ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

ミモロの温泉旅・東北編。山形かみのやま温泉の「名月荘」。エステで、毛並もしっとり。地元の料理に舌鼓

2016-02-12 | 温泉

さて、昨日に続き、東北を旅したミモロのリポートをお伝えします。
京都から、東海道新幹線と山形新幹線を乗り継ぎ、約5時間。東京駅での乗り換えも簡単なので、思ったより近い…。朝、京都を出発すれば、昼には、到着できます。
チェックは、14時ですから、8時に京都を出れば、楽勝。「やっぱり新幹線は速い〜」

ミモロが、宿泊するのは、「かみのやま温泉の「名月荘」。上質の宿として評判の高いところです。

温泉で、旅の疲れを癒したミモロは、さらに宿にある「エステサロン」に行くことに。「いらっしゃいませ。ご予約のミモロさまですね〜」
   やさしい笑顔のエステティシャンがお出迎え。「どのコースをお望みですか?」まずは、体の調子を伝え、コースを選びます。「あの〜なんか肩こりしてるみたいなんです」とミモロ。え?ミモロの肩ってどこ?

サロンには、個室が3室。最近は男性の利用者も多いそう。全身のコリをほぐす60分コースで、11000円です。
さっそく着替えて、ベッドの上に横に…。

「ここのところこってますね〜強さ加減はいかがですか?」「はい、気持ちいいで〜す。ムニャムニャ・・・・」あまりの気持ちのよさに言葉になりません。まさに全身とろけそうな心地。ミモロ、なんかツヤツヤしてる…毛艶もよみがえったよう…。

素晴らしいマッサージのおかげで、エネルギーもよみがえったミモロは、夕食前に、夜の雪見に出かけました。
「キレイ…」
ライトアップされたお庭は、昼間とは異なり、幻想的な景色が広がります。「ロマンチック〜。ググー」突然、ミモロのお腹の音が、ロマンチックな静かさの中に響きます。

「あ、そろそろ夕ご飯じゃない?」と、静寂を破ったお腹をちょっと恥ずかしそうに抑えて…ミモロは、部屋に戻りました。

お部屋の食事スペースの大きなテーブルには、夕食の準備が整っています。
黒いお盆の上には、もなかが…「これなんだろ?もなかの皮…」それは、宿の定番「最中の炙り」。まず、炭火の上で、最中を炙り、皮をさらにパリッと香ばしくします。

次に中に、ハチミツとコショウがかかった蔵王のクリームチーズをはさみ、いっきににパクリ。
「うわ〜美味しい!最中の皮の香ばしさとクリームチーズ、ハチミツが絶妙のお味に…」さすが人気の定番。思わずミモロもうなりました。

「やはり料理には日本酒だよね〜。あんまり甘くなくてスッキリしたお味のお酒お願いします」と「出羽桜」を注文。
「オットット〜」と、注いでもらいます。
「いい香り〜」と、芳醇な香りにうっとり。
次々登場する山形の地元の産品。
  
さすが、海と山の幸に恵まれた山形…「ご満足いただけましたか?」「はい、もちろん…すごく幸せな気分です」
 

サービスの良さにも定評のある宿。親子三代で泊まる方も多いそう。なにしろパブリックスペースが広く、充実しているので、それぞれの年齢層で、好みの過ごし方ができるのです。家族や友人同士など複数で宿泊する場合、ふと一人になりたいことも…。
そんなとき、パブリックスペースが広いと、ゆったりと一人の時間が過ごせます。

お腹がいっぱいになったミモロ。なんだか目がトロンとしてきました。
「もう眠たい…」と、和室のお布団へ。フカフカのお布団が用意されています。
 
「おやすみなさ〜い」と、布団にもぐって目を閉じるミモロ。はい、おやすみなさい
和室には、スース―と、ミモロの寝息がかすかに聞こえます。


翌日は、晴天…東の空が明るくなり、次第に雪をかぶった町の姿が見えてきました。


「わ〜豪華な朝ごはん…」テーブルには、朝食が並びます。
 
ミモロが、前日、リクエストしたのは、洋食タイプ。
和食の朝食もお願いできます。

直食を済ませ、一休みしたら、チェックアウト。ここは11:30までなので、朝食の後、また温泉…ということも。
湯上りには、フレッシュジュースが、のどの渇きをいやします。


