世界変動展望

私の日々思うことを書いたブログです。

万能細胞:STAP論文問題 理研、執行部引責も

2013-02-28 23:12:34 | 社会

毎日新聞 2014年04月02日 東京朝刊

 理化学研究所の調査委員会が、STAP細胞論文の捏造(ねつぞう)、改ざんを認定したことを受け、理研 の野依良治理事長らが1日、東京都内で記者会見を開き、「科学社会の信頼性を損なう事態を引き起こしたことに対し、改めておわびします」と陳謝した。野依 氏は「場合によっては私を含む役員は、しかるべき段階で厳正に対処しなければいけない」とも述べ、執行部の引責も示唆した。(2、3面、社会面に関連記 事、29面に調査委報告)

 調査結果に対して小保方晴子・研究ユニットリーダーらから弁明を聞く手続きを経て、理研は「厳正な処分」と論文の取り下げ勧告を検討するとしている。

 STAP細胞の真偽については、調査委が「論文の不正の有無を調べることが我々の目的」として調査対象 としなかったため、理研本部が主導して約1年かけて再現実験を行うという。実験には1000万円以上かけ、責任者は論文共著者の丹羽仁史・プロジェクト リーダーが担う。理研側は「外部の研究者による検証にも協力する」と強調した。

 さらに、小保方氏の研究室に保管されていた、STAP細胞から変化させて作った「STAP幹細胞」の詳細な解析も検討する。

 理研は外部の専門家による委員会を設置し、実験の実態と論文が発表されるまでの経緯を改めて調査する。不正の抑止策や、研究成果の広報発表のあり方も改善策を検討するという。

 下村博文文部科学相は同日、「特定国立研究開発法人」に指定する閣議決定を先送りする方針を示した。ただし今国会会期中の指定を目指す。【八田浩輔】

『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 崩壊・STAP論文:/上(そ... | トップ | 崩壊・STAP論文:/中 ゆ... »