ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

ミモロのおすすめランチ。食育インストラクターが作る野菜たっぷりのおばんざい定食。東山「ゆたか屋」

2016-05-29 | グルメ

「ミモロちゃん、ちゃんとお野菜たくさん食べてる〜?」とある日、五条通エリアに住むお友達に言われたミモロ。
「う〜そういえば、最近、ちょっと不足気味かも…」と、お肉やお魚などタンパク質が大好きなネコですから…。

「美味しいおばんざいのお店があるから、ランチに行きましょう…」ということで、五条通を一本北に進み、東大路通から堀川通方向に東西に走る「松原通」で待ち合わせすることに。

 
「六波羅蜜寺のすぐ近くだ…」この辺りは、京都でも古い町…松原通は、かつて「祇園祭」の山鉾も巡行。今も、歴史あるお店が点在しています。

ミモロが訪れたお店は、「おばんざいのお店 ゆたか屋」。この建物も、築120年の大正ロマン風の町家です。
店の前には、おばんざい定食の写真が…「ほかにも料理あるのかな?」

「こんにちは〜」と中に声をかけながら、ミモロたちは中へ。
「中、こんな雰囲気なんだ〜」


奥行きの深いお店は、カウンター席とテーブル席があります。
「どこに座る?」

長い木製のカウンターテーブル…「ひとりで来ても、気兼ねなくお食事できるね〜」

「いらっしゃいませ〜」笑顔で迎えてくださったのは、ここのオーナーさん。以前は、和服の着付けを教える先生を指導したり、また茶道の指導などもなさっていたそう。食育インストラクターの資格も取得し、以前から興味があった料理をお仕事にすることに…。このお店も3年ほど前に、始めたのだそう。

古い町家を改装し、家の歴史を感じさせるように、大正ロマン風のインテリアで…

  

明るすぎない照明が、落ち着いた雰囲気にしています。


おばんざいは、京都の家庭料理。煮物や焼き物など、その時期の食材を使った飾り気のない料理です。

「でも、一人暮らしの人が、家で作ろうとすると結構大変だよね〜お鍋いっぱいできちゃって、何日も食べ続けなくちゃいけないもの…」とミモロ。そう、確かに煮物などは、家族が多いおうちはいいんですが、一人暮らしや、日中、働いている人たちには、調理時間もかかりますし、また、一度にたくさん作らなくては美味しくない…ということも。

「でも〜ちょこっと食べたいよね・・・いろんな種類のお料理…」と思うミモロです。


ここの「おばんざい定食」には、ごはん、味噌汁などを含め10種類の小鉢やお皿がお盆の上に…

「わ〜いろんな料理がのってる〜。お魚料理がメインなんだ〜」
この日は、白身魚のムニエルがメインに…ほかには、ブロッコリーと御豆の和え物や、小エビとキャベツの和え物、お野菜の煮付けなど、野菜がたっぷり味わえる定食です。

「これ、自分でつくると、大変なのよね〜」とお友達。近所に住む彼女は、ここからすぐ近くにある「ハッピー六波羅」というスーパーマーケットにお買い物に来て、食材を買っても、ついここで食べてしまうのだそう。

「ときどき、料理の作り方もおそわってるんですよ」と。

「あの〜これで1000円ですか?わ〜食べ応えある〜。野菜不足になったら、また食べにきちゃおう〜」とミモロ。

営業時間は、11:30〜20:00 「お昼食べそこなった15時くらいでも来れるんだ〜」とよくランチタイムを逃すミモロにとっては、大切なポイント。「はい、やってますけど、ときどき買い物に行ったり、いないこともあるんですよ」と。

夜にもこのおばんざい定食1000円が味わえます。


「清水寺もここからは歩く距離だよね〜」

1000円(税込み)で、味わえる京都のおばんざいです。





*「おばんざいのお店 ゆたか屋」京都市東山区松原通ろくろ町108−6 070−5665−6868 11:30〜20:00
火曜・水曜休み 八坂神社から徒歩8分。
 



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミモザで染める絹のスカーフ。絞りで描くハート模様。染色作家の長田けい子のワークショップ