出発の用意を済ませたミモロ。お庭でなにやらしています。「ワンちゃん…」と雪ウサギならぬ、雪ワンコ。
ネコが犬作ってどうするの?まぁ、かわいいけど…。

上質のおもてなし…それはそこに滞在する人たちが、日ごろの疲れを癒し、幸福感に包まれること。そんな時間がこの宿にはあります。

宿からはタクシーでかみのやま温泉駅へ。
 
ホームには、干し柿がさがります。「これ食べていいのかな?」とミモロ。え〜まだ食べるの…。食べていいのかどうかは不明でした。

「あ、新幹線来たよ〜」

車窓から東北の雪景色を楽しみながら、次の温泉地へ向かいます。



*「名月荘」の詳しい情報はホームページで




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモロの温泉旅(1)。雪の積もる山形かみのやま温泉の「名月荘」。

2016-02-11 | 温泉

「ねぇ〜前に、お泊りした山形のかみのやま温泉のお風呂に、また入りたいね〜」と、冷え込みが厳しい京都で。
では、まだお話してなかったので、雪国の旅をリポートします。

さて今回ご紹介するのは「名月荘」。京都からは、東海道新幹線と山形新幹線を乗り継いで、5時間ほどで到着できます。
「熊野詣でに行ったときと同じくらいでよね。思ったより早く行けた」

「ここ駅からタクシーで5分くらい。近いのもいいよね」
ミモロが訪れたのは、大雪になった日。

「わ〜すごい雪…」見渡す限りの銀世界です。

「早く〜あっちが玄関だよ〜」というと走り出したミモロ。
と、間もなく「キャー」という声。
慌てすぎて、顔から雪に転びます。ミモロ、大丈夫?「ころんじゃった〜。柔らかな雪だったから平気だよ」と全身雪まみれ。でもなんか楽しそう。さすが雪国、京都の雪とは量が違います。
「こんなたくさんの雪見るの久しぶり〜」
玄関に行くまでには、東北の風情を漂わす囲炉裏や干し柿などが、ゲストを迎えます。
 
雪が両脇に積もる道を進み、お宿の玄関へ。
「ここだよ〜」
「名月荘」は、できて20年ほどになる山形の名宿のひとつ。ラグジュアリーなひとときがゲストをもてなします。
「わ〜広い…」ゆったりとした敷地に離れの客室が21室。ゲストが思い思いの時間を過ごせるように、パブリックスペースが充実しているのも特徴のひとつです。チェックインを済ませると、すぐに館内を見て回るミモロです。
 
暖炉のあるラウンジ。ミモロは、小さなピアノに夢中です。子供も連れも過ごせる宿です。

「あ、これ自由に食べていいんだって〜」
ラウンジには、山形のコンニャク焚きの鍋。ドリンクもジュースやコーヒーなどいろいろ飲めるよう用意されています。
  
お部屋に入る前に、いろいろ寄り道をして、かなり時間がかかりました。

客室には食事室があり、飲み物なども自由に…「まるでお家にいるみたい…」。ミモロのお部屋は10畳の和室付き。
 
ほかに、ベッドタイプのお部屋もあります。

お部屋に荷物を置くと、また館内の探検に…。「わ〜ここすごいね〜」図書室には、書籍だけでなく漫画本がいっぱい。
「これ読むだけで、何日もかかりそう…」ミモロ、そこに籠っちゃだめよ〜。「うん…」とすでに本を読み始めています。

