天ぷらも…

みんな少しずつの量…いろんな料理が味わえて、ミモロはうれしいそう。

最後に、かに寿司とお吸い物…これでお料理はすべて…

「う〜お腹いっぱい…」ミモロの小さなお腹がぽっこりと…。男性には、ちょっと物足りない量かもしれませんが、女性には、十分のボリュームです。

「ここ、外国のお友達お連れするのに、いいかも…」とお友達。

このお昼のかに会席は、16時まで注文できます。

かに釜飯やかに小鍋、そしてデザートが付くと、3000円、3600円に…。

「でも、一番小さいのでも、お腹いっぱい…」とミモロ。料理の内容とボリュームから、この2300円の会席は、すごくお得感がありました。

「ごちそうさま〜。また、お友達と来ちゃおう…」


「夏だけど、かに…美味しかったよ〜」


16時まで、お昼のメニューが食べられるのは、便利です。「そう、よくお昼すぎちゃって、食べられなくなるもの…」


*「かに道楽 京都本店」京都市中京区三条通寺町角 075−211−0672 11:00〜21:30LO 無休





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより
コメント

お足(お金)に縁を結ぶ「福ぽっくり」がある八坂神社の出店。実は、ミモロの愛用の品

2014-08-29 | お気に入りの品

ある日、「八坂神社」にやってきたミモロ。「おうちから祇園に行くには、ここを通るのが歩きやすい…」と、通り慣れた道。
 
祇園にある神社は、いつも参拝客が絶えません。ミモロは、境内の道をキョロキョロ。いつもいくつかの出店があるんです。

「あ、あった〜」と、ミモロが立ち止まったのは、ひとつのテントの前。
 
「あれ、もうなくなっちゃたかと思ってた〜よかった〜」
ミモロが見上げているのは…小さなぽっくり。舞妓さんが履く、高さのある下駄です。
「まだ、あったんだ〜」と、うれしそう…。

と、いうのは、ミモロは、何度も「八坂神社」に来ているのに、いつもこのお店が見つかりません。なので、てっきりなくなったのだと、思い込んでいたのです。「まだ、やってたんですね〜」とミモロ。「え〜ずっとやってましたよ」とご店主。
「でも〜」とミモロは、首をかしげます。「4時ごろには、お店閉じるんで…」「あ、そうだ〜昼間暑くて、お出かけしなかったから、ここに来るのは、夕方ごろだった…だから、見つからなかったんだ〜」と納得。

ここに並ぶ、小さなぽっくりは、足の健康を守ったり、お足(お金)が入るとご利益があるそう。 
 

「もう30年以上、ここで商売させてもらってます」と、ご主人。昔は、いろいな神社をまわったこともあったそう。

ミモロが、このお店に、また来たかったのには理由が…、ミモロ愛用の下駄は、ここのぽっくりから作ったもの。
この夏、ミモロは、下駄を履き続けていました。「ワンピースでも、下駄がいいの〜」と。大のお気に入りなのです。

「もうひとつ欲しいの〜」さっそく新しいぽっくりを履いてみます。
 
ミモロの下駄は、以前、買った同じようなぽっくりの底の部分を糸のこで切って、低くしています。
「よく切りましたね〜」と、お店の人も呆れ顔。大変固く、切るのに苦労しました。
「このまま、履いてもいいじゃないですか?履き心地は、鼻緒を調整して…」とご主人。
見ると、側面に鶴の模様。「かわいいから、切るのもったいないよ〜」とミモロ。
なんかとても気に入ったようです。

このように履くのは、ミモロ以外には、いないかも…。
「なんか背が高くなって、気分いい〜」と。

このぽっくりの値段は、なんと1足500円。「中国製で、昔、たくさん一度に注文したもので、在庫がなくなったら、終わりです」と。普通、他の土産店で、同じようなものを買うと、3000円くらいします。とてもよくできていて、ミモロの履物にピッタリでした。

テントには、他に、子供のお宮参りのぽっくりも。
これも3000円と破格の値段。
「以前は、大人物もあったんですが、近ごろ、観光客が舞妓さんに変身する店が増えたでしょ…その店の人たちが残らず買ってゆきました。だから、もう子供ものしか残ってなくて、これも売切れたら、もう作れません」と。
ぽっくりの中には、小さな鈴がついていて、歩く、チロリンとなるようになっています。
「鈴がついてていいなぁ〜」

もっと小さなぽっくりも…
こちらは、根付け。
干支ごとにおしるしのついたものもあります。
「これ、お土産にいいかも…」

足が弱い方、お足が必要な方…におすすめ。外国人観光客にも人気だそう。

ミモロサイズのかわいいぽっくり。お店は、午前10時ごろから、16時ごろまで、「八坂神社」の四条通に面した西門を上がって、すぐにあります。



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより
コメント (2)