2016-05-28 | 体験

四条醒ケ井を南に下がった場所にある古い趣ある町家の「京空間 mayuko」で開催された、染色作家の長田けい子さんの「ミモザ染め」のワークショップに参加したミモロ。
草木染と絞りを初体験。絞りを終えた絹の布を、いよいろミモザの茎を煮だした染液にいれます。
グツグツと沸騰したお湯の中で、ミモザの茎から色が出てきました。

「この絞った布を入れるんだって…どんな色に染まるのかな〜」ミモロは、ワクワク・・・


まず、布を水で濡らします。


「もういい感じですね〜」と長田さん。
「なんか紅茶みたいな色…茶色に染まるのかなぁ〜」

煮だした染液をザルでこして、ミモザの茎を取り去ります。


いよいよ水に漬けたおいた布を、染液の中に入れます。

「ミモロちゃんのも入れましょうね…」

見る見るうちに布に色が染み込んでいきます。


「かきまぜて染めにむらがないように…」ミモロもお手伝いして、布をかき混ぜます。

「ミモロちゃん、自分が染まらないように注意してね…」染液に落ちたら大変…しっかり押さえてもらいながら作業を…。

しばらくして・・・「この辺でいいかもしれませんね〜」と長田さん。長い時間着ければ染めは濃くなります。「淡い感じがいいと思いますけど…」


染液から布を取り出し、水洗い。


水洗いした布は、色を定着させるために、薄めたミョウバンに30分ほど漬けます。

「まだ時間がかかるから、ここでおやつにしましょ…」「え?おやつ…」と、ミモロは、一目散にお座敷へ。

今回、ワークショップに参加した方は、みなさん、染めや絞りの経験者。ミモロだけが初めてでした。でもみなさんに教わりながら、楽しく作業を進めることができました。

草木染めは、天然染料を使います。化学染料と異なり、同じ植物を使っても、同じ色に染めることは、なかなか難しいのだそう。でも、それだけに味わいが生まれます。 
化学染料のようにパキッとした色を出すことはできませんが、特有のやさしい色合いが魅力です。

参加なさったみなさんから草木染めのお話などを伺って、いっそう興味を抱くミモロです。

「さぁ、そろそろ次の作業に移りましょう…」ミモロたちは、再び中庭へ。

ミョウバンで色を定着させた布を水洗いします。

「今回は、グラデーションを付けましょう…」と長田さん。「え?何するの?」とミモロは、よくわからない様子。
ミモザの染液で染まった布を鉄媒染を施します。

 錆びた釘と酢などで作った液に、布の一部を漬けることで、その部分の色が変わります。
次々に布をつける参加者のみなさん。

「じゃ、今度は、ミモロちゃんの番…」ドキドキしながらミモロも自分のスカーフを液の中へ。

「ちょっとだけでいいのよ…」「はい…」と、布の先端部分だけを漬けることに…

再び水洗いして、いよいよ完成。

絞りのくくり糸を、布を切らないように注意しながら、取り外します。

「あ、きれいに染まってる…」


「ミモロちゃんのも広げてみましょうね…」
「わ〜どんな風に染まってるかな〜ドキドキ」

参加者の方が染めたスカーフ

まだ濡れているのであまり絞りの模様が見えませんが、とても上品な色に染まりました。

さて、ミモロのはというと…小さなハートがふたつ


なかなかかわいくできました。

「また、ぜひ染めの体験に参加してくださいね〜」と染色作家の長田けい子さん。
「はい、ぜひ…今度は、なに作ろうかなぁ〜」と、楽しみにするミモロでした。




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちらぼー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都伝統工芸、染色と絞り染め体験。染色作家 長田けい子さんに教わるミモザ染めと絞り

2016-05-27 | 体験

5月のある日、ミモロは、四条通から醒ケ井通を南に下ったところにある「京空間mayuko」に伺いました。ここは、先日、武者人形の公開をリポートしたところ。(ちなみに、武者人形の公開は、今月末まで)