ミモロ、エステサロンがあるんだって…。
「え?ホント?ボディーマッサージお願いできるかなぁ〜」と目を輝かせます。
予約をすれば、ハンドマッサージやフェイシャルエステなどが受けられます。「ちょっと贅沢してもいい?」
温泉に入って、体を温めてからの方が、いいんじゃない?「そうだね〜」。そこでまず、お部屋付の温泉で宿自慢の温泉で、冷えた体を温めることに…。「まず、よく体に温泉をかけて…」と、温泉ソムリエのミモロ。
 
湯船に入る前に、十分体にお湯をかけて、温めることが大切。旅の汚れも落とします。
「う〜いい気持…」湯気が立ち込めるお風呂…外は雪が窓のそばまで迫ります。雪のない季節には、お庭が広がり、木々の姿を見ることができるお風呂です。

お宿には、大浴場のほか、貸し切り風呂もあり、存分に温泉が楽しめます。
蔵王岩をくりぬいた露天風呂。湯船から蔵王連山が眺められるそう。この日は、雪が降っていて、見ることはできませんでした。

湯上り、ミモロは、売店へ。山形の特産品などがいろいろ揃う充実した売店。
  

「あれ〜ワインセラーもある…」国内外のワインや、地酒など種類豊富。「夜が楽しみ〜」としっかり飲む気のミモロです。
  

ミモロ、見学ばかりしてると湯冷めしちゃう…もう、エステの予約時間です。「あ、そうだった…」と、急いでエステサロンへと向かいました。


*「名月荘」の詳しい情報はホームページで


人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモロのガーデニング。冬のベランダには、春待ちのお花たち・・・「でもまだ元気ないなぁ〜」

2016-02-10 | 日記

「ブルブル〜」今朝は、屋根に霜が降りるほど、冷え込んだ京都。
「大丈夫かな〜?」と心配そうなミモロです。

べランドの窓を開けて、心配そうに見つめるのは、ベランダに並ぶ植木鉢。

下鴨のマンションのベランダでは、榊がずいぶん大きくなりました。
 
この榊は、奈良の三輪大社で、実生の10センチほどの苗を植えたもの。もう5年以上になります。
「こっちも育ったよね〜」
榊の下に茂るのは、ヤブコウジ科の「マンリョウ」です。これも三輪大社で買った苗から…。
「ここ見て〜」と葉っぱを上げると…
大きな赤い実がついています。
「葉っぱの蔭だったから、鳥に食べられずに大きくなったの〜」と。そう、以前は、実ったのを、全部鳥に食べられてしまったのでした。

「ほら、こっちも大丈夫だよ〜」センリョウ科の「センリョウ」も、黄色い実がみのりました。

「寒いのに、この子は、元気だよね〜」と見上げるのは、月桂樹です。

「この木は、本当は、地中海とか温かいところで育つんでよね〜。でも、京都の寒さにも負けてない…」
冬場は、葉の成長は、ありませんが、それでも、変わらず緑の葉を茂らせています。

「こっちも元気〜」最近、お花屋さんで買った「プリムラ マラコイデス」というサクラソウ科のお花です。

冬の花の少ないベランダで、彩りを添える花です。
サクラソウ科の植物には、シクラメンもあります。「仲間なんだ〜。あんまり似てないけど…」

「わ〜こっちは、元気ない…」と心配そうなのが、植物園で買ったパンジー。
寒さで、葉と花がしおれてしまいました。
「でも、きっともっと温かくなると、きっと元気になるよね〜。がんばれ〜」と、励ますミモロです。

植物には、声をかけると、元気になるというのが、ミモロ流。
植物だけでなく、人間だって、誰かに励まされたら元気になるのと同じです。

「ヨイショ〜」とシャベルで土を掘り返し、なにか作業をしています。
なに、してるの?
「あのね。いろんな種植えたの…春になると芽が出ると思うけど…」
いろいろなところで、もらった花の種を植えたよう…。
「何が出てくるかお楽しみ〜」と、かなりアバウトな植え方です。

