ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

「大徳寺」の塔頭「瑞峯院」。通年の公開で楽しめる雪が残るお庭・・・静寂にひたるひととき

2017-01-20 | 寺社仏閣

雪が降ると、俄然元気になる、不思議なネコのミモロ。雪が積もる「金閣寺」を見たい~と出かけ、その帰り道に「ここにも寄って行こう~」と訪れたのは、北大路通にある臨済宗本山「大徳寺」です。

千利休との縁の深い「大徳寺」は、境内に22の塔頭寺院を有し、それぞれに趣ある茶室があることでも知られます。
22の塔頭の多くは、一般参詣ができませんが、その中で、「龍源院」「大仙院」「高桐院」「瑞峯院」は、通年の参拝が可能です。

ミモロは、その日、「瑞峯院」に伺いました。
 
広大な敷地の「大徳寺」。その中で、西南の方向にあるのがここのお寺です。
 
キリシタン大名で知られる大友宗麟が建立した「瑞峯院」。敷地内には、大友宗麟夫妻の墓がある菩提寺です。
本堂である方丈は、創建当時の室町時代の方丈建築。重要文化財です。後奈良天皇の宸筆の扁額がかかります。

大友宗麟は、晩年にキリスト教に帰依して洗礼も受けていますが、それまでは、禅宗に帰依していました。


茶室は、3つあり、表千家の茶会などが行われる趣ある茶室です。


ミモロがここを初めて訪れたのは、昨年。前田住職のお点前で、お茶をいただきました。
 以来、ミモロは、ちょくちょくお寺を訪れては、ご住職のお話を伺うのが楽しみに。

「いまあることに感謝して暮らせば、幸せになりますよ~。こうやって会えるのもご縁・・・ホントにありがたいですね~」と穏やかな口調で話されるご住職に、いつもミモロは癒されています。

さて、お庭は、方丈をめぐるように南北西に。いずれも重森三玲の手により昭和36年にできたもの。
さっそく拝見しましょう…。

今回、ミモロは、足が冷えるということで、特別靴をはいたまま失礼しました。もちろnよ~く拭いて上がりました。あしからず・・・

「なんか感じ違うね~」雪のない日とある日の定点観測。
 
「雪が積もってる~。この景色見たの初めて~」庭に描かれた波をかたどる砂紋は、雪に覆われ、その姿を隠しています。

「なんか曇みたい~」
そう、点在する小島や半島をかたどる岩は、雪から頭を出し、その姿は、まるで曇の中に見えるよう。

うっすらと、雪が積もると、砂紋がキレイに見え、それもなかなか風情があるのですが、すっぽり包まれると、別の趣が…。
南側の庭は「独坐庭」。まさにひとりで向きあい、自分を見つめるのにふさわしいお庭です。冷たい空気が、ミモロの頬に触ります。それでもしばらく、じっと庭を見t雌るミモロです。

それからお庭を次々に拝見します。


北側のお庭は「閑眠庭」(かんみんてい)といわれ、大友宗麟の思いを表した枯山水で、7つの石は、十字架をかたどるように配置されています。
雪がないとこんな感じ

「かなり寒いけど、人が少なくて、本当に静か~こういう日の参拝もいいね~」と。

一度行ったことがある場所でも、雪の日はまた別の表情に出会えるもの。
「なんか今年は、何度も雪景色見られるかもね~」と嬉しそうなミモロ。う~寒すぎる~「大丈夫、たくさん温かい服着れば・・・」

正月の温かさから一転し、急激に冷え込む京都。きっと節分のころも雪が降るかも…。

「瑞峯院」拝観時間 9:00~17:00  拝観料400円。抹茶も玄関脇のお茶室いただけます。(別途400円)





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「雪化粧した金閣寺」。日曜日には観光客殺到。拝観するのに30分待ちとか。でも見る価値十分

2017-01-19 | 京都

1月14日から16日にかけて、京都に断続的に振り続けた雪。晴れたと思ったら、ほどなく再び吹雪いたり・・・。
溶けたと思えば、また積もる…。「こんなにず~っと雪が積もってるの初めてだね~」と、京都暮らしを始めてから、毎年雪景色を見ることはありましたが、これほど雪が残るのは初めてのこと…。

