ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

早朝にも出かけた「下鴨神社」の「みたらし祭」。朝の清々しい空気の中での「足つけ神事」

2015-07-28 | 祭事・神事・風習

7月26日まで「下鴨神社」で行われた「みたらし祭」。京都の夏の風物詩のひとつです。夏の暑さを、神社境内の「みたらし池」に足をつけて、癒しながら、日頃の穢れを祓い、無病息災を祈る神事です。

夜に、お友達といっしょに行ったミモロですが、家が近いこともあり、「朝も行ってみたい〜」と、26日6時に再び「下鴨神社」へと出かけました。

もう1度、「足つけ神事」はしたので、そのやり方は、よくわかっています。「この橋の下通るんだよね〜。夜は、真っ暗でなんにも見えなくて、怖かったけど…なんか向こう側に別世界が広がっているみたい…」

夜の幻想的な雰囲気とは異なり、清々しい景色が目の前に…。
また、訪れる人も少な目…きっとご近所の方が中心かもしれません。

「さぁ、お水に入ろう…」ミモロは、みたらし池の中を進もうとします。

待った〜。ミモロには、水が深すぎるから、抱っこで…。池の水は、大人の膝くらいありますから…。

「まぁ、しょうがないね〜、水着持ってこなかったし…」ここは、プールではありません。また、犬やネコは、池には入れません。ミモロは特別…

朝もロウソクを頂き、奉納します。

「ロウソク、みたらし池の水源の上の「井上社(御手洗社)」に奉納するんだ〜」夜には、よく見えなかった社の姿を、改めて拝みます。

この社の下から流れる「みたらし川」は、土用になると、池の周辺や川の底から、清水が湧き出でるのだそう。それは鴨の七不思議のひとつとか…。その水に湧く泡をイメージして生まれたのが「みたらし団子」で、ここが「みたらし団子」の発祥地と言われます。

川にちょこっと足をつけたミモロ…「キャ冷たい…でも、夜より冷たく感じない…」

「あ〜さっぱりした〜」と、池から上がります。


「朝も、ご神水飲まなくちゃ〜」
 
また、器のお水をゴクゴクといただきます。「毎日、このお水飲めるといいのにね〜」

京都には、名水が多く、祇園祭の時に行った烏丸蛸薬師の「御手洗井」や、摂社の「賀茂波爾神社(かもはにじんじゃ)」のご神水など、飲めるご神水が多くあります。最近は、、保健所の水質検査も厳しくなり、ご神水といえども飲料に向かない水も多い中、京都には、まだまだ飲めるお水がたくさんあるのです。

「京都が料理やお茶が美味しいのは、水がいいからだよね〜」とミモロ。

「井上社」は、井戸の上の社という意味。水の大切さを、改めて感じる「みたらし祭」です。
 

池のそばには、小さな社…「ここなんだろ?」
子供のかんの虫封じの社です。みたらし祭の期間、池の底からとれた黒い小石をかんの虫封じのお守りとして授与されます。
のんびりしたミモロには、かんの虫はないので、小石は頂きませんでした。

「やっぱり朝は、気持ちいいね〜。みたらし団子食べたくなっちゃった〜」とミモロ。

ミモロの食欲は、夏でも衰えることはなさそうです。


下鴨神社では、立秋の前日(今年は8月7日)に、夏越神事として「矢取神事」が行われます。これは、下鴨神社のご祭神、玉依媛命が、川を流れてきた矢を持ち帰ったところ懐妊し、賀茂別雷神(上賀茂神社のご祭神)が生まれた故事に由来するもの。氏子の男たちが、池の中の矢を奪い合う神事です。

「これも行かなくちゃね〜」とミモロ。立秋も間もなく、暦の上では、秋が近づいているのです。



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント

夏の風物、「下鴨神社」の「みたらし祭(御手洗祭)」。身の穢れを祓い、無病息災を祈る夜

2015-07-27 | 祭事・神事・風習

祇園祭の後祭と同じころ、「下鴨神社」では、7月19日から26日に、みたらし祭が行われます。
「ご近所だから、絶対に行かなくちゃ〜」と、張り切っていたミモロ。今年は、このお祭りの前半は、雨が多く、なかなか出かけることができませんでした。23日の夜、お友達といっしょに、やっと訪れたミモロです。
 
夜の糺すの森には、屋台が並び、夏祭りの雰囲気。本殿で参拝を済ませたのち、境内の御手洗池へと向かいます。

入口で300円奉納し、小さなロウソクをもらい、池の中を進みます。
「真っ暗〜ちょっと怖い〜」とミモロ。御手洗池は、葵祭の折り、斎宮代などがお清めの禊を行う池。深さは、大人の膝くらいあります。

小さなミモロでは、背が立たないので、ここは体をつかまれて…。
「ここ橋の下だ〜」
この日は、思ったより水が冷たく、足をつけるのに一瞬躊躇するほど。

清らかな池の中を進む「足つけ神事」は、季節の変わり目に身の穢れを祓い、無病息災を願う神事なのです。

途中、ロウソクに火をつけて、無病息災を祈りながら納めます。

ミモロ、ちょっと足つけましょうね…。
「きゃ!冷たい〜」と、出した足を引っ込めるミモロ。

冷たい水で、涼を感じ、頭もスッキリしてきます。「あ〜さっぱりした〜」

この夜も多くの人たちが、この神事に訪れて、蒸し暑い夏の夜を涼やかに過ごします。


「ご神水を体に入れて、中からも清め、無病息災になってください…」と係りの方の声。
 
葵の葉の模様の器に水をいれ、参拝者にふるまわれます。「何杯飲んでもいいんだって〜」とミモロもゴクゴク。あまり冷たいお水飲みすぎるとお腹こわすわよ〜。「うん…でも、喉渇いてるし〜」とガブガブ。

この時だけの祈願札も…足つけ神事だけあって、お札は、足の形…
「ネコの足型じゃないけど…まぁ、いいや〜名前と年齢書くんだって〜」とミモロも1枚奉納します。
   

「これで、病気にならないね〜」とミモロ。家でもお水が飲みたいと、陶器にはいった水を求めます。
「この入れもの素敵〜」

この日は、夜9時まで…多くの参拝者が、みたらし池を訪れました。


*「下鴨神社」の詳しい情報は、ホームページで 





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント

祇園祭の思い出は、勇壮な辻回し。祇園祭の時にしか、飲めない「御手洗井戸」の神水

2015-07-26 | 祭事・神事・風習

すでに祇園祭は、終わり、町にふだんの暮らしが戻りました。「でも、やっぱり祇園祭って、すごかったよね〜」と思い出すミモロです。


さて、その時の様子をリポートしましょう。

新町通に並ぶ山鉾は、24日、巡行のため、御池通に姿を現し、列を整えます。
そこで、新町通から御池通に出るときに、90度方向を変える「辻回し」が行われます。

まず、現れたのは、「北観音山」。「わ〜始まった〜」とミモロは、じっと見つめます。
 

山鉾の車輪は、車体の側面についていて、自由に角度を変えることができず、直進のみ。また自動車のように方向を変えるハンドルはありません。方向を変えるときは、車輪の下に、割った竹を何本も敷いて、摩擦を軽減し、人が曳く綱で、いっきに山鉾全体の方向を変えるのです。それが辻回し。

「南観音山」も続いて辻回しを行います。
 
簡単に方向転換ができないところが、逆に、観客にとっては、見逃せない見せ場になっています。

掛け声と共に、いっきに曳かれる綱。ギーっと軋む音が響き、山鉾は、角度を変えます。
そのたびに、周囲からは歓声と拍手が…
「何度見ても、ドキドキしちゃう…」とミモロ。

いよいよ後祭の山鉾巡行の最後尾を進む「大船鉾」が、御池通に到着しました。

「大丈夫かな〜」今年、初めての辻回し。昨年から山鉾巡行に復活した鉾なので、まだ辻回しが馴れていないのではと、気にかかります。


大きな「大船鉾」と約90度の角度で、引手の人たちが並びます。


「なんか『大船鉾』の引手の人たち揃ってる〜」とミモロは、改めて思います。
「背の高い順に綱の先端から鉾へと並んでるみたい…」そう、大きな人が鉾から離れた位置にいることで、遠近法の効果で、鉾がいっそう大きく見えるのです。

「エンヤラヤ〜」の掛け声で、鉾は、御池通にほかの山鉾と同じように並びました。


さぁ、山鉾巡行が始まります。

「橋弁慶山」を先頭に、10基が進む後祭の山鉾巡行。

ミモロは、「大船鉾」をここでお見送りです。


「さぁお水いただきに行かなくちゃ〜」と、ミモロは、烏丸通を南へ。そこには、祇園祭の期間だけ開放される「御手洗井」があるのです。
  

烏丸通と蛸薬師通の交差点の東側にある井戸で、普段は、鍵がかかった柵で守られています。ここは、かつて祇園御旅所があったところ。この水は、霊水として崇められているのです。


今は、高層ビルに周囲をかこまれた井戸。

「ここのお水を土用の丑の日にあんころ餅といっしょに飲むと、病気しないんだって〜」とミモロは、さっそくペットボトルに入れて持ち帰ることに…。


地下鉄東西線の工事の時、一時、水が枯れたそう。その後、あらたにボーリングして水脈が蘇りました。

祇園祭が終わると、ここは、再び鍵が掛けられます。「たくさん飲んどこ〜」と、お腹いっぱい水を…。
お腹を清らかな神水でいっぱいにしたミモロは、四条通へと進みます。

「なんかいつもと感じが違う…」

すでに交通規制が行われた四条通には、車の姿も、また通りを渡る人の姿もなくし〜んと静まり返っています。
祇園祭の間、流れていたお囃子のBGMもありません。
正面の「八坂神社」まで見渡せるような通り。「こんな四条通見たことない…」とミモロはビックリ。

まもなく華やかな「花笠巡行」を迎える前の一瞬の静けさです。

四条河原町の御旅所には、3基の神輿が、この夜行われる還幸祭を前に、鎮座しています。


四条大橋には、すでに「花笠巡行」の一行が到着。
四条通には、賑わいがもどります。
  

24日の夜の「還幸祭」で、祇園祭の大きな神事は、納められます。

「あ〜あ、7月が終わっちゃうね〜」とミモロ。東京に暮らしていると、長く感じる7月が、京都ではあっという間に過ぎてゆきます。まだまだ暑さは続くものの、「なんか夏が終わっちゃう気がする…」と。

ミモロ、まだまだ夏の神事や仏事は、これから…。

8月、「五山の送り火」などはありますが、観光客の数も減り、ちょっと静かな京都が訪れます。





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント (1)

晴天に恵まれた後祭、山鉾巡行。「大船鉾」もいよいよ船出へ

2015-07-25 | 祭事・神事・風習

「わ〜やっと晴れた〜!」、朝から青空が広がる京都。台風などの影響で、雨降りが多かった今年の祇園祭も、ついに24日の後祭山鉾巡行と、神輿が「八坂神社」に戻られる還幸祭には、晴天に恵まれました。

ミモロが、ボランティアをした「大船鉾」もいよいよ2回目の山鉾巡行に向けて、船出の準備が整いました。
ご神体の神功皇后を船に迎え、囃子方の子供たちも次々に船へと乗り込みます。
「いってらっしゃ〜」
鉾に乗った子供たちなど囃子方は、頭に大船鉾の手ぬぐいをキリリとまき、気合十分。ここ3日間は、停止した鉾でしたが、今日は動く鉾。ゆらりと揺れる鉾の上での演奏は、なかなか難しいのだそう。


船への階段が外され、音頭取りの人の掛け声が響くと、大きな鉾は、ゆっくりと動き始めました。

階段を外した鉾は、一隻の大きな船となり、京都の通りを、まるで水路のように、進みます。

今のように高層ビルがなかった時代、まさに船鉾や大船鉾など、船の形の鉾は、家の甍の中を波を切るごとく、進むようにみえたのではないでしょうか?山に囲まれた京都の町に現れる巨大な船は、どれだけ人々を夢中にさせたか、想像ができます。


「今年の引手の人たち、なんか揃ってる〜」とミモロ。周囲で見ていた人たちも同じような感想を口にしていました。


そう、昨年より、「大船鉾」の引手がどこの山鉾より、かっこよく見えました。辻回しのところでわかると思いますが、引手は先頭の人たちは、体が大きな人たちを配置し、鉾に近づくごとに、しだいに背が低くなっています。それが、大きな通りでは、実に見事な遠近法を作り、鉾の大きさをいっそう際立たせて見せています。「これ、考えて配置したのかなぁ〜」とミモロ。この引手の配置を考えた人は、すごい!と思うミモロです。

さて、話を再び、新町通に戻しましょ…。ギギギーと車輪を軋ませて、鉾が動き出しました。
 
人の力だけで動く山鉾。大勢の引手が心と力を合わせて曳いてゆきます。

  
「大船鉾」の後姿を見送る人。

「あ、行っちゃたね〜」と、お友達の三宅さん。「大船鉾」へ情熱を傾け、連日、いろいろなお手伝いをなさっていらっしゃいました。「どうぞ、無事に鉾が戻ってきますように〜」と祈ります。


新町通の会所を出発した「大船鉾」は、四条通を渡ります。
もちろん、いかなる車両も鉾の通過を停止してまたなければなりません。山鉾巡行では、山鉾が最優先。ビルの間から、突然現れた巨大鉾の姿に、車に乗っている人から、驚きの声が上がります。「ビックリするよね〜。こんな大きなものが、突然目の前に出てきたら…
でも、カッコイイ〜」とミモロは、ゆっくりと堂々と四条通を渡る鉾を誇らしげに見上げます。

後祭のスタート地点は、烏丸御池です。そこから9:30に、10基の山鉾は列を整え、御池通、河原町通、四条通と進み、それぞれの会所に戻ります。

後祭の山鉾のおすすめのビューポイントのひとつは、新町通です。道幅の狭い新町通を、ゆらゆらと揺れながら進む大きな山鉾の姿は、昔ながらの景色を思わせるものがあります。

ミモロは、「大船鉾」のスタートを見ると、急いで、新町通を北へと進みます。
「追いついた〜」「南観音山」が進む姿を見ることができました。

赤い前掛けが鮮やかな山… 「カッコイイ〜」とミモロは、鉾の動く呼吸を合わせ、進む方向を支持する先頭の音頭取りに憧れています。女の子は、なれないの!しかもネコじゃダメ〜。「う〜ん、わかってるけど…きっとすごく気持ちいいよ〜」と。

「南観音山」を見送ると、「大船鉾」の姿も見えてきました。
「もうすぐここ通るね〜」ミモロは、道にたって、じっと見つめています。

「危ないから、下ってください〜」と、警備の人に注意され、白線の内側へ移動。「危ない、踏みつぶされちゃう〜」と慌てます。



そこで、再び、「大船鉾」を見送ると、また、急いで、今度は、御池通へと向かいます。

すでに御池通に到着していた「北観音山」が、山鉾巡行で1回目の辻回しを行うときを迎えました。

「何度見ても、ハラハラしちゃう…」と、ミモロは、すでに大勢の人が、その時を待つ場所に、もぐりこみました。

人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント (2)

後祭で人気のご利益めぐりスタンプラリー。10か所の山鉾を巡ったら、記念の手ぬぐい進呈。

2015-07-24 | イベント

祇園祭の後祭で、観光客に人気だったのが、「後祭十ヶ町集印ご利益めぐり」という、後祭の10基の山鉾の朱印(スタンプ)を集めるスタンプラリーです。
「全部集めると、記念の手ぬぐいもらえるんだって〜」と、ミモロの楽しみのひとつに…。

「前祭だと、山鉾23基もあるから、朱印集めるの大変だけど、10個ならできるかも…」と、後祭の山鉾は、四条通の北側、御池通との間、新町通と室町通の間に集中して立っています。ミモロは、さっそく専用のスタンプ帳を会所でいただき、スタンプ集めを始めました。「この台紙、先着2000名限定で、集めた人は全員手ぬぐいもらえるから、祭りの間にまわればいいんだ〜」と、そこでミモロは、2日に渡り、山鉾を巡りました。

 厄除けのご利益の「北観音山」。今年、新しい前掛けが登場。その美しい刺繍に感激。

心身の健康などにご利益の「南観音山」。

夫婦和合などの信仰を集める「八幡山」。

  
泥棒除けで知られる「黒主山」。会所の前の鯉の幕が有名で、金色の鯉探しが人気です。

 立身出世のお守りがある「鯉山」。そのタペストリーの見事さは秀逸。

心身壮健のご利益の「橋弁慶山」。後祭の山鉾巡行の先頭を進む山です。

ミモロは、会所の中に、祇園祭の時だけ展示される品々を鑑賞したり、ちまきやお守りを見たり、それぞれの山鉾を楽しみながら、参拝してゆきます。
  

ブチュ〜、もちろんスタンプ集めも忘れずに…「わ〜どんどんたまってく〜」と、10個なので、割とスムーズに集めることが可能です。

 勝ち運のご利益の「浄妙山」。

体を癒すパワーのある「役行者山」。

 旅の安全などにご利益がある「鈴鹿山」。

そして、安全、勝ち運で知られる「大船鉾」。

「わ〜全部そろった〜。やった〜」とすべて朱印が押された台紙を見つめて満足そうなミモロです。


翌日、ミモロは、台紙を持って、烏丸通にある手ぬぐい引換所へ。
「全部集めました!」「おめでとうございます…。はい、記念の手ぬぐいどうぞ…」
 

「わ〜うれしい…」と、手ぬぐいをもらったミモロ。
昨年は、参加できなかったスタンプラリー。でも、今年は、達成!鉾町を歩く姿も、思わずドヤ顔になってしまうミモロでした。



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント