ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

京友禅の図案をアロハシャツに。今や京都を代表するファッションブランド「Pagong]のショーへ

2015-03-27 | ファッション

3月のある日、ミモロは、お友達の亀田和明社長から、ファッションショーのご案内を頂きました。向かったのは、東山「青蓮院」の向かいにある「パビリオンコート」という結婚式やパーティーに使われる建物です。
  
ミモロが到着した時は、すでに会場には、お客様がいっぱい。「もうお席ないんだって〜」と、ミモロは、立ってショーを見ることに…。

さて、このファッションショーは、今や京都を代表するファッションブランドに成長した「Pagong」(パゴン)が開催した新作および琳派の記念年にちなんだ特別な作品などを発表するもの。

その会社の社長さんが、亀田和明さんです。

そもそも「Pagong」ができたのは、平成14年。その母体となるのは、大正8年に創業した京友禅の染屋である現在の「亀田富染工場」です。戦前、戦後まで、京友禅の染めを手掛け、着物の需要が高まった頃は、100人以上の染めの職人さんが働いていたそう。その後、着物の需要が減少するとともに、洋服地の染めを行うことに…。

しかし、洋服地メーカーからの下請け仕事だけでは…という思いを抱く亀田社長。自社工場の蔵には、京友禅の図案が、数千点もあることに気づき、それを活かす方法を思案します。そして、その図案を使い、アロハシャツを製作。カラフルな色調と優れた図案、上質な素材で作られたアロハシャツは、京都で評判に…。そしてできたブランドが「Pagong」なのです。

平成14年の1号店、祇園店、三条店をオープン、そして東京の小田急百貨店新宿店ハルク内にも出店するという成長ブランドです。

いよいよ新作発表のファッションショーが始まりました。
  
ミモロの前には、次々にモデルさんが、新作を来て、さっそうと登場。

友禅の図柄を思わせる千羽鶴のアロハシャツや表面に箔の加工を施した波に鶴のタンクトップなど、和の図案をモダンにデザインした作品が次々に…。今年の琳派400年を記念したコレクションです。名付けて「リンパゴン」
 

そのリンパゴンのコレクションの中でも、ひときわ会場の人々の注目を浴びたのは、「細見美術館」所蔵の神坂雪佳の代表作「金魚玉図」をアレンジしたもの。
「あの金魚知ってる〜」とミモロも身を乗り出してみています。
明治・大正・昭和にかけて京都で活躍した絵師であり、図案化の神坂雪佳。特に、金魚を正面から捉えたユーモラスな構図は、今も、根強い人気を誇ります。

また、東京国立博物館所蔵の酒井抱一の「流水四季草花図屏風」からアレンジした作品も、注目の的に…。


ミモロは、次々登場する作品に釘づけです。


さらに、おしゃれな女性のための作品もいろいろ。
「すごくおしゃれ〜。年齢を問わず、その人なりに着こなせる感じ〜」とミモロをうっとり憧れの視線。
  

さて、いよいよショーをフィナーレを迎えます。
「え〜もう終わっちゃうの?」
おしゃれ好きのミモロとしては、もっともっと見ていたいよう…。

亀田社長のご挨拶で幕をなったショー。
訪れたお客様たちも、「楽しかったね〜」と笑顔です。


ショーが終わった会場で、ミモロは、モデルさんたちが歩いたセンターでポーズをとって、歩きはじめました。
「ミモロもモデルさんになりたい〜」

う〜ちょっと背が足りないと思うけど…。

「ミモロちゃん楽しかった?」と亀田社長と細見美術館の館長さんに…

「はい、とても…また美術館にもおじゃましま〜す」とご挨拶したミモロでした。

*「Pagong」の詳しい情報は、ホームページで…。
 




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント

春の花咲く「御香宮神社」。初めの名前は、「御諸(みもろ)神社」。小堀遠州ゆかりの石庭を見学。

2015-03-26 | 寺社仏閣


春のある日、ミモロは、伏見桃山にある「御香宮(ごこうのみや)神社」に出かけました。ここは、以前にも何度か来たことがある神社です。
 
表門は、国指定の需要文化財。元和8年(1622)水戸光圀の父である徳川頼房によって、寄進された伏見城の大手門です。

参道をトコトコ進むと、「あ、春〜」ミモロが参道の両側をあちこち歩き始めました。「椿が咲いてる〜」
 
白いお花も枝に下がっています。桃の花も鮮やかに…
 
「春だね〜」そう言いながら、春の陽光を浴び、参道を進むミモロです。

拝殿は、寛永2年(1625)紀州徳川家の初代党首、徳川頼宣が寄進したもの。鮮やかな彩色が施された豪華は彫刻が見事です。
  
「なんか日光東照宮を思い出す〜」とミモロ。ほぼ同じような年代に作られた建物です。

ここ「御香宮神社」は、神社の名の由来ともなっている名水で知られます。でも、創建当時は、なんとその名は、「御諸神社」、そう「みもろ神社」だったなのです。現在の名前は、平安時代に、名水が湧き出たことから、清和天皇が命名されたとか。
「え〜もし、お水が湧きださなかったら、今も『みもろ神社』だったんだ〜」とちょっと残念に思うミモロでした。

「でも、この水、みんなのお役に立ってる大切なお水…湧き出してよかったね。さあ〜お水で、お清めしなくちゃ…」
伏見7名水のひとつに数えられるお水「御香水」です。「飲みたいけど、飲んじゃダメなんだって〜残念…」
神功皇后、仲哀天皇、応神天皇をご祭神にお祀りする本殿に参拝するミモロです。
 

さて、この日、以前から訪れたかった小堀遠州ゆかりの石庭を拝見することに…。
社務所の横から、お庭の見える建物に入ります。
お座敷には、古い調度品が展示されていました。
  


さて、お庭に目をやると…
「これが小堀遠州ゆかりの石庭…」

ここにある石庭は、そもそも小堀遠州が、元和9年(1623)に伏見奉行に着任後、庁舎の新築を命じられ、作庭したもの。それを上洛の折りに見た、三代将軍家光が、感激して、遠州は、大名に任ぜられることに。つまり、この石庭は、遠州の出世作。
もともと伏見奉行がおかれた場所は、明治以降、陸軍工兵隊の駐屯地、戦後は、米軍キャンプなどに変遷し、お庭自体も相当荒れ果ててしまったのだとか。昭和になり、庭を崩して更地にする計画が持ち上がり、それを惜しみ、「御香宮神社」に移築して、新たに整えられたのだそう。

「だから、あくまで遠州ゆかりの石庭なんだ〜」とミモロ。


京都の多くの寺社仏閣の美しいお庭は、戦後整えられたもの。戦時中は、食糧調達のために、畑になった庭も多かったとか。また、植物自体、成長したり、また枯れたりしたものもあるわけで、作られた当時のオリジナルな姿とは、違って当たり前なのかもしれません。でも、京都のすぐれた造園家や業者により、現在の美しい姿を維持されているのです。

庭は生き物。時の流れと共に変化すること自体を楽しめばいいのかもしれません。

庭の中ほどには、大きな手水鉢。

「手水鉢というより、石のお風呂みたい…」とミモロ。そこには、うっすらと文明9年(1477)という文字が刻まれているそう。
1477年は、応仁の乱が終わった年。「え〜この手水鉢、そんなに古いんだ〜」と改めて驚くミモロです。
「もともとどこにあったんだろ?」さまざまな時代を経た手水鉢…その疑問は、解けないまま…。

再び、境内の中を歩き始めたミモロ。
「あ、この舞台…前に狂言見に来たところだ〜」。そう、ここでは、年に何回か、狂言などが演じられます。


「ホント春だね〜」温かな陽射しが、ミモロをウキウキさせて…。

京都の各所では、そろそろ桜も咲き始める時期を迎えました。

*「御香宮神社」の詳しい情報は、ホームページで



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね。ミモロより
コメント

地元に愛されて30年。住宅地にある北京料理「盛華亭」。定番メニューは40種類

2015-03-25 | グルメ

「ミモロちゃん、美味しい中華料理店があるから、食べに行かない?」とお友達に誘われたミモロ。「え〜行く行く!」といつもながらの二つ返事で…。迎えに来てくれたお友達の車に乗って、約5分。ミモロの住む岡崎から、銀閣寺方向へ、鹿ヶ谷通を進みます。途中、ちょっと白川通方向に戻ったところへ。「え〜こんな住宅地に中華料理屋さんあるの?」と、心配そうなミモロ。
「ここですよ〜」と、看板がかかるところへ。
 
「えーここ、ホントに中華料理屋さんなの?」と、現地についても、まだ半信半疑な顔つきです。

「いらっしゃいませ〜」笑顔で迎えてくれたご店主とアルバイトさん。

なんでもすでにここにお店ができてから30年にあるそう。先代から引き継いだ味を今も…。

「すごい30年もやってるんだ〜」
京都は、町では、東京のような大きな中華料理屋さんより、小さなお店がおすすめ。なかなかレベルが高いと評判です。
「えーでも、こういうお店って、地元の人じゃないとわかんなよね〜」と。
確かに、京都の旅行ガイドには、小規模な中華料理店は載っていません。

「こういうお店が美味しいんですよ」と、食通のお友達。

ミモロたちは、お店の奥のお座敷へ。

そこに円卓が4席ほどあり、畳の上に座布団でいただきます。「こういうところ、京都っぽい〜」

「ミモロちゃん、なんにする?」とメニューを見ても、定番だけで40種類…「よくわかんない…だってどれも美味しそうなんだもの」と。すっかり選ぶのを珍しく放棄しています。

「シューマイ、すぶた、マーボ豆腐…」おなじみの品をはじめ、胡麻餃子、あんかけチャーハンなど、どれもミモロの好物です。

品選びをお友達に任せて…
「はい、おまちどうさま〜」とミモロの前に次々に美味しそうな料理が運ばれてきました。
野菜と肉の炒め物は、前菜です。

からりと揚がった春巻き

揚げたカキのオイスターソースがけ

野菜もたっぷりのビーフン

〆に頼んだのは、あんかけのチャーハンです。
「これチャーハンに掛けるんだって…」

「美味しいね〜なんか生姜が効いていて、すごく食べやすい料理…胃にやさしい感じ〜」と、3人で頼んだ5品を、すっかり平らげました。お会計は、5000円弱。ひとり1500円くらいで食べられました。

「ほんと、美味しい中華料理だって〜」「ミモロちゃんに気に入ってもらってうれしい…」とお友達。
「わ〜また、来たい〜。絶対連れてきてね〜」

営業は、夜のみ。夜23時までやっているので、かなり遅く入店してもしっかり食事ができます。

「場所を説明するのがむずかしい…観光客の人は、来れないね〜」と、周囲のお客様も地元の人という感じ。

「ごちそうさま〜。また来ま〜す」とお店の方にご挨拶。

あっさりめの味付けは、また来たくなるものでした。

*「北京料理 盛華亭」京都市左京区白川通浄土寺バス停東入ル。 075−751−7833 17:00〜23:00 月曜、第3火曜休み








人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント

祇園下河原のゲストハウス「天界」で行われた伝統工芸品の展示販売会「職人たちの競宴」へ

2015-03-24 | イベント

さて、今日は、昨日のブログの続き・・・・
京都、祇園の下河原の町家のゲストハウス「天界」で行われた伝統工芸の若手職人さんたちの作品が展示された「職人たちの競宴」のお話しです。


最近、職人さんは、注目の職業。「ものづくりをする人ってカッコイイ!」と。
今、農業や漁業、そしてものづくりの現場に若い人たちが、徐々に戻って来てるように感じます。もちろん、まだまだ後継者がいない分野も多いのですが、若い世代の価値観が、昭和とは明らかに異なっているのです。
お金をたくさん稼ぎ、物の豊かな暮らしより、自分の感性にあった心地よさを求める暮らしが、若い世代には広がっているよう。
自分を表現するものづくり…もちろん長い修業期間が必要ですが、もし、その期間の生活を支援するような体制があれば、もっと多くの素晴らしい職人さんたちが生まれ、それが日本の宝になると思います。


さて、今回「職人たちの競宴」に参加した職人さんは、全部で10名、その中の一部をご紹介します。

漆器の塗り師の太田勲さん。
 
現代の生活にマッチした漆器づくりに挑戦しています。京都伝統工芸大学で助手も務める方。

蒔絵師である奥様との共同作品も注目されています。


陶芸は、京焼、清水焼の柴田恭久さん。今回は、竹をテーマにした作品が並びます。
  
スッキリとしたフォルムが印象的な作品。

「へえー急須も作られるんだ〜」とミモロ。
陶芸家の中で、急須を作れるのは、高い技術が必要なこと。器と違い急須は、水の出方、切れ方など、より機能性が求められるとともに、製作工程が複雑なのです。

こちらは美しい染付の器。浅野有希子さんの作品です。
 
古典文様などのイメージを持ちながら、洗練された雰囲気の器に…。

作品を見終わったミモロに、「お茶いかがですか?」と…「はい、いただきま〜す」決して遠慮しないミモロです。
「いかがでした?」「はい、なかなか興味深いものがありました」と。素敵な着物姿のこの方は、京都府商工労働観光部で染織、工芸課で、工芸担当をしていらっしゃる澤田さん。「京都府の職員さんって、なんか違う…」とひそかに思うミモロでした。
「あの〜ミモロ、いろいろ京都の伝統工芸の工房なんか見学してリポートしてるんですよ〜」と。「そうなんだ〜。これからもいろいろご紹介してくださいね。すてきな職人さんがいっぱいいますから…」

そばで、そんな二人の様子を見ていた紳士…この会場の「ゲストハウス天界」のオーナーさんでした。

「ここは、普段は、一棟貸しで1組をお泊めするゲストハウスなんです」と。
「へえーここに泊まれるの?」とミモロ。1組2名以上で利用できる宿泊施設で、1泊30000円〜。
3名から6名で1日1棟50000円。「家族やお友達といっしょに宿泊すると割安なんだ」とミモロ。

急増する観光客…京都では、宿泊先不足が深刻です。特に、春や秋の観光シーズン、また祇園祭などの時期は、どのホテルや宿も予約するのが困難な状況。そこで、最近、町家などを利用した宿泊システムが普及。さらに空家を改装したり、自宅の一部を宿泊施設に提供するシステムも人気だそう。

特に日本情緒を満喫できる町家は、海外のゲストに好評。

これからもどんどん増えそうな気配です。


「京都って、ホントいろんなことするよね〜」
日本を代表する観光の町、京都…全国を先駆けさまざまな観光事業が展開されています。

「今日も、いろんな人と出会えちゃった〜」とミモロ。ふらりと立ち寄った場所での思わぬ出会い…京都には、そんな出会いがたくさんあります。






人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚のクリックお忘れなくーミモロより
コメント

京都の伝統の技を未来につなぐ、若手職人さんたちの祇園で開かれた「職人たちの競宴」へ

2015-03-23 | イベント

3月のある日、ミモロは、祇園の町をトコトコと歩いていました。「京都の町って、特別に目的がなくても、お散歩すると楽しいよね〜」と、ミモロ大好きな町歩きです。そんなとき、情緒ある1軒の町家の前で立ち止まりました。
「ここなんかやってる…入ってみよう…」
 表のポスターには、「職人たちの競宴」と。「ご自由にお入りください…だって…」とさっそく中へ。

町家の中のお座敷には、さまざまな工芸作品が展示されています。
このイベントは、伝統工芸を担う若手職人たちの作品を広く知ってもらうためのもの。今回、出展した方々は、「京もの認定工芸士」や「京都職人工房」のメンバーの方々、いずれも実力のある職人さんばかりです。
 
 


「京もの認定工芸士」というのは、平成18年度から、京都の伝統工芸に携わる若手職人の中から、意欲にあふれ、高い技術を有する者を対象に実施された認定制度です。平成26年度には、12名を新たに認定。平成18年度からの総数は、117名に。

また、「京都職人工房」とは、京都のリサーチパーク内に設置された、分野を超えた次代を担う若手職人たちがあつまり、新たなものづくや新ブランド発信のための活動拠点です。現在、漆器、染織。金属工芸、陶芸、竹工芸、グラフィックデザインなどの幅広いジャンルで、20代から40代の職人20名が、京都発の新しいものづくりを目指しさまざまな活動を展開しています。


京都では、伝統の技を若い感性で、今の時代にマッチした作品づくりを京都府、京都市なども、積極的に支援しています。
「やっぱりこれからの日本は、ものづくりだよね〜」と、ミモロは、長い歴史の中で培われた日本の素晴らしい技術を、京都に暮らして、実感しているのです。


さて、今回のイベント…ここでは、陶芸、金箔、漆器、染め、織物など、さまざまな分野の作品が展示即売され、それをつくった職人さんたちと直接お話しできるんです。

では、その一部をご紹介…

金箔押の職人さんの藤澤典史さん。金箔押とは、神社仏閣の宗教用具、仏像、神輿などに金箔を貼る専門家です。
  
その技を使って、おしゃれなペーパーウェイトなどを製作。「なんか洗練された美しさ〜」とミモロ。


竹工芸職人の細川秀章さんの作品は、おしゃれなバッグなど
  
京都の真竹などを使った作品は、和服にも洋装にももちたくなるバッグです。「ミモロサイズの小さなバスケットが欲しいなぁ〜」

2階のお座敷が展示スペースです。


「わ〜これも素敵な色〜」とミモロが、見ているのは、手描き友禅の技術を使った、バッグやストール。上仲正茂さんの作品。
 
「似合う?」「はい、よくお似合いですよ」

御兄弟である上仲昭浩さんの作品は、まばゆい呉服金箔技術を使ったもの。
  
呉服金箔というのは、和服の表面に金彩を施す技術です。「豪華な着物によく使われてるよね〜」それを現代の小物にアレンジ。

「これも豪華だよ〜」と、法衣金襴織元の職人さんの平居幹央さんの作品
   
僧侶がまとう法衣は、本当に芸術的な美しさ。それをやはり現代の服などに装飾としてとり入れています。


「まだまだ見るものがたくさんあるね〜」


では、この続きは、また明日〜





人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより
コメント