京都に住む人たちは、「もう十分・・・」という声多数。でも観光客は大喜び。観光客と住民の雪に対する意識の差は歴然。

京都の住民でありながらも、気分は、いまだ観光客のミモロは、「お買い物なんか用事で出かけるの大変だけど、雪景色が見られるのは、やっぱりうれしい~」という感じです。


15日の日曜日は、雪のピークと共に「全国女子駅伝」の開催で、京都市内のあちこちで大渋滞が発生しました。
ミモロの車も、雪に覆われ、駐車場から出せなくなって、外出は、歩きのみ。もちろん自転車も走行できません。

でも、その翌日16日は、まだ雪が降ったりやんだりの状態ながら、幹線道路の雪は取り除かれ、また、駐車場の雪も溶けて、昼には車が出せる状態になりました。
「あ、晴れてる~車も出せるから、行こうよ~」と言い出したミモロ。「今しかないよ~。早く行かないと雪溶けちゃうよ~」とさっさとコートを着だしました。

ミモロが行きたいのは、そう「金閣寺」です。

「うわ~キレイ~まるで絵葉書みたい~!」と歓声をあげるミモロ。
その美しさは、際立って、感動的!ミモロもただ見惚れるばかり。

「金閣寺」は、京都の雪景色スポット人気ナンバーワン。いつもも観光客が大勢押し寄せる場所ですが、雪の時は、観光客だけでなく、プロ・アマチュアなどカメラマンが押し寄せる場所です。

雪のピークが日曜日ということもあり、その人出は相当なもので、なんでも付近の渋滞は「全国女子駅伝」での、交通規制を重なり、昼間1時間以上、バスも車も西大路通で立ち往生だったそう。
また、つけかけた拝観者で、入るのに30分待ちの状態だったとか。

そう、毎年降る雪も、朝には溶けてしまうことが多いので、昼ころには、「金閣」の屋根から雪は落ちてしまいます。
でも、今年は、日中も降ったことで、屋根の雪は、長くとどまっていたのです。

ミモロが、訪れたときは、月曜日ということもあり、待ち時間はゼロ。もちろん渋滞もありませんでした。

「ホント、感激しちゃうね~」といいながら振り向くミモロ。
あれ、サングラスしてたの?「うん、だって雪まぶしいし、まして金閣寺だよ~すごく輝いてると思って~」と、変に準備のいいミモロ。

平日の参拝者の多くは、中国からの観光客。「ここ日本語聞こえないね~」というほど、ミモロのまわりは中国やアジア、また欧米などからの外国人観光客ばかりです。

なんかミモロも中国からの観光客に見える…そのサングラス・・・。
「あの~写真いいですか?」と、スマホを向けられ、中国語で話しかけられたミモロ。初めはキョトンとしていましたが、
「あ、写真ね?どうぞ~」とポーズを…。どうも中国からの観光客に間違われたよう。「中国語喋れたら、もっとよかったのに~」と残念がります。

いつもは「金閣」を映す「鑑湖池」は、うっすら氷が張り、その姿はぼんやりと。


「この角度でも見よう~」
池のまわりを歩きながら、立ち止まり「雪の金閣」を観賞します。

屋根には、まだかろうじて雪がとどまっていますが、すでに鳳凰の雪はありません。
この分で行くと、屋根から雪がずり落ちるのも、そう遠くはなさそう。

「見れてよかったね~」
あれ?サングラスは?「もうなくてもまぶしくないから…」と外したよう。

実は、先ほどまで射していた陽光は、次第に弱くなってきました。


「ここでも見るの~」と、また立ち止まるミモロ。
そう、この景色は、去りがたいほどの美しさです。

もう何度も見ている「金閣寺」ですが、雪は初めて・・・「またいつみられるわかんないもの・・・」と名残惜しそうに。
お寺の中を巡るコースで、この山の中腹地点が、「金閣」が見られる最後のポイントです。