この日、ここでは、染色作家の長田けい子さんによる「ミモザ染め」のワークショップが行われました。
「わ〜キレイなお花、これを使ってスカーフ染めるだって〜」とミモロは、ワクワクしながら参加します。

染色作家の長田けい子さんは、京都の染色工房で「ろうけつ染め」と友禅」を6年ほど修業の後、独立。現在、田辺市で「工房かさ音(ね)」を主宰。現代のニーズにあった洋服やスカーフなどを手掛けています。ミモロは、個展などでお目にかかり、すっかり仲良しに…。

会場となった「京空間 mayuko」は、古い町家で、そのお蔵や中庭で作業が行われます。

「では、まず染めの準備をします」と長田さん。「お花を使うの…」とミモロは、お花のそばへ。
「あ、お花部分は使いません…今回は茎の部分です」「え?茎・・・」「ミモロちゃん、こっちに来て手伝って…」
「は〜い、どうするの?」
お蔵の前で作業する参加者の方々に加わります。

「まず、葉っぱと茎とを分けてください」「は〜い、こんな感じ…?」
「え〜茎で色が出るの?」
草木染初体験のミモロにとって、すべてが初めてで不思議なことばかりです。

「こんな感じでいいのかな〜」
茎の皮もむいて軸だけに

「では、これを煮だして染めの準備をします」と、みんなで中庭に…。
煮立ったお湯に、ミモザの茎を入れます。
「しばらくこのままで色が出るのを待ちます」
煮だす時間は、約30分。その間に、今回染める絹のスカーフの絞りを行います。

みんなでお蔵の中のお座敷へ移動…
机には作業の準備が
「ミモロちゃん、絞りやったことある?」「え〜全然ない…できるかなぁ〜絞りって難しそうだし…」とちょっと不安そう。

ミモロの前には、薄いシフォンのような絹の白い布が用意されていました。

長田さんが、参加者に丁寧に指導を…
「絞りって幾何の才能いるよね〜」

絞り染めは、布の一部を糸でしばり、そこに染料が入らないようにして、模様を作ります。
その歴史は、古くインドのアジャ―タ石窟群の壁画やインカ帝国の遺跡にもその姿を見ることができるそう。日本では、正倉院に、板を用いる「纈(ケチ)」などの染の技法が見られます。絞り染めが注目を浴びたのは室町時代から安土桃山時代に登場する「辻ヶ花」です。

手間のかかる絞り染めは、高級品として憧れのものに…。

「ミモロちゃん、絞り染めみたことはあるでしょ?」と聞かれ、「ミモロの総絞りのお着物2枚持ってるもん…」とちょっと自慢げに答えます。「すごい〜。総絞りのお着物なんて…」「まぁね〜」お友達が羽織を作ったときのハギレを頂き作ったもの。

絞り染めは、布をどのように糸でくくるかで、模様が作られます。「どこを折って、どこをくくるか、完成する模様を想像しながら、考えるの大変…ふ〜」
ミモロは、白い布を前に呆然としています。

「ミモロちゃん、どんな模様にする?今回は、ハートなんてどう?」と長田さん。「え〜ハートができるの?」

布を半分に折ってから、そこにハートの形の半分を、後で消える絵の具で描きます。
 

「その線の上を木綿糸で縫ってください。あんまり細かくしないでね〜」
「ここを縫えばいいんだ〜でもホントにハートになるのかな?」
絞り染め初体験のミモロは、完成した姿が想像できないようです。

チクチクチク…真剣に針を進めます。「ミモロちゃん、上手ね〜」と褒められても、それに応える余裕はありません。

「できた〜こんな感じでいいんですか〜」
「はい、上出来です」はじの糸を引っ張り、布を絞ります。ギュー

白いお花のようになった布。くくり具合を長田さんにチェックしていただき、木綿のハギレに名前をサインペンで書いて隅に縫い付けます。
「染めの液にいれたとき、自分のがわかるように名前を書きましょうね…」

木綿は、そのままでは染まらないのだそう。「タンパク質が染まりやすいんです」「へーえ、そうなんだ〜」

では、次は、いよいよ染色作業へ…




人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はちみつ専門店「オ・ボン・ミエル Au Bon Miel」。日本ミツバチの京都産蜂蜜など種類豊富