毎日、起きると、植物に「おはよう〜」と挨拶するミモロ。

春を前に、ベランダの植物の手入れを欠かせません。

梅も咲く京都…まだ朝晩は、かなり冷え込みますが、春はすぐそこまで来ています。
「春よ来い・・・早く来い…」と鼻歌まじりのミモロの作業は続きます。



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモロのサルめぐり。「八坂庚申堂」。2月8日は、「庚申まいり」の日。サルの形のコンニャク焚きも

2016-02-09 | 祭事・神事・風習

「今年は、申年だから、初庚申の日に、お参りに行こう〜」と、ミモロが出かけたのは、東山の「八坂の塔」のそばにある「八坂庚申堂」です。
  
節分から初めての庚申の日。年に6回ある庚申日には、ここ「八坂庚申堂」では、護摩法要、ご祈祷、コンニャク焚きなどが行われます。

ここ「八坂庚申堂」は、日本最古の庚申堂のひとつで、創建は、1000年以上前だそう。ご本尊は、青面金剛という仏様で、飛鳥時代に渡来し、秦氏の守り本尊として信仰された仏様です。平安時代に、修験者の浄蔵貴所が、それまで貴族したお詣りできなかった青面金剛を、あらゆる人が拝めるようにと建立したのが、ここだとか。


庚申の日には、本堂では、その日3回、護摩法要が行われ、ミモロがお詣りに来たときは、読経の声が境内に響いていました。本堂は、江戸時代の再建で傍らに梅もほころびかけています。
 

庚申日は、体内にいる三尺の虫が、寝ている間に抜け出して、寿命をつかさどる天帝に、その人の悪い行動を告げ口し、悪いことをした人の寿命を縮めるのだそう。青面金剛は、その三尺の虫を食べてしまわれるので、人々は拝み、寿命を永らえることをお願いしたのだそう。そのため、昔は、この日は、徹夜で、お祈りしたり、寝ないで宴を催したりしたとか。

ミモロは、大丈夫?悪いことしてない?「うん、大丈夫だと思うよ〜。悪いこと…う〜食べ過ぎるくらいかな…」まぁ、ミモロは大丈夫そう。

「ここには、おサルさんがたくさんいるよ〜」と、ミモロ。「庚申堂」という名の通り、境内のいたるところにサルの姿。
お堂に下がるのは、「くくり猿」。手足を縛られ動けない状態です。好き勝手に動き回る猿は、欲望を表し、それを抑える姿が、この「くくり猿」です。ミモロは、「お腹いっぱいでも、おいしそうなものがあると、つい食べてしまう食欲が収まりますように…」とお願いしました。

本堂の前のお線香をともす鉢を支えるのは、見ざる聞かざる言わざるの三猿です。
  
ミモロもいっしょに真似てみました。

「あ、ここにも三猿がある〜」と本堂脇へ。手びねり、手書きの土でできたお守り。
  
それぞれに表情があって、どれもかわいいおサルのお守りです。

ミモロは、ウィンクしたサルの小さな土鈴を求めました。「これ、厄除けなんだって…」


「わ、赤パンツも売ってる…」申年には、赤いものを身に着けるといいのだそう。東京の巣鴨などでも人気の赤パンツ。
ミモロサイズはありません。

この日、境内には、しょうゆの香りが漂っています。「コンニャク焚き食べなくちゃ〜」。無病息災が叶うもの。
「ひとつください〜」
小さな1口サイズのコンニャクは、猿の形にくりぬかれたもの。コンニャクのお皿を持って、じっと黙るミモロ。
どうしたの?指さす先には
コンニャク焚きの由来などを書いた表示が…。あ、なるほど〜頂いたコンニャクは、北を向いて、無言で食べれば無病息災に。
 
はい、あ〜ん…
黙って口を開けてパクリ。食べ終わると、「美味しかった〜これで無病息災…ありがたい、ありがたい」。


表の通りに出ると、東側に聳える「八坂の塔」。

行楽シーズンには、歩くのも大変なほど混雑する道も、スムーズに・・・・

「2月って、観光客が少なくて、静かだから好き〜」と京都に暮らすミモロ。

この静かな季節が、京都住民には好きな人が多いのがわかります。

*「八坂庚申堂」の詳しい情報は、ホームページで




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモロのサルめぐり。「八坂庚申堂」。2月8日は、「庚申まいり」の日。サルの形のコンニャク焚きも

2016-02-09 | 祭事・神事・風習

「今年は、申年だから、初庚申の日に、お参りに行こう〜」と、ミモロが出かけたのは、東山の「八坂の塔」のそばにある「八坂庚申堂」です。
  
節分から初めての庚申の日。年に6回ある庚申日には、ここ「八坂庚申堂」では、護摩法要、ご祈祷、コンニャク焚きなどが行われます。

ここ「八坂庚申堂」は、日本最古の庚申堂のひとつで、創建は、1000年以上前だそう。ご本尊は、青面金剛という仏様で、飛鳥時代に渡来し、秦氏の守り本尊として信仰された仏様です。平安時代に、修験者の浄蔵貴所が、それまで貴族したお詣りできなかった青面金剛を、あらゆる人が拝めるようにと建立したのが、ここだとか。


庚申の日には、本堂では、その日3回、護摩法要が行われ、ミモロがお詣りに来たときは、読経の声が境内に響いていました。本堂は、江戸時代の再建で傍らに梅もほころびかけています。
 

庚申日は、体内にいる三尺の虫が、寝ている間に抜け出して、寿命をつかさどる天帝に、その人の悪い行動を告げ口し、悪いことをした人の寿命を縮めるのだそう。青面金剛は、その三尺の虫を食べてしまわれるので、人々は拝み、寿命を永らえることをお願いしたのだそう。そのため、昔は、この日は、徹夜で、お祈りしたり、寝ないで宴を催したりしたとか。

ミモロは、大丈夫?悪いことしてない?「うん、大丈夫だと思うよ〜。悪いこと…う〜食べ過ぎるくらいかな…」まぁ、ミモロは大丈夫そう。

「ここには、おサルさんがたくさんいるよ〜」と、ミモロ。「庚申堂」という名の通り、境内のいたるところにサルの姿。
お堂に下がるのは、「くくり猿」。手足を縛られ動けない状態です。好き勝手に動き回る猿は、欲望を表し、それを抑える姿が、この「くくり猿」です。ミモロは、「お腹いっぱいでも、おいしそうなものがあると、つい食べてしまう食欲が収まりますように…」とお願いしました。

本堂の前のお線香をともす鉢を支えるのは、見ざる聞かざる言わざるの三猿です。
  
ミモロもいっしょに真似てみました。

「あ、ここにも三猿がある〜」と本堂脇へ。手びねり、手書きの土でできたお守り。
  
それぞれに表情があって、どれもかわいいおサルのお守りです。

ミモロは、ウィンクしたサルの小さな土鈴を求めました。「これ、厄除けなんだって…」


「わ、赤パンツも売ってる…」申年には、赤いものを身に着けるといいのだそう。東京の巣鴨などでも人気の赤パンツ。
ミモロサイズはありません。

この日、境内には、しょうゆの香りが漂っています。「コンニャク焚き食べなくちゃ〜」。無病息災が叶うもの。
「ひとつください〜」
小さな1口サイズのコンニャクは、猿の形にくりぬかれたもの。コンニャクのお皿を持って、じっと黙るミモロ。
どうしたの?指さす先には
コンニャク焚きの由来などを書いた表示が…。あ、なるほど〜頂いたコンニャクは、北を向いて、無言で食べれば無病息災に。
 
はい、あ〜ん…
黙って口を開けてパクリ。食べ終わると、「美味しかった〜これで無病息災…ありがたい、ありがたい」。


表の通りに出ると、東側に聳える「八坂の塔」。

行楽シーズンには、歩くのも大変なほど混雑する道も、スムーズに・・・・

「2月って、観光客が少なくて、静かだから好き〜」と京都に暮らすミモロ。

この静かな季節が、京都住民には好きな人が多いのがわかります。

*「八坂庚申堂」の詳しい情報は、ホームページで




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加