「素敵~」もしここに夕陽が射したら、どんなに素晴らしでしょう。でもそれは望みすぎというもの。

この景色だけで十分です。

京都に暮らしても、なかなか「雪の金閣寺」を見ることはありません。「だってめったに『金閣寺』っていかないもの」。
そう京都人がそこに行くのは、「京都初めて~」という人を案内するときくらいです。
というのは、「金閣寺(鹿苑寺)」と「銀閣寺(慈照寺)」は、ともに臨済宗「相国寺」の塔頭寺院で、ここではほかのお寺のように仏事や法要なども行われません。だからあまり行く用事がないのです。ただ「金閣寺」には、弘法大師が作られたと伝えられる「石不動明王」をお祀りする「不動堂」があり、そこでは、節分と8月16日に開扉法要が行われるそう。
「そのときも拝観料いるのかなぁ」とミモロ。いるでしょ!きっと・・・

ちなみに「大徳寺」や「妙心寺」「東福寺」などの大きな寺院の塔頭寺院には、それぞれご住職がいらっしゃいますが、ここでは、現在「相国寺」のご住職が、ふたつのお寺のご住職も務められています。

その「不動堂」の前には、観光客がいっぱい。
 
みんな珍しそうに眺めたり、お線香を奉納しています。
「ここのお線香の量、半端じゃないね~ゴホゴホ・・・お線香さす場所ないよ~」
何かをやりたい観光客。次々にお線香を奉納しています。「でも宗教の違いを超えてお祈りのるのいいことじゃない?」と線香の煙にむせびながら思うミモロです。

「さぁ、帰ろう~」ミモロが駐車場に到着したとき、再び雪が降ってきました。
雪が舞う北大路通を、慎重に運転して戻ります。まだまだ雪は降りそう…。


「やっぱり雪の金閣寺は、素敵だった~」と思うミモロです。
京都に暮らす方もぜひ1度は見る価値も…。





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「雪の京都御所」。いつでも許可いらずで拝観できる・・・雪の日にはぜひ~

2017-01-18 | 歴史・史跡

雪が積もった京都。ミモロは、朝からご近所の散歩へ。スキーのゲレンデのような「京都御苑」で雪遊びをした後、家に帰る途中に、「京都御所」の「清所門」の前を通りかかりました。
 
「許可なくても、拝観できるんだ~。忘れてた~よかった通りかかって~」と、昨年から通年許可なしで月曜以外拝観できるようになったのです。

受付で荷物検査を受けた後、いよいよ「京都御所」の中へ。

 
大将4年(1915)の大正天皇のご即位の折に建てられた「新御車寄」などの前を通って、「承明門」へ進みます。

朱塗りの門越しに、「紫宸殿」を拝見します。ここでは、ご即位の礼などが執り行われる最も格式あるところです。
「中のお庭にもはいれるよ~」
「わ~まぶしい~」
雪をかぶった「紫宸殿」は、雪の反射でいっそう神々しく感じられます。
 
さぁ、そこから「建春門」が見える広々したスペースに出ます。
「わ~い」と嬉しそうに走り回るミモロ。
いつもは、細かい砂利が敷かれた場所。久しぶりの雪は、そこをフワフワの白い絨毯を敷いたよう。冷たいけれど、「でも楽しい~」
広いスペースは、走り切れないほど・・・「広すぎる~」と立ち尽くすミモロです。

もう行くわよ~「え?もう行くの~」
「待って~、おいてかないで~」慌てて駆けるミモロ。雪に足を取られなかなか前に進めません。「ヨイショ・・・ヨイショ」

通常の拝観では見られない雪の日だけの景色。
 

ミモロは、「御池庭」へと進みます。
「わ~キレイ~」としばし見惚れます。
雪をかぶった木々、葉の緑の色が抑えられ、モノトーンのよう。
  
「前は、宮内庁に拝観許可を取らないと入れなかったから、なかなか雪の日に当たるのむずかしかったんだよね~。でも、今は、雪が降ってから出かけても入れるから、こんな景色に出会えるんだよね~」