2016-05-26 | グルメ

出町柳から今出川通を東へ、百万遍を過ぎて、京都大学も過ぎ、もうちょっと東に進むと、ピンクと白のタイル貼りのお店があります。(白川通の銀閣寺道バス停からは、徒歩2分)
  
「ここだ〜」とミモロがおとずれたのは、オープンして7年半になる、はちみつの専門店「Au Bon Miel オ・ボン・ミエル」です。フランス語で「いい蜂蜜」という意味のお店です。

店内の棚には、ずらりと瓶が並んでいます。「すごくたくさんある〜」
 
一口に蜂蜜と言っても、その種類は豊富で、ここには、40種類ほどの国内外の蜂蜜が揃っているのです。

「どれにしようかな〜。どうしよう…何選んだらいいのか、わかんない…」とミモロは、瓶の前悩みます。


「いらっしゃいませ〜」笑顔で迎えてくださったのは…
店長の大久保ひとみさんと、スタッフのお兄さん。

「あの〜たくさん種類にあって、よくわかんないんです・・・」とミモロ。

ここに揃うのは、国内外で採れた蜂蜜が40種類ほど。
イタリアのオレンジ、フランスのひまわり、、ニュージランドのカボチャ、ブルガリアのダマスクローズ、ハンガリーのアカシアなど…「まるで絵画のモチーフになったり、香水になったりするお花だ〜」と、その花畑をイメージするミモロです。

また国産は、北海道のクローバー、青森のりんご、鹿児島のれんげ、奈良のさくらなど、その土地を象徴するようなお花です。

そしてここには、日本ミツバチの蜂蜜も揃っています。
「え?ミツバチにも種類があるんだ〜」。日本古来の日本ミツバチ。また、多くの養蜂家が手掛ける西洋ミツバチがあります。

「そう、日本ミツバチは、縦長の巣をつくるんですよ。こんな感じの巣箱を使うんです」大久保さんが自ら作ったモデル。

味も、微妙に異なるそう。

蜂蜜というのは、メスのミツバチが、花の蜜を集め、それをお腹の中に蓄えて、いっぱいになると巣に持ち帰り、ミツバチの口で加工され、貯蔵されます。花の蜜だけでは、あまり甘くないそう。「ミツバチが、加工してくれてるんだ〜」。そう、だから蜂の種類で微妙に味わいが異なるのです。

ミツバチが花の蜜を加工してくれるので、そこに酵素などが混入され、美味しくて、体にいいものになるのだそう。


「ミツバチって偉いね〜」と改めて、ミツバチのすごさに感心するミモロです。


また、蜂蜜の歴史は、人類の歴史と言われるほど、古代から食用、薬用などさまざまな用途に使われてきました。日本では、江戸時代には、薬として使われ、養蜂に関する本もあるのだそう。


さて、ここの店長である大久保さん。子育てが一段落した頃に、蜂蜜と出会います。知れば知るほど興味を惹かれ、養蜂する現場なども訪問。今は、ご自身も京都の亀岡で養蜂をなさっているそう。


「どんな味が好きですが?香りが高いもの、コクがあるものといろいろありますよ…。また、どんなお花が好きですか?」
「う〜う〜」と悩むミモロ。「では、試食してみたら…」と「え?試食?するする…」とパッと目が輝くミモロ。
お店の中央にある木製のテーブルの上には、試食用の蜂蜜瓶が並んでいます。「こっちに座ってくださいね〜」
「あ。クローバーがある…」 つい最近『京都市美術館』のお庭で見たばかり…。
 
小さなスプーンに蜂蜜をのせて、ミモロの前に…ペロリ…「わ〜甘い…なんか風味もあって美味しい…」ミモロは目を閉じて、クローバーの花畑を思い出しながら、その甘さを味わいます。

それからも次々に試食…ミモロ全部食べる気?

「あの〜京都で採れた蜂蜜ありますか?」「はい、ありますよ〜」
 
西洋ミツバチの「芦生の森」と日本ミツバチの「Au Bon Miel」です。ミモロは、日本ミツバチのものを買うことに。

包んでもらっている間、ミモロは店内のあちこちに…
「プーさん、蜂蜜分けて…」
「蜂さん、こんにちは〜」
お店の中のぬいぐるみと遊びます。
「え?もう用意できちゃったの〜」

「はい、お待ちどうさま…」


ミネラルも多く、健康にいいと言われる蜂蜜。


「もっとたくさん使おう…」と。ここでは、蜂蜜の使い方などを教えてくれる講座なども開催されるそう。

「まずは、お家で、トースト食べよう…」ミモロの頭の中には、蜂蜜をたっぷりのせたトーストが浮かびます。

*「Au Bon Miel オ・ボン・ミエル」京都市左京区北白川久保田町60−13 075−200−2913 12:00〜18:00 木曜休み



人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマボウシとクローバーが咲く「京都市美術館」、大きくなった東山三条の「要法寺」の鴨のヒナ

2016-05-25 | 京都

「この季節って、お散歩きもちいいねぁ〜」と、ミモロは、夕方、岡崎エリアのお散歩に出かけました。
琵琶湖疏水周辺の岡崎エリアは、美術館やギャラリー、平安神宮、南禅寺などがある文化と歴史が薫るエリアです。

このエリアに住んでいたミモロにとって、よく知っているエリアで、今もお散歩を楽しんでいます。
まず向かったのは、「京都市美術館」。今はルノワール展を開催中。
 
「わ〜キレイに咲いてる…」美術館正面にあるヤマボウシが、白い花をつけています。
「でも、この白いお花は、お花じゃないんだよ」とミモロ。そう、これは総苞片で、本当の花は、中央の小さな部分です。
ヤマボウシというのは、中央の丸い花をお坊さんの頭に、そして白い総苞を頭巾に見立て名付けられたものだそう。


ミモロは、美術館の南側を進みます。
「わ〜クローバーいっぱい〜」
シロツメクサの花盛り。「四葉のクローバーないかなぁ〜」としばし探していましたが、「いいや、幸せだから…」とあっさり諦めて、次の場所へ。

美術館の東側にある日本庭園へ。
池の面に映り込む新緑・・・小さいけれど素敵な庭園。「だれでもいつでも見られるのがいいよね〜」と、ミモロのお気に入り。

そのそばにも、白い花が咲いています。「なんだろ?」名前がわからないミモロ…ご存じなら教えてくださいませ。
 

「美術館の敷地って、春は桜でしょ、それから藤やサツキが咲いて、初夏も白いお花がいろいろ、何度来てもいいところ…」
「アジサイももうすぐ…」
初夏の花は、白いものが多く、いっそう涼やかですがすがしい景色に…。

そして美術館と動物園の間、岡崎道沿いの並木へ。ここもミモロのお気に入りの場所
 
新緑のトンネル…夕陽が木々の間からミモロの体を包みます。

岡崎エリアは、神宮道が公園になったので、いっそうのんびりした雰囲気になりました。
 
公園の芝生では、横になって寛ぐ外国人観光客などの姿も…

リニューアルされた「ロームシアター京都」も、このエリアの人気スポットになっています。

ミモロのお散歩…実はこの日は自転車で…。歩かないとお散歩にならないと思うけど…。「うん…今度ね〜。だって自転車も気持ちいいんだもの…」
「早く〜もうお日様落ちちゃうよ…」
とせかせるには理由が…。

もうひとつ是非訪れたい場所があったのです。それは、東山三条の交差点の北西部、「中央信用金庫」の北側にある日蓮宗の「要法寺」です。

4月下旬に訪れたときは、お寺の池に4羽の鴨のヒナが泳いでいました。「あのヒナ大きくなったかな〜。そろそろ鴨川に移動する時期じゃない?」と、ヒナの成長が気になるミモロです。
「あ、まだいた〜。ずいぶん大きくなったね〜ママと同じようなサイズになってる〜」

親鳥とほぼ同サイズに成長したヒナ。でも耳を澄ませると「ピヨピヨ…」と、前とあまり変わらない鳴き声。
「甘えん坊なんだね〜。大きくなってもピヨピヨだって…」

4月下旬、ここと同じく三条白川には、10羽のヒナがいましたが、しばらくしたら姿が見えなくなりました。
「どこかにお引越ししたのかな?」と思っていたミモロですが、どうもみんなカラスなどに食べられてしまったよう…。

ミモロが池を見ていると、餌がはいったビンをもった方が…。ヒナや母鳥に餌を与えているのだそう。
もう何年も、この池の鴨の親子を見守り続けている方で、今年も、実は20個以上の卵を産んだそう。でも、孵化し、成長できたのは、この4羽だけ。この池では、ほかの鴨も訪れて、テリトリー争いなども起きるのだとか。

「あ〜ミモロちゃんでしょ…」と、その優しそうなご年配の女性。「え〜知ってるの、うれしい」と大喜びのミモロ。

「あの〜ミモロも鴨に餌あげたい〜」とお願いして、餌を撒かせてもらいます。
 
夢中で餌を食べるヒナと母鳥。
「よかった〜母鳥が出てきて…」と。実は、今、母鳥は、また18個ほどの卵を抱えているのだそう。そのため餌を食べる暇がないのだとか。「え〜パパは育児参加しないの?」とミモロ。どうも鴨の社会では、父親は、そばで見てるだけ…。「でもカラスやほかの鴨が来ると威嚇して、守ってますけど…」「そう、ガードマンなんだ〜」「まぁそうですね」

それでも周囲には、卵を狙うカラス・・・また鴨川にいるトンビなどもヒナを狙って池にやってくるのだそう。
「トンビは、本当にすごいですよ。低空飛行で、さっとヒナをさらっていきます」と。
なんでも、鴨川沿いをヨチヨチお散歩していた子犬も、トンビにさらわれたことがあるそう。「え〜子犬もさらうの…」と青ざめるミモロ。ボーっと川沿いに立っていたら、ミモロもさらわれてしまう危険がありそうです。

鴨のヒナを襲うカラスやトンビなど…「でも、カラスたトンビにもヒナがいて、お腹空かせてるかもしれない…」
自然の厳しさを感じるミモロです。でも、「ミモロも黒毛和牛や豚肉食べるし…。もっと命をいただいてること感謝しなくちゃね〜」

「白川のヒナたちも、日を追うごとに数が減って、ついに誰もいなくなったそう…。やはりカラスなんかに襲われたんじゃないでしょうか」と。たとえ生まれても、大きくなれるのはごくわずか…。それが自然の営みなのです。


「あの〜今年、この子たちいつ鴨川に移動するんですか?」と、毎年鴨を見守り続ける方に伺います。
「今年は、母鳥が、また卵を抱えているので、そのヒナがある程度大きくなるまで、このヒナたちは、ここにいて、一緒に川にいくんじゃないでしょうかね〜」と。

毎年、5月下旬に、この池から鴨川に向けて鴨の親子の移動が行われ、そのため通る道は、警官が車の規制を行うのがニュースになっています。

ヒナをよく見ると、まだお尻の部分にフワフワの産毛が見え、体も小さめなのだそう。
なので、移動は、6月になってからと予想されます。

鴨は、川にどうしてもしばらく母鳥がヒナのそばにいて、それから独立してゆくのです。

「あ、水浴びしてる〜」「1日中、ずっとじっと卵を抱えているから、気分転換と運動しなくちゃね〜」と。
育児を離れ、気持ちよさそうに水浴びする母鳥。「ママって大変だね〜。ホント、もっとパパが育児お手伝いすればいいのに〜もう…」と父鳥に不満を抱くミモロです。

「また、見にいらっしゃいね〜」と、鴨を見守る方とお別れ・・「はい、鴨のお引越し見たいし…またね〜」と。


のんびり池の岩で寛ぐ父鳥に…「もっとお手伝いしたら〜」と無理な注文をするミモロでした。

人気ブログランキングへ
ブログを見たら、金魚をクリックしてね〜ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加