 御殿の中の板戸も拝見。

サクサクサク・・・わざわざ歩きにくい雪の中を進むミモロ。

拝観をする人のために、休み処もあります。「京都御所」のことがよくわかるビデオを見たり、ここ限定の記念品もいろいろ。
「温か~い。やっぱり体ちょっと冷えちゃったみたい…」
「あ、いろいろ記念品ある~」
 
売店もしっかりチェックします。


*「京都御所」の一般公開は、9:00から15:20に受付。月曜はお休みです。

人気ブログランキングへ
ブログを見たら、 金魚をクリックしてね ミモロより


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の「京都御苑」。まるでスキー場のような一面の銀世界。ネコなのにお喜びのミモロ

2017-01-17 | 自然

週末から降り続ける雪に、すっぽり包まれた京都。「こんなに長く降るのも、京都に来てから初めて~」とミモロ。
たいてい、1日降っても、次の日はカラリと晴れるのが常でした。

15日の朝、ミモロは、近所の「下鴨神社」から、さらに今出川通を西に向かい「京都御苑」に行くことに。

「わ~まるでスキー場みたい!そりがあれば楽しいのに~。来年は用意しとこ~」

広大な敷地の「京都御苑」まさに見渡す限り銀世界。しかも10センチくらい積もっているので、確かにそりで遊べそう。
「京都御苑って、そり禁止なのかなぁ~?」とミモロ。そういう規則はないと思うけど、あえて「そり禁止」と言わなくてもめったにこんなに降ることないし~。「じゃ、いいんだね~」う?たぶん・・・

砂利が敷かれた敷地内には、いつもは自転車の車輪が作る道がつづきますが、
この日は、警備の自動車が走行した後が、人が歩く道になりました。「さすが、今日は自転車走ってないね~」と周囲を見回すミモロ。柔らかい雪の上を自転車で走るのはむずかしそう。「馬ならへっちゃらなのにね~」とミモロ。
「ネコも平気だよ~」と…元気に歩くミモロです。そういうネコはミモロだけ。

「う~まぶしい~」「サングラス持って来ればよかった~」と目を細めるミモロです。
「京都御苑」は、まさにゲレンデ状態。周囲を遮るものがなく、晴れると雪の反射がなかなかキツイ~。
「ここにいると、日焼けするかもね~」

ミモロは、雪の中の車の車輪の跡に沿って歩きます。


「あ、雪だるまづくりしてる~」と、敷地の一角で、雪玉をつくっている人が…「あの~ミモロもやりたーい」
 
と、仲間に入れてもらいます。「ヨイショ・・・う~大きすぎて動かない…」すでに大きくなっている雪玉は、ミモロが全身で押してもビクともしません。
「あれ?クマちゃん…こんにちは~」と。「あの~ネコですけど…」「あ、そうなんだ~。もしかしてネコかもとは思ったけど…」と笑顔のお二人は、広島からいらした観光客だそう。「雪の日に京都に来られてラッキー・・・なんか思わず雪だるま作りたくなっちゃって~」とのこと。
すごく寒いけれど、雪の日に京都観光できるのは、本当にごく限られた日。だからその日にいられるのは、幸運なのかも。
「よかったね~。こんなに雪積もるの、久しぶりなんだよ~」とミモロ。丸1日、思い切り京都の雪景色を楽しむのだそう。

「あ、ここにも雪だるまある~」誰かが作った小さな雪だるま、こっちならミモロも続きが作れそう。

「じゃ、京都楽しんでね~バイバイ」と手をふってお二人とお別れしました。

ミモロは、「京都御所」の西側の壁沿いに歩きます。
 
そして、「清所門」の前に来たとき、中に入る人の姿が…「いいなぁ~雪の日に『京都御所』拝観できるの~拝観許可取ってないし~」とミモロ。
門の前で中をうらやましそうに覗いていると、「どうぞ公開してますから、中にどうぞ入ってください~」と係の方。「え?いいの?許可取ってませんけど~」「昨年から、通年一般公開されているんですよ~」と、「あ、そうだった~」とすっかり忘れていたミモロでした。
月曜以外、毎日公開されています。 
「よかった~こっち側にお散歩に来て~」と、まぁ偶然通りかかったというのがホントのところですが、ともかく、「雪の京都御所」を拝見できることになりました。

さぁ、順路に従って進みましょう。

人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「下鴨神社」の雪景色。この冬初の京都町中の積雪。世界遺産「糺の森」の幻想的な景色

2017-01-16 | 京都

「わ~すご~い!雪だ~」と、15日の朝目覚めたミモロは、外の景色に大興奮。
すでに天気予報で、週末の雪は予想していましたが、思った以上の積雪です。

さっそく前日から準備した新しい服を着て、近所の散歩に出かけました。もちろん、帽子や手袋もして寒さ対策は万全。
 
近所の高野川の周囲も真っ白。橋の欄干にも雪が積もっています。そこから川の様子を眺めます。
京都では、今出川通より北は、気温が低く、雪が降ると積もりやすいといわれます。四条通付近では積もらない雪も、このエリアより北は、積もっていることもよくあります。

ミモロは、御蔭橋を渡り、「下鴨神社」の糺の森へと進みました。
「わ~真っ白~」御蔭通から本殿へと続く糺の森は、まるで雪国に来たような景色に。
5センチ以上積もった雪の道を、「ヨイショ、ヨイショ」といいながら、歩きます。
8時過ぎに到着したミモロ。すでに糺の森の雪道には、足跡が…「もうお散歩に来てる人多いんだ~」

京都に雪が降ると、「金閣寺」などには、雪景色を撮影するためにカメラをもった人が大勢訪れます。
ここにも、カメラマンさんの姿が…

「うわ~きれい~」
細い枝に積もる雪・・・モノトーンの世界の中で、神社の赤い鳥居が鮮やかに浮かび上がります。降りしきる雪も気にならないように、ミモロは、その景色に見惚れます。

人影がもちろん少ない境内。静寂がミモロを包みます。

雪の参道を進みます。
「きれい~」

雪は、周囲の色をすべて包み込み、社の朱塗りの建物をいっそう際立たせ、その美しさは、雪なればこそ。
「紅白の世界・・・なんかおめでたい感じ~」と、寒さも気にせず、境内を歩き回るミモロです。

大丈夫?頭に雪積もってきたけど…寒くない?
「うん、大丈夫、お帽子も手袋もしてるし、このお洋服キルティングみたいになってるから温かいんだもん・・・」
ネコなのに、雪好きのミモロ。なぜか雪になると、歩き回りたくなるようです。

境内をあちこち歩き回ります。
本殿の参拝エリアは、上にビニールの屋根が設置されているので、参拝客も雪を気にせずお参りできるようになっています。

「ほかの場所も見たい~」とミモロ。雪が解ける前に見ておきたい雪景色がほかにもいろいろ。

そこで再び、「糺の森」へ。

「そうだ~、馬場道の方歩こう!」と参拝道の「糺の森」に平行して走る幅広い馬場道を進むことに。
そこには、さらに見惚れるばかりの雪景色が広がっていました。
サクサクサク・・・雪道を進みます。「フ~フ~」全身を使って、雪道を進みます。5センチの積雪もミモロにとっては、足を取られる高さです。
寒いながら、ミモロの体はホカホカに・・・湯気も上がりそうな感じです。

「ルルルル~」と突然歌うミモロ。「この景色、あの「冬のソナタ」みたいだね~」と。そのテーマソングを口ずさんでいたのでした。
最近、再放送を見たミモロ。気分は、「冬ソナ」。

「あ!」雪に足を取られたミモロ。気を付けて…転ばないようにね~
「大丈夫だよ~転んでもきっと痛くないもの・・・」と、「イチニー、イチニー」と元気よく歩きます。

それでも、ときどき転ぶので、全身雪まみれに…


木々に積もる雪。「なんか餅花みたいだね~」

「さぁ、次は、『京都御苑』に行こう~」と、いつもなら自転車でいくのに、雪の日は、元気が出るのか、歩いて向かうことに。

「下鴨神社」の雪景色を楽しんだミモロは、そこから歩いて15分ほどの「京都御苑」に向かいました。




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね、ミモロより